恋です!ヤンキー君と白杖ガール最終回の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

杉咲花さんが主演を務める日本テレビの水曜ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」の最終回の無料動画配信や見逃し配信、全話の無料視聴方法やあらすじ、ネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマは漫画の実写ドラマ化作品なのですが、まだ完結していない人気漫画のドラマ化ということもあり、話題になっています!

このドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」はHuluで限定配信されるドラマでございます。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Huluで見れる動画

それではここからは、Huluで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Huluで見れるドラマは下記になります。

・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・ギルティ
・逃げるは恥だが役に立つ
・バベル九朔
・ハケンの品格
・35歳の少女
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・カルテット
・Nのために
・MOZU
・きのう何食べた?
・凪のお暇
・あなたの番です
・シロでもクロでもない世界でパンダは笑う
・親バカ青春白書

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・呪術廻戦
・犬夜叉
・TIGER&BUNNY
・おそ松さん
・ひぐらしのなく頃に
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・Re:ゼロ
・ホイッスル!
・バケモノの子
・ピアノの森
・君に届け
・境界のRINNE
・蟲師
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・金田一少年の事件簿
・ぼくらの
・ゆるキャン△
・涼宮ハルヒの憂鬱
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Huluなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはHuluならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回のあらすじ・ネタバレ

ユキコ(杉咲花)と森生もりお(杉野遥亮)の別れから1年―。ユキコは盲学校を卒業し、食品関係の会社で事務の仕事を始めていた。一方、再び無職になった森生は、鹿児島から東京に戻ってきていた。

そんなある日、仲間内の意外な2人が結婚することになり、結婚パーティーでユキコと森生が久しぶりに顔を合わせる機会が訪れる!

しかし、1年前ユキコが森生と別れた本当の理由が、緋山ひやま(小関裕太)と付き合うためではなく、森生の仕事を応援するためだったと知った森生は、無職の今、ユキコに合わせる顔がないと考えて……。森生は仲間たちに口裏合わせを頼み、ユキコの前では自分がいないことにしてもらうが……。

そんな中、パーティーでユキコの手作りケーキが振舞われる。その美味しさに喜ぶ一同の様子に、心の底から嬉しそうなユキコ。森生はその笑顔が忘れられず……。
翌日。森生は社会人になったユキコの姿を見ようと、出会いの場所でユキコを待ち伏せる。立派なビルに出勤するユキコの姿を尊敬の眼差しで遠くから見守る森生。声はかけないつもりが、バーガーショップの店長・茶尾さお(古川雄大)の空気を読まない行動でそばにいることがバレ、ユキコと正面から向き合うことに……!

ついに1年ぶりの再会を果たした2人。森生の何気ない一言が、封印していたユキコの“ある気持ち”に再び火をつける!?出会うはずのなかったヤンキー君と白杖ガール、2人の運命には、意外な結末が待っていた……!

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回のネタバレ・感想

「見えても、見えなくても。みんな多かれ少なかれ、誰かに頼らなきゃ無理だ。誰かと一緒だと、できることが増えて、世界が広がるだろ?」ーー。ユキコ(杉咲花)の父・誠二(岸谷五朗)の言葉に、本作が描いてきたメッセージが詰まっているように感じる。頼れる相手が増えるほど、できることが増えていく。迷惑かもしれない……と躊躇することもあるかもしれないが、大事な人に頼られてうれしくない人などいないのだから。

最終話は、ユキコと森生(杉野遥亮)の別れから1年後の世界が描かれた。調理に携わる仕事がしたいという夢を諦めて、事務仕事に励むユキコ。「やりたいことと、できることはちがう」と折り合いをつけていた彼女の心が、森生との再会で変わり始める。

「すごいな、森生は」という獅子王(鈴木伸之)の言葉に、共感した人は多いのではないだろうか。愛する人のためなら、どこまでもまっすぐな森生。この3カ月間、ドラマを通して彼の姿を見ることで、心が浄化されていくような気がしていた。白杖のユキコを、特別な存在にしない。空(田辺桃子)や青野(細田佳央太)に対しても、色眼鏡で見るのでなく、その人そのものと向き合ってきた。ライバルだと思っていた獅子王に告白された時にも、「照れんじゃねぇか」と満面の笑みで返し、「ごめん」ではなく、「ありがとう」で終わらせる。森生の滲み出る優しさには、幾度となく感動させられてきた。

そんな彼の、まっすぐな愛をもらったユキコ。笑顔がチャームポイントの彼女も、世間の冷たさに触れて、苦しんだこともあったはずだ。それでも森生と出会い、2人だけの“普通”の形を見つけることができた。「この世界は、私が思っているよりも優しいんだってことを、黒川が教えてくれた」と言うユキコと、「ユキコさんのこの目が、俺の世界を変えてくれた」と微笑む森生。2人は一緒に、キッチンカーを営むことになるのだろう。運転担当は森生で、料理担当はユキコ。お互いができることをやって、支え合いながら生きていく。JUJUが歌う主題歌「こたえあわせ」の歌詞<あなたとなら見違える 世界を愛せる/気がした 出会えた ふたりでいれば/これから触れる明日は とても果てしないけど/今までより夢見るのが怖くないよ>どおりの美しいハッピーエンドとなった。

2人ならではの“普通”の形を見つけたのは、ユキコと森生だけではない。イズミ(奈緒)と獅子王も、最後には幸せな姿を見せてくれた。森生のことが好きだった獅子王にとって、イズミは恋の対象ではないかもしれない。しかし、体調不良で動けなかった時、真っ先に浮かんだのが、イズミの顔だった。誰にも頼りたくない、頼れないと思って生きてきたのに、なぜかイズミだけには、弱い自分を見せたいと思ってしまう。一緒にいたいと願ってしまう。そんな獅子王の複雑な気持ちをすべて包み込み、「一緒にいたいです」とハグをしたイズミ。それでも、2人の関係は“恋人”ではない。かつてのように、“推し”と“ファン”ともちがうだろう。その名前は、これから2人で決めていけばいいのだ。

夫婦になったハチ子(生見愛瑠)と花男(戸塚純貴)も、“男が働いて、女が子育てをする”という固定概念には縛られない。ハチ子がバリバリと働き、花男が家事をする夫婦の形を構築していくようだ。ずっと気になっていた青野と空の関係も、かなり良い雰囲気である。2人が一緒にいると、どこまでも青空が広がっていくような“未来”を感じる。紆余曲折はあったが、みんなが幸せの形を見つけることができた。毎週水曜日の夜、癒しをくれた愛すべきキャラクターたち。もう会えなくなってしまうのは寂しいが、それぞれの“普通”の幸せが、いつまでも続くことを願って。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」のキャスト

赤座 ユキコ(あかざ・ゆきこ) 演:杉咲花

盲学校高等部3年生。
「色がうっすらわかる」「ルーペを使えば大きい字を認識できる」程度の弱視で、外を歩くときは白杖を持っている。

見かけによらず口が悪いが、気を許すと天然で可愛らしい一面を見せる。

ある日、ヤンキーの森生と出会い、なぜかまとわりつかれるように。初めは森生に冷たい態度をとるユキコだったが、次第に彼の真っすぐさに惹かれるようになる。

数年前に母を亡くし、父と姉・イズミとの3人暮らし。

杉咲花のコメント

■原作を読んでの感想は?
二人が少しずつお互いのことを知りながら、不器用に惹かれあっていく姿がコミカルに描かれる中で、「普通ってなんだろう?」ということを問いかけている作品で、すごくリアリティを感じました。胸がキュンとしたり、思わず笑ってしまったり、応援したくなるような描写もありつつ、共感できるポイントもたくさんある作品だと思います。

■ユキコという主人公をどう感じましたか? ご自身との共通点はありましたか?
とてもピュアな人だと思いました。
恋に対して臆病になってしまっているユキコが、森生からのアプローチに強気で反応しながらも実は動揺してしまっているという姿はとても可愛らしくて、クスッと笑ってしまうような愛おしさのある人だなと感じました。
共通点は、自分が身につけるものにこだわったり、それを楽しんでいるところです。
また、不器用でうまく伝えられない部分もありながら、基本的には自分の感情に正直で、嘘をつかない素直なところに魅力を感じました。

■ユキコの恋の相手となる森生についてはどんなキャラクターだと感じましたか?
「海は広い! 犬は可愛い! ユキコさんが好き!」みたいな…。感情のホームランを常に打ち続けているような真っ直ぐさが憎めないなと感じ、とても好きなキャラクターです。

■今作のタイトルはズバリ「恋です!」。杉咲さんご自身をひと言で表すと……「〇〇〇です!」には何が入りますか?
「ごはんが好きです!」
料理をすることも食べることも好きで、生きる楽しみです(笑)。一日の中でごはんを食べる時間が一番好きです。好きなメニューは豚しゃぶで、自分でもよく作ります。

■最後に、この作品を楽しみにしている視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。
一見交わることのなさそうな二人が惹かれあっていく姿にキュンとしたり、ハラハラさせられたり、思わず笑ってしまったり。そして、自分にとってのコンプレックスだと感じていたものすらも、なんだか愛おしく感じられる瞬間があるような、観てくださる方にとって勇気づけられるような作品になったらいいなと思っています。
ぜひ、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

黒川 森生(くろかわ・もりお) 演:杉野遥亮

地元では、その名を出しただけで相手が逃げていくほど有名なヤンキー(不良)。

高校を3日で中退して現在は無職。そのヤンキー然とした風貌とケンカでつけられた顔の傷から、周囲からは白い目で見られることが多く、バイト先もなかなか見つからない。そのため、「社会から疎外されている」という思いが強い。

短気な性格で喧嘩っ早い。実は「売られた喧嘩しかやらない」など、森生なりの“正義”があるが、他人からはまったく理解されない……。

ある日、今まで出会ったことのないタイプの少女・ユキコと出会い、一瞬で恋に落ちてしまう。

杉野遥亮のコメント

■原作を読んでの感想は?
二人が出会い、「普通って何だろう?」と模索しながら成長していく過程や、周りの人たちとのつながり、心の成長というものが、胸にダイレクトに響く形で描かれているのがとても魅力的だなと感じました。

■森生は、どういうキャラクターだと思いますか?ご自身との共通点や共感できる部分などはありますか?
真っ直ぐでピュアな人ですね。これから撮影していく中で作り上げていく部分も多いと思いますが、とても愛がある人だなと思います。
自分との共通点は……僕もピュアな面を持っていると思っているんですけど、どうでしょうか(笑)。

■今回、特殊メイクで顔の傷を施すなどの役作りをされましたが、どんな思いがありますか?
原作にもあるこの傷が森生のキャラクターとしてとても大事なポイントだと考えています。森生のバックボーンとして重要なので、演じる上でも大切にしたいです。

■ヤンキー役を演じるのは初めてですか?演じるのは難しいですか?
はい、初めてです!ただ、「ヤンキー」ということよりも、特にユキコさんと一緒にいる時は、ピュアで真っ直ぐで、それが人の心を打つ人なので、そういった部分を大切に演じたいと思います。

■主人公:赤座ユキコに関して、また、ユキコを演じる杉咲花さんについてはどういう印象がありますか?
ユキコと森生はすごく似ているなって感じます。人間誰しも自分が世の中と比べて普通とは違うのかなと感じることもあると思うのですが、そういう自分にとってコンプレックスになるような部分も含めて、一生懸命生きているところが愛しいなと思います。

杉咲花さんとご一緒するのは今回が初めてになりますが、ふわふわしたイメージがあります。コットンキャンディーとかじゃなくてメレンゲに近い、ふわふわした感じ(笑)。でも、すごく芯があって、周りを笑顔にしてくれる方なのかなと思ったりもしています。演技という面では、いろいろな作品を拝見させていただいているので、これから一緒に作品を作れることを楽しみにしています。

■タイトル「恋です!」に絡めて、杉野さんご自身をひと言で表すと…「〇〇〇です!」には何が入りますか?
片付けにハマっているので、「片付け魔です!」。
片付けすぎて靴下を全部捨ててしまって、次の日、現場に履いていく靴下が無くて、慌てて買いに行きました(笑)。

■最後に視聴者の皆様にメッセージをお願い致します。
人と人との温かさ、繋がりに胸を打たれる作品だなと思います。見てくださった皆さんが少しでも良い一日を過ごせるような作品にできるよう、頑張りますので楽しみにしていてください!

金沢 獅子王(かなざわ・ししお) 演:鈴木伸之

森生のライバルで隣町の元“ボス”。

昔、森生の顔にケンカで刀キズを付けた張本人で、それ以降も森生に何かとケンカを吹っ掛けてくるが、実は……。

赤座 イズミ(あかざ・いずみ) 演:奈緒

ユキコの姉。ネイリスト。

超がつくレベルの心配性で、“母親代わり”としてついついユキコに口うるさくしてしまう。ユキコの自主性を尊重しようと頭ではわかっていながら、ユキコに近づいてきた森生に対しても、警戒心をあらわに……。

赤座 誠二(あかざ・せいじ) 演:岸谷五朗

ユキコとイズミの父。写真家。

イズミとは違ってのほほんとした性格で、「なるようになるさ」の性分。

強い性格の娘たちにいつもタジタジだが、時に人生経験を感じさせる深い言葉が娘たちや周囲の人の心を打つ。

紫村 空(しむら・そら) 演:田辺 桃子

ユキコが通う盲学校の同級生。視野が欠損するタイプの弱視。

かなり行動力がある女の子で、やりたいことは後先考えずにゴールまで突っ走る主義。

ユキコと違い、恋愛に対して積極的。

青野 陽太(あおの・ようた) 演:細田 佳央太

盲学校の同級生。生まれたときからの全盲。

想像力が豊かで、思春期ならでは“性”にも人一倍関心がある。

時折発するエロ発言でユキコや空を笑わせる。

緑川 花男(みどりかわ・はなお) 演:戸塚純貴

森生のヤンキー仲間。

いつも森生に振り回されているが、小学生時代からの付き合いで放っておけない。

桃井 草介(ももい・そうすけ) 演:堀夏喜

森生の子分的存在。

喧嘩が強い森生を誰よりもリスペクトしている。

橙野 茜(とうの・あかね) 演:ファーストサマーウイカ

森生や花男たちの溜まり場となっている喫茶店の店主。元ヤンキーのアネゴ肌。

社会から心を閉ざしている姪っ子のハチ子を預かっている。

橙野 ハチ子(とうの・はちこ) 演:生見愛瑠

森生の中学時代の同級生。森生や花男の溜まり場である喫茶店でバイトしている。

学生時代にイジメから守ってくれた森生のことが、好き。

バーガーショップの店長・茶尾(さお) 演:古川 雄大

盲学校の近くにあるハンバーガーショップの店長。

フロアに出てお客さんとお喋りするのが大好きで、常連のユキコたちとも仲良し。

とっても陽気で口癖は「チャオ!」。ゆえにチャオ店長と呼ばれている。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました