アノニマス4話5話6話の無料視聴方法は?無料動画と見逃し配信!アノニマスの正体とは

ドラマ

香取慎吾さんが主演を務める月曜ドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」の4話、5話、6話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

香取慎吾さんが主演を務める久しぶりのドラマという事もあり、話題のドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」。

「アノニマス警視庁指殺人対策室」は現代社会で問題になっているSNSなどでの誹謗中傷やデマの拡散など、ネットに関する意識の低い犯罪などがメインの話になっていて、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも絶賛のコメントをよせています。

そんなドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」4話のあらすじ・ネタバレ

元アイドルの真壁澪(田中美里)が、夫の清二(小松和重)と共に「指殺人対策室」にやってくる。

既婚男性とのW不倫を報じられてしまった澪。

世間から反感を買い批判が殺到、同時に誹謗中傷を伴う芸能人叩きの標的となってしまう。

不倫相手は何とマッチングアプリで出会った男だった。

『裏K察』という闇サイトでは次々と情報が晒され、さらには、かつて澪へのストーカー行為で逮捕された男が出所して澪をつけ回し出す・・・。

ドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」4話のネタバレ・感想

「万丞くんは相棒の暴走を止められなかったことを、深く後悔しているようだ」

第4話のキーワードは「暴走」だった。

正義、愛、使命感・・・そうした強い思いが引き金となって人は暴走をしてしまう。

本来、その思いは美しく、尊いものだからこそ、それを止めることは難しい。

今回「指殺人対策室(ゆびたい)」を訪れたのは、元アイドルの真壁澪(田中美里)。

既婚男性とのW不倫を報じられたことから、ネット上で批判が殺到。次第に、誹謗中傷を含んだ「叩き」へとヒートアップしていく。

そして、警察しか知り得ない情報が度々流出している闇サイト「裏K察」では、過去に澪へのストーカー行為を行った柳田(山本浩司)が「W不倫をリークしたのだ」と踏み込んだ話が書き込まれ、さらには柳田の個人情報までも晒されてしまう。

この風景は、現実にも見覚えがある。

著名人のスキャンダルが報じられると、SNSではワッと多くの人が集まって、多くの言葉が発せられる。

「不倫は良くない」という倫理観が語られる一方で、その投げかけた言葉にモラルが欠如しているなんてことも少なくない。

正義感があるからこそ、許せないと思い、繰り返されないようにと願って声をあげる。

そこにあるのは、紛れもなく善意だ。

しかし、その純粋な思いが一線を越えて「暴走」になりかねないことを、冷静に見つめていく強さを持っていたい。

秩序の保たれた社会に、より良い世界に・・・そう願わなかった時代はない。

しかし、歴史を振り返れば、その「正義」の違いによって多くの血が流れてきた。

肉体的に切り合うことはなくなったように見えても、SNS上で言葉での殴り合いに取って代わっただけなのかもしれない。

そして、この事件の真相は、澪の夫・清二(小松和重)の「愛ゆえの暴走」だった。

すべては、澪の愛を取り戻すために行ったこと。

だが、澪がそもそもマッチングアプリで出会った男に心が揺れてしまったのは、清二からの関心がなくなったと感じたから。

澪もまた、愛されたかったがゆえの暴走で不倫をしてしまった、ともいえる。

そして、そんな2人の関係性が大きく変わってしまった柳田のストーカー行為もまた然り。

人との距離感の詰め方がわからず、ただただ自分の愛を伝えたかっただけだったのだと反省する。

だが、その言葉はSNSにいる大衆には届かない。

罪を償い、新たな出発を望む柳田の公開処刑は続いていく。

「愛しています」と言ってくれる人を求めながらも、「愛してほしい」と追いかける人からは恐怖を感じてしまうのはなぜなのか。

アイドルとファンというお互いに力を与え合える関係性になるはずだった2人が、こんなにも不幸な結果になってしまうのも、実に悲しい。

人は時に「愛する人のために」という思いで、自身では考えられなかったような大きなことを成すことがある。

一方で「愛している」という言葉で、相手を縛り付けようとしてしまう人も。

「愛」もまた「正義」のように、みんなが同じく抱いているものに見えて、人によってその概念は異なってくる。

だから、止めるのはやっぱり難しい。

様々な暴走の連鎖を描きながら、『アノニマス』は一筋の光を照らす。

きっと止められなかった暴走の先にも、生きていれば救いはあるはずだと。

澪と清二は傷つけ合いながらもそれぞれの愛を再確認し、再び共に歩むことを決めた。

柳田は、真面目に働いていた料理店の板長から、また一緒に働こうと言ってもらうことができた。

「愛ゆえの暴走」には「愛」が救いになっていく。

だが、「正義ゆえの暴走」のほうはどうだろうか。

次から次へとスキャンダルは持ち上がり、主要人物が叩かれたその先に救いはあったのだろうか。

そのSNSで上がった声たちは、社会を少しずつ良くしているのだろうか。

その答えは、まだまだ遠い。

そして、万丞(香取慎吾)が求めている、相棒・倉木(シム・ウンギョン)の過去の事件が少しずつ明かされる。

倉木の事件は、おそらく刑事の使命感ゆえの暴走。

容疑者と相撃ちになった倉木は絶命したかのように思われていたが、実は生きていることが今回判明した。

使命感で暴走した相棒を救うのは、また万丞の使命感なのだろうか。

釣り堀で謎の男(田中要次)から受け取った封筒。

万丞は、その中にあったアノニマスと入ったアドレスに「情報がほしい」とだけメールを送る。

すると「あなたにとって正義とはなんですか?」の返信が。

アノニマスの正体と共に、万丞にとっての「正義」の答えが知れるのを心待ちにしている。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」5話のあらすじ・ネタバレ

指対室に、大人気動画配信者さわてぃ(橋本淳)から依頼が。

SNSでの誹謗中傷が1カ月前に突然増加し、ついに「死んで詫びろ」という脅迫が届き怖くなったという。

その脅迫行為が晒されて大バッシングを浴びることになった星野秀一(萩原利久)は、現実世界はもちろん、ネットの世界でも居場所を失ってしまう。

しかし、星野を知る司書の山名栞(鞘師里保)は星野のことをいい人だと言う。

さわてぃも何かを隠しているようで・・・。

万丞(香取慎吾)と咲良(関水渚)は、星野の説得を試みるが最後の望みの綱も絶たれた星野は最悪の選択をとることに・・・。

ドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」5話のネタバレ・感想

「疲弊するからといって、排除していいんでしょうか。ちょっとしたことがきっかけで社会と接点をなくしちゃう人っていると思うんです」

ネットの発展は対面のコミュニティとは別に、新たな世界を私たちに提供してくれた。

ハッシュタグひとつで、全く知らなかった人が同じ話題でつながることができる世界。

日常で感じた痛みを分かち合ったり、社会に対する怒りで結束したり、誰かの喜びをみんなで祝福したり・・・匿名だからこそ心置きなく交わされる本音たちに、むしろそちらの世界のほうが強く結びつきを感じられるという人も。

目の前の現実が苦しくて、生きにくくて、辛いと思ったときに、「ここにいていいんだ」と思える居場所を見つけたときの気持ちを、きっと人々は「救われた」と表現するのだろう。

しかし、逆にそうして救いを求めた世界にさえ拒絶されたとしたら。

私たちは、さらに深い孤独の深淵に沈んでしまいそうだ。

第5話のサブタイトルは「奪われた居場所」だった。

今回、『指対』に捜査依頼を寄せたのは、チャンネル登録者数300万人という人気動画配信者・さわてぃ(橋本淳)。

元オンラインサロンメンバーの星野(萩原利久)からSNSに悪質なコメントを大量に投稿されて困っているというのだ。

SNS上に残る星野の書き込みは明らかに脅迫で、早速捜査を開始することになった万丞(香取慎吾)と碓井(関水渚)。

調べ始めると星野の情報が驚くほど少ない。

それは、職場をはじめとしたリアルな社会生活においても、そしてネットの世界においても、人との関わりがほとんどないためだった。

私たちが「生きている」と言えるのは、人とのつながりの更新履歴にほかならないのだと、星野の生活ぶりから突きつけられる。

脅迫の加害者であったはずの星野。

しかし調べるうちに、さわてぃによっていじめの被害を受けていたことが判明する。

もともとは、サロン内に居場所を築いていた星野だったが、それを気に入らないさわてぃによって、一方的に奪われてしまったのだ。

そんな星野の素性を知り、碓井はかつて自殺してしまった友人・理恵の存在を重ねずにはいられなかった。

さわてぃに星野への謝罪を促したことが、動画で「警察に強要された」と視聴者に訴えられてしまい炎上状態になってしまう。

碓井は、かねてより正義感の強さゆえに暴走しがちなところがあった。

それは、目の前で友人を亡くしたことをきっかけに、助けを求める人にとって自分が最後につながった命綱かもしれないという緊張感を持っているからかもしれない。

「あなたの居場所は必ずあります」とは、碓井が繰り返し星野に伝えていた言葉だ。

しかし、現実で職場に馴染めず、友と呼べる人もいない、そしてようやく見つけたネットの居場所も取り上げられた星野にとって、それはキレイごとにしか聞こえなかったのではないか。

「どこかに必ずある」という言葉よりも、「ここにあるよ」と言ってくれる人そのものが、星野には必要だったのだ。

そう、星野が利用する図書館の司書・山名(鞘師里保)との出会いが、もう少し早ければ。

あの電話に出ることができれば。

あの会場にもっと早く向かうことができれば・・・。

ほんの少しだけタイミングが変われば、この世界のやさしさに気づけたかもしれない。

それは星野だけではなくきっと今を生きる私たちにも言えるのだろう。

沖に流されてしまったとき、もがくよりも大きく息を吸って落ち着いて浮遊するほうが助かる確率が高いように。

世知辛い現実や、傷つく言葉に追い込まれて、孤独の海に溺れそうになったら、助けが来るのを信じて深く呼吸をしよう。

それは逆に、今この瞬間もその手を差し伸べられるのを待っている人がいるということにもなる。

やはり碓井の言うようにキレイごとに聞こえるかもしれないが、どうか諦めないでほしいと願わずにはいられない。

まだ引き返せる。

誰かと必ず何かでつながることができるから、と。

一気に300万人に言葉が届くさわてぃと、誰にも声が届かない星野。

「勝てば官軍」とは、まさにこのことで、多くの人が星野をさわてぃの主張通りに悪者だと決めつけて、攻撃を開始する。

そうして星野が次第に追い込まれていく中、ネット上にはアノニマスが出現し、さわてぃがネットリンチの常習者であることを公開。

このアノニマスの働きかけがあって、そして星野が自らの命と引き換える覚悟を見せることで、ようやく訴えが人々の耳に届く。

これが「お前らのやったことの結果だ」そう言って星野は腹に包丁を突き刺した。

アノニマスの行動は、星野に援軍する形になり、さわてぃに制裁を下した結果になった。

だが、これは見方を変えれば、さわてぃの居場所をまた奪ったともいえるのではないか。

そして、星野の人生を取り戻すことができたわけではない。

アノニマスがしたことは、結局は加害者と被害者を生み出し続ける連鎖を断ち切ることはできていないのだ。

法や刑罰権に基づいていない制裁なんて許されない。

とはいえ、実際にネット上で私刑は行なわれている。

情報の一部分だけを切り取って、「こちらが正しい」「こちらが悪い」とハッキリ決められないのは、リアルもネットも変わらないのだ。

そして、人々が居場所を求める気持ちも。

そこにいる人という存在に救いと絶望を感じることも・・・。

結局は、ネットももう一つの別世界のように見えていたのは希望的観測で、現実の社会と地続きの世界であると教えてくれた第5話だった。

次週は、ついにアノニマスの存在が『指対』に亀裂を生む。

そして、『指対』メンバーの中に、アノニマスがいるのではないかという疑惑まで浮上する。

互いの過去の傷を明かし合い、ようやくバディとしての信頼関係を築き始めた万丞と碓井は、このピンチにどう立ち向かうのか。

そして、アノニマスの正体とは?

今後も、ますます目が離せない。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」6話のあらすじ・ネタバレ

指対室の誰かとアノニマスが繋がっているとの噂が警察内部で広まり、中でも特に万丞渉(香取慎吾)が疑われる。

そんな指対室に匿名の中傷で悩む専門学生・末松香(川島鈴遥)がやって来る。

メールの中身は恋人・椚総一郎(田中偉登)への中傷ばかりだという。

その相談の最中、総一郎が拉致され、監禁される生配信が始まった!

「彼の全てを奪う」という脅しと共に・・・。

ドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」6話のネタバレ・感想

「時間がないからって、俺たちがネットの情報に安易に乗っかっていいと思ってんのか」

指対室に万丞(香取慎吾)の 怒声が響く。

第6話、サブタイトルは「偽りの復讐」。

匿名の誹謗中傷に悩む人を助けようと奔走する指対メンバーだが、そんな彼らの正義感さえも飲み込まれる事件が発生した。

ことの発端は、末松香(川島鈴遥)が恋人・椚総一郎(田中偉登)に対する中傷メールに悩んでいるという相談からだった。

総一郎は、有名大学野球部のエースで「イケメン王子」として世間からも注目を集める存在。

だが、その相談の最中に、監禁された総一郎の様子がネット上で生配信しているのが発覚する。

制限時間のうちに監禁場所を突き止められられなければ、「大事なものをすべて奪う」と脅迫する犯人。

どうにか情報を求めようと香はSNSに「拡散希望」と情報提供を投げかけるのだった。

その書き込みは驚異的なスピードで拡散されていく。

そのエネルギーは、目の前の困っている人を助けたいという人々の善意だ。

そして、ついに有力な情報が寄せられる。

犯人はかつて総一郎と同じ高校の野球部で、彼の才能を妬み暴力事件を起こしたとされる荒井慶太の弟・翔太(楽駆)であること。

香によると荒井慶太はその後、交通事故で亡くなっていた。

翔太による逆恨みが犯行動機なのだろうか。

さらに、時間が差し迫る中、デジタル担当の四宮(清水尋也)も藁をも掴む思いでネット上に転がる情報をかき集める。

するとWebサイト「裏K警」に総一郎が拉致される現場を押さえた写真が見つかった。

直前に警察が見過ごそうとしていた事件をアノニマスが「裏K察」を通じて突き止めていたこともあり、四宮はその情報を確かなものだと考えて指対の公式情報として発信。

しかし、それが万丞には、許せなかった。

自分の目で確かめていない情報を「悪意がなさそう」という曖昧な感覚で信じ込んでしまうということが・・・。

確かに小さな善意が集まり、大きなうねりとなって悪を倒す姿は美しい。

だが、あまりに美しすぎるのだ。

次々と提供される情報のタイミングができすぎていることに強烈な違和感を覚える万丞。

そもそも個人的な逆恨みであるならば、なぜ生配信などわざわざ注目を集める必要があるのか。

その答えは、犯人の目的が拉致・監禁の先にあったからだった。

事件の真相は、香による総一郎への復讐。

香は、総一郎ではなく慶太の恋人だったのだ。

すべては日本中の注目を集めたところで、総一郎に性的暴行を受けた過去を、そして香を守ろうとした慶太がネットの心ない声によって追い詰められて命を落としたことを伝えるためだった。

世間の善意も、そして指対の正義感も、すべてが香の思惑通りに動かされてしまう結果となった今回の事件。

そんな中で、万丞と相棒の碓氷(関水渚)だけが自分の足でその真実にたどり着くことができた。

この事件は、現実社会でネットの情報に翻弄される私たちへの警告ともいえる。

善意が集結して大きな力になっていると思っているときこそ、その勢いに流されるだけではなく冷静に自分の目で真実を見るようにしなければならない。

その拡散ひとつで誰かの命を奪うことにもなりかねないのだから。

そして、つい乗っかりたくなるおいしい情報、自分が求めていたうまい話、うっとりとするような美談の中に、誰かの悪意が潜んでいるということを。

そのまま事件は解決したかと思いきや、香から衝撃の事実が明かされる。

それは、香がこの事件を企てたのは、アノニマスによる問いかけがあったからだった。

「あなたは悪を許していいのか」と。

アノニマスの正義とは、誰かが収めた刀を、再び抜かせることなのか。

万丞はたまらず「お前のやり方は間違っている」と、あのメールアドレスに送信する。

するとアノニマスから「いいでしょう、私の正義を見せます」との返信が・・・。

次週より、いよいよ最終章に突入する。

アノニマスの正体は、本当に警察内部の人間なのだろうか。

そして、万丞の元相棒・倉木(シム・ウンギョン)とアノニマスの関係とは!?

明かされるその真実を、しっかりと自分の目で確かめたい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

オリジナルストーリー「アノニマチュ!~恋の指相撲対策室~」も配信中!

アノニマス4話5話6話の無料視聴方法は?無料動画と見逃し配信!アノニマスの正体とは

オリジナルストーリー「アノニマチュ!~恋の指相撲対策室~」が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。

清水尋也さん演じる「警視庁“指殺人”対策室」の四宮純一が、関水渚さん扮する同僚の碓氷咲良を振り向かせるべく、“強い男”になろうと捜査に“指相撲”(?)に奮闘する姿を描く。

「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」はインターネットの誹謗中傷などキーボードによる“殺人”=指殺人をテーマにしたオリジナルのサスペンス。

警視庁が試験的に新設した専門部署「“指殺人”対策室」=指対(ゆびたい)を舞台に、万丞渉(香取さん)ら出世コースから外れたクセモノばかりのメンバーたちが、顔の見えない犯罪者=アノニマスを見つけ出し、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導いていく・・・というストーリー。

「アノニマチュ!~恋の指相撲対策室~」は、咲良にひそかな恋心を抱く四宮は、 勝手に恋のライバルだと思い込んでいる万丞を倒し、 彼女が好きな“強い男”になるべく、 まい進する・・・という物語で、「アノニマス」の知られざる舞台裏を描く。

脚本は、同局のドラマ「バイプレイヤーズ」や「きょうの猫村さん」などを手がけるふじきみつ彦さんが担当する。

第1話のタイトルは、「Episode1 残念なラブソング」。

相談者は売れないミュージシャンのアダムで、自作のラブソングがネットで激しい誹謗中傷にあっているという。

曲を聴いてみると、確かに微妙で・・・。

この微妙な事件に指対室はどう立ち向かうのか・・・というストーリー。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「アノニマス警視庁指殺人対策室」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「アノニマス警視庁指殺人対策室」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました