TOKYO MER走る緊急救命室5話6話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

鈴木亮平さんが主演を務める日曜劇場ドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の5話、6話の無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法や、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマは緊急救命室ということもあり、常に死と隣り合わせの内容なのですが、これがまた「コードブルー」をどうしても彷彿とさせてしまう。

こればっかりは仕方ないのですが、「コードブルー」は救命医の成長が描かれました。

そして今回の「TOKYO MER走る緊急救命室」は政治も絡んでいるので、命がけで職務を全うする医師と、そのチームの存続をかけての政治的な暗躍、争いもありそうです!

それでは、このドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」5話のあらすじ・ネタバレ

喜多見幸太(鈴木亮平)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが火災により急停止!

乗り合わせた音羽尚(賀来賢人)と大物政治家・天沼夕源(桂文珍)と共に閉じ込められてしまう。

煙が充満し酸欠状態のエレベーターで妊婦の容態が急変!

出動したTOKYO MERには、政治家・天沼の救出を優先するよう命令が下る。

炎上間近のエレベーターで音羽に迫られる究極の選択…。

母子の命を救うため、喜多見が下した決断とは!?

TOKYO MERのメンバーたちが決死の救出劇に挑む!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」5話のネタバレ・感想

第5話は政治案件。エレベーターが事故で急停止する。

乗っていたのは、喜多見(鈴木亮平)の妹・涼香(佐藤栞里)と妊婦の立花あやの(河井青葉)、音羽尚(賀来賢人)に大物政治家・天沼夕源(桂文珍)。

制御盤からショートした火花が引火し、煙がエレベーター内に充満する。一酸化炭素中毒による命の危険が迫る中でMERに出動命令が下される。

「ただ偉くなりたかっただけですよ」。医師でありながら官僚になった理由を音羽は涼香に語る。

TOKYO MER解体をもくろむ厚労省のスパイと、危険をかえりみず災害現場に飛び込む救急救命のエキスパート。

敵か、それとも味方か。2つの顔を持つ音羽に対して、MERのメンバーだけでなく、私たち視聴者も態度を決めかねていた。

エレベーターで起きた出来事は音羽に医師としての決断を迫り、彼自身の原点を思い起こさせた。

「官僚っていうのは、みんな優秀なものなのよ。でもバカなことをしなくちゃいけないものなの。命令する政治家がバカだから」。

赤塚都知事(石田ゆり子)の痛烈な皮肉だ。国民の手足となって働く官僚は、国民の代表である政治家に従わなくてはならない。

その肝心の政治家がだらしないとどうなるか。都知事の国政進出への言及は言うまでもなく、民自党幹事長役・桂文珍の風刺の効いた演技が時勢への批評になっていた。

医療と政治の関係に光を当てる『TOKYO MER』は、コロナ禍の現在においてタイムリーであることはもちろん、今後の医療ドラマにとって試金石となる作品である。

災害現場で傷病者の把握から緊急手術までをワンストップで行うMERは医療の理想像を具現化した組織だ。

しかし、都知事の専権によって設置されたため、法的な根拠づけに乏しい上、赤塚と白金厚労大臣(渡辺真起子)による政治家同士の綱引きや国と地方の対立も相まって、その存続は危うい均衡の上に成立している。

こうした組織構造に加え、MERが新たに提起する医療の問題(その多くは災害現場で従来の限界を超えた医療行為を行うことへの危惧である)が、その都度、喜多見たちの前に立ちはだかる。

音羽はこうしたダイナミズムの中心にいる人物である。エレベーターに乗り合わせた医師が2人の患者のどちらを救うべきかという倫理的問題は、医師が官僚であり、患者の1人が政治家だった場合に(さらに政治家自身は仮病でもある)、職業上の義務と良心の間のジレンマに変わる。

命の危機が迫る密室内で、恥も外聞もなく保身と良心の両極を揺れ動く賀来の演技がリアルだった。

最終的に音羽は臍帯脱出に至った妊婦を優先的に処置する決断をする。

医師として当然の判断のようだが官僚としては自殺行為で、危機的な状況で背中を押したのは、チーフの喜多見の言葉だった。

「あなたの判断に任せます。あなたは医者ですから」の医者は、単に職業的な優先度を意味するものではなく、命を最上位の価値とするメッセージが込められていた。

またしても信頼が命をつないだわけで、「死者ゼロ」には生まれていない赤ん坊も含まれる。

医療と政治をめぐっては喜多見も渦中の人物であり、彼の存在自体がMERの爆弾になっている。

医療の政治的な側面が「人」の資質に帰着するということは、裏返せば、医療がいかに人間的なファクターに左右されるかの証拠でもある。

MERの理念そのものである喜多見が、政治的な難題にどんな答えを出していくか注目したい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」6話のあらすじ・ネタバレ

18人の小学生が山中で突如として失踪する謎の事件が発生。

現場に向かったTOKYO MERの喜多見幸太(鈴木亮平)は、子供たちを捜索し、治療するためメンバーを分散する決断をする。

これまでチーム一丸でピンチを乗り越えてきたメンバー達は、バラバラに闘うことに…。

音羽尚(賀来賢人)や弦巻比奈(中条あやみ)は原因不明の重症に陥った子供たちの治療に苦慮する中、喜多見も必死に処置に当たるが、必要な薬剤が全く足りない…!

なす術のない喜多見に、最大の危機が襲いかかる!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」6話のネタバレ・感想

ひとくちに東京と言ってもかなり広い。島しょ部をのぞいて東西約90キロで、高低差も2000メートルを超える。

第6話は、山岳救助に向かった先で父と子の絆を確かめる内容となった。

喜多見(鈴木亮平)の機転で大物政治家の点数稼ぎに貢献し、当面の存続が決まったMER。

白金厚労大臣(渡辺真起子)は、MERの自滅を狙ってメンバーを分断しようとする。

「あのチームは喜多見が全て」という白金の言葉を受けて、音羽(賀来賢人)も「喜多見チーフという規格外の存在がいるから、上手く行っているだけですよ」、「他のメンバーだけでは何もできませんよ。我々は喜多見チーフのように特殊な人間ではないですから」と言葉を継ぐ。

強いチームはリーダーが強いから強くなるのか?それとも何か他に理由があるのか。

第6話では、奥多摩の山中で小学生18人が遭難。周辺には医療機関がなく予防事案としてMERに出動要請が寄せられる。

子どもたちは10時に入山し、11時48分に連絡が途絶えていた。児童のリストに目を通していた冬木(小手伸也)の顔色が変わる。

そこには別居中の息子・壮太(潤浩)の名前があった。

喜多見は危機管理対策室の命令を無視し、チームを3つに分ける。白金たちの意図を知る音羽は、自ら敵の術中にはまりに行くかのような喜多見に反対するが、喜多見は意に介さず山中へ向かうことに。

「俺は音羽先生やみんなを信じてます」という喜多見の言葉に戸惑いを隠せない音羽。

結果的に比奈(中条あやみ)も音羽もそれぞれが的確な判断を下し、連携を取り合うことで児童全員を救出することに成功した。

メンバーを信じた喜多見の読みが当たった形になったが、ひょっとすると喜多見はこうなることを見越していたのではないか。

最悪の場合、自分が駆け付けて救助するが、そうなる前にメンバーがそれぞれの特技を生かして、適切に対応するはずだと。

実際、これまでの経験を通じて音羽や比奈、また看護師の夏梅(菜々緒)、ミン(フォンチー)、そして臨床工学技士の徳丸(佐野勇斗)は現場を任せられるだけの力をつけており、喜多見は各自の力量を正確に把握していた。

唯一誤算があったとすれば、遭難した児童の中に壮太がいたことで、実父の冬木は息子を救うために危険を冒して無茶をする可能性がある。

案に違わず、壮太を追って冬木は単独行動に出るが……。天候の急変や地形、動物との遭遇、山には危険が付き物である。

18人もの児童がコースアウトしてしまった要因はスズメバチの襲撃。ちなみに毎年平均で20人以上がスズメバチに刺されて死亡しているので注意が必要だ。

チームと個人の理想的な関係性を問う中で挿入された父と子のエピソード。

離れて働く父を尊敬していた壮太に、冬木が「パパの自慢のヒーローだ」と抱きしめる一幕に思わず目頭が熱くなった。

強いチームに理由があるのかという問いへの答えは、スーパーマンである必要はないということ。

強いリーダーにエンパワーされて、一人ひとりが持ち味を発揮することでチームは強くなる。

その根底には「誰にだってできることはある」という考えと、使命感でつながったメンバーへの信頼がある。

絶体絶命の窮地で全員が勢ぞろいする場面や「秘密兵器」ドローンの導入など、命を救うために立ち向かうヒーローのオーラが増す一方で、次なる危機がMERを襲おうとしていた。

赤塚都知事(石田ゆり子)に生じた異変や喜多見の「空白の1年」に対する追及など、不確定要素だらけの状況で、それでも目の前の命と向き合っていく。

赤塚が「もっと強くなってもらわないと困ります」と言うように、ヒーローがその肩に担うものは大きいのだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「TOKYO MER走る緊急救命室」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました