ドラゴン桜2の5話の無料動画と見逃し配信の無料視聴方法は?!

ドラマ

阿部寛さんが主演を務める日曜劇場ドラマ「ドラゴン桜2」の5話の無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法や、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

相変わらず話題がつきない日曜劇場ドラマ「ドラゴン桜2」ですが、視聴率も安定して高視聴率を叩き出しています。

このまま最終回まで高視聴率を維持できるのか・・・そこにも注目が集まるところです!

それでは、このドラマ「ドラゴン桜2」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Paraviパラビ」のみです。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

日曜劇場「ドラゴン桜2」5話あらすじ・ネタバレ

東大専科は桜木(阿部寛)が招いた特別講師・柳(品川徹)による数学のスパルタ授業が行われていた。

一方、専科の生徒との勝負に負けた藤井(鈴鹿央士)は苛立っていた。

一人追い詰められ、殺気立った様子の藤井を案じた理事長の久美子(江口のりこ)は、東大専科と一流大学コースで再度勝負することを桜木に提案する。

勝負は2週間後。

国・数・英の3教科を大学入学共通テスト形式で行うことが決まった。

負けた方のクラスは即廃止だ。

水野(長澤まさみ)は実力の差があり過ぎると訴え、高原(及川光博)も専科にハンデを提案するが、桜木は「その必要はない」と言い切る。

桜木が藤井に対抗する新たな勉強法として打ち出したのはまさかの“ゲーム”!?

そして、東大専科に5人目の生徒がやってくる・・・。

ドラマ「ドラゴン桜2」5話のネタバレ・感想

『ドラゴン桜』(TBS系)第5話。桜木(阿部寛)が指導する東大専科で、目下の課題は生徒の確保だ。5人の東大合格者を目標に掲げる専科のメンバーは現在4人。

専科の存続を賭けた藤井(鈴鹿央士)の対決で、勝負の鍵を握ったのは桜木が「秘密兵器」と称する5人目の生徒だった。

東大専科と一流大学コース、勝った方が存続を許される2回目の勝負で使われたのは大学入学共通テスト。2021年度から導入され、従来のセンター試験を大幅に見直した共通入学試験だ。

秀才の藤井を相手にして勝ち目の薄い東大専科に、桜木は原健太(細田佳央太)をスカウトする。しかし発達障害を持つ健太の成績は学年最下位。水野(長澤まさみ)や担任の田村(山田キヌヲ)は桜木の真意をいぶかしむ。

無邪気に虫たちと戯れる健太の姿は、これまでも随所で取り上げられてきた。結論から言うと健太は天才だった。

発達障害を抱える人特有の鋭敏な感覚を健太も持っている。聴覚的短期記憶が弱く教室での学習には遅れを取るが、目から記憶したものは絶対に忘れない。

桜木が健太の能力に気付いたのは校庭での会話からだった。アリを観察していた健太は、アリが巣に蓋をした日時と天候の変化から雨が降る時間と法則を予測。高度な情報処理と論理的思考力を秘めた健太に、桜木は可能性を見出していた。

凡人に東大へ行くための受験テクニックを伝授する『ドラゴン桜』に現れた本物の天才。このことが持つ意味は2つだ。受験ドラマという触れ込みから、私たちはつい画一的な学習指導を連想しがちである。

しかし指導方法を超えてくる人間は必ずいて、そのことは唯一絶対の受験テクニックがないことを意味する。また天才と言っても人であり、才能を伸ばすのはあくまで人間同士の触発だ。

健太の場合は楓(平手友梨奈)や瀬戸(高橋海人)たち東大専科の仲間の励ましによって能力が開花したが、その陰には健太を見守ってきた田村や幼なじみの麻里(志田彩良)の存在もあった。

受験セオリーを打ち破る天才は決して完璧な人間ではない。健太の能力は欠点の裏返しで、命を慈しむ優しさは自らの行く手を遮る壁にもなる。

天才と秀才の対決に注目が集まり、勉強を楽しむことを訴えた第5話は、ともに挑戦する仲間の尊さを伝えていたように思う。そのことは藤井の姿から逆説的に描かれていた。

藤井の敗因を桜木は「生徒をたった1人で戦わせたこと」と分析。仲間との切磋琢磨が力を伸ばし、本番で孤立感が解消される。

反対に1人では伸びる能力も伸びないで終わってしまう。当たり前のようだが、一言で成績が悪いと言ってもそこには様々なタイプがいて、成績が悪い理由も人それぞれであることに気付かされる。

個性を伸ばす教育の難しさも感じた。個性を尊重することはスタートラインにすぎず、そこからどのように才能を育んでいくかが大事だ。

第5話を振り返ると、桜木の目的は健太の才能をプレゼンし、東大受験を決意させることにあったが、藤井を東大専科に引き入れること(「負けたら専科の合宿に参加しろ」)にもあった。ひねくれ者の藤井にはルールにのっとって負けを認めさせ、足りないものを気付かせる必要がある。

健太もそうだが、藤井のことをずっと気にかけている桜木はなかなか辛抱強い。進学を志望しない麻里は気がかりだが、久美子(江口のりこ)も桜木の考えを理解し、学園内のバトルが片付いたところで、ひたひたと忍び寄る元教え子の影。折り返し地点に差しかかった『ドラゴン桜』。

ここから東大受験まで一気に駆け上がるか。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

日曜劇場「ドラゴン桜2」のキャスト

桜木建二 演:阿部寛

元暴走族の弁護士。

前作で龍山高校を退職してからは、その功績を買われ弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としている。

相手が誰でも物怖じせず、歯に衣着せぬ物言いで論破する桜木だが、彼の弁舌が現代においてどのような変化をもたらすのか。

そんな桜木が今回立ち向かうのは、前作から10年後の龍山高校。

偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木が去った後は下降の一途を辿っていた。

その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受ける。

阿部寛コメント

前作から15年経って、再び桜木建二を演じさせていただくこととなりました。

この15年で受験生や学校を取り巻く環境は大きく変わりました。

当時の常識が、今は通用しません。
そんな現代においても、バカとブスほど東大に行け!と、ひとつもぶれることなく生徒を指導する桜木の姿を信じています。

今作も桜木なりの最短距離なやり方で、東大合格に挑んでいきます。

ぜひご期待ください。

水野直美 演:長澤まさみ

16年前は桜木の教え子だった。現在は弁護士。

生徒たちを導く側になっていく。

長澤まさみコメント

私にとって『ドラゴン桜』は青春が詰まった作品です。

本当に長く愛されている作品で「好きだった!」と今でも言われることが多く、前作から16年も経っていたという実感が私自身あまりありませんでした。

きっとテレビの前の皆様もこの作品が戻ってくることを、楽しみにしていてくれたんじゃないかなと思います。

私も撮影をすごく楽しみにしています。

私が演じる水野は前回と立場が変わっているので、改めて身を引き締めて頑張ります。ぜひ楽しみにしていてください!

高原浩之(たかはら・ひろゆき) 演:及川光博

学園の教頭。

桜木たちに学校再建の依頼をした張本人。

桜木たちをサポートし、生徒たちの教育を一番に考える教育熱心な教師

及川光博コメント

人気シリーズの続編に登場するのは、こういうプレッシャーがあるのだな、と感じました。

私が演じるのは、今回の舞台になる学園の立て直しに情熱をそそぐ、教育熱心な教頭先生の高原です。

僕の中の真面目さ、生徒を思い、子どもたちの未来を思う、僕の本質が滲み出ちゃえばいいなと思います(笑)。楽しみです☆

岸本香(きしもと・かおり) 演:早霧せいな

桜木法律事務所のNo.2で、桜木が最も信頼している弁護士。

早霧せいなコメント

今回この作品に出演することが決まってから、2005年の前作を改めて見ました。

とても面白く、その続編の今作に出られるということがとてもうれしく、光栄に思っております。

初めての弁護士役で、さらに学園ドラマの中の弁護士なので、どういった役柄になるのかと私自身も楽しみにしております。

1つのスパイスとして、このドラマを盛り上げていけたらなと思っております。

視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらと思います。

龍野久美子(たつの・くみこ) 演:江口のりこ

学園の理事長。

龍野が理事長になったことで生徒たちの学力が著しく低下し、学園の経営も逼迫。

しかし彼女は再建を試みる高原をはじめ依頼された桜木たちにも反発し、学園から追い出そうとする。

江口のりこコメント

楽しんで演じたいと思っています。

(前作が)16年前と聞いてびっくりしました。

前作には生徒を惑わす暴走族の役で出演していたそうなのですが・・・撮影日数も少なかったので、赤い特攻服を着たのは覚えているんですけど(笑)。

私が演じるのは今回の舞台となる学園の理事長なのですが、厳しい理事長の中にもちょっとした面白さが見つけられたらいいなと思っています。

楽しいドラマになると思いますし、自分自身も楽しんで演じていきますので、ぜひご覧ください。

米山圭太(よねやま・けいた) 演:佐野勇斗

桜木の元教え子。

佐野勇斗コメント

このたび、『ドラゴン桜』に出演させていただくことになりました。佐野勇斗です!

前作の『ドラゴン桜』は、僕がまだ小学生の頃にテレビで観ていて大好きだった作品で、「ああ、ドラマに出てみたいなあ」と、役者を目指すきっかけとなった作品のひとつです。

当時本当に熱狂的にハマっていて、作品の中の勉強法も実践しておりました。歩きながらの勉強などです(笑)。

続編を作ると聞いた時は、一ファンとしてとてもうれしく楽しみにしていたのですが、まさかその作品に自分が参加させていただけるとは・・・夢にも思っていませんでした。

この世界で生きさせてもらえることをとてもうれしく思います。

今回僕は、桜木先生の今の生徒、ではなく過去の生徒として登場します。

「こいつはなんだ!?」と疑問に思うシーンも多々あると思いますが、彼のストーリー展開にもぜひご注目いただければと思います。

本当に豪華なキャストの皆さんと共演させていただきます。

全力で頑張って参りますので、みなさまぜひご覧ください!

早瀬菜緒(はやせ・なお) 演:南沙良

何不自由なく愛情いっぱいに育ってきたが、今まで何かを頑張った経験がない女子生徒。

東大専科に入る。

南沙良コメント

原作も前作のドラマも拝見させていただいていたので、出演が決定した時はとてもうれしかったです。

阿部寛さん、長澤まさみさんを筆頭に錚々たる方々とお芝居をさせていただけること、とても光栄に思っています。

今までに挑戦したことのない役なので、私自身不安もありますが、頂いた役をどれだけ魅力的に広げることができるか、しっかりと真摯に向き合いながら、学び、吸収がある撮影期間にし、自分の扉を解放して、使える引き出しは全て使っていきたいと思っています。

撮影はこれからですが、感じ得るものが多い歩みになることを確信しています。

観てくださる方々に作品の素晴らしさを感じていただけるように、誠心誠意お届けしてまいります。

原健太(はら・けんた) 演:細田佳央太

とある問題を抱え周囲から孤立しているものの、昆虫が大好きな心優しき生徒。

東大専科に入る。

細田佳央太コメント

原健太役の細田佳央太です。

日曜劇場に出演することが1つの目標だったので、オーディションを経て、健太役に選んでいただけたと聞いた時はとてもうれしかったです。

僕が演じる原健太は、とある問題を抱えている少年です。

僕自身もそうですが、普段の生活の中で、他人と比べて劣等感を抱いてしまったり、何らかの壁があって生き辛く感じたりすることもあると思います。

しかし、だからといって自分の夢ややりたいことを、決して諦めたくはありません。

このドラマをご覧になって、また、健太という役を通して、どんなに高い壁があったとしても、夢を叶えるために頑張ろう!と前向きな気持ちを持っていただけたらうれしいです。

監督とお話しし、健太のイメージに近づけるように(体重を)増量し、これから髪も短く切って撮影に臨みます。

外見を変えることでの役作りは初めてで、身が引き締まる思いです。

一つ一つ丁寧に演じることを心掛けて頑張ります。是非、ご覧ください!

小杉麻里(こすぎ・まり) 演:志田彩良

成績は学園文系トップで優秀だが受験に興味がなく、卒業後は就職を考えている。

受験に興味がないのは一体なぜ?他の生徒とも、教師とも距離を置く彼女の秘密とは・・・。

東大専科に入る。

志田彩良コメント

オーディションで決まった時は信じられませんでした。本当にうれしいです。

出演させていただくからには小杉麻里として進路としっかり向き合いつつ、私自身も真剣に丁寧に役と向き合って、勉強をさせていただきます。

大先輩も同世代の皆さんもいらっしゃる現場で、自分にできることを一生懸命やりながら、たくさんの方にお届けできればと思っています。

藤井遼 演:鈴鹿央士

成績が学年トップ。

優秀ゆえに他人を見下す癖があり、周りから浮いている。

内に秘めた焦りや臆病な部分がある。

東大専科に入る。

鈴鹿央士コメント

日曜日に『ドラゴン桜』を観て、月曜日から頑張ろうと思っていただけたらいいなと思いますし、そこに自分が携われることを幸せに感じています。

世の中が大変な状況のなかで、受験生の方をはじめ、学生や社会人の皆さんを元気づけられる作品になるよう、頑張って演じていきます。

天野晃一郎 演:加藤清史郎

優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている。

家族を見返したい気持ちはあるが勇気が出ない。

東大専科に入る。

加藤清史郎コメント

オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。

天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。

他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の 一人として、精一杯、役を生きていきたいです。

岩崎楓(いわさき・かえで) 演:平手友梨奈

全国トップレベルのバドミントン選手として活躍している。

何事にも全身全霊で取り組む岩崎は、その期待に応えようとするがゆえに、大きな壁にぶち当たってしまう。

強豪校のバドミントン選手であり、悩み多き繊細な人物。

東大専科に入る。

平手友梨奈コメント

岩崎楓役を演じさせていただきます、平手友梨奈です。

楓という役をまだ把握しきれていないので、早い段階で見つけられるようにしたいと思います。

初めてのことだらけなので、すごく緊張していますが、この作品を通して何か響くものを届けられたらと思っております。

よろしくお願いします。

瀬戸輝(せと・あきら) 演:髙橋海人

学園近くのラーメン瀬戸屋の息子で、両親を亡くし1人で店を切り盛りする姉と一緒に暮らしている。

放課後に店の手伝いをするなど姉想いな高校生ではあるが、将来への夢や希望がなく、なんとなく店を継ぐのだろうと思っている。

そんな瀬戸を桜木はどのように“東大専科”へ招くのか、そこには世の中の理不尽に立ち向かう全ての人に送るメッセージが込められている。

髙橋海人コメント

たくさんの方に愛されている“日曜劇場”、そして当時両親と毎週楽しみに観ていた『ドラゴン桜』。

本作に出演させていただけると知ったときは、衝動的に両親にその喜びを報告してしまいました。

キャストのみなさん、監督、スタッフの方々からたくさんのことを学び、瀬戸輝という役に誠心誠意向き合い、悔いの残らないように挑み続ける、そんな撮影期間にしたいと思います。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドラゴン桜2」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「ドラゴン桜2」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました