TOKYO MER走る緊急救命室3話4話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

鈴木亮平さんが主演を務める日曜劇場ドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の3話、4話の無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法や、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマは緊急救命室ということもあり、常に死と隣り合わせの内容なのですが、これがまた「コードブルー」をどうしても彷彿とさせてしまう。

こればっかりは仕方ないのですが、「コードブルー」は救命医の成長が描かれました。

そして今回の「TOKYO MER走る緊急救命室」は政治も絡んでいるので、命がけで職務を全うする医師と、そのチームの存続をかけての政治的な暗躍、争いもありそうです!

それでは、このドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」3話のあらすじ・ネタバレ

凶悪犯が重病の少女を人質に立てこもる事件が発生!

繁華街に飛びかう銃弾…現場に急行したTOKYO MER・喜多見幸太(鈴木亮平)は、少女に薬を渡さないと命に危険があると主張するが、メンツを気にして口を出すなという警察と対立する。

発作の危機が迫る少女の命を守るため、看護師の蔵前夏梅(菜々緒)は自ら身代わりを志願する。

娘を育てるシングルマザーの夏梅には、少女を救いたいという強い思いがあった。

しかし、そんな中、犯人は夏梅に発砲する!

激しい銃撃戦の極限状態の中で、命をあきらめない喜多見は最前線での緊急オペを決行する!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」3話のネタバレ・感想

事件、事故、災害、縦割りの弊害。命を救おうとする先に立ちはだかるのは、時間だけではない。

第3話は、手に汗握る救出劇を通じて、このドラマが伝えようとするものを余すところなく表現した。

今回の舞台は立てこもり事件現場。出動要請を受けて駆け付けた先には、すでに警察が到着していた。

負傷者のトリアージに向かう喜多見(鈴木亮平)を、SITの新井(山田純大)が制止する。これまでにハイパーレスキュー隊や厚労省と衝突してきたTOKYO MERは、警察と立てこもり犯を向こうに回し、銃弾の飛び交う中、救護活動に全力を尽くす。

立てこもり犯・品川(川島潤哉)の要求は別れた家族との復縁。娘の日葵(加藤柚凪)を人質に取り、拳銃を持って元妻の働く飲食店で凶行に及んだ。

しかし、日葵にはI型糖尿病の持病があって……。

第3話の主役は、看護師の夏梅(菜々緒)だ。病棟とMERを兼任する夏梅は、シングルマザーとして多忙な日々を過ごしている。

ある日、1人娘の桃花(北平妃璃愛)を預ける保育園で気がかりな話を聞く。保護者の一部に、桃花を休ませてほしいという声があるというのだ。

保育士によると「感染症とか、そういうのに敏感な方がいまして」。

医療従事者への心ない差別に胸が痛む。現実にも同じような話はあって、ドラマを通じて差別解消への理解を呼びかけていた。

インシュリン注射をしたことで血糖値が急激に下がり、このままでは命の危険も迫る日葵。同じ娘を持つ母として、日葵の母親に代わって夏梅が人質となり、日葵の治療に向かう。

だが、必要な処置をしても容体は一向に良くならない。原因は、品川が食べさせたチョコレートに含まれるアーモンドパウダーだった。

日葵にはアーモンドのアレルギーがあり、娘の病気は知っていても、アレルギー体質は知らない父親像に家族との距離が表れていた。

犯人と警察、MERの対峙は、途中、夏梅の救出に入ったSITの隊員が撃たれたり、危機管理対策室と警察司令部の後方対決など、いくつかのラインが輻輳しながら立ち現れ、犯人の要求によってふたたび人質となった夏梅に戻ってくる。

ここで思うのは、菜々緒に対する周囲の信頼の厚さである。MERの看護師という役どころではあるが、シングルマザーという背景を持ち、医療職のプロフェッショナルな所作に加えて、傷害事件の現場というハードな場面での起用。

体当たりのアクションもあり、演者としての要求レベルは相当高いにもかかわらず、機敏に、なおかつ実際に事件が起きているようなリアリティで演じきった。

『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)をはじめ、多くの作品で印象的な演技を披露する菜々緒だが、あらためてプロ意識の塊のような人であると再認識した。

テンポとスピード感で魅せる『TOKYO MER』のコアには、黒岩勉の脚本がある。『グランメゾン東京』(TBS系)、『危険なビーナス』(TBS系)など、このところ1年に1作ペースで日曜劇場に登板する黒岩だが、オリジナルストーリーの本作は、考えるより先に視覚で圧倒する新味で勝負している。

しかし、それもよく見ると、細かいギアチェンジによって視聴者を飽きさせない工夫をしつつ、いくつかのラインを行き来しながら自然に物語の筋に乗せていく職人技が根底にある。

ジャンルは異なるが、黒岩の出世作になった『僕のヤバイ妻』(カンテレ・フジテレビ系)にも通じる“ノッている”感覚があり、新たな代表作になる予感がする。

「軽傷者12名、重傷者3名、死者はゼロです!」。

恒例になった死者ゼロ報告を見ているうちに、「本当はこうじゃないといけないのだ」としみじみと感じた。

当たり前のように亡くなった人の数が報じられる現在、私たちが本当のところ待っているのは「ゼロ」の報せであり、同時にそれは、目の前の命を救うため日夜懸命に挑む人々の悲願でもある。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」4話のあらすじ・ネタバレ

トンネル崩落事故発生!

現場に駆けつけた喜多見幸太(鈴木亮平)は、移植手術のため心臓を運搬中の医師が、ガレキに埋まっていることに気づく。

救出に挑むものの、新たな崩落が…。

それでも喜多見は、レスキュー・千住幹生(要潤)や看護師・蔵前夏梅(菜々緒)と決死の突入を試みる!

一方、高輪千晶(仲里依紗)のオペを待つ患者の少女には、命のタイムリミットが迫っていた——現場で、オペ室で、指令室で…全てのメンバーが勇気を振り絞って「命のリレー」に挑む!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」4話のネタバレ・感想

第4話で取り扱われたのはトンネル事故と臓器移植だった。

トンネル崩落事故が起き、通行止めになったトンネル内に移植手術のために臓器を運搬中の小山医師(高橋ユウ)が閉じ込められた。

手術室で到着を待つ少女、汐里(福室莉音)のために、喜多見(鈴木亮平)はハイパーレスキュー隊の千住(要潤)と決死の救出を試みる。

天井版の落下は、9年前の事故を思わせる。

トンネルだけでなく、道路や橋、下水道などのインフラは老朽化が進み、多くが耐用年数を過ぎようとしている。

また、臓器移植を希望して待機中の患者は全国で約1万4千人いるといわれており、そのうち実際に移植を受けることができるのは年間約400人。

何が言いたいかというと、ドラマで起きたことは現実に十分起こり得るということだ。

第4話のテーマは「命のリレー」。目の前の命を救うためには、他の命を犠牲にしなければならない。

医療ドラマで頻繁に目にする光景だ。

本来、命の重さに優劣はないはずだが、それでもどちらかを天秤にかけなくてはならないジレンマが、多くのドラマ的展開を生み出した。

そんな決まりきった筋書きを「TOKYO MER」は鮮やかに超えていく。

いつ新たな崩落が起きてもおかしくない状況で「助けを待っている人がいるなら行く」(千住)。

二次被害を考えたら行かせないのが正解であり、「俺と同じ過ちを繰り返させるわけにはいなかない」と考える室長・駒場(橋本さとし)の判断は妥当である。

それでも千住は助けたいと言い、駒場もそれを許す。

理由は「今行かなかったら、俺は一生後悔します」。

後悔するのは行かないという判断をしたことでも、行けなかった自分に対してでもない。助けられる命があったという可能性に対してだ。

命を省みない人間を「向こう見ずで、思慮に欠ける」と笑う時、私たちが見落としていることがある。

誰かを助けるために、他の誰かが犠牲になることを仕方がないと思っていないか?

「命のリレー」でバトンを託す人間は決して息絶えてはならない。

生きてバトンを渡すことが命をつなぐことで、そのためには、誰の命も失うわけにはいかないのだ。

駒場が「行け!」と千住を送り出す時、「止めても無駄ですよ」と喜多見が笑う時、そこには必ず生きて戻るという覚悟がある。

「命のリレー」は信頼でつながっている。

手術を断念しかけた千晶(仲里依紗)に喜多見は余計なことを言わない。

だが、それで十分だった。「命のリレー」の最終走者は患者自身だ。

「心臓を提供し、運んで守り抜いてくれた全ての人たち」の手でつながれたバトンが、最後に奇跡をもたらした。

命のリレーは元夫婦の絆を再確認した。互いを理解し合う喜多見と千晶の間に何があったのか?

「空白の1年」をめぐる疑惑が再燃するかたわらで、喜多見とMERの奮闘は続いていく。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「TOKYO MER走る緊急救命室」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました