TOKYO MER走る緊急救命室10話最終回の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

鈴木亮平さんが主演を務める日曜劇場ドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の10話、最終回の無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法や、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマは緊急救命室ということもあり、常に死と隣り合わせの内容なのですが、これがまた「コードブルー」をどうしても彷彿とさせてしまう。

こればっかりは仕方ないのですが、「コードブルー」は救命医の成長が描かれました。

そして今回の「TOKYO MER走る緊急救命室」は政治も絡んでいるので、命がけで職務を全うする医師と、そのチームの存続をかけての政治的な暗躍、争いもありそうです!

それでは、このドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」10話のあらすじ・ネタバレ

喜多見幸太(鈴木亮平)がテロ組織への関与を疑われ、出動禁止を命じられたMER。

そんな中、ある大学で爆破事件が!

救助のため駆け付けた喜多見と音羽尚(賀来賢人)だったが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。

爆弾を仕掛けた校舎内で重傷者のオペを行う2人だったが、SNSの噂を信じ込んだ学生達は喜多見をテロリストと疑い、とんでもない行動に…2人を襲う最大の危機。

そしてついに、初めての死者が発生する…!?

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」10話のネタバレ・感想

喜多見(鈴木亮平)の空白の1年が暴露され、MERは存続の危機に陥る。活動休止を求める声に「それはできません」と喜多見は即答。

「解散になるかもしれませんが、できる限りのことをしていくつもり」と言明する。ただし、メンバーに迷惑をかけないため「私1人でやれることをやらせていただきます」。

世間を敵に回して、たった1人の戦いが始まった。

関東医科大学の校舎に爆弾を仕掛けたとネットに書き込みがあり、予防的医療事案として喜多見は出動。

厚労省の技官でMERの解体を目論んでいた音羽(賀来賢人)は、「監督省庁の官僚として見届ける義務がある」と主張して喜多見に同行。

何のめぐりあわせか、MER解体の瀬戸際で結成された喜多見と音羽の最強バディに期待が高まった。

冬木(小手伸也)や比奈(中条あやみ)、夏梅(菜々緒)たち兼任メンバーが無線で見守る中、到着したキャンパスで爆破が起き、喜多見と音羽は負傷した学生の救護に向かう。

だが、状況はまったく予断を許さない。爆弾テロの主犯はエリオット・椿(城田優)で、椿は電話越しに教室内に協力者がいることを告げ、建物から出るなと指示。

出たらもう一つの爆弾が起動し、死者が出ると脅迫する。椿は、公安の南(三浦誠己)に民自党幹事長の天沼(桂文珍)が厚生労働大臣の時、関東医科大学を認可した際に裏金を受け取った証拠を公表するように要求。

また椿は喜多見に匿名のメールを送信していた。メールの文面は「爆破前に連絡する。変化があれば報告しろ」。

まるで仲間であるかのような文面には、喜多見をテロリストに仕立てる意図が読み取れた。

これまでの放送回では、命を救う人間はヒーローであるというメッセージが繰り返し発信されてきた。感染症によって多くの人が自宅や病院で闘病している現在、このことはどれだけ強調しても強調し足りない事実である。

では、寸暇を惜しんで診療や看護にあたってくださる医療従事者の方々の胸の内はいかばかりだろうか。第10話で孤立無援の状況で救護にあたった喜多見と音羽がその一端を教えてくれた。

教室に閉じ込められた学生たちは、SNSで喜多見がテロリストとして疑われていることを知る。喜多見は公安から椿について知っていることを吐くように言われる。

理解者がいない四面楚歌で、喜多見は「俺は医者です。命を救うのが仕事です」と救命措置に力を注ぐ。

学生たちは喜多見を疑い、資材の置かれた部屋に監禁。喜多見を信用できないという学生に音羽は「くだらない噂に振り回されてないで、あの人が何をするのか、その目で見て判断しろ!」と一喝。

戻ってきた喜多見の言葉が全てを物語っていた。

「俺たちは応援をされるためにやってるわけじゃない。どんな批判をされてもかまいません。だけど命を救うことには手を貸してほしい!」。

医者の卵である学生たちを信じて呼びかける言葉には、医療者としての矜持や誇りが込められていた。たとえ非難されても、命を救うためには全力を尽くす。

だから喜多見は椿を助けた。そんな喜多見の思いを椿は容赦なく踏みにじる。

1年前、椿が立ち去る前に喜多見にかけた言葉、「私を助けたことを必ず後悔させます」。その真意はあまりにも悲劇的なTOKYO MER発足後初の死者1名として明らかになった。

爆破予告も喜多見に送ったメールも、裏金の公表もすべてブラフで、本当の目的は別にあった。

「わかってほしかったんです。世の中は不条理だってことを」。それは喜多見の一番大切なものを奪うことだった。

生命に対して畏敬の念で接する喜多見に対して、椿は友情から仲間にしようとしたのではなく、憎悪に身を染めることでテロリストの側に引き込もうとしたのだ。

命を救うためにどんな危険もいとわない崇高な心にぬぐい去れない毒をさしのべること。生の対義語は死だが、私たちが死を恐れるのはそれが絶望をもたらすからだ。

絶望と恐怖によって生を支配するテロリストの本性がむき出しになった瞬間だった。

涼香を演じた佐藤栞里は、連続ドラマレギュラー出演は本作が初めて。ナチュラルな飾らない笑顔と『王様のブランチ』(TBS系)でおなじみの佐藤だが、本作の涼香は喜多見の空白の1年を知る家族として、またMERをそばで見守り、喜多見と音羽をつなぐ存在として回を追うごとにその重要度が増していった。

特に感情の機微を湛えた表情の演技は素晴らしく、俳優として活躍の場が広がりそうだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回のあらすじ・ネタバレ

最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見幸太(鈴木亮平)はMER脱退を告げる。

都知事の赤塚梓(石田ゆり子)は意識不明のまま生死の境をさまよっていた。

そして、音羽尚(賀来賢人)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍)に逆らえないまま、遂にMER解散が決定しようとしていた…。

そんな中、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上!

多くの負傷者が出るが、喜多見も音羽も出動せず、ERカーの使用も禁じられてしまう!

最大のピンチを迎えたメンバー。

しかし、その時…喜多見の心を震わせる「言葉」が響いた。

TOKYO MERの最後の出動の物語。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回のネタバレ・感想

これまでの全てはこの1話のためにあった。最終話は、命を救うことへの深遠な問いを残して幕を閉じた。

涼香(佐藤栞里)を失い、喜多見(鈴木亮平)は生きる力をなくしていた。椿(城田優)の狙い通り、喜多見は医師として再起不能な状態に陥り、MERのメンバーの前でも弱気な発言が口をついて出る。

「俺たちがやっていたことは本当に正しかったんですかね」。両親に続いて妹も救えなかったことで、喜多見は自分を責めていた。

そんな中、TOKYO MERの処遇をめぐって厚労省の最終審査会が開かれる。幹事長の天沼(桂文珍)は、献金疑惑に対する世間の目を逸らさせるため、審査会で音羽(賀来賢人)に喜多見とテロリストの関係を証言させ、大々的にマスコミに報道させようとしていた。

審査会でMERの存続を訴えようとするMERのメンバーを音羽は制止し、MERと関係を絶つように告げる。

時あたかも同時刻に世田谷の政府施設で爆発が起き、MERに出動要請が寄せられた。

最終話にして描かれたヒーローの挫折。さっそうと災害現場に駆けつけ、「死者ゼロ」を達成してきた喜多見の心は、涼香の死によって完全に破壊された。

一方で、チーフのいないMERのメンバーは災害現場で懸命に救護に当たるものの、かつてない爆弾テロを前にして次々と傷病者が運び込まれ、処置を待つ人々で現場は凄惨を極める。

その様子を知った音羽は用意していた証言を取りやめて話し出す。居並ぶ政治家や厚労省のトップを前に音羽が発した言葉。

「彼らはヒーローなんかじゃありません。MERのメンバーは単なる医療従事者です」から始まるそれは、かつて喜多見が発したものでもあった。

青筋を立て、眉間にしわをよせる天沼や白金厚労大臣(渡辺真起子)の眼前で、音羽は「MERは存続させるべきだ」と言い放つ。

音羽の変心は何だったのか。涼香は音羽の将来を案じて、久我山(鶴見辰吾)に喜多見の過去を話した。

音羽は、犠牲になった涼香の思いに応えることが自分の務めだと思ったはずだ。しかし、そうではなかった。音羽を変えたのは、子どもたちからMERに届けられたたくさんの絵と涼香が添えた「誰かのために頑張るMERのみんなが大好きです」という言葉で、助けを待つ人々を目にした時にその真意がはっきりと伝わったのだ。

涼香は誰かのために頑張る音羽が好きだったのであり、音羽が官僚として出世することが多くの人を救うことになると考えたから、兄を裏切ってでも音羽を助けようとしたのだ。

そうだとしたら、音羽が今すべきことは誰かのために頑張ることと、誰かのために頑張る人を助けることだ。

喜多見が口を酸っぱくして言っていた意味を、音羽ははっきりと理解した。

喜多見にとって涼香の存在は、医師である自分自身とダイレクトにつながっている。少年時代に両親をテロで亡くした喜多見にとって、医師として活躍することには両親を救う意味があり、それはただ1人残された妹を守ることで担保されていた。

喜多見をこの世につなぎとめる命綱が涼香であり、ある日突然それが奪われてしまったのだ。

生きる目的を失った喜多見は人が変わったようになってしまう。先が見えない暗いトンネルのような状態を、喜多見はどうやって切り抜けたのか。

元妻の高輪(仲里依紗)の言葉や現場で奮闘するメンバーの声に加えて、結果的に喜多見は「誰かのために頑張る」ことで自分自身を取り戻す。

それを使命感と言い換えても間違いではないが、シンプルに言えば、誰かを助けることで救われるのが人間という生き物なのだと思う。

大文字のテーマ、大きな物語を描く傾向のある日曜劇場で、『TOKYO MER』は救急医療という喫緊の課題に正面から向き合い、エンタメという軸をぶらさずに作品主義を貫いた。

現今の社会状況とリンクしながら、最後には医療者の背負う十字架も浮き彫りにした。死がそうであるように、生きることは元来、理不尽なものかもしれない。

それでもなお命を救う行為には善悪を超えた価値があり、とてつもない人間賛歌を見せられた実感がある。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「TOKYO MER走る緊急救命室」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「TOKYO MER走る緊急救命室」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました