ドラマ最愛最終回の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

吉高由里子さんが主演を務めるTBSの金曜ドラマ「最愛」最終回の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマはあの名作として名高いドラマ「Nのために」や「リバース」の湊かなえ原作シリーズのドラマを手掛けたスタッフが手掛ける新作ドラマで、「Nのために」の空気感を感じられるドラマとなっています!

そんなドラマ「最愛」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

スポンサーリンク

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「最愛」最終回のあらすじ・ネタバレ

ついに、すべての真実が明らかに…!
それぞれの最愛…そして梨央が下す決断とは――?

ドラマ「最愛」最終回のネタバレ・感想

「真相は、愛で消える」

そうポスターに掲げられていた本作のコピーが、ずしりと重く響く。

梨央(吉高由里子)を取り巻く連続殺人事件の犯人は、加瀬(井浦新)だった。だが、たしかに加瀬は罪を犯した人ではあるが、その罪を重ねても守りたかったものを思えば、“犯人”という一言で片付けるにはあまりにも心が苦しい。加瀬がしたことは正しいことではないが、間違っていたのだろうか。その結論を出すのは、簡単なことではない。

梨央を愛するという意味では、事件を追う刑事・大輝(松下洸平)と加瀬は同志だった。その大輝がすべての真相にたどり着いてしまうのも、きっと必然だったのだろう。藤井(岡山天音)による誘導尋問のようなやりとりではっきりとしたはずだ。犯罪に手を染めることもいとわない、そのくらいの強い想いで梨央を守るとしたら、もはや自分以外には加瀬しかいないのだから。

大輝も、そして視聴者も祈るような思いだったに違いない。「加瀬さんではありませんように」と。しかし、その願いもむなしく、橘しおり(田中みな実)の死亡推定時刻がズレたことをきっかけに事件に加瀬が関与していることが次々と繋がっていってしまう。加瀬を追いながら大輝は「なんで一線を踏み越えた? 踏み越えてまったら戻ってこられんやろ」と問いかける。

きっと大輝にはわかっていたのだろう。加瀬はこのまま梨央と優の前から姿を消す。それは、彼が罪を逃れるためではなく、それさえも梨央を守るため。加瀬が捕まることは、すなわち梨央たちに罪悪感を植え付けることになる。せっかく認められた新薬にも、また好ましくない批判がつく。ならば、すべての因縁と共に自分が姿をくらまそう。それが、加瀬の至った愛の形だった。

「法律では守れないものがあるからです」。この言葉を、法律を盾に戦ってきた弁護士の加瀬から出たことに胸が痛む。一方で、どんなに許されない人をも法のもとで裁き、苦しんでいる人を助けたいと願った刑事の大輝が、この言葉を受け止めるやるせなさ。この社会は、あまりにも法律では救われないことが多い。そのことを、他の誰よりも知っていることが辛かった。

だから、加瀬は梨央たちのもとから離れ、大輝も加瀬のことを話さないことを決めたのだ。加瀬にとって梨央たちのそばに二度と戻れないということは、警察に捕まるよりも、ある意味では極刑に処されるよりも辛いことだったに違いない。そして、その事実を知らせないということが大輝のできる梨央の笑顔を守る唯一の方法だから。

対して、梨央も加瀬のしてきたこと、そして突然いなくなった理由について、薄々気がついている。その上で、新たなブラックボックスを抱えて生きていくことを選んだ。それが、結果的に加瀬を守ることにもつながるとわかっているからではないか。もちろん、大きな秘密を胸に生きていくことは簡単なことではない。

後藤(及川光博)が、梨央の母・梓(薬師丸ひろ子)と面会し、寄付金詐欺に手を染めたのは自分であると告白するつもりだと伝えたときに、「秘密を抱えて生きる人生を受け入れるのは難しいです」と言っていたのを思い出す。その重みに耐えながら一生を過ごすというのは、並大抵の覚悟ではできない。

後藤の場合は、その罪を認めることで、梓の背負おうとしていたものを一緒に持つことができるという“希望”があった。だが、加瀬、大輝、そして梨央がこれから抱えていく秘密には、明かすだけの希望が今のところ見つからない。

「探さないで」「そのままにしておいて」。そう梓が、あの赤いペンの行方について語った言葉は、加瀬のことを言っていたように思う。梓はきっと不正に手を染めた後藤を黙認していたように、加瀬のこともわかっていたのだろう。それでも口をつぐみ続けてきた愛情にまた苦しくなるし、それだけ真田ファミリーは紛れもなく“家族”だったのだと痛感する。

本来は、きっと誰もが一点の曇りもなく生きていきたいはずだ。でも、そうはいかない事態が訪れるのが、人生だ。そんな割り切れない世界を白黒つけようとうするのが、法律だ。ときには愛ゆえに、多くの人から「間違っている」という道を選ばずにはいられない人もいる。それを何も知らない第三者が、どこまで「罪だ」と咎めることができるだろうか。

愛すればこそ、人は自分自身の人生を放り投げてでも守ろうとする。ときには、最初から愛など知らないほうがよかったのではないかと思うほど、苦しい局面を迎えてしまうことも。そんな理不尽な世界に救いがあるとすれば、最後に加瀬が残した「人生最良のこの十六年間に感謝します」という言葉ではないだろうか。

〈君に夢中 人生狂わすタイプ ここが地獄でも天国 バカになるほど 君に夢中〉

加瀬の決意を思うと、主題歌「君に夢中」の一節が頭の中を流れる。地獄のような日々さえも天国と思える。苦悩続きの日々が人生最良といえる。そんな人生を狂わされるほど夢中になれる人と出会えること、そしてその人を想って生きることそのものが、人が生きる醍醐味なのだと気づかせてくれるドラマだった。

どこか合理主義で、何事も損得勘定で生きがちな現代に、これほど泥臭く愛を語る作品に出会えたことに感謝したい。ラストまで先が読めない構成に、科学的なアプローチを取り入れた誠実な事件の究明、そしてキャラクター1人ひとりの背景に思い入れを感じさせる作り込み。このドラマそのものがエンタメを作り出すスタッフやキャストたちの“最愛”で作り上げられているのを感じた。

そしてどんなラストでも受け入れると、心してラストまで見届けた視聴者の愛もまた、この作品を大いに盛り上げた。愛を貫くのはこんなにも苦しくて、そして幸せなことである。ここは、加瀬が新しい目標に向かっているのだと信じて、私たちもまた新たな愛を探す旅に出る覚悟を決めようではないか。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「最愛」のキャスト

真田梨央(さなだ・りお) 演:吉高由里子

主人公の実業家。いつも笑顔を絶やさず、学生時代は父が寮夫を務める大学陸上部の寮の看板娘的な存在だった。

将来の目標を叶えるために東京の大学の薬学部へ進学。その後、30歳で母親が経営する真田ホールディングスの関連会社「真田ウェルネス」の代表取締役に就任。

「世界を変える30代の社長」に選ばれるなど世間から注目されている。

その一方で、過去の失踪事件から現在の連続殺人に至る一連の事件の重要参考人でもある。

吉高由里子のコメント

今作は、企画の段階から資料を読ませていただいたりしていたのですが、オリジナルドラマはこんなにも生みの苦しみがあるんだなと改めて感じました。

ひとつの作品を生み出すこと、そして全員が同じ方向に進んで作品を作っていくという作業は本当に大変な事ですが、皆がオリジナル作品に挑んで良かったと思えるようなゴールになればうれしいです。

また、今回初めての社長役ということで、少なからず不安はありますが、スピード感のあるストーリーと、どんな結末へ向かっていくのか、私自身楽しみながら、信頼できるスタッフ、キャストの皆さんと一緒に、真田梨央という役を精一杯演じたいと思います。

宮崎大輝(みやざき だいき) 演:松下洸平

白山大学3年。陸上部に所属する期待のエース。陸上部の寮に住んでおり、面倒見のいい爽やか青年。マジメで正義感が強く、面倒見も良い。いつも陸上部員たちを笑顔で励ます梨央に恋をしている。

警視庁刑事部捜査一課の刑事。持ち前の正義感から刑事となり、梨央と15年ぶりに再会する。

加瀬賢一郎(かせ けんいちろう) 演:井浦新

真田グループの“番犬”として真田家と会社を守る弁護士。早くに両親を亡くしながらも、東大法学部を首席で卒業した努力の人。「真田ホールディングス」の法務部に所属し、梓の指示で定期的に梨央の様子を見にいっている。

真田梓(さなだ あずさ) 演:薬師丸ひろ子

梨央の母親。不動産やホテル事業を次々と成功させ、「真田ホールディングス」を成長させてきたやり手社長。達雄とは価値観の違いから梨央が3歳のときに離婚。息子の政信を引き取り、娘の梨央は達雄が引き取る。

後藤信介(ごとう しんすけ) 演:及川光博

「真田ウェルネス」の専務。「真田ホールディングス」に仕えてきた古参社員。梓の父からは「真田ウェルネス」の後継者の座を約束されていたが、社長の座を梨央に奪われてしまう。堅実な保守派で、梨央とは対立関係にある。

真田政信(さなだ まさのぶ) 演:奥野瑛太

梨央の兄で「真田ビジネスサービス」の社長。自分ファーストな性格。優秀な妹と比べられることが多く、何かと梨央をライバル視している。

児島彩夏(こじま あやか) 演:宮下かな子

梨央の秘書。

朝宮達雄(あさみや たつお) 演:光石研

梨央と優の父親。

桑田仁美(くわた ひとみ) 演:佐久間由衣

駒沢署の刑事。若い女性警察官たちから頼りにされている姉御的存在。大輝とコンビを組み、ある殺人事件を追う。あだ名は“桑子”。

山尾敦(やまお あつし) 演:津田健次郎

警視庁捜査第一係長。交番勤務時代からの地道な捜査活動と成果が評価されて警視庁捜査一課に配属。観察眼が鋭く部下からの信頼も厚い。大輝の上司でもある。

藤井隼人(ふじい はやと) 演:岡山天音

富山県警の刑事。宮崎の後輩。

橘しおり(たちばな しおり) 演:田中みな実

ノンフィクションライター。

情報屋 演:高橋文哉

情報屋。「真田ウェルネス」専務の後藤からの指示の下、会社の情報や梨央の素行を探る。

渡辺昭(わたなべ あきら) 演:酒向芳

15年前に失踪した子どもを探し続ける父親。妻と離婚後、男手一つで子どもを育ててきた。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「最愛」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「最愛」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました