VS嵐最終回の無料動画見逃し配信の無料視聴方法は?木村拓哉の出演あるか!?

バラエティ

フジテレビで放送されている嵐の冠番組である「VS嵐」の最終回4時間生放送スペシャルの無料動画や見逃し配信、動画配信の視聴方法などについて紹介したいと思います。

2020年12月末で活動を休止する「嵐」の冠番組ということもあり、嵐の活動休止にあわせて嵐の全メンバーが出演している番組も次々と終わっていきます。

「VS嵐」は2020年12月24日夜、13年の歴史に幕を下ろす。

19時から放送される「VS嵐最終回4時間生放送スペシャル」です。

この「VS嵐」最終回4時間生放送スペシャルの動画配信・見逃し配信は現在予定されておりません。

今後、動画配信の情報がありましたら随時ご紹介したいと思います。

「VS嵐」最終回4時間生放送スペシャルの放送について

この「VS嵐」最終回4時間生放送スペシャルはくしくも、メンバーの相葉雅紀さんの誕生日が放送日となった。

放送内容は「ババ抜き&嵐5人だけロケ&最終生対決」の三本立てだ。

ゲームで対決する「最終生対決」には「打倒嵐連合軍」が参戦するが、詳細は放送まで明かされない。

ツイッターには、相手の顔ぶれ予想や希望を書き込むファンが大勢おり、特にあるアイドルグループの出演を熱望する声が後を絶たない。

「嵐にしやがれ」でも待望論。

「最後はやっぱりどうしても同期の嵐vsエイトが見たい」

「最終回のVS嵐にゲストで関ジャニ∞出る望みをまだ捨ててない」

嵐と同じジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「関ジャニ∞」の名前が、ツイッター上に散見される。ちょうど「5対5」となるメンバー構成だ。

嵐の冠番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)も12月26日に、同じく最終回を迎える。

こちらも当初は放送内容の詳細がわからず、関ジャニ∞がゲストだったらいいと要望する意見が相次いでいた。

関ジャニ∞は過去に2度、グループ全員で同番組に出演しており、比較的メンバーの年齢層が近いグループで仲が良く、両グループのファンから「嵐とエイトの共演最高に面白かった」と大好評だった。

また、「関ジャニ全員は無さそうだけど各グループ1人ずつ取ったジャニーズ連合軍とかありそう」との意見も。

さらに「ジャニーズ事務所所属」で、嵐や関ジャニ∞と「ほぼ同期」の俳優である生田斗真さん、風間俊介さんの出演を熱望するファンもいる。

ただ風間さんは新型コロナウイルスに感染したと12月22日に報じられたため、「出演は難しいのでは」という見方が強い。

「キムタク兄貴来ないかな・・・」

もう一人、ジャニーズ事務所所属のアイドルにも熱視線が集まっている。

歌手・俳優の木村拓哉さんだ。

「VS嵐」と同じフジテレビ系で、21年1月3、4日に二夜連続放送を予定しているスペシャルドラマ「教場II」で主演を務めており、「キムタク兄貴来ないかな・・・教場チームで」、「教場メンバーと木村拓哉さんに期待」というツイートがちらほら見つかる。

また「VS嵐」では、嵐チームにプラスワンゲストが加わるため、その枠に木村さんが入るのではと見る人も。

そのほか、「打倒嵐連合軍」というからには「各グループ1人ずつ取ったジャニーズ連合軍とか」、「脱ジャニチームだったら盛り上がりそう」と、期待は膨らむばかり。

いずれにしても、「ジャニーズ事務所とゆかりのあるメンバー」が出演すると考えているファンが多い。

「VS嵐」最終回4時間生放送スペシャルについてのみんなの意見

年齢的に”ボール蹴って缶を倒すゲーム”には熱狂できませんでしたが、特番の”ババ抜き”は面白かったです。

いろいろな年齢層にあったエンタメをやってくれた嵐、今後はそれぞれのメンバーに期待したいです。

冠番組の終了は致し方ないですが、どのメディアも嵐が解散する様な雰囲気で特別番組や特別扱いしている感じがします。
あくまでもグループとしての活動を一定期間休止するだけで個々の活動は継続するので解散ではない。

あまり特別扱いすると活動再開がしにくくなる様な気がします。
静かに今年を終える事は難しいですが、グループが活動再開しやすい見送り方をして欲しいですね。

セカムズコンビ。レイミサさん&和田社長
セカムズチ−厶の組み合わせが他局で観れるなんて幸せです。昨日大好きなリモラブが終わってしまってロス確定の中今夜波瑠さん&大野くん観れて、

北川景子さん&波瑠さんが同じ番組で観れるなんて夢みたいです。

今夜楽しみです。

何か嵐ばかり持ち上げていてちょっとウンザリしますね。

いくら活動休止前とはいえ、ここまで過度なのはいただけないし、彼らが本当はどう思ってるのか気になります。

もしかしたら、特別な事はせずに普通にしたいと思ってるのではないでしょうか?

一番あぶらがのってきた時に、なぜ解散なんだろうか?

発表しているコメントが本音ならいいけど、違った事情があるのなら知りたいね。

VS毎回楽しみに観ていたな〜。フォーリングパイプの頃から。
色んなゲームに真剣かつバカ騒ぎで楽しんでいる嵐大好きだった。
相葉ちゃんつられて泣いちゃうんだろなぁ…。
時が止まればイイのにな…。
でも、楽しんで観ようと思います。

夫婦で観ます。録画もします。
主人はライブ苦手、vs嵐好きなんです
多分MCみたいに嵐が絡んでるのが好きみたい。

「VS嵐」について

「VS嵐」は、フジテレビ系列で2008年4月12日から放送されているゲームバラエティ番組。嵐の冠番組でもある。

嵐がゲストと様々なアトラクションゲームで対決する番組。

『なまあらし LIVESTORM』から続く土曜午後の嵐の冠番組では初めてハイビジョン制作及び、プライム・ゴールデンタイムでの特番が放送された。

放送開始から2009年9月19日までは毎週土曜日 12:59 – 13:30(JST)の『バニラ気分!』第2部にて(地域によってはスペシャルのみ、または単独番組として)放送されていた。同年7月26日の『FNS26時間テレビ』内での生放送スペシャルにて、ゴールデン進出を発表。

2009年10月22日より毎週木曜日 19:00 – 19:57(JST)のゴールデンに進出、全国ネットに昇格した。

同時に、番組ロゴとスタジオやゲームのセットをリニューアル。

2013年9月5日より番組連動データ放送を開始。

2015年5月7日より、番組ロゴとスタジオのセットを2度目のリニューアル。

2019年1月31日放送分の冒頭で、同年1月27日に2020年末での活動休止を発表した嵐5人からの最新コメントが放送された。

2020年3月より新型コロナウイルスの対策として各局が収録の観覧を中止したことを受け、4月9日放送分以降はスタジオの観客席が撤廃され、一部のセットがマイナーチェンジされた。

2020年5月14日放送分以降は新型コロナウィルスの深刻化に伴い、リモート形式で収録を実施。

2020年7月9日放送分以降、芸能事務所に所属する若手芸能人やお笑いタレントがリモート形式で観客として参加。

同日以降、ソーシャルディスタンスを配慮した上で徐々に通常形式での収録が再開されている。

嵐の活動休止に伴う「VS嵐」終了、リニューアル

2020年末をもって嵐の活動休止に伴い、当番組は同年12月に終了する予定。

2021年1月からは、番組名を『VS魂』に改題の上リニューアルを行う(予定)。

MCを相葉が務め、当番組のコンセプトであるゲストとゲームで対決をするというのはそのままに、新たな要素が加えられることが予定されている。

「VS嵐」のゲーム内容について

両チームが各々行うものと、対戦形式で行うものの2種類。

多くは体を使うゲームだが、2016年以降はクイズ形式のゲームや心理テスト形式のゲームも行われている。

参加人数はゲームにより異なる。

挑戦者は事前に決められているが、状況に応じて変更される場合がある。

一部のゲームでは減点対象のハンデが嵐チームに課せられ、得点がマイナスになるケースがある。

土曜時代は時期により行うゲーム順が固定されていた。

木曜移行後は、最終ゲームのみ行うものが限られている。

現在:キッキングスナイパー(2011年10月-)/ボンバーストライカー(2017年3月-)/ダウンヒルシューター(2020年3月-)

過去:ローリングコインタワー(-2012年7月)/ジャイアントクラッシュ(-2011年10月)/バンクボウリング(-2010年4月)/バウンドホッケー(2010年5月-2011年9月)/デュアルカーリング(2011年-2014年7月)/コロコロバイキング(2012年3月-2016年4月、2017年3月)

ローリングコインタワー

2008年4月12日(初回)放送分から実施。

エリアが4分割された円形の自動回転テーブルに各チームが2組に分かれて交互に立ち、1人ずつ指定位置にコインを積んでいく。

積み上げたコインを倒したチームが敗北となる。

1つのエリアにつき、1人が3枚のコインを約5秒間で積む。

2枚以上を同時に置いたり、積まれたコインの位置修正は出来ない。

コインは厚さが3種類あり、置く度に加点される。

得点は薄いものから3(緑)、5(オレンジ)、10(紫)点(エリアごとに各種14枚)。

勝利チームにはボーナス50点が加算。

コインタワーの倒れた位置に問わず、最後に触れたチームが敗北となる。

ゲーム中のBGMは『I’M POPEYE THE SAILOR MAN』のアレンジ版。

スペシャルの決勝ステージでは『TRUST ME』(ターミネーター2サウンドトラック収録)。

プレッシャーストライカー

2019年11月14日放送の特別企画『Mr.VS嵐』の決勝ステージにて初実施された、派生バージョン。

各チームが順番に1本だけ流れる赤ピンを倒す。

1度でも失敗したチームは脱落となる(但し、同じセットで全チームが失敗した場合は、仕切り直しの上で続行)。

決着が付くまで、ゲームはエンドレスで続く。

『Mr.VS嵐』ではチーム全員(3人)が参加。

三つ巴対決では、予選での順位に応じて参加出来る人数が変化する(1位は4人、2位は3人、3位は2人の合計9人が参加)。

2020年9月3日放送分より通常回でも実施。

各チーム全員が参加し、1本倒すごとに100点獲得。

1度でも倒せなかった時点で終了となる。

10周ごとに、ピンの位置が変化する。

スライダースマッシュ

2019年1月3日のスペシャルから実施。

「バウンドホッケー」を対戦形式にアレンジしたゲーム。

斜面半円型の巨大ホッケーリンク上で各チーム3人ずつがパックを打ち合い、相手チームのゴールに入れる。制限時間は90秒。

パックは左右交互に70秒まで10秒毎に1枚、70秒以降5秒に1枚排出される。

制限時間が過ぎても、フィールドにパックが残っている場合は続行する。

フィールド外に出たパックは無効。

通常の赤いパックは1ゴールにつき20点。

途中、得点2倍のブルーパックが2枚排出される。

女性が参加する場合は、ハンデとしてそのポジションを2人で担当する。

ゲーム中のBGMは『天国と地獄』のアレンジ版。

ダウンヒルシューター

2020年3月26日放送分から実施。

レーン上にランダムにせり上がって出現するゴールに向かって、パックをシュートする。全5セット。

赤いノーマルパックは1セットにつき1人1枚投げることができる。

各セット開始時にゴールが上がり、パックが入ったゴールは下がる。

制限時間は、各セット10秒。ゴールは5点、10点、20点の3種類で、得点が高くなるに従ってゴールは小さくなり、遠くなる。

各セットのチャレンジタイムが終わると、レーンの端からもう一方の端に動くボーナスゴールが出現する。

ボーナスはチームの誰か1人が専用の黒いエースパック1枚で1投のみ可能で、ボーナスゴールにエースパックをゴールすると直前のチャレンジタイムで獲得したポイントと同じポイントが追加で加算される。

途中で止まったパックは撤去されずにそのままフィールド上に残され、セットを跨いでゴールに入った場合も有効。

ゲーム中のBGMは『ラデツキー行進曲』のアレンジ版。

「VS嵐」の魅力を何度も楽しみたい!

「VS嵐」最終回4時間生放送スペシャルは動画配信されないと思いますので、これはもう録画一択になると思います。

「嵐」という巨大化したグループが活動休止という一つの区切りをつけるということで、経済的にも視聴者やファンの心の中でも大きな動きがあります。

「嵐」と言えば、ラストとなる年末のオンラインライブもありますね。

嵐の大晦日のオンラインライブ動画「This is 嵐 LIVE2020.12.31」の視聴方法・アーカイブ配信は?
 

最後の最後まで「嵐」の活躍を見逃さず、「嵐」を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました