プロミス・シンデレラ7話8話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

二階堂ふみさん主演のTBS火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」の7話、8話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

漫画原作の実写ドラマ作品である「プロミス・シンデレラ」なのですが、TBSの火曜ドラマというだけありキュンキュンを誘う内容になっています!

視聴率が徐々に厳しくなってきてしまっているこの放送枠ですが、「プロミス・シンデレラ」で挽回なるか!?

このドラマ「プロミス・シンデレラ」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」7話のあらすじ・ネタバレ

夏休みの間、壱成(眞栄田郷敦)が旅館でバイトをすることになり、仲居たちは大喜び。

悦子(三田佳子)もやる気を出した壱成に感心するが、成吾(岩田剛典)はなぜか気に入らない様子だ。

そんな中、早梅(二階堂ふみ)は落ち込んでいた。

仲居たちから壱成との関係を怪しまれ、特に望(森カンナ)の風当たりが強い。

その上、成吾からは、従業員用の意見箱に早梅に関する良くない意見が届いているため、別の旅館に職場を移るのはどうかと言われてしまう。

辞めたくはないが、その方が周囲にとっていいのか悩む早梅。

意見箱を使って早梅が個人攻撃されていることを聞いた壱成は、「俺が意見を書いた人間を見つけ出して撤回させてやる」と宣言。

仲居たちへの聞き込みから、望と茜(堺小春)が怪しいと察知した壱成は2人のところへ乗り込んでいく。

一方成吾は、早梅が旅館を移りたくない本当の理由は、壱成にあるのではと感じ…。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」7話のネタバレ・感想

主人公・早梅(二階堂ふみ)への恋心をどんどん行動に移していく壱成(眞栄田郷敦)に風向きが味方した第7話。

旅館内での茶房でバイトを始めると壱成を取り巻く環境、評判が180度変わる。仲居たちの中でますます壱成ファンが増えるのは想定内だったが、何をやっても意外に手際が良く、これまで優秀な兄・成吾(岩田剛典)の存在と比較ばかりされてきた壱成だったが、どうやら実際のところそうでもないらしい。

昔から片岡兄弟のことを知っている様子の芸者の菊乃(松井玲奈)いわく、不器用な努力家タイプの成吾に対して、幼少期からなんでも飲み込みが早かったのは壱成だったようだ。

有名な華道家が評するには生花のセンスも成吾のものは「基本に忠実にこじんまりとまとまった印象」、一方今の壱成の作品は「荒々しい中にも力強い優美さ、情熱を感じさせる」。それはまるでさながら「恋をしている時の情熱」のようだとも言わしめる。

旅館では、意見箱に早梅の悪評が書き込まれた投書が続く事件が起きるが、この犯人は菊乃ではないだろうか。

早梅をピンチに追いやり、成吾が彼女を助け出す“見せ場”を作っているように思えるが、これがどうも菊乃の思惑通りには事は進まない。

副社長として当然のことかもしれないが波風立てぬように事を丸く収めようと早梅の配置転換を申し出る成吾に対して、壱成はもっと自分の気持ちに忠実。

目の前で起きていることへの違和感にも敏感だ。そしてまず、早梅がどうしたいのかを聞いて、その希望を尊重する。

結果、壱成の半ば強引にも思えるやり方のおかげで、早梅は旅館を去らずに済んだのだった。実際には成吾は早梅を心配に思う余りに先走って感情的になってしまったと話していたが、壱成との親交を深めていく様子に焦りを感じているようにも見えた。

好きなタイプを聞かれて思わず「大人な人」と答えた早梅に複雑な表情を見せる壱成だったが、今のところ成吾より壱成に軍配が上がっているように思える。

壱成と同じく高校生がアラサー女性の恋のお相手となった恋愛ドラマといえば、『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)が挙げられるだろう。

主人公の塾講師の春見順子(深田恭子)の心を最終的に射止めたのはピンク髪の高校生・“ゆりゆり” こと由利匡平(横浜流星)だ。

仕事も恋もさっぱり、母親からの過度な期待に応えられず実家でも肩身の狭い思いをしている順子と、母親不在の寂しさと父親への反発心から当初は不良高校生として大人は誰も信用できないと心を閉ざしていた由利。

そんな2人が出会い、互いに“東大受験”という共通目標を掲げ、「自己肯定感」を取り戻していく過程に、恋愛関係以上の“同士感”を感じ応援したくなった視聴者も少なくなかっただろう。

由利の目標をはなから無理だと笑うエリート官僚の父親にも啖呵を切り、由利の可能性を決めつけることなど決してしない順子の様子は、家柄など関係なく「壱成そのもの」だけを見ている早梅の姿にも重なるし、由利が順子に惹かれた理由と、壱成にとって早梅が特別な存在である理由は似通っている。

由利も順子が自分のことをいつまで経っても「子ども扱い」「高校生扱い」することに対する不満をあらわにしていたが、壱成も早梅の「そういうとこ、ガキっぽいなぁ」という言葉に敏感に反応し、茶房のマスター・洸也(金子ノブアキ)にも「どうやったら大人になれる?」と迫っていた姿が印象的だった。

そういえば本作と男女逆転のドラマとして、『きみはペット』(フジテレビ系)では高学歴&容姿端麗の新聞記者・澄麗(入山法子)がペット志望の謎の年下美少年のモモ(志尊淳)を自宅に住まわせる展開が描かれた。

それにしても改めて、『プロミス・シンデレラ』でのアラサーバツイチ女性が高校生の悪ノリに付き合わされてリアル人生ゲームに参加し、自宅で共同生活をするという本作での設定は真新しさがある。

次話では早梅と壱成がついに花火大会に2人で行くことになるようだが、この調子で壱成が素直に彼女への想いを言動に移せるといいなと願いつつ、我々もまだ観たことのない“恋する壱成”のさらなる可愛さや、ツンデレの余裕もなくなってきている一生懸命さがもっと引き出されることを期待してしまう。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」8話のあらすじ・ネタバレ

花火大会当日。早梅(二階堂ふみ)の浴衣姿に思わず見とれてしまう壱成(眞栄田郷敦)。

早梅との距離をなんとか縮めたい壱成だが、行動に移す勇気はない。

そんな壱成の思いなどまったく気づかない早梅は、子どもの頃以来の露店で大はしゃぎ。

「借金マイナス10万円」をかけた射的勝負が始まる。

同じ頃、成吾(岩田剛典)は会場の詰め所で運営委員たちと酒宴を開いていた。

そこに菊乃(松井玲奈)が現れ、何を企んでいるかわからない彼女に成吾は不安を覚える。

一方、射的勝負を終えた早梅と壱成。

早梅が足をケガしたことで2人は休憩することに。

早梅の浴衣姿を「キレイだ」と褒める壱成に、急にドキドキする早梅。

2人の距離は一気に近づくが…。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」8話のネタバレ・感想

「俺は相手の全部が欲しくなるね。過去もひっくるめて全部」

第8話では、互いに普段とは違う浴衣姿にドキッとしたり、はぐれそうな人混みの中距離が近づいたり、出店にはしゃいだり……壱成がバイト代をこのデート代に充てていたのもまた可愛く微笑ましい。

たったひとつ、心残りだったのは一番の見どころである花火を早梅(二階堂ふみ)と壱成(眞栄田郷敦)が一緒に見られなかったことだけだ。

10年前に成吾(岩田剛典)から差し出されたガラスの靴ならぬローファーを履くことを選ばなかった早梅が、今度は壱成に靴擦れの処置をされながら下駄を履き直させてもらう。

制服姿のシンデレラは時を経て浴衣姿のシンデレラになった。

壱成と早梅が学生かのようなデートを楽しむ裏で、運営本部の詰所で成吾は老舗旅館「かたおか」の跡取りとしての役目を果たすべく地域の大人たちと交流を深める。

なんだか壱成にスポットライトが当たれば当たるほど、成吾の報われなさが際立つ。

今話、これでもかというほどに発揮された芸者の菊乃(松井玲奈)の一筋縄ではいかないねじれた愛情表現は、何より彼女自身を追い込んでおり、観ていてあまりに苦しい。

特にここ最近の恋愛ドラマでは性悪な恋敵の出現というのはあまりない展開だけに、この独特の存在感はインパクト大だ。

彼女は「相手の幸せを願って自分が身を引く」ということの意味を完全に履き違えている。

菊乃は全く身を引けていない。その執着心たるやおぞましく、過干渉に他ならない。

早梅をピンチに追いやり、成吾が手を差し伸べられるようなシチュエーションを整え、成吾と早梅がくっつくように仕向けているのだろうが、早梅にとって成吾は10年前と同じく「正義のヒーロー」のままだ。

正義のヒーローに皆が恋に落ちる訳ではない。菊乃自身がきっと成吾に過去に救われた経験があり、彼女は正義のヒーロー・成吾に恋したのかもしれない。

回想シーンでの菊乃は何やら虐められていたり、今とは全く違う姿形をしているが、そんな菊乃に壱成は言うのだ、「俺は相手の全部が欲しくなるね。過去もひっくるめて全部」という最上級の愛情表現を。

訳ありの過去を持っているであろう菊乃にとって、「過去もひっくるめて全部愛される」なんてことは想像できないことなのだろうし、その一方で最も彼女が欲している言葉のようにも思える。

必死に好きな人のために、成吾のためにと間違った方向に画策する様子は「役に立たない自分など価値もないし愛されない」という強迫観念とも表裏一体のようだ。

そして、この生真面目とも捉えられる部分は旅館の副社長としての職務を常に全うしようとする成吾と似ているところでもある。

だからこそ、成吾もなんだかんだ言ってこれまでは菊乃を拒むことができなかったのかもしれない。

彼女をここまで突き動かす原動力がきっととんでもないピュアな想いであるに違いないからこそ、容赦がなく恐ろしいし、彼女がやっていることは許されることではないものの、何よりいつまで経っても満たされない彼女が不憫だ。

早梅の気持ちは壱成にあることはもう明白だ。崖から突き落とされ思い出すのは、壱成から花火大会に誘われた時のことだし、成吾が助けに来てくれても壱成と一緒に花火大会を見ることで頭がいっぱいだ。

菊乃の計らい全てが裏目に出て、早梅の中にある壱成への想いを確信させるばかりだ。

手を繋ぐことさえ脳内シミュレーションを重ねに重ね踏み出せなかった壱成が、今話ラストに一気に距離を縮めた。

今、全てのボールを持っているのは早梅だ。彼女がどう自分の“今の気持ち”に恐れず向き合い、どんな決断をするのか。

決断の時はもうすぐそこまで来ている。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「プロミス・シンデレラ」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

この火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました