彼女はキレイだった4話5話6話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

小芝風花さんとSexy Zoneの中島健人さんが主演のカンテレ・フジテレビの火曜ドラマ「彼女はキレイだった」4話、5話、6話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

またも韓国ドラマのリメイク作品なのですが、日本版ではどのような結末を迎えるのか、オリジナル要素がどのように入ってくるのか楽しみなところです!

そんなドラマ「彼女はキレイだった」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「U-NEXT」がおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

U-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「彼女はキレイだった」4話のあらすじ・ネタバレ

2人きりの出張で愛(小芝風花)と宗介(中島健人)の関係に変化が!?

愛の姿を初恋の相手“佐藤愛”に重ねる宗介——。

梨沙(佐久間由衣)は宗介への気持ちが膨らみ…。

梨沙(佐久間由衣)扮(ふん)する愛との待ち合わせ場所に向かう途中、母親がバイク事故で亡くなったときの状況がフラッシュバックし、降りしきる雨の中で動けなくなってしまった宗介(中島健人)。

偶然その場に居合わせた愛(小芝風花)が介抱すると、宗介は、かつて幼い愛が同じように寄り添ってくれたことを思い出し、隣にいる愛に熱いまなざしを向ける。

翌日、雨に打たれた愛が風邪気味だと知った宗介は、薬を渡してお礼を言おうとするが、これまでキツくあたってきた手前、なかなか素直に声をかけることができない。

一方、愛の初恋の相手が宗介だと知る樋口(赤楚衛二)は、厳しい態度とは裏腹に、宗介がいつも愛を気にかけていることに気付き、焦りを覚える。

さらに、好きな人をあきらめたいという梨沙の頼みで婚約者のフリをすることになり、約束の場所へ向かうと、梨沙の隣にいたのは宗介で…。

翌日、急きょ1泊2日で出張に行くことになった宗介と愛。

雨の日の一件以来、2人の間には気まずい雰囲気が流れていたが、あるハプニングがきっかけで、宗介は初めて愛に素の自分を見せる。

愛もまた、久しぶりに見た宗介の優しい笑顔に胸がときめく。

その頃、梨沙は愛の部屋で、宗介と愛の思い出のパズルのピースを見つけて…。

ドラマ「彼女はキレイだった」4話のネタバレ・感想

母親の事故の記憶がフラッシュバックし、雨の中でうずくまってしまった宗介(中島健人)。

その様子を通りがかりに見つけ、子供の頃と同じように寄り添って“傘”になってあげた愛(小芝風花)。

それをきっかけに、2人の距離感に些細な変化が生まれていく。

第4話で、このドラマのストーリーの軸となる四角関係の構図がたしかに形作られたといってもいいだろう。

雨に打たれたせいで風邪気味のまま出社した愛。

ちょっぴり気になる宗介は、薬を渡してお礼を言おうとするがなかなか素直に声をかけることができずにいた。

そんななか、編集部員の里中(高橋優斗)が親知らずのせいでダウン。

翌日に予定されていたロケハンの代理を愛が務めることに。

しかしそれは宗介と2人きりの一泊二日の出張旅行。

案の定、道中の社内では気まずい空気が流れる。

ロケハンだけつつがなく進められていくなか、宗介が運転する車が側道に落ちてしまうハプニングが発生するのである。

もっぱら今回は、宗介と愛が「ザ・モスト」の企画のロケハンとして房総半島周辺を回るという、デートさながらの雰囲気と景色を楽しむ回である。

フラワーガーデンに木更津の八剱八幡神社、海岸から水族館(これはおそらく八景島シーパラダイスであろう)。

まさに劇中で愛が語る「手紙書きたくなる」ような、誰かと共有したくなる景色を味わえる、ロケーションの魅力が余すところなく発揮されたエピソードである。

それと同時に、スラップスティック的な動きの数々も際立つ。

カフェで大きな荷物を運ぶ愛を見つけ、その通り道にある障害物を次々と気付かれないように取り除こうとスパイダーマンのような俊敏な動きを見せる宗介。

出張シーンの途中で車を押した拍子に田んぼに落下する宗介と、助けようとして手を差し伸べた愛も一緒にダイブしてしまうお決まりのパターン。

極め付きは終盤のロマンティックな雰囲気のなかで唐突に大きく転ぶ愛。

それを見て子供のような笑みを浮かべる宗介も含めて、大胆な動きの数々に楽しませてもらえた。

そんな急接近の一方で、梨沙(佐久間由衣)にふたたび婚約者のふりを頼まれた樋口(赤楚衛二)は、宗介と梨沙が一緒にいるところを見てすべてを察する。

愛から以前言われた、宗介が愛の親友を愛だと思い込んでいること。

梨沙が言っていた“傷つけたくない人”が愛であるということ。

愛は宗介と梨沙がまだ連絡を取り合っていることを知らないし、梨沙も3人が同僚であることを知らない。

つまりこの時点で、4人の複雑な関係の全貌を理解しているのは樋口だけということになる。

ところで編集部で宗介が愛にあげる風邪予防の玉ねぎや、樋口が愛につける絵が描かれたマスク、宗介が子供のころからグリーンピースが苦手だったというくだりはしっかりとオリジナルのドラマをなぞった部分だ。

その一方で、この出張エピソードに当たるオリジナルの第7話で描かれていた、編集部の同僚のジュヌとハンソルの恋の始まりの描写はリメイクされず。

それでも宗介と愛のトークの中で好きな小説の話題となり、覆面小説家の話題が出たということは、このリメイク版もオリジナルと同じクライマックスへと向かうのだろう。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「彼女はキレイだった」5話のあらすじ・ネタバレ

ようなら、『ザ・モスト』編集部——。

廃刊の危機に追い込まれ、後がない宗介(中島健人)は、大事な撮影で重大なミスをおかした愛(小芝風花)を、まさかの解雇!?

愛(小芝風花)のアイディアが採用された特集記事『手紙が書きたくなる一人旅』の掲載誌が完成した。

届いた見本誌には、スタッフの一人として愛の名前も載っていて、愛は初めて編集部の一員として認められたような気がして、うれしくてたまらない。

しかし喜んだのもつかの間、『ザ・モスト』はライバル誌に売上で大きく溝を開けられ、立て直しを任された宗介(中島健人)は窮地に立たされる。

一方、出張がきっかけで愛と宗介の距離が縮まったことに気をもむ樋口(赤楚衛二)は、愛のある決意を知り、梨沙(佐久間由衣)に自分が愛と宗介の同僚であることを明かす。

そして、親友を傷つけないためにも、宗介と会っていることを今のうちに愛に打ち明けるべきだとアドバイスする。

そんなある日、宗介が起死回生を狙う、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われる。

決してミスが許されない現場で、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任された愛。

ところが、予期せぬハプニングで一瞬目を離したその隙に、大事なドレスが破損。

撮影は続行不可能となり、怒ったデザイナーは、挽回のチャンスがほしいと懇願する宗介に、交換条件としてミスをした愛を解雇するよう告げて…。

ドラマ「彼女はキレイだった」5話のネタバレ・感想

特集記事のロケハンで房総半島を一緒に回ったことにより、愛(小芝風花)と宗介(中島健人)は心の距離を着実に縮めていく。

そしてついに自分が宗介の思い出の“佐藤愛”であることを打ち明けようとする愛だったが、いいタイミングで樋口(赤楚衛二)が現れて遮られてしまう。

第5話は、このドラマにおけるひとつの大きなターニングポイントを迎えることになる。

「手紙が書きたくなる一人旅」が掲載された『ザ・モスト』が発売されたことに喜ぶ愛。一方で宗介は、まだライバル誌に差をつけられてしまっていることを岸田(木村祐一)から指摘されてしまう。

そんななか、以前宗介がチャンスを取り付けたイタリアの有名デザイナーのジェームズ・テイラーとのコラボ企画が始動。撮影に使うドレスの管理を任された愛だったが、予期せぬハプニングによって目を離した隙にドレスが破損してしまう。

ジェームズ側からコラボ企画の中止がほのめかされ、なんとか挽回のチャンスをもらえないかと懇願する宗介。するとジェームズの妻イザベラは、交換条件としてミスをおかした愛を解雇するように告げるのだ。

自分がしたミスを認め、編集部を辞める愛。ドレスの破損は他の人の仕業であることがわかっても、愛が持ち場を離れたことには変わりないのだと譲らない宗介。

オリジナルの韓国版におけるこの一連の場面では、宗介にあたるソンジュンが、愛にあたるヘジンに対して声を荒げて叱責していた(ちなみにそれまでの2人の関係性の変化など、大まかな流れは日本版とほぼ一緒である)のに対し、日本版では宗介は強く叱責することなく、ジェームズ側の指示やそれに従う愛に怒りよりも戸惑いの表情を浮かべているのがわかる。

オリジナルより話数が少ないこともあって感情の流れをシンプルに脚色した結果なのだろうが、その後の公園のくだりや玉ねぎの顔も含め、こちらの方が副編集長の人間らしさがしっかりと表れることになった。

ところで今回描かれた愛の解雇に至るまでの騒動について、原因が自分にあるのだと里中(高橋優斗)は宗介に告げる。イザベラの求めた水を買いに行き、車を駐車場に適当に停めたことでそれを愛が動かすために持ち場を離れる羽目になる。

前回もこの里中が親知らずを痛めたことがきっかけで宗介と愛が2人でロケハン出張にいくことになったわけで、里中のミスが再び2人の距離を近付けるとなれば、意外と重要で、それでいてずいぶんとおいしい役回りではないか。

申し訳なさそうに語る里中の、なんとも言えない表情もなかなか印象に残るものがあった。

さて、冒頭で述べた“大きなターニングポイント”となる部分とは、前回宗介と梨沙(佐久間由衣)が一緒にいるところを目撃して事を察した樋口が、愛に梨沙の画像を見せてもらったことで確証へと変えることであり、また梨沙に直接愛との関係を話し、本当のことを愛に打ち明けるのがよいと忠告すること。

そして宗介に対して愛のことが好きだと宣言すること。極めつきは髪をストレートにし、メイクもした状態の愛が復職すること。

次回からの後半戦は本格的に四角関係がもつれ始めるというわけだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「彼女はキレイだった」6話のあらすじ・ネタバレ

愛(小芝風花)発案の童話企画が本格始動!宗介(中島健人)は愛に扮(ふん)する梨沙(佐久間由衣)の言動に違和感を抱き、むしろ本物の愛のことが気になり始めて…!?

「早く帰ってこい」という宗介(中島健人)の言葉で編集部に戻ることを決めた愛(小芝風花)。

ファッションもメークも洗練され、まるで別人のように美しく変身した愛の姿に、編集部のメンバーは驚く。

早速、愛が考えた童話企画について編集会議が行われ、その席で愛は、コラムの執筆を人気絵本作家の夏川ちかげに依頼したいと申し出る。しかし、彼女は10年前に引退していた。

作品への思い入れが強い愛は、それでも何とか交渉したいと食い下がり、その真剣な表情を見た宗介はGOサインを出す。

一方、宗介への思いが募る梨沙(佐久間由衣)は、会うたびに幼い頃の話ばかりする宗介に、「昔の話はもうやめない?」と切り出す。

愛ではなく、自分を見てほしいという切ない思いからだったが、宗介にはその言葉の意味が分からない。

それどころか、愛(梨沙)のある言葉に違和感を覚え、目の前にいるのは、自分の知っている“佐藤愛”ではないかもしれないと疑念を抱く。

焦った梨沙は、何とか宗介の気持ちをつなぎとめようと、ある行動に出て…。

その頃愛は、ようやく夏川ちかげ本人に話を聞いてもらえることになり、待ち合わせ場所のホテルへ向かっていた。

しかし、そこである事件が発生。ニュースを知った樋口(赤楚衛二)、そして梨沙と会っている最中に愛の窮地を知った宗介は…。

ドラマ「彼女はキレイだった」6話のネタバレ・感想

仕事のミスの責任をとって編集部を辞めた愛(小芝風花)だったが、宗介(中島健人)からもらった後押しの言葉で復職を決意。

そして髪を真っ直ぐにし、ファッションもメイクも洗練され、編集部で樋口(赤楚衛二)たちを驚かせるのだ。

第6話は、宗介の「おかえり」の言葉とともに“第二章”の幕が開ける。

単なる見た目の良し悪しの話ではなく、自分の中に発生した自信を明確に表出させる術を身につけた愛。

四角関係のこじれ具合が著しくなる一方で、物語自体はよりポジティブな方向へと舵を切っていくことになるわけだ。

愛が発案した童話をテーマにした特集企画についての編集企画が行われ、子どもの頃から思い入れのある絵本の作家である夏川ちかげにインタビューをしたいと申し出る愛。

宗介はそれにGOサインを出し、樋口も愛に別のインタビューの原稿を書いて鍛えておくことを提案するのだ。

そんななか、いまだに宗介に本当のことを言えず、想いを断ち切れないでいた梨沙(佐久間由衣)は宗介に「昔の話はやめない?」と切り出す。

しかし宗介は、梨沙のある発言から彼女が自分の初恋の相手ではないという疑念を持つようになるのである。

今回のエピソードは表情によって感情の複雑な揺らぎを体現する宗介がとにかく活きる回であった。

糖分補給のキャラメルを受け取るための美しい90度ターンも見逃せない点ではあるが、モストの一員として頑張ることを誓う愛に微笑みかけたり、雨が降ったら髪が膨らんでしまうと樋口に話しているのを聞いてハッとした表情を見せたり。

さらに梨沙が本当に“佐藤愛”なのかという疑念を持ち始めて鎌をかけるような質問を投げかけ、「何年経ったと思ってんの」と言われて少し寂しげな表情を浮かべたり。

なかでも樋口とのエレベーター前のシーンはすごく良い。2人の前にやって来た愛に声をかけようとしても、言いたいことを全部樋口に持っていかれてしまう。

切り返しのカッティングの末に、2人の間を通り抜ける愛の後ろ姿をとらえるショットで一度見切れてしまった宗介が、再び画面に戻ってくると浮かべているなんとも言えない不満げな表情。

物語の中核にある四角関係を構成する「宗介→愛←樋口」の三角関係の成立をまざまざと証明する重要シーンといえようか。

もちろんその点では樋口も負けてはいない。宗介から呼び戻されて嬉しかったことを語る愛に見せる嫉妬の表情と、「もっとジャクソンの中に俺がいればいいのに」という直球勝負の言葉。

それでも愛の目の前では冗談めかせることで取り繕う天邪鬼な一面をのぞかせつつ、クライマックスで宗介に抱きしめられる愛の姿を遠巻きに見つめぐっと堪える。

表情で物語ることしかできない不器用な宗介と樋口に、感情を言葉で伝えることができるが真実だけは言えない愛と梨沙。

この図式が保つバランスが乱れた瞬間に、この四角関係はさらにもつれていくのであろう。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「彼女はキレイだった」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「彼女はキレイだった」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました