プロミス・シンデレラ4話5話6話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

二階堂ふみさん主演のTBS火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」の4話、5話、6話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

漫画原作の実写ドラマ作品である「プロミス・シンデレラ」なのですが、TBSの火曜ドラマというだけありキュンキュンを誘う内容になっています!

視聴率が徐々に厳しくなってきてしまっているこの放送枠ですが、「プロミス・シンデレラ」で挽回なるか!?

このドラマ「プロミス・シンデレラ」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」4話のあらすじ・ネタバレ

早梅(二階堂ふみ)は初恋の相手・成吾(岩田剛典)との10年ぶりの再会に動揺していた。

成吾が早梅に優しく接すれば接するほど仲居たちの嫌がらせも増し、ある日、旅館から早梅の靴がなくなる事件が起こる。

黒瀬(金子ノブアキ)からそのことを聞いた壱成(眞栄田郷敦)は、兄・成吾への対抗心をあらわにする。

早梅はそんな壱成に10年前の出来事を正直に話して聞かせるのだった。

そんな折、旅館に芸能事務所社長の西園寺から宴会の予約が入る。

西園寺は超VIPの常連客で、年に数回大宴会を開く。

女性従業員は立ち入り禁止で、「S会」と呼ばれ恐れられていた。

予約当日、やって来た西園寺はお気に入りの成吾が留守と知り、とたんに不機嫌に。

代わりに他の男性従業員が接客にあたるが、次々とメンタルをやられ退散。

その状況を見かねた早梅は、覚悟を決め座敷に上がるが…。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」4話のネタバレ・感想

イケメン性悪高校生・壱成(眞栄田郷敦)が主人公・早梅(二階堂ふみ)のピンチを救うヒーローとなった第4話では、片岡兄弟にとって“10年前にあった悲しき出来事”についても描かれた。

兄の成吾(岩田剛典)と早梅が“名前も知らぬ初恋の相手同士”だったことを知り、あからさまに不機嫌になる壱成はやはり年相応の男子高校生だ。

いつも兄と比較されてばかりの壱成について“あんたはあんた”だと初めて面と向かって言ってくれた相手が早梅だったのだ。

そんな特別な相手すらも、結局は兄に心惹かれていたなんて、その事実が壱成には面白くない。

“早梅も結局みんなと一緒かよ”と勝手に裏切られたような気持ちになってしまうのだろう。

さらに、壱成が兄のことも旅館のことも遠ざけている原因になっているのが、10年前の母親の失踪事件にあるようだ。

片岡兄弟の母親は、社長から見初められ仲居から女将になった人で、曲がったことが大嫌いな正に早梅のような人だったという(壱成の回想シーンで、母親が去り際に言い放った「私はあなたのことなんか要らない」がまた聞き捨てならない)。

今話、成吾不在の旅館に招かれざる客が来る。超VIP客である芸能事務所社長の西園寺からの宴会予約だ。

あまりに傍若無人な振る舞いが続き、意を決して座敷に上がった早梅に対しても無理難題を言い出す。

そこで、ピンチヒッターとして登場したのがなんと和服姿の壱成だった。

あれだけ敬遠していた旅館に立ち入り、対応が難しい顧客の接客に久々に当たったのだ。

早梅のピンチとあっては勝手に体が動き出してしまうあたり、もう完全に彼が早梅に好意を抱いているのは間違いない。

もしかすると、早梅は成吾にとってだけでなく壱成にとっても同じく“初恋の相手”に当たるのかもしれない。

自分の初めての感情に戸惑っているのかもしれないが、早梅が西園寺の対応に名乗りを上げたことさえも「旅館のために、成吾のために頑張ったとか?」と彼女の一挙手一投足を成吾と関連づけて考えてしまい勝手にイライラしてしまう壱成。

彼が他人に自分のペースを乱されることなんてこれまでなかったに違いない。

壱成は兄と早梅の初恋についてはムキになって「10年も前の話なんか興味ねぇんだよ」と言い捨てながらも、母親の失踪については「まだたった10年しか経ってねぇ」といまだその傷が全く癒えていないことを明かしてた。

なるほど、成吾と早梅が出会った10年前、早梅だけでなく片岡兄弟も同じようにとても苦しく辛い状況にあったのだ。

身を置いている環境は全く違えど、大切な人をなくした喪失感を全員が抱いていた時期だったのだ。

成吾も早梅のことがずっと気に掛かっているようで、人気芸者の菊乃(松井玲奈)にも暗に彼女に近づかぬようにと釘を刺していた。

やはり菊乃も10年前から早梅のことを知っており、どうやら「あきら」というのが彼女の本名であるようだ。

岩田剛典といえば、隠しきれぬ知性と品性を身に纏いどこからどう見ても“王子様”であるのは間違いないが、隙がないからこそ俳優としては観客を見事欺いてくれるような二面性のある役どころを得意とする。

ポーカーフェイスで簡単には自身の本心を見せてはくれないような掴みどころのなさが魅力だからこそ、観る者にかなりの想像の余地を与えてくれる。

本作でも仲居があれだけ色めき立つのも納得だ。相手にとって都合の良いように解釈させてくれるファンタジー性、余白が常に彼にはあるのだから。

映画『去年の冬、きみと別れ』でのルポライター耶雲恭介役では正に大どんでん返しを見せてくれたし、『名も無き世界のエンドロール』でのキダ役も意外な役どころだった。

『空に住む』では“近くにいるのに遠くに感じる”ような常に距離感のある悪い男・時戸森則役を好演。

終始、現実なのか夢の中での出来事なのか曖昧な“雲の上の存在”を感じさせた。

もう早梅への好意がダダ漏れの壱成と、着実に早梅との距離が近づいている成吾。この関係性はどう発展するのか。

絶対に静観することなどない菊乃の正体も気になるところだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」5話のあらすじ・ネタバレ

早梅(二階堂ふみ)はここ数日の壱成(眞栄田郷敦)の態度に困惑していた。

不機嫌なうえに、自分をからかうようなことを突然言い出し、仕掛けてくるゲームも明らかにいい加減だ。

旅館ではその壱成の話題で持ちきりだった。

先日の宴会で、彼の着物姿に心奪われた仲居たちは、成吾(岩田剛典)から壱成に乗り換え始めていたのだ。

そんな中、早梅は成吾から食事に誘われる。

早梅は壱成に内緒で出かけるが、察しのいい壱成は何かあると感じ、こっそり後をつける。

早梅と成吾がレストランに入っていく姿を目撃した壱成は、道中でバッタリ会った黒瀬(金子ノブアキ)とともに、早梅たちのテーブルの近くで監視することに…。

一方、成吾の心が自分から離れていると感じた菊乃(松井玲奈)も、密かに行動を起こしていた。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」5話のネタバレ・感想

主人公・早梅(二階堂ふみ)の“靴を履かなかったシンデレラ”話が明らかになった第5話。

成吾(岩田剛典)と早梅の実らなかった初恋話の全貌が明かされるにつれ、“あの時”と“今”では彼らを取り巻く環境がそう遠くはないことがわかる。

あの時、成吾が救い出せなかった早梅は酒に溺れた実父がいる実家を捨てられなかったが、今は状況は違えどイケメン性悪高校生・壱成(眞栄田郷敦)によって借金返済の名目の下“囚われの身”である。

あの時の早梅は心身ともに傷ついてボロボロだったが、今の彼女もまた回復の途中にはあるものの、全てを失った直後ではある。

早梅のことを連れ出せなかったのが成吾が高校生の頃、つまり今の壱成の年頃だ。

片岡兄弟と早梅の間には何かと切っても切れない縁、もはや因縁がありそうだ。

成吾と早梅の距離が近くなればなるほど、焦りを募らせ苛立ちを抑え切れない壱成。

彼には、10年前に母親から「あなたなんか要らない」と拒絶された経験があり、だからこそ早梅が自分にとって“大切な存在”だと認めてしまうことが怖いのだろう。

また自分から離れて行ってしまう誰かに傷つけられたくはないから。

洸也(金子ノブアキ)からの「そうやってイラついてると早梅ちゃん、本当に君の側からいなくなっちゃうよ」という助言を受けて、先に自ら早梅を追い出してしまうのだ。

片岡兄弟双方にとって、また早梅にとっても良い相談相手になっているのが意外にも洸也だ。

旅館「かたおか」の茶房で働く、明るくお調子者のマスターで基本的にノリが軽いが、要所要所で本質を突いたことを言ったりもする。

媚びるわけでもなく飄々としており、誰かに肩入れするでもなく常に中立な立場で、いろんな対立や思惑がうごめく旅館内にあって貴重な存在だ。

金子といえば、『クローズZERO II』、『新宿スワン』シリーズ、『ギャングース』と、掴みどころがなく危険な香りの立ち込めるミステリアスな役どころを得意としてきたが、一方で“忠実なフォロー役”でも存在感を発揮している。

『Followers』(Netflix)での中谷美紀演じるリミを支えるマネージャー役もハマり役だった。

本作での洸也は明らかに後者だが、相手に警戒心を抱かせずスッと懐に飛び込むのが上手い人懐っこく憎めないキャラクターを好演している。

反対に、本作でこれまでとは違って危険で妖艶な存在感を終始放っているのが芸者の菊乃演じる松井玲奈だ。

明るくしっかり者の役どころのイメージが強かった彼女だが、あまりに今回の悪女役も魅力的で引き込まれてしまう。

鈴を転がすような声としなやかな所作が美しいしたたかな女性かと思いきや、それが時として急に能面のような冷たさと非情さを纏って一気に体温がなくなり、ドスの効いた声で吐き捨てたように話す。

一瞬のうちに覗かせる闇があまりに漆黒で深すぎて、底知れなさ、得体の知れない不気味さ、静かな狂気をそこら中に充満させてしまう。

怖いもの見たさを刺激されてしまうどうしたって無視できない強烈な存在だ。

朝ドラ『エール』(NHK総合)での二階堂ふみ演じるヒロインの姉・吟役でも、長女としての責任感からか弱音は一切吐かず苦悩や孤独をひとり抱え込む難しい役どころを熱演していた。

本作でのキャラクターとは異なるものの、思えば松井はこの頃から作中で異彩を放つ役どころが板についてきていたのかもしれない。

今回の菊乃も彼女が演じることで、単なる悪女なのではなく何かしらのっぴきならない事情や傷を抱えているのだろうと一気にキャラクターに奥行きを持たせることに成功している。

次週、そんな菊乃の差し金なのか、もう登場することがないかと思われた早梅の元夫・正弘(井之脇海)がなんと旅館に押しかけてくるようだ。

壱成もそろそろ自分の気持ちに嘘をつくこともできなくなりそうだし、互いが互いにとって“大切な存在が誰なのか”見つめ直す良いきっかけとなりそうだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「プロミス・シンデレラ」6話のあらすじ・ネタバレ

壱成(眞栄田郷敦)と喧嘩して家を飛び出した早梅(二階堂ふみ)は、ひとまず旅館に身を寄せることにした。

そこに突然、元夫の正弘(井之脇海)がやって来て、早梅に謝りながら「友達からやり直せないか」と言う。

自分勝手な正弘の言動に憤る早梅。

成吾(岩田剛典)の介入でその場は収まるが、早梅は正弘と言い合ううちに大切なことに気づく。

壱成ときちんと向き合わずに飛び出してしまったことへの後悔だ。

その壱成は、祖母の悦子(三田佳子)ともめて家を飛び出していた。

これまでつるんでいた同級生たちも自分の金が目当てだったと知り、やるせない。

一人ぼっちになった壱成は、自分にとって早梅がいかにかけがえのない存在だったかに気づく。

そんな壱成の前に早梅が現れ…。

ドラマ「プロミス・シンデレラ」6話のネタバレ・感想

「壱成、そうやって虚勢張ってもあんたは小さい」

「俺が一番気に食わないのは俺だよ」

恋愛は時として人を大きく成長させ、本人さえも思いもよらなかった場所に連れ出してくれる。

今まで全く興味のなかったことが突然煌めいて見え、億劫だったり臆病だったりして踏み出せなかった一歩もひょいと飛び越えさせてくれる。

主人公・早梅(二階堂ふみ)への恋心を少しずつ自覚し始めた壱成(眞栄田郷敦)が、勇気を持って自分自身と対峙した第6話。

早梅と成吾(岩田剛典)の関係が気になって仕方なく、売り言葉に買い言葉でついに早梅を家から追い出してしまう壱成。

「そういうふうに笑うのは俺の前だけにしろよって思うし、他の男とヘラヘラしてるとなんかムカつく」という彼の中で初めて沸き起こったこの気持ちこそ恋心に他ならないが、当の本人は“ガチ恋”だということにまだ気づけていない。

だから混乱するし、より一層取り乱してしまい自分で自分のコントロールが利かなくなってしまうのだ。

友人らに対しても、早梅に対しても、誰かに深入りして期待して拒絶されるよりは、はなから取るに足りない人間関係しか築かず、保身のために大切な相手こそ自ら関係を断ち切ろうとしてしまう。

例のごとく素直になれないどころか気持ちと裏腹なことばかりしてしまう壱成に、早梅はまた嘘偽りのない欲しい言葉をくれ、これまで紡いできた2人の関係性をちゃんと掬い上げ手繰り寄せてくれるのだ。

「あんたは自分が思ってるよりずっと良い奴だよ」

「あんたと、壱成といるのが楽しいからよ」

早梅は絶対に壱成の手を振り解いたり、一方的に突き放したりはしない。

壱成は早梅といる時だけ、自分のことを嫌いにならなくて済むんだろうし、誰かを“信じてみたい”とまた思えるのだろう。

本作は放送開始当初より、『花より男子』(TBS系)を彷彿させると話題になっていた。

まさに、わがまま放題だけれども家族の愛情に飢えている壱成と道明寺司(松本潤)は家庭環境についても通ずる部分があるし、誰しもがお金の力に平伏し媚びへつらう中で、唯一思い通りにならず自分に向かってビンタを食らわしてくるヒロインに猛烈に惹かれていく姿も重なるところがある。

不器用ですぐに感情的になってしまうがために、本人も最初は自身の本音に気がつかず強がってばかりで、相手を傷つけてしまうが、実際には一途で真っ直ぐな恋心を寄せ続ける。

その乱暴だけれども一生懸命で本人にも抱えきれぬほどの愛情表現と、その恋敵として対照的に描かれるスマートでミステリアスな花沢類(小栗旬)の三角関係に視聴者も思わず夢中になった。

本作での花沢類的な立ち位置は言うまでもなくもちろん成吾だろう。ヒロインにとって苦しい時に手を差し伸べてくれたスーパーマン、ヒーローとして最初に記憶に焼き付けられており、少し特別な関係で結びついている辺りにも共通点が見られる。

壱成は早梅を助けるためにこれまで一切寄り付かなかった旅館に乗り込み、第4話では難しいVIP客の対応にまで名乗りを上げたかと思いきや、今度はついに旅館内の茶房でのバイトを自ら志願する。

少しでも早梅の近くにいたいと思ったのか、はたまた初めて自分で働き貯めたお金で早梅に何かプレゼントでも贈ろうと考えているのか、いずれにせよ可愛い奴だ。

そして芸者の菊乃(松井玲奈)が成吾を恋い慕っているのは間違いないが、しかし単純に成吾と早梅の仲を邪魔することを目論んでいるわけではなさそうだ。

むしろ、早梅の元夫・正弘(井之脇海)を“当て馬”として操り、早梅の心が成吾に向くように仕向けようと画策したようだ。

菊乃から成吾への想いにはなんだか恋心以上の深い事情が隠されていそうだ。

これからさらに成長の振れ幅が期待できそうな壱成と、珍しく冷静さを欠いている成吾の早梅を巡って加速する三角関係からますます目が離せない。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「プロミス・シンデレラ」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

この火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました