#家族募集します1話2話3話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

重岡大毅さんが主演を務める金曜ドラマ「#家族募集します」の1話、2話、3話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマはオリジナル脚本のドラマなのですが、家族ならではの悩みや家族愛に満ち溢れた内容で、毎回感動する話が放送されています!

そんなドラマ「#家族募集します」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「#家族募集します」1話のあらすじ・ネタバレ

主人公の赤城俊平(重岡大毅)は、ある事情で3か月前にシングルファーザーになったばかり。

5歳の息子・陽(佐藤遙灯)を育てながら、児童図書を扱う小さな出版社「エッグプラント」に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。

そんな中、幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)と偶然再会。

ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介は、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。

そんな募集に誰も乗るわけがないと呆れる俊平だったが、その夜、蒼介の携帯に1本の電話が…。

かけてきたのは、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃)だった。

さらに、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)も6歳の息子・大地(三浦綺羅)と共に転がり込んできて…。

ドラマ「#家族募集します」1話のネタバレ・感想

こんなに泣かされるとは思わなかった。

家をシェアすることで気づかされる“家族のあり方”というイマドキのテーマとタイトル、そしてジャニーズアイドルが主演の作品……となると、ポップでライトなホームドラマがくると思うではないか。

しかし、そんな先入観をいい意味で裏切ってくれた、ドラマ『#家族募集します』。

第1話にして、重岡大毅(ジャニーズWEST)が見せてくれたのは、まるでクライマックスを見ているかのような、感情を爆発させる演技だった。

重岡の涙が呼び水となって、その演技を受ける共演者も、そしてそれを見守る視聴者の涙腺を破壊していく。

「ここ笑うところ!」。

そう言いながら、まさに涙がこぼれ落ちるかのようにあふれる思いを吐露する姿は、俳優・重岡大毅の真骨頂と呼びたくなる演技だった。

重岡が扮するのは、小さな絵本出版社「エッグプラント」に務める赤城俊平。

事故により妻・みどり(山本美月)に先立たれ、幼い息子を育てるシングルファーザーで、まだ保育園児の息子・陽(佐藤遙灯)には、そのことについて話すことができずにいた。

仕事も育児も1人で切り盛りしなければならない毎日は、お弁当を食べながらついウトウトしてしまうほど過酷だ。

だが、俊平は努めて明るく笑顔で過ごす。

きっとそれは俊平自身が、まだみどりの死を受け入れたくないから。

泣いたり、落ち込んだりすることは、むしろ残酷な現実と向き合うことになる。

部屋の中もみどりがいたころのまま。

もう少しだけ、その気配を感じながら過ごしていたい。

まだ今は陽と共に「ママの帰りを待っている」を続けていたい。

その姿は、笑顔を絶やさず謙虚に努力してきた重岡自身の姿とも重なって、嘘偽りのない“健気さ”として私たちの心を突く。

現在、育児中の人はもちろん、きっと誰もが様々な状況下で、大変な思いを胸に隠している。

自分自身を崩さないために、奥歯を食いしばりながら笑顔で毎日必死で生きているのだ。

それは決して同情してもらいたいからではなく、自分が選んだ道なのだから、と。

きっと、その悲しみや苦しみを誰かと分かち合うことができたら素晴らしいことだろう。

しかし今の世の中そんなに簡単に心の荷を預けられるほど人との距離は近くない。

一度そのデリケートな荷物を誰かに渡して、もしぞんざいに扱われたら、きっとさらに傷つくことになる。

ならば、そんなリスクを取らずに1人で耐えたほうがいい。

そんな現代人が持つ繊細な揺らぎを、重岡が演じる俊平の笑顔に投影せずにはいられない。

だが、みどりがいなくなって101日目。

運命が大きく動き出す。

それは俊平の幼なじみ・小山内蒼介(仲野太賀)との偶然の再会。

思い立ったら即行動&お人好しな蒼介は、頑なに笑顔の鎧で固めてきた俊平の心に、そして物理的に生活圏内にも、グイグイと入り込んでいく。

その少々強引なくらいの親切心は、最近では敬遠されがちなもの。

お節介、余計なお世話、善意の押し付け……そんなふうに言われてしまいがちな現代。

実際に、俊平と同じくワンオペで子育てに奮闘しているシングルマザーの小学校教師・桃田礼(木村文乃)からは、一歩引いた冷ややかな眼差しを向けられてしまう蒼介。

だが、なぜか蒼介のことは憎むことができない。

それは踏み込みすぎた場合には、すぐに謝る素直さがあるから。

人は悪気がなくても誰かを傷つけてしまうことはある。

だからこそ、近年では人と接することを避けてしまう傾向に陥りがちだ。

だが、蒼介のように何度もぶつかることで、やっとちょうどいい距離感を知ることができる場合もある。

直接、俊平の頭をワシャワシャと触れることよりも、キャッチボールをする距離のほうが本音を話しやすいように。

ボールを投げながら、少しずつほぐれていく俊平の笑顔の鎧。

自分が笑っていなければと辛い気持ちを誰にもこぼせなかったこと。

みどりが帰ってこないのは、俊平が子どもの頃に妄想した「戦隊ヒーロー・トリプルファイブの一員になったのだ」と、陽に嘘をついていること。

いずれは向き合わなければならないと知りながらも、その日が来るのを恐れていること。

ポロポロとこぼれ落ちる俊平の想いに、蒼介も礼も、そして私たち視聴者も涙があふれるのを止めることができない。

一緒に泣いて、一緒に笑うのが家族……。

一朝一夕に家族になることは難しい。

だが、誰にも頼ることができないと頑なになっていた部分を、シェアしてもいいのではないかという距離感をつかめたように見えた。

まさに、これが第一歩だ。

さらにそこへ、シンガーソングライターを志す横瀬めいく(岸井ゆきの)が息子・大地(三浦綺羅)もやってくる。

3人の親、3人の子ども、そしてその間を繋ぎ温かく照らす、太陽のような1人の男が、これからどんな「家族」を築いていくのか非常に楽しみだ。

誰もが孤軍奮闘する自己責任の時代。

そしてコロナ禍によって、より人と人との距離が離れていく現代に挑む『#家族募集します』。

名も知らない他人から、気兼ねなく頼みごとができるご近所さん、そして血の繋がらずとも絆で繋がることができる家族へ。

その関係性の変化は、孤独の海を1人で泳いでいる気持ちになっているすべての頑張る現代人にとって、たどり着きたい夢の島のように映るだろう。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「#家族募集します」2話のあらすじ・ネタバレ

蒼介(仲野太賀)がSNSに投稿した「#家族募集」を見てにじやにシングルマザーの横瀬めいく(岸井ゆきの)とその息子の大地(三浦綺羅)が転がり込んできた。

早速の同居者登場に慌てた蒼介は、俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)をにじやに緊急招集!みんなで一緒に夕食を食べることに。

しかし、シンガーソングライターを目指しているというめいくは、超自由奔放!

あまりにマイペースな態度に蒼介はイライラが止まらない。

俊平は、「ここに来たのには何か事情があるのでは」と蒼介をなだめるが、蒼介のめいくに対する不信感は募るばかり…。

そんな中、めいくが大地をにじやに残し、突然の失踪!?

銀治(石橋蓮司)によると、ギターケースを担いでひとり出かけて行ったという……しばらくしても戻らないめいくに対し、蒼介は「子どもを捨てた!」と怒りを露わにする。

俊平は、いつになく苛立っている蒼介と、何か訳ありな様子のめいくが気になって……。

ドラマ「#家族募集します」2話のネタバレ・感想

人には自分では抜くことのできないガスがあるようだ。誰かに伝えるために文字にしたり、歌にしたり……きっと時間をかければ、その思いを何かしらの形としてアウトプットし、昇華することができるかもしれない。

でも、育児はノンストップ。一度スタートしたらリセットすることはもちろん、なかなか立ち止まることができない。それがワンオペならばなおさらだ。

気を抜くきっかけをつかめずに、まるで風船のようにパンパンに膨らんでしまったモヤモヤ。その思いは、きっと誰かがそっとハグしてくれたらシューッと抜けるものなのかもしれない。

物理的にも、精神的にも、きっと私たちはお互いをハグしながら生きていける。『#家族募集します』の第2話は、そんな優しさに包まれた回だった。

シングルファーザーの俊平(重岡大毅)とシングルマザーの礼(木村文乃)、そして温かな家族に憧れている蒼介(仲野太賀)は、いきなりひとつ屋根の下で暮らすことはためらいながらも、お互いのピンチに駆けつける仲間のような絆が芽生えつつあった。

そんななかSNSの「#家族募集」を見て、お好み焼き屋『にじや』へとやってきたシングルマザーの横瀬めいく(岸井ゆきの)と、その息子の大地(三浦綺羅)。

ギターケースを背負い、シンガーソングライターを目指しているというめいくは、誰にも迷惑をかけまいと奮闘してきた俊平や礼とはまったく違うタイプだ。

つかみどころのないマイペースなめいくの言動に落ち着かない様子の蒼介。すぐさま「ピンチだ!」と俊平と礼は招集をかける。

さっそく、俊平の息子・陽(佐藤遙灯)と、礼の娘・雫(宮崎莉里沙)と共に食事や読み聞かせをしていると、めいくから「自分がいなくなっても大地が寂しくないのでは」という笑えない冗談まで飛び出し、蒼介はイライラを隠しきれない。

翌日、そんな蒼介の神経をさらに逆なでするように、めいくが大地を残して何時間も帰らない。いつも明るくおおらかな蒼介が、「子どもを捨てたのではないか」と大騒ぎして怒りをあらわにする理由。

それは、めいくが蒼介の母親に似ているためだった。

蒼介がお好み焼きを分け合って笑う家族に憧れてやまないのは、かつて父親が出ていき、シングルマザーとなった母親にも見捨てられたから。

ひとりでメロンパンをかじることが当たり前になりつつある大地に、蒼介のかつて大きく傷ついた部分がうずくのだ。

いつもならば、思いつくままお節介なほどに行動していく蒼介。だが、今回ばかりは蒼介に代わって俊平が動き出す。

一方、自由奔放に見えためいくも、育児と自己実現の間で揺れ動いていた。ちゃんとした母親になることは、シンガーソングライターになる夢を捨てることなのだろうか……。

今もなお根強く信じられている母性神話。自分のことよりも子どもに尽くす、そんな母性が必ず女性には備わっているという説だ。

しかし、神話はあくまで神話。現実とは必ずしも一致するものではない。

子育ての大変さに「逃げ出したい」「楽しくない」「自分には母性がないのでは?」と悩む女性は多いのだ。

個性を尊重し、男女問わず自分らしくキャリアを築こうという社会の流れの中で、母親になるという選択をした瞬間、一律の「いいお母さん」像を目指さなければならないプレッシャーがあるように感じる。

自分の人生やキャリアを目指すことと、母親として子どもに愛情を注ぎ育てること。それを両立していくためには、きっともっと他者の手を借りやすい空気が必要なのではないか。

それがお金を払って受けることのできる各種サービスでもいいし、ご近所さんのような仲間でもいい。

「帰りましょう」「おかえりなさい」そう言って、物理的に、そして精神的にガスを抜ける確かな信頼関係があれば、それはもう新しい「家族」の形と言えるのかもしれない。「家族になる」とは、きっとピンチを助け合う時間の積み重ね。

今はそんなピンチを誰に叫んでいいのかわからない世の中になってしまったのかもしれない。

あなたにはピンチのときに駆けつけてガスを抜いてくれる人はいるだろうか。そして、逆にあなたは誰かのガスを抜く存在になれれているだろうか。

この張り詰めた社会の生きづらさを変えていく一歩に、『#家族募集します』がなってくれるような気がしている。

まだ、家族の入り口にようやく立った仲間たち。そして次回はついに俊平が妻・みどり(山本美月)が帰らぬ人になったことを陽に伝えるようだ。

それは、俊平にとって残酷な現実を本当の意味で受け入れるということ。完璧な家族はない。

だからこそ、常に欠けてしまった何かと向き合い、補っていく作業が家族には発生する。失われたものとどう向き合っていけばいいのだろうか。

そのヒントを、心揺さぶる演技で私たちに伝えてくれるのではないだろうか。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「#家族募集します」3話のあらすじ・ネタバレ

めいく(岸井ゆきの)と大地(三浦綺羅)親子が暮らし始めて賑やかになった“にじや”。

なんだかんだ言いつつも、俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)も頻繁ににじやに顔を出すようになっていた。

蒼介(仲野太賀)は、俊平と礼に、改めて「ここで一緒に暮らそう」と提案!

しかし、礼は「誰にも頼りたくない」と蒼介の申し出をあっさり却下。

一方の俊平も、みどりと一緒に住んでいた家を引き払う気にはなれず、にじやに住むことをためらっていた。

俊平は妻・みどり(山本美月)が亡くなったという事実を、息子・陽(佐藤遙灯)に伝えることができず、思い悩んでいた。

そんな俊平の思いを汲み取ったにじやの面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添うことに。

“家族”の優しさに背中を押され、俊平は陽に向き合おうと心に決めるが……。

ドラマ「#家族募集します」3話のネタバレ・感想

毎回まるで1本の映画を見るかのように、一つずつ丁寧に壁を乗り越えていく姿が描かれる本作。

第3話では、いよいよ主人公・俊平(重岡大毅)が、息子・陽(佐藤遙灯)に、母親・みどり(山本美月)の死を告げることを決心する。

絵本作家であり、ヨーロッパで取材中に不慮の事故で帰らぬ人となってしまったみどり。俊平は陽に100日以上、その事実を伝えられずにいた。

それは、幼い陽にどう話したら母の死が理解できるのかという模索以上に、俊平自身が最愛の妻の死を受け入れるの時間が必要だったのではないだろうか。

陽に伝える日は、すなわち「いつか帰ってくる」という夢の時間の終わりを意味する。できることならもう少しだけ、この残酷な現実から目を背けていたい。

陽と2人でみどりが帰ってくるのを待っていたい。誰よりもそう願っていたのは俊平だったのだから。

しかし、いつまでもそんな夢の中に居続けることができるわけではない。陽に「ママはいつ帰ってくるの?」「ママはどこにいるの?」そう聞かれるたびに、話をそらさなければならない心苦しさ。

きっとこのままごまかし続けていけば、大好きなはずのママの話を陽とできなくなってしまうおそれもある。

そんな俊平の背中を押したのが、にじやのメンバーだった。そのアプローチも個性が光る。世話好きな蒼介(仲野太賀)は放っておけないとみんなで悩みをシェアしようと声をかけていく。

見切り発車と揶揄されるくらいのちょっぴり強引なところも、ふさぎ込みがちなときには嬉しいもの。自分から「聞いてほしい」というのが苦手な、人に迷惑をかけたくないタイプならなおさらだ。

蒼介がセッティングした場で、俊平の隣に座ったのはめいく(岸井ゆきの)だ。蒼介が奮闘して作った“お好み焼き風パンケーキ“も「おいしくない」とバッサリ言うめいくは、俊平にも「考えてるふりして、本当は逃げてるんじゃないの?」「陽がどんな顔をするのか怖くなって、逃げてるだけなんじゃないの?」と歯に衣着せぬ物言いで意見する。

ここまで遠慮なくぶつかられては、つい俊平も本音があふれる。

「だからヤダったんだよな。グサッときた。みんなに相談したらさ、そうやって俺のやわらかいところに切り込んでくるんじゃないかって……だから相談するのも逃げてたのかな」そう言いながら、自分自身と向き合わざるを得なくなるのだった。

手いっぱいのときに助けてもらう“逃げ場所”となりながら、同時に「逃げずに立ち向かうときでは?」と背中を押すことができる……彼らが目指しているのは、そんな距離感の“家族”。

きっとめいくがこれほど真正面から意見できたのは、前回はめいくとその息子・大地(三浦綺羅)とのことで一度迷惑をかけたという“お互い様”の関係だと思えるからこそ。ぶつかりながら、腹を見せ合える間柄に彼らはなりつつあるのだ。

「他人の悩みに何か言えるなんて傲慢だと思う」「私なら自分の悩みに立ち入ってほしくない」と考えていた礼(木村文乃)も、また彼女なりのアプローチで俊平の悩みと向き合っていた。

児童心理学の専門的な意見を参照しながら、最善の方法を探っていく。そして、おやっさんこと銀治(石橋蓮司)もまた「子どもたち向けのメニューも考えないとな」と、自分のできることで、新しい家族の一員になっていく姿に胸が熱くなる。

自分の悩みは、最終的には自分でどうにかするしかない。「自己責任」が叫ばれる現代では、礼のように“他人が余計な口を出さない”ということもひとつの優しさという考え方もある。

だが、違う視点を持つからこそ気付かされることや、思わぬヒントをもらえることもある。最も近い他人として、家族がそんな心強い存在になってくれたら……そんな理想を彼らは実現しようとしているのだ。

ついに「ママは帰ってこない」「死んじゃった」と自分の言葉で、陽に真実を伝えた俊平。その様子を、涙を堪えながら見届ける一同。

「こういうふうに一緒に泣いて、一緒に笑って、1人の気持ちをみんなでシェアするのが家族だよね」と、蒼介と泣きながらキャッチボールしたときの俊平の言葉がリフレインする。

「寂しいときはね、一緒に泣こう」。そう言って陽を抱きしめる俊平を見て、涙が止まらなかったにじやの面々も、そして同じように目から熱いものがこぼれた視聴者も、この瞬間は家族になっていたように思う。

愛する人の死を受け入れて前に進んでいくことは、決して気持ちが切り替えられるということではない。むしろ、笑える瞬間を迎えるほどに「ここにいてくれたら」と一層恋しくなるもの。

また同時に、その痛みを感じるということは、それだけ愛しい人と出会えた喜びを知ることでもある。そんな複雑な気持ちの揺らぎと共に生きていくということなのだ。

泣くまいと気を張っているときよりも、ふいに気が緩んで涙があふれる日々が、この先もずっと続いていく。

その終わらない悲しみを抱えながら生きているのだと、知ってくれるだけで人は救われるものだ。一緒に泣いてくれた人なら、きっと覚えていてくれるはずだから。

そして、面と向かって涙を流していなくても、どこかで泣いているのだとそっと察してくれる、そんなやわらかな愛情が漂う“家族”に。

彼らならきっと実現できるのではないか、いや成し遂げてほしいと応援したい気持ちでいっぱいだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「#家族募集します」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「#家族募集します」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました