プロミス・シンデレラ1話2話3話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

二階堂ふみさん主演のTBS火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」の1話、2話、3話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

漫画原作の実写ドラマ作品である「プロミス・シンデレラ」なのですが、TBSの火曜ドラマというだけありキュンキュンを誘う内容になっています!

視聴率が徐々に厳しくなってきてしまっているこの放送枠ですが、「プロミス・シンデレラ」で挽回なるか!?

このドラマ「プロミス・シンデレラ」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」1話のあらすじ・ネタバレ

つつましく、専業主婦として幸せに平穏な暮らしをしていた桂木早梅(二階堂ふみ)は、結婚1年足らずのある日突然、夫・今井正弘(井之脇海)から「離婚してほしい。ほかに幸せにしたい人ができた」と一方的に離婚を切り出される。

早梅は、そのショックから家を飛び出すが、スリに有り金をすべて奪われ、バツイチの無一文、無職、宿無しになってしまう。

そんな早梅が公園で野宿生活を始めて数日経った日、目の前に金持ちのイケメン高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦)が現れる。

壱成は、高級老舗旅館「かたおか」の御曹司で後継ぎの兄・成吾(岩田剛典)とは対照的に性格も素行も極めて悪い。

崖っぷち状態の早梅に興味をもった壱成は、彼女で暇つぶしをしようと自分の屋敷に連れて行く。

壱成から、ただで泊めてやる代わりに“リアル人生ゲーム”をやろうと持ち掛けられる早梅。

サイコロを振って、出た目のミッションをクリアすれば賞金をゲットできるというものだ。

悪趣味なゲームに早梅は腹を立てるが、とある事情で背負ってしまった借金返済のため、参加せざるを得ない状況に。

最初のミッションは「セレブパーティーで主役に恥をかかせたら20万円」。

片岡家に長年仕える執事・吉寅英ニ(高橋克実)の手回しで美しく磨き上げられた早梅は、壱成にあるパーティーに連れて行かれ・・・。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」1話のネタバレ・感想

ヒロインは一夜にして全てを失う。

平穏な日常生活を送るのには不足のない相手だと思っていた夫、家を出た時に手にした所持金30万円、さらにはパートの仕事。もちろん住む家もない。

主人公・桂木早梅(二階堂ふみ)はかくして“アラサー・バツイチ・無一文”となったのだ。

でもどうしてだろう。彼女には悲壮感は漂わない。

夫の不倫の痕跡を見つけても見て見ぬ振りできず問い正し、生意気で性悪な金持ちイケメン高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦)らが同級生をパシリのように使うのを見過ごせない。

そして壱成らに野宿している段ボールハウスを襲撃されてもへこたれずむしろ倍返しにして撃退する。

タレコミがあってパートをクビになるほどのかつての素行の悪さも気になるところだ。

お金にモノを言わせて周囲を意のままに操ってきた壱成からすれば、野宿の身ながら全くお金に平伏さず、常に自尊心を持ち続けている早梅に興味津々だ。

ビンタされてもどこか嬉しそうでさえある。

彼からすれば早梅はこれまで出会ったこともない自分に真正面から啖呵を切ってくる初めての人で“特別天然記念物”のような存在なのだろう。

人としてどうかと思う部分も多々あれど、壱成も時に本質を突いた言葉を放つ。

「人間、裏切るときは一瞬だ」なんてことをサラリと言ってのける高校生、恐るべしである。

一体、彼もまたこれまでどんな歩みをしてきたのか気になる限りだ。

売り言葉に買い言葉で、壱成にけしかけられる形で彼の悪趣味な“リアル人生ゲーム”に参加させられる羽目になる早梅。

「セレブパーティーで主役に恥をかかせたら20万円」というまた意地悪なお題に取り組まされる。

そして壱成の予感はやはり的中するのだ。

全く損得考えず、媚び諂うでもなく常に本気勝負の早梅だけが、彼にとってこの退屈で代わり映えのしない、何でも思い通りになってつまらない、だけれども本当に欲しいものは手に入りっこない“自由すぎて不自由”な生活を変えてくれる可能性を秘めているのだろう。

頼んでもいないのに生まれた時から“家柄”や“財力”などあれこれ与えられてしまった、くだらなくって時に空虚な自分に比べて、何にも持っていないはずなのにたくましくって気丈でどうやっても奪えない何か“大切なもの”を自身の中に持っている早梅。

どこまでも誰に対しても対等な早梅と一緒にいると壱成は落ち着くのだろう。

壱成から早梅への“興味”が恋愛関係に発展するのはもう時間の問題に違いない。

そもそもこの突拍子もないラブコメの設定を実写化で見せられるのは、二階堂ふみだからこそだ。

朝ドラ『エール』(NHK総合)でのヒロイン・音役でも抜群の歌唱力と時にコミカルな芝居を披露したのも記憶に新しい。

あの「貫禄」と「無邪気さ」という一見したところ相反する要素を違和感なく同居させられるのが彼女の魅力のひとつだろう。

また、あの吸い込まれるような眼力が本作でも遺憾無く発揮されている。

彼女の視線や目の動きが、基本的には正直な性格の早梅ながら今表出している感情がそっくりそのまま本当なのかはたまた強がりなのか、弱っているのかそれともまだ平気なのか、信じているのか半信半疑なのかなどを雄弁に物語る。

視線にまるで“温度”が宿っているかのようだ。

射抜くように鋭く冷たい何も感じていないかのような視線の時もあれば、真っ直ぐに捉えて物申す熱視線の時もある。

かと思いきや、木漏れ日の中、優しく温かな視線を向けてくることもある。

気になるのは、「17歳のときに差し出された靴を履かなかった」という早梅の回想シーンに出てくるのがどうも壱成の兄・成吾(岩田剛典)に見えることだ。

成吾は早梅の10年前の初恋の相手なのか。

どうやら彼女はこの片岡兄弟と随分前から何かと因縁がありそうで、今後彼らの関係にどんな影響を与えるのか、今から楽しみで仕方ない。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」2話のあらすじ・ネタバレ

旅館で働き始めた早梅(二階堂ふみ)に対する仲居たちの態度が冷たい。

女将の座を狙って成吾(岩田剛典)争奪戦に火花を散らす仲居たちは、悦子(三田佳子)の口利きで入った早梅が成吾のお嫁さん候補ではないかと嫉妬しているのだった。

吉寅(高橋克実)から、成吾がそんな早梅のことを気にかけていると聞いた壱成(眞栄田郷敦)は、自分が連れてきた早梅を兄に取られる気がして面白くない。

旅館の仕事を辞めるよう早梅に迫るが、なぜそんなに旅館を嫌うのかと聞かれ、言葉に詰まる。

そんなある日、悦子が新しい掛け軸を旧館の物置から出しておくよう壱成に頼む。

しかし、その物置には幽霊が出るという噂。

旅館嫌いなうえ怖がりの壱成は、早梅にやらせようと「呪われた物置部屋から掛け軸を持って来る」というゲームを思いつく。

ところが、そのゲームに乗った早梅が予期せぬ災難に見舞われ…。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」2話のネタバレ・感想

「私で良かったら聞くよ。話すだけで楽になることもあるかもしれないじゃん」

「話せよ。話すだけで楽になることもあんだろ」

第2話では、主人公・早梅(二階堂ふみ)を巡る片岡兄弟の三角関係の予兆が見られた。

第1話では目に余る言動が見受けられ“性悪”な部分がかなりフォーカスされたイケメン高校生・壱成(眞栄田郷敦)だったが、今話ではホラーが苦手でビビリなところがあったり、すぐにムキになるガキっぽさがありつつもなんだかんだ優しい不器用な一面も覗かせ、彼から滲み出る魅力がどんどん増している。

何やら兄・成吾(岩田剛典)も早梅のことを気にしている素振りを見せ、祖母・悦子(三田佳子)まで早梅を成吾の嫁候補にどうかと言い出すのを聞いて、あからさまに嫉妬し不機嫌になる壱成。わかりやすく可愛い奴め。

