二月の勝者7話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

柳楽優弥さんが主演を務める日本テレビの土曜ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の7話の無料動画配信や見逃し配信、全話の無料視聴方法やあらすじ、ネタバレなどを紹介していきたいと思います。

漫画原作の実写ドラマ化作品であるこの「二月の勝者-絶対合格の教室-」は、放送が開始されてから評判が良く、「ドラゴン桜」に続き受験ものドラマとして続編なども制作されるかもしれません!

それでは先ず、このドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」はHuluで限定配信されるドラマでございます。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Huluで見れる動画

それではここからは、Huluで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Huluで見れるドラマは下記になります。

・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・ギルティ
・逃げるは恥だが役に立つ
・バベル九朔
・ハケンの品格
・35歳の少女
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・カルテット
・Nのために
・MOZU
・きのう何食べた?
・凪のお暇
・あなたの番です
・シロでもクロでもない世界でパンダは笑う
・親バカ青春白書

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・呪術廻戦
・犬夜叉
・TIGER&BUNNY
・おそ松さん
・ひぐらしのなく頃に
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・Re:ゼロ
・ホイッスル!
・バケモノの子
・ピアノの森
・君に届け
・境界のRINNE
・蟲師
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・金田一少年の事件簿
・ぼくらの
・ゆるキャン△
・涼宮ハルヒの憂鬱
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Huluなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはHuluならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」7話のあらすじ・ネタバレ

9月になり、全国統一合格判定テストを受けた桜花ゼミナール吉祥寺校の受験生たち。夏の頑張りの成果が出るかと思いきや、この時期は全国の受験生の学力も同じように上がっているため、そう簡単に偏差値は上がらず…。黒木(柳楽優弥)は、一番の心配事は「上がらない偏差値を見た親たちをいかに黙らせるか」だという。

いよいよ志望校選びをする保護者面談が始まり、生徒たちも受験を意識し始める。そんな中、佐倉(井上真央)が受け持つRクラス生徒・石田王羅(横山歩)は自習室に来るものの遊んでばかりで、他の生徒に迷惑ばかりかけているありさま。どうすれば王羅が勉強する気になってくれるのかと悩む佐倉だったが、橘(池田鉄洋)は「小学生が毎日塾に来ていること自体がすごい」と言う。その後、佐倉は王羅の母・美枝子(岩崎ひろみ)から、王羅が桜花へ入塾した経緯を聞かされる。

ある日、いつものように自習室で遊んでいる王羅に対し、成績が伸び悩み焦りを感じているRクラスの大内礼央(粟野咲莉)は怒り声を上げる。それを聞いた橘は勘違いして礼央を叱ってしまう。これをきっかけに、礼央の母から「塾を辞めようと思っている」との連絡が…。

そんな中、佐倉は紗良(住田萌乃)から連絡をもらい、スターフィッシュに招かれる。そこには黒木に呼ばれて来たという灰谷(加藤シゲアキ)の姿もあり、二人はそこでいつもとは違う黒木の顔を目にすることに…。

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」7話のネタバレ・感想

「桜花ゼミナール」の講師陣や、名門進学塾「ルトワック」の講師・灰谷(加藤シゲアキ)、主人公・黒木蔵人(柳楽優弥)の素顔が少しずつ見えてきた。

桜花ゼミナール入塾前、「仲間はずれになりたくない」と泣いていた王羅(横山歩)。同系列、同ビル内とはいえ個別指導塾・ブルーミングへの転向という結末は果たして、と思ったのだがーー。「俺は見てるからな」という橘(池田鉄洋)の言葉と、王羅を見つめる厳しくも優しい眼差し、そしてのびのびと朗らかなままの王羅の笑顔を見て、これは良き選択だっのだと思うことができた。「見ていてくれる人」「気にかけてくれる人」がいる、王羅と家族にとっての“良い場所”は、ちゃんと続いていく。

「どうすれば他の子と同じように」勉強してくれるのだろうかと、幼く奔放な王羅に手を焼いていることを橘に打ち明けた佐倉(井上真央)。橘は同意しながらも「小学生は本来ああいうもの」「毎日塾に来て座っていることが偉い」と呟いた。受験生と向き合っていると忘れてしまいがちな「当たり前の視点」で、橘は桜花ゼミナールに通う受験生たちを見つめていた。

従来なら、橘のようなキャラクターが塾長を務めるストーリーが王道であったかもしれない。努力と根性の熱血派、生徒と近い距離で向き合い、良くできれば褒め、良くないことは叱る。ザリガニに夢中になって池にハマり、泥まみれで登校した生徒の下着や靴を洗って干してやるような先生だ。それぞれが良い方向、良いところへと向かった結末も含め、ひととき懐かしい学園ドラマを見たような気持ちになった。

「他の子と同じように」学べないのは、学ばなくていい理由にも、学ぶ場を奪う理由にもならない。「他の子と同じ」ではなくとも、学ぶ方法はある。それは、無料塾「STAR FISH」で多くの生徒を教える黒木らしい発想だった。今回、ついに佐倉と灰谷が「STAR FISH」に足を踏み入れ、黒木のもう一つの顔を知ることになったのだがーー第6話、まるで果たし状を渡すかのような面持ちで灰谷に「しょうたいじょう」を渡すシーンも印象に残ったが、灰谷が9月生まれだと分かっていて招待したのかと思うと、なんだか黒木がチャーミングに思えてくる。

「STAR FISH」の全貌を知った灰谷。黒木がルトワックを辞めた経緯を佐倉に話すシーンや、「STAR FISH」を「あんな塾」と表現する言葉の端々に、かつて黒木に憧れ、認めていたがゆえに、現在の黒木を歯がゆく思う複雑な気持ちが垣間見える。黒木もまた、我々の想像していた以上に灰谷を認めていた。灰谷の前では珍しく多弁になり、誤解されたくないことは「違う」ときっぱり否定する。また、自分では分からない気持ちの正体を教えてほしい、だから自分の大切な場所を見てほしいと思うのは、よほど信頼のおける人間が相手でなければ想像もしないことだ。

黒木は灰谷を「あなたほどの人」と表現したが、その言葉を使いたいのはきっと灰谷のほうだ。あなたほどの人がなぜ名門・ルトワックよりも無料塾を選んだのか、と。たとえば王羅が個別指導塾に転向したように、かつて海斗(伊藤駿太)が桜花ゼミナールに転塾したように、花恋(田中絆菜)が桜花ゼミナールに踏みとどまったように、適材適所というシンプルなことだと思うのだがーーとはいえ灰谷があそこまで思い入れるさまを見るたび、ルトワックにおける黒木の講師ぶりはさぞ、輝いていたのだろうとも思う。黒木から明確な答えが得られないからこそ、苛立つ気持ちもあるだろう。

桜花ゼミナールでは日々、進路決定のための保護者面談が行われていた。そんななか、成績トップの順(羽村仁成)の両親が面談に来ない。電話口の向こうから聞こえる物騒な物音に、黒木は思わず走り出すが、順の自宅前にはパトカーがーー。全員が進路を決定し実現に向けて走り出すまでには、まだまだ波乱がありそうだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」のキャスト

黒木蔵人(くろき・くろうど) 演:柳楽優弥

業界最大手の名門中学受験塾から、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール」に校長として迎えられたスーパー塾講師。

着任早々、彼は新6年生に「絶対に全員を第一志望に合格させる」と宣言。

受験塾はサービス業、子供の将来を売る場所だと言い切る黒木。
しかし、その超現実的で本音主義の黒木は、その鋭い洞察力と行動力で個々の生徒の本質を見抜き、親の不安を解決に導いていく。

柳楽優弥のコメント

■ 「二月の勝者」出演を聞いて
すごく嬉しかったです。
「二月の勝者」はとても関心のあった原作です。

楽しく読みながらも「教育」や「家族」というテーマもしっかり描かれていて、主人公が問題を解決していく様子も痛快で楽しいと思います。

実は、妻がこの原作を大好きで(笑)。
僕も読んで一目惚れした作品なので、(主演決定を知って)とてもモチベーションが上がりました!面白いドラマにしたいです。

■ 最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人の印象ついて
毒舌キャラ(笑)。
ただ、それだけではない裏がしっかりありそうなので、ドラマでどんな脚本になっていくのかが楽しみですし、(演じる上で)今から緊張もしています。

思う存分チャレンジしたいと思います!
先日ファンの方に「先生役をやって欲しい!」と言われたこともあり、その方の夢は叶えられました(笑)。

自分もモチベーションが上がっています!!

■ 本作への、意気込みは?
このドラマで受験に挑むのは11歳くらいの子供たち。
自分がちょうど事務所に入ってこの仕事を始めた頃の年齢です。

今回その世代の子どもたちと30歳になった自分が一緒に仕事をするというのは感慨深いです。

30代になって一発目の作品が「二月の勝者」になります。
「俳優は30代からだ!」と言って下さる人も多いので、30代一発目、チャレンジしていきたい!気合十分で挑みたい!と思っています。

佐倉麻衣(さくら・まい) 演:井上真央

今年、桜花ゼミナール吉祥寺校に採用された新人講師。
中学教員経験のある佐倉は冷徹な黒木の発言や指示に何かと反発。

しかし黒木の才腕にはいつもかなわない。
子供の頃から教師に憬れていた彼女は、黒木との出会いとこの塾での経験を通し成長していくことに。

井上真央のコメント

プロデューサーの熱意に後押しされ、飛び込んでみようと思いました。

原作のような現代のリアリティーを大切にしながらも、ドラマだからこそ描ける部分も大事にしていきたいです。

塾講師としては新米の役ですので、生徒や家族との触れ合い、また目の当たりにする現実などを通して、成長していく過程を丁寧に演じられたらと思っています。

原作はお話を頂いたときに読ませて頂きました。
中学受験の経験はないため、縁のないものだと思っていましたが、これまでの受験に抱いていたイメージは変わり、時代の変化を感じると共に、知らない世界へとすっかり引き込まれました。

脚本の成瀬さんとは「乱反射」以来二度目となります。
成瀬さんご自身の経験を活かした世界観が今から楽しみです。※脚本の成瀬活雄さんは元塾講師。

このドラマに挑んでみようと思えたのは、柳楽優弥さんの存在も大きかったように思います。

どの作品でも存在感があり、真っ直ぐなお芝居をされる方という印象です。

私の場合はお仕事をしながらでもあったので大変な面もありましたが、家族や友人、先生が一緒になって励ましてくれたり、煮詰まったときには息抜きさせてくれたり、周りの方にたくさん応援してもらえたことを今でも覚えています。

受験を経験された方、これから迎える方がご自身と重ねながら共感し、皆さんで楽しんで頂ける作品になればと思っています。

子どもたちと共に成長していく思いで頑張りますので、宜しくお願い致します。

灰谷純(はいたに・じゅん) 演:加藤シゲアキ

超名門中学受験塾のトップ講師。黒木の元部下。

かつて、リスペクトし憧れさえ抱いた黒木が突然塾をやめ、他校へ移籍したことに困惑し、裏切り行為と責めている。

そして黒木の真意や本当の目的を探り始める。

加藤シゲアキのコメント

ー「二月の勝者」塾講師役・灰谷純での出演について
柳楽さん、井上さんを初め、数々の作品を作り上げてきた出演者、そしてスタッフとともにこのドラマに関われること、大変光栄に思います。

教師や塾講師という役はこれまでも演じることがあったのですが、このドラマではそういった職業の方々の一面的な部分ではなく、ひとりの人間として描かれています。

僕が演じる灰谷純は主人公の黒木が勤める塾とはライバル的な名門塾の講師です。しかしながら、もともと灰谷は黒木の後輩であり、彼の過去を知る人物でもあります。

黒木に何があったのか、そして灰谷はそれをどう思っているのか。

今からこの役を演じることが楽しみでなりません。

ー「二月の勝者」原作を読んだ感想
今回の出演を機に読ませていただきましたが、いつのまにか夢中で読み、あっという間に既刊の原作を全て読んでしまいました。

自分自身も中学受験を経験しているため、その頃の思い出がふっと蘇り、中学受験生ならではの競争や友情、複雑な心境を懐かしく思う一方で、両親はこれほど苦労していたのかと、今になって親のありがたみを感じたりもしました。

舞台は中学受験向けの進学塾でありますが、黒木の冷徹にも思える大胆な考え方と佐倉の熱い思いは、大人になった自分にも響くものがあります。

ー役作りのために
まずは自分の中学受験時代を振り返り、当時の教師の面々を思い出すことから始めようと思います。

ー共演する「柳楽優弥さん」「井上真央さん」について
柳楽優弥さんは黒木蔵人にぴったりで、柳楽さんが原作の黒木をどのように演じ、体現されるのかとても楽しみです。

僕より柳楽さんの方が若いのですが、黒木の威厳にすぐに後輩になれるような気がしています。彼の過去を知るものとして、どのような掛け合いが生まれるのか、今からとてもわくわくしています。

井上真央さんもまさに佐倉麻衣で、快活な佐倉と黒木の関係ももちろん楽しみですし、灰谷が佐倉にどのように関わっていくのか、期待していてほしいと思います。

ー「受験」についてのエピソード
今思えば、中学受験はとても大変でした。

学校が終われば毎日のように塾に行き、帰宅して大量の宿題をこなす。

それでいて、シビアに成績でクラスが分けられます。

我ながらよくあの日々を生き抜いたと思います。

私は二校受けて、第二志望に合格しました。

ですので不合格の悲しみと合格の喜び、どちらも知っています。

とはいえその合格も、補欠一番という、きまりの悪いかたちでした。

自分の受験番号が合格になく、補欠の最上段にあるのをみたとき、天国と地獄が同時に降りかかってきたような感覚でした。

しかし今振り返れば、どれもいい経験だったと思えます。

ー本作への、意気込み
黒木の言動により、常識と非常識がぐらぐらと揺れていく心地よさをぜひ楽しんでいただきたいですし、灰谷初め周囲の人間がそれによってどう影響され、どう感じるか。

きっとめくるめく展開に、目が離せなくなるはず。

特に受験生たち。

土曜の夜、この時間だけは勉強の手を休めて、さらに受験への意欲を高めて欲しいと思います。

橘勇作 演:池田鉄洋

黒木・佐倉と同じ、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール吉祥寺校」の塾講師。

桂歌子 演:瀧内公美

黒木・佐倉と同じ、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール吉祥寺校」の塾講師。

木村大志 演:今井隆文

黒木・佐倉と同じ、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール吉祥寺校」の塾講師。

大森新平 演:加治将樹

桜花ゼミナールの塾講師たちが通う「井の頭ボウル」のマスター。

白柳徳道 演:岸部一徳

黒木を桜花ゼミナールに迎え入れ、佐倉を講師に採用した桜花ゼミナール社長。

浅井紫(ゆかり) 演:市川ぼたん

黒木蔵人が校長として着任する業績不振の中堅受験塾「桜花ゼミナール」吉祥寺校に通う生徒。

小学6年生。佐倉麻衣が担任をつとめるRクラスの生徒。

市川ぼたんのコメント

Q.「二月の勝者」に出演が決定してー
学園ドラマに出演するのが初めてで、オファーをいただいたときは「出てみたい!私でいいの?」という気持ちでしたが、すごく嬉しかったです。

Q.初日の撮影を迎えー
みなさん優しくしてくださり、ドラマの撮影はこういうものなんだと知り、そこからドラマに出演したいという気持ちが強くなり、今はすごく楽しいです。
今朝、出かける前にお父さんからは「楽しんできてね!」と言ってもらいました。

Q.初日の撮影を終えー
少し、ホッとしました。監督さんから「ここ気をつけてね!」と言われたところが出来るかな、台詞を上手く言えるかなと練習していてもすごく不安でしたが、学園ドラマの細かいことも知りとても楽しかったです。
まだ撮影は続くので、今後の撮影も頑張ります。

Q.初日の撮影は100点満点中、何点でしたか?
60点です!もっと頑張っていきたいと思います!!

Q.視聴者のみなさんへメッセージ
私も一生懸命「浅井紫役」を演じます。どうぞ見て下さい!宜しくお願い致します。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「二月の勝者-絶対合格の教室-」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました