ジャンクスポーツの無料動画や見逃し配信の無料視聴方法!大谷翔平特集!

スポーツ

フジテレビで放送されている根強い人気を誇るスポーツバラエティ番組「ジャンクSPORTS(スポーツ)」の無料動画や見逃し配信、動画配信の視聴方法などについて紹介したいと思います。

「ジャンクSPORTS(スポーツ)」はダウンタウンの浜田雅功さんがMCを務めている番組で、アスリートに鋭く切り込んでいくことなどで人気です!

この「ジャンクSPORTS(スポーツ)」の動画配信・見逃し配信は現在予定されておりませんが、フジテレビで放送される事から、動画配信が行われるとしたら、動画配信サービス「FODプレミアム」になるのではないかと思います。

\ おすすめVODサービスはこちら /

登録無料!おすすめVODサービスページはこちら

/おすすめVODサービスはこちら\

 

スポンサーリンク

FODプレミアムで見れる動画

それではここからは、FODプレミアムで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

FODプレミアムで見れるドラマは下記になります。

・姉ちゃんの恋人
・ルパンの娘
・30禁
・さくらの親子丼
・僕はまだ君を愛さないことができる
・世にも奇妙な物語
・ライアーゲーム
・メイちゃんの執事
・スイッチガール
・アンフェア
・東京ラブストーリー
・ラストシンデレラ
・SUITS/スーツ
・コンフィデンスマンJP
・DIVER-特殊潜入班-
・医龍
・ひとつ屋根の下
・のだめカンタービレ
・PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~
・教場
・HERO
・CHANGE
・プライド
・シャーロック
・絶対零度
・ラジエーションハウス
・パーフェクトワールド
・アンサング・シンデレラ
・竜の道
・映像研には手を出すな
・振り返れば奴がいる
・ガリレオ
・踊る大捜査線
・リッチマンプアウーマン
・マルモのおきて
・救命病棟24時
・大奥
・ショムニ
・天体観測

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・池袋ウエストゲートパーク
・おそ松さん
・ちびまる子ちゃん
・呪術廻戦
・ハイキュー
・ぼのぼの
・炎炎ノ消防隊
・遊戯王
・ドラゴンボール
・約束のネバーランド
・アオハライド
・Re:ゼロ
・サザエさん
・かいけつゾロリ
・ひぐらしのなく頃に
・愛してるぜベイベ
・あやつり左近
・ゲゲゲの鬼太郎
・ワンピース
・さよなら絶望先生
・転生したらスライムだった件
・天気の子
・ゴールデンカムイ
・3月のライオン
・蟲師
・魔法少女まどかマギカ
・コードギアス
・ソードアートオンライン

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・FODプレミアムなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはFODプレミアムならではです!

※現在「ジャンクSPORTS(スポーツ)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ おすすめVODサービスはこちら /

登録無料!おすすめVODサービスページはこちら

/おすすめVODサービスはこちら\

 

「ジャンクSPORTS(スポーツ)」大谷翔平はなぜすごい?

2021年に世界を熱狂させた大谷翔平選手。

1月9日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)では、大谷選手をさまざまな角度から解剖。他、東京オリンピック陸上日本代表の桐生祥秀選手と多田修平選手の詰め放題企画、日本球界の若きスターが集結し東京オリンピックや日本シリーズの裏側や素顔を明かす3時間スペシャルを放送した。

誰もが不可能と思った“メジャーでの二刀流”を実現させた大谷選手。

文句なしで選出されたオールスターでは、これまでメジャーリーガーが誰も成し遂げなかった二刀流で出場。さらに、日本人初出場となるホームランダービーで大奮闘した。そして、最も輝かしい賞「ア・リーグMVP」を満票で獲得。日本人選手のMVP獲得はイチローさん以来、20年ぶりとなった。

46本のホームランを量産した大谷選手は、48本まで伸ばしたゲレーロJr.とペレスにホームラン王のタイトルは譲ったが、138安打、46本塁打、100打点という結果を残し昨シーズンを終えた。

2014年から17年には日本ハムで大谷選手を指導していた白井一幸さんは、この偉業について「二刀流なので打数は他の2人よりは少ない。70から80は少なかった。シーズン終盤は敬遠です。3試合で11フォアボールはMLBタイ記録と言われていますから、これがなかったらホームラン王いけたと思います」と語る。

大谷選手の打数は537に対して、ゲレーロジュニアは604、ペレスは620だった。

MLB5球団を渡り、ブルペン陣の柱として活躍した元メジャーリーガーの斎藤隆さんは、「ゲレーロJr.は同じ名前のお父さんがメジャーリーガーですごく良いバッターでした。イチローさんと首位打者を争うくらい。時代が変わって大谷選手と争うのはすごく素晴らしいストーリー」と感慨深げに話した。

大谷選手はホームランの数だけではなく、バッターとしてあらゆる数値がトップレベル。昨シーズンの打数部門10項目でトップ10に入るまで進化を遂げた。

第1回WBC優勝時のメンバーで現在はMLB取材や解説で活躍する多村仁志さん、進化の裏には秘密があるとは言う。

「(打撃の際)良い音がしていますが、バットの素材と形状を変えたそうです。先端にあった重心を手前にしたミート型のバットにして、ホームランを量産。本人もメジャーの中でパワーがあると自負していたので、コンタクトさえできれば長打が増すと考えてそうです」

次は、打者だけではなく投手の側面からも見ていく。

昨シーズン、ピッチャーとしての大谷選手の成績は、23試合に先発し、130回投げて156奪三振。特にスプリットの被打率は0割8分7厘。100回投げても8回しか打たれないという、まさに“魔球”だった。

斎藤さんも「スプリットがすごかった」と称賛。「投手だけやっていたら200奪三振は超えていると言われます。チームが強ければ、クオリティスタート(先発が6イニング以上を投げ、かつ自責点3以内に抑えた試合)が14という数字が出ていますので、最低でも14は普通に勝っていた」と解説する。

また白井さんはスプリット以外にも効果的な球を投げていたと明かす。

「バックドアと言われるスライダーが効果的でした。ボールゾーンがバッターからすると外から来るんですけど、急に内側に入ってくるので油断しているとストライクになる」

改めて映像で確認すると、番組MC・浜田雅功さんも「そんなの打てない」と驚くほどの球で、現役時代にバックドアを投げていた斎藤さんも思わず「すっごい…」とうなった。

さらに斎藤さんは、大谷選手のピッチングスタイルが前半と後半で大きく変わったと指摘する。前半戦では狙って三振を奪いに行っていたのに対し、後半戦では効率よく打たせて取るスタイルに変化した。

それは少しでも球数を減らすために駆使した投球技術で、大谷選手を語るうえで重要なキーワードとなるのが「ピッチトンネル」だという。

投げた瞬間からボールの変化が始まるまでの部分を「トンネル」と考え、それを「ピッチトンネル」と呼ぶ。大谷選手はこのトンネルの部分が長いため、ボールがバッターの手元で変化し、バッターは打ちにくくなる。

バッターからすると直前までストレートだと思っていたボールが、トンネルを出てから変化するので打つことが難しくなる。

後半戦の大谷選手は、このピッチトンネルを上手に使い、ゴロでうち取ることが増えたという。

多村さんは「150キロの球を投げる投手は、投げてからキャッチャーのミットに届くまでが約0.4秒と言われます。バットを振ると決めてから打つまでが約0.17秒。投手が投げてからバッターは約0.23秒で打つか、打たないかを判断しないといけない。大谷選手の場合は球が速くてキレがあるので、バッターは予測していないと打てない。間に合わないと思います」と、その投球技術を絶賛した。

また、山本萩子さんは大谷選手の足の速さにも注目。「ピッチャーでありながら盗塁数は26で、ア・リーグ5位の成績。投手やりながらというのを忘れてしまう数字」と驚く。

大谷選手の走る能力について白井さんは「身体能力が高かった。ただ二刀流なのでケガをするのが怖くて、(日本ハムとしては)『走らないで』とお願いしていた。メジャーでは積極的に走っていて、特に後半戦、敬遠されていたので、盗塁すると実質二塁打になるので、敬遠が減るのではと考えて盗塁をたくさんしていました」と話す。

最後に一同は、大谷選手の2022年を予想。

すると白井さんは「10年400億円で契約!」と大胆な予想をし、浜田さんを驚かせるが、「最低ラインかと思います」と他のメンバーは頷く。

トータルテンポス・藤田憲右さんも「2人分と考えたら安いです。10勝できる投手とホームラン40本以上の打者を2人取ると考えたら400億だと妥当、安いかもしれない」と話し、斎藤さんも「400億が最低」と言い切る。

「9対1のトレード移籍」と予想した斎藤さんは「昨年のように一人で頑張ってもチームが弱いとトレードの可能性がメジャーでは消せない。大谷翔平と相対する選手は一人では絶対にいない」と熱弁。そして、「9対1も有名選手を含むトレードになる可能性がある」と示唆した。

今年の大谷選手はどんなプレーを見せてくれるのだろうか。彼の活躍から目が離せない。

2020年に最下位だったヤクルト・オリックスがセ・パ共に下剋上優勝を果たし、東京オリンピックでは侍ジャパンが初の金メダルを獲得するなど、2021年の日本野球界は大きな盛り上がりを見せた。

それを支えた新世代の若手選手たち7人が登場。ヤクルト・村上宗隆選手、田口麗斗選手、オリックス・山本由伸選手、巨人・戸郷翔征選手、ソフトバンク・栗原陵矢選手、広島・森下暢仁選手、栗林良吏選手の実力と素顔に迫った。

まずは、「こいつこんなやつです!」とチームの先輩たちが若手選手の素顔を明かす企画から。

村上選手が師と仰ぐ先輩・青木宣親選手は、「メジャーで通用しない!」と彼の素顔を暴く。その理由はSignをシング、Leagueをラージと読んでしまうなど、「英語に弱すぎる」からだそう。

スピードワゴン・小沢一敬さんから外国人投手との会話について問われると、村上選手は「でぃすいず でぃ いーじーばったー(これは簡単な打者です)って言います」と笑いを誘った。

「村上選手にライバル意識を持っている」という栗原選手は「野球や年俸では勝てないので、オリンピックの時に卓球をしてぼっこぼこにやっつけました」と明かす。そして、「トークも顔も勝っていると思う」とどや顔を見せると、村上選手は「僕らは野球選手なので」と栗原選手へ冷静に切り返した。

2年連続セ・リーグ新人王となった広島コンビの森下選手、栗林選手の素顔については、先輩の曾澤翼選手と大瀬良大地選手から別々に聞いたにも関わらず、「お前らイチャイチャしすぎ」と2人の関係を指摘されることに。

曾澤選手からは「まるで恋人」と言われ、大瀬良選手からは「男の友情だけじゃない空気でイチャイチャしていてあやしい」と疑われる。

すると栗林選手は森下選手をチラチラ見ながら「僕は友達以上恋人未満くらいの気持ち」と打ち明け、「オリンピックの時も一緒にいたんですけど、(森下が山本)由伸と仲良くしていて、一人で置いていかれてすごく寂しい思いをした」と明かした。

チームを25年ぶりのリーグ優勝に導いた山本選手の素顔を語ったのは、先輩の頓宮裕真選手。実は実家が山本選手と隣同士だそうで、幼いころからの山本選手を知る間柄だという。

頓宮選手は「昔は丸刈りで可愛かったのに、最近パーマを当ててオシャレになった」と彼の変化を語る。すると山本選手は「大人っぽさを出そうかと思った」とイメチェンの理由を明かした。

巨人が期待する若きエース・戸郷選手へは元木大介ヘッドコーチが「練習でベテラン感を出すな!」とクレーム。「若手は声も出すけど、戸郷はほぼ出さない。ランニングも前に行けって言ってもいかない」と指摘すると、戸郷選手は「当たってますかね…」と覇気がない返事をし、スタジオにいる元木ヘッドコーチから「声が小さい!」とダメ出しをされてしまう。

元同僚の田口選手は「ベテランだと思っていると思う」とチクリ。「走るとき、若手は外側なんですけど、線ギリギリなんです。それで“余裕フェイス”する」と明かした。

そんな田口選手に対して元木ヘッドコーチは「巨人時代より明るくない?」と再び物申す。「巨人の時も明るかったんですけど、ストップがかかる。でも、ヤクルトは(ストップが)ないのかな?と思うくらい明るい」と話す。

すると田口選手は「足かせが外れたなって、翼が生えました」と笑う。そして「移籍して1年目だったので覚えてもらいたくて」と明るくしている理由を説明すると、同僚の村上が「ヤクルト楽しい!って言ってますよ」と元木ヘッドコーチに暴露し、田口選手を追い込んだ。

ソフトバンクで若手ながらチームの4番を任された栗林選手に対しては、先輩・甲斐拓也選手が物申した。

プライベートでも食事に行く仲で、甲斐選手は「カッコいいし、スタイルもいいし、面白い。ここで一本打ってくれ、というところで打ってくれる」と絶賛するが、守備に関して聞くと、深く考え「ないな」と一言。

その守備に関して、甲斐選手は物申したいという。それは「ライトが栗(栗原)でセンターがギータさん(柳田悠岐)の時に、ギータさんに任せているところがある。全力で追ってんのかなって。右中間に打球が飛んだ時、行けるやろ!ってところも“ギータさん行ってくださいよ”ってそう見える。本人に言ったことあって、『いや、抜いてない』って言うんですけど、絶対抜いてるやろ!」と抗議する。

改めて栗原選手に聞くと、「ちょっと抜いてますかね…」と苦笑。「抜いているというか、足が遅いんです。柳田さんは速いし、どんどん突っ込んでくるので、やる気…じゃないですけど、行ける方に任せた方がいい」と“抜いてはない”と弁明した。

東京オリンピックではムードメーカーとして盛り上げた栗原選手に、山本選手は「決勝の日にロッカーからこそこそハチマキを準備していて。入念に準備しているなと思ったら、(当日に)全然違う人が声出し役に当てられたので、俺じゃないんやって顔をしていた」と暴露する。

栗原選手も「前の日から考えていて、(声出し役は)僕だろって思って、名前呼ばれるかと思ったら全然違う人だった」と話し、入念に準備していた時間がむなしく感じたという。

さらには、「素直に押したら損!」だと言い張る元木ヘッドコーチから、年俸を爆上げするテクニックを聞き出したりした。

今シーズンはこの7人の若手選手たちがどんな活躍をするのか期待したい。

※現在「ジャンクSPORTS(スポーツ)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ おすすめVODサービスはこちら /

登録無料!おすすめVODサービスページはこちら

/おすすめVODサービスはこちら\

 

「ジャンクSPORTS(スポーツ)」大谷翔平完全保存版!

大谷翔平昨年の活躍を徹底解剖&旧友が素顔を告白▽桐生祥秀&多田修平が爆買い!五輪バトンミス真相▽プロ野球の新星集結!MVP村上&山本が激闘の舞台裏(秘)話

『ジャンクSPORTS』は、MCの浜田雅功と、各界で活躍する一流のアスリートたちとのクロストークが大きな見どころ。
新春3時間SPは超豪華企画がめじろ押し!メジャーリーグ・エンゼルスの〈大谷翔平SP〉では大谷選手の大躍進の秘密を徹底解剖!全ホームランや圧巻の奪三振をまとめたVTRを紹介しながら、その偉業をスタジオゲストと共に振り返る。

〈プロ野球若手スターSP〉では先シーズン、プロ野球界を盛り上げ、東京五輪で金メダル獲得にも貢献した若手スター選手がスタジオ大集結!さらに〈ビックカメラ 詰め放題SP〉では、東京五輪・陸上日本代表の桐生祥秀&多田修平が浜田のおごりで、大興奮のビックカメラで詰め放題に初参戦する!

「ジャンクSPORTS」の出演者

【MC】
浜田雅功(ダウンタウン)

【進行】
永島優美(フジテレビアナウンサー)

【大谷翔平SP】
斎藤隆
白井一幸
多村仁志
髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)
藤田憲右(トータルテンボス)
山本萩子

〈進行〉
三宅正治(フジテレビアナウンサー)

【プロ野球若手スターSP】
村上宗隆(ヤクルト)
田口麗斗(ヤクルト)
山本由伸(オリックス)
戸郷翔征(巨人)
森下暢仁(広島)
栗林良吏(広島)
栗原陵矢(ソフトバンク)

元木大介(巨人)

小沢一敬(スピードワゴン)
須田亜香里(SKE48)

【ビックカメラ 詰め放題SP】
桐生祥秀
多田修平

武井壮

※現在「ジャンクSPORTS(スポーツ)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ おすすめVODサービスはこちら /

登録無料!おすすめVODサービスページはこちら

/おすすめVODサービスはこちら\

 

「ジャンクSPORTS」について

「ジャンクSPORTS」は、フジテレビ系列で放送されているスポーツを題材としたトークバラエティ番組。

2000年(平成12年)4月11日から2010年(平成22年)3月21日までレギュラー放送され、レギュラー終了後は、特別番組として不定期に放送されていたが、2018年(平成30年)1月28日から毎週日曜日19:00 – 20:00 (JST) にて再度、レギュラー放送されている。

通称は『ジャンク』『ジャンスポ』。こちらでいう「ジャンク」とは英語で「中毒」のこと。

毎回様々なテーマを決め、ダウンタウンの浜田雅功らMC陣とゲストのアスリートらがトークを展開する。

また、様々な番組オリジナル競技でアスリートが対決するなどの企画もある。大相撲・プロ野球・Jリーグ・MLB・UEFAなどの知名度の高いスポーツの選手だけでなく普段マスコミではあまり取り上げられない知名度の低いスポーツ選手も恒常的にゲストに呼ぶのが特徴。

また「アスリートの奥様」「スポーツマスコミ」「元アスリート芸能人」など、スポーツ関係者を広範に特集するなどとアスリート以外にもスポーツ業界の裏側が見られる事もしばしば。

この番組がきっかけで浜田はフジテレビ・FNS系列のトリノオリンピックの特別キャスターに起用された。内田と当時ダウンタウンなどのマネージャーを務めていた吉本興業社員の木本公敏が2006年1月に結婚した(その後木本・内田夫妻は独立し個人事務所を設立)。

2000年4月11日より、毎週火曜日 23:00 – 23:30(『バラパラ』枠、以下すべてJST)で深夜帯でレギュラー放送開始した。

2004年1月11日より、毎週日曜日 19:58 – 20:54に移動して深夜帯からゴールデンタイム・プライムタイム帯へ昇格した。

2006年春期に、6年間レギュラー出演した俳優の金子賢が格闘家へ転身するために降板した。4月23日から俳優の石垣佑磨がレギュラーに加入した。

2006年9月24日は、本来のレギュラー枠はアニメスペシャル『ONE PIECE』となり、前枠の15:56 – 18:40で『ベルリンマラソン』 を予定していたが日本選手の欠場により中止となり、急遽16:00 – 18:00に『秋の大運動会 2時間スペシャル』として放送された。2002年のスペシャル以来となる、全国28局ネットで放送される。

2007年2月4日の放送は、21:00からの『発掘!あるある大事典II』がデータ捏造問題で打ち切られたため、『ジャンクSPORTS』は19:58 – 21:50の枠で放送し、後半部分は過去の未公開VTRなどで補填した。

2007年12月31日の18:30 – 21:00は『第58回NHK紅白歌合戦』の裏番組として『ジャンクSPORTS 2007大晦日スペシャル・浜田のハダカ祭り!!』が放送され、浅尾美和と西堀健実がビーチバレー対決第4戦を、「平成教育ジャンクSPORTS学院」と題して『熱血!平成教育学院』のセットを流用したパロディを浜田が学院長、内田が助手、石垣は生徒、長島一茂、古閑美保、土田晃之、本田朋子らが、内藤大助はボクシング対決、をそれぞれ行った。視聴率は第一部が二桁、第二部は8.5%となった。

2008年11月16日に、MCの石垣が暴行容疑で逮捕されて芸能活動を自粛するため、既に収録済みの3週分は編集でカットして放送、その3ヶ月間は浜田・内田の2人体制となった。

放送では浜田のバストショットの多用、内田はあまり映さず映す際には画面の両端に帯を入れる、合成で後ろのセットを石垣に被せるなどの編集が行われた。しかしながらわずかに肩や顔が見切れてしまっているシーンもあった。

2009年3月22日は19:00 – 20:54に『WE LOVE SPORTSスペシャル』として、スポーツ大好き芸能人によるトークスペシャルと当日開催された「2009年東京マラソン」に参加した芸能人による振り返りトークが生放送された。

また、当日の放送で新MCとして大東俊介(番組に先立ち東京マラソンに参加)が紹介されたことに伴い前任の石垣はそのまま降板となった。

2006年10月15日放送分よりタイトルロゴは従来の『ジャンクSPORTS』のままだが、一部新聞ラ・テ欄の番組名表記がロゴに存在しない「!」を付けて「ジャンクスポーツ!」に変更された。

2009年9月20日の2時間スペシャルは前半の時間が『熱血!平成教育学院』の枠であるため、2番組のコラボレーションで「平成教育ジャンクSPORTS学院」を放送した。

2010年1月23日の一部スポーツ紙に同年3月でレギュラー放送を終了すると報じられる。

同年3月21日の2時間スペシャル「ジャンクアワード マル秘映像大賞」放送を以って、深夜時代も含めた約10年間にわたるレギュラー放送は終了し、以後『土曜プレミアム』枠などで改編期などにおける不定期での特番として制作が続けられている。

2018年1月28日から、毎週日曜日 19:00 – 19:57に2010年3月のレギュラー放送終了以来となる約8年ぶりにレギュラー放送が復活(再開後初回は19:00 – 21:54に3時間SP)。

メインMCは、これまで通り浜田、女性MC(レギュラー3代目)には、永島優美(フジテレビアナウンサー)が務める。4代目のサブMCは不在になった。

そして、発言テロップ等は同局の番組『VS嵐』、『VS魂』と同じ演出になった。ナレーターは伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)が務める。

また、フジテレビ系列の日曜19時台がレギュラー放送のバラエティ番組枠になるのは『日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン』以来の約3年ぶりとなる。なお『それマジ!?』以来4年間続いた、直前番組『サザエさん』からのジャンクションは、当番組より廃止された。

2018年10月からは20時台のフライングスタートが廃止されて、20:00終了となった。

2020年4月12日、放送開始20周年を迎えた。

2021年8月9日(月曜日)は本来の放送曜日ではないが、2020年東京オリンピックの閉幕直後であることから、臨時枠移動の上「ジャンクSPORTS 緊急生放送で東京五輪メダリスト集結!舞台裏を大告白SP」として19:00 – 20:54に放送予定。

※現在「ジャンクSPORTS(スポーツ)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ おすすめVODサービスはこちら /

登録無料!おすすめVODサービスページはこちら

/おすすめVODサービスはこちら\

 

「ジャンクSPORTS(スポーツ)」を楽しもう!

バラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このバラエティ番組「ジャンクSPORTS(スポーツ)」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

※現在「ジャンクSPORTS(スポーツ)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ おすすめVODサービスはこちら /

登録無料!おすすめVODサービスページはこちら

/おすすめVODサービスはこちら\

コメント

タイトルとURLをコピーしました