幽霊が出ると噂の旧館の物置に掛け軸を取りに行かせる罰ゲームのようなことを早梅に課しておきながら、帰ってこない彼女を心配して、自分が苦手な心霊スポットでもありこれまでろくに立ち寄ろうともしなかった旅館に足を踏み入れる。

これだって、本当はもっと別の方法で彼女の時間を独占し向き合えれば良かったのに、今のところ彼はこんなふうにパワーバランスを利用して“ゲーム”という名目で彼女を従わせることでしか、彼女との接点を保てないのだ。

眞栄田郷敦といえば、これまでも後輩男子役が多く年上女性との掛け合わせが少なくはなかった。

『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)での瀬川役では暑苦しいことを敬遠するイマドキ新人社員を好演。

自信なさげなキャラクター像も相まってか、実際の眞栄田よりも随分背丈も小さく見えたのだからお見事だ。

『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)では年上のあいこ(吉岡里帆)に好意を寄せるバー店員の好青年・二階堂藤悟役を演じ、本作での壱成とは正反対の役どころを体現した。

どこか控えめで皆を見守るようなキャラクターを演じることがこれまで多かったように思うが、なるほど“オレ様”キャラもここまでハマるとは。

華があり作品の真ん中に立つのもピッタリ似合う。21歳という若手ながらここまで“ワイルド”にも振り切ることができる俳優は現状他に見当たらず、正に今“空いている”ポジションに彼がドンピシャで該当したようにも思える。

片岡兄弟は早くに母親を亡くしていることも明かされた。それもあってか、あるいは常に優秀な兄と比べられる劣等感からか、またあるいは“家柄”や“財力”目当てで近寄ってくる人間に囲まれているからか、壱成は上手に人に甘えることができないようにも見える。

早梅に対して嫉妬心を剥き出しにしていた際には、悪態をつきながらも実はずっとずっと“俺を見てくれよ”と悲痛な声を上げているようにも思えた。

それはまるで幼い子どもが一心に母親の愛情を求めるように。

強がってばかりの彼からすれば、自分よりも10歳年上ながら精一杯何事にもぶつかって思いっきり傷ついてジタバタもがいている早梅こそが、唯一の“信じられる”“信頼に足る”存在なのかもしれない。

そして早梅が“彼女らしく”いられることこそが、そんな世界こそが、壱成からすれば、暇つぶしのゲームでもやらないとやり過ごせないくだらない現実ではなく、虚構でもない“実世界”になりつつあるのだろう。

次週はいよいよ早梅が、不倫した夫・正弘(井之脇海)と対峙するようだ。早梅を傷つけた張本人を前に、壱成の中で込み上げる感情こそが本心だろう。

片岡兄弟だけでなく、そこに人気芸者の菊乃(松井玲奈)も加わった早梅を巡る四角関係がどう発展していくのかも楽しみだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」3話のあらすじ・ネタバレ

早梅(二階堂ふみ)が正式に離婚していないと知った壱成(眞栄田郷敦)は、早梅にゲームを持ちかける。

自宅に戻って離婚届にサインをし、不倫した夫・正弘(井之脇海)から慰謝料300万をぶんどるというゲームだ。

早梅は正弘のことをまだ引きずっていたものの、壱成から半ば強引に押し切られ、そのゲームに乗ることに。

まずは不倫の証拠を押さえるために、仕事帰りの正弘を尾行する早梅と壱成。

心の中では、不倫は彼の作り話であってほしいと願う早梅だったが、思わぬ現場に遭遇し…。

一方、成吾(岩田剛典)は初恋の相手の早梅が再び自分の前に現れ、冷静ではいられない。

さらに、菊乃(松井玲奈)もなぜか彼女のことを気にかけている様子。

成吾は早梅に会いに行こうと、悦子の家を訪れるが…。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」3話のネタバレ・感想

主人公・早梅(二階堂ふみ)と不倫夫・正弘(井之脇海)の直接対決が見られた第3話。

もちろん、イケメン性悪高校生・壱成(眞栄田郷敦)の発案によるゲームで、不倫夫に慰謝料を請求しようというものだ。

真面目で、見るからに不器用、そして“地味で冴えない”けれど優しい正弘のことに、いまだ不倫の事実が信じられず、本当は別の事情があるのを隠すための嘘なのではないかと思い始めていた矢先、それゆえ彼と向き合うことを後回しにしてきた早梅にとって、ある意味良いきっかけになったとも言える。

不倫の現場をバッチリ押さえてしまい、現実から目を背けてばかりではいられなくなってしまった早梅だったが、正弘を目の前にすると怒りをぶつけるでも、泣きつくでも理由を問いただすでもなく、淡々と事務的に処理しようとする。

そんな早梅の不完全燃焼で消化不良な様子に歯痒さを募らせたのは壱成だった。

壱成が彼女の想いを代弁するシーンは、“ゲームのため”“自分の楽しみのため”ではなく、ただただ“早梅のため”でしかなかった。

あるいは、どうやら幼少期に家を出て行ったのであろう彼の母親をついぞ引き止めることが出来なかった、本音を伝えられなかった後悔をここでぶつけたのか。

今話で初めて早梅の身の上が明かされ、中学時代に母親を亡くしたことが明らかになった。

早梅と壱成には大切な人を“喪失”した共通の経験があったのだ。

一方、井之脇海といえば、これまで学生役や弟分的な役どころが多かったが、本作では一気に31歳の冴えないサラリーマンの夫役。

井之脇だと気づかなかった視聴者も少なくなかったのではないだろうか。

『義母と娘のブルース』(TBS系)での、みゆき(上白石萌歌)に一途に想いを寄せる高校生の大樹役から、時の流れの早さとそして彼のますます磨き続けられている抜群の演技力を感じずにはいられなかった。

最近では、『俺の家の話』(TBS系)で熱演したプロレスラーのプリティ原役も記憶に新しい。

愛されキャラかつハイテンションなかなりの“陽キャラ”だったこと、さらに役作りのために15キロ増量したことも相まって、全く同一人物には見えない。

現在配信中の『ギヴン』(FOD)での梶秋彦役では強面のドラマーを演じ、醸し出す空気感から歩き方、声の出し方までまるっきり別人格で驚かされる。

衝撃的だったのは正弘の不倫相手というのが人気芸者の菊乃(松井玲奈)だったことだ。

しかも、壱成や早梅の動きを完全に先回りして読んでいるような、実際のゲーム主催者は壱成ではなく菊乃なのではないかと思わせられる展開が随所で見受けられた。

離婚届のサイン前日に正弘を家で待ち伏せし、仲睦まじい様子をあえて早梅に見せつけ、離婚の決意を固めさせる格好になった。

そもそも正弘が早梅との関係のどんなところに不安を抱いているか把握できているからこそ、正弘が欲している言動が手に取るようにわかったようにも思える。

彼女はどうやら成吾(岩田剛典)と早梅の初恋についても知っているようだ。

菊乃ももしかしたら当時から早梅のことを知っていたのだろうか(彼女らは1歳しか歳が変わらないようだ)。

何やら煮え切らない態度の成吾の胸の中に棲みついている初恋相手(=早梅)を追い出すためなのか。

ただ、彼女は成吾にももちろんだが、それよりもむしろ早梅の方に執着しているようにさえ見える。

早梅は正弘の前では出せなかった“悲しい”の一言を、壱成の隣で泣きながらこぼせていた。

彼らの距離は確実にまた一歩近づいた。一方、ついに成吾と早梅が久々の再会を果たすシーンも描かれた。

早梅も成吾のことを“17歳の時にガラスの靴を差し出してくれた初恋相手”だと認識しているようだ。

次週は片岡兄弟の真っ向勝負が観られそうで今から楽しみだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「プロミス・シンデレラ」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

この火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました