夢中さ、きみに4話5話最終回結末の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

なにわ男子の大西流星さんが主演を務めるドラマ「夢中さ、きみに」の4話、5話、最終回結末の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

漫画原作のドラマ「夢中さ、きみに」も遂に最終回結末を迎えました。

しかし、5話が最終回というのもちょっと早いですが、それはMBSのドラマ特区だから仕方ないところでもあります!

この「夢中さ、きみに」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「TELASAテラサ」でのみ配信されております。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

TELASAテラサで見れる動画

それではここからは、TELASAテラサ見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

TELASAテラサで見れるドラマは下記になります。

・先生を消す方程式
・相棒
・科捜研の女
・七人の秘書
・24 JAPAN
・竹内涼真の撮休
・そのご縁、お届けします
・チア☆ダン
・俺たちはあぶなくない
・蛇のひと
・G線上のあなたと私
・時効警察シリーズ
・映像研には手を出すな
・ドクターX
・ドクターY
・おっさんずラブ
・刑事七人
・集団左遷
・西部警察
・妖怪シェアハウス
・未解決の女
・おじさんはカワイイものがお好き
・警視庁・捜査一課長
・おしゃ家ソムリエおしゃ子
・ギルティ~この恋は罪ですか~
・BG
・家政夫のミタゾノ
・特捜9
・ケイジとケンジ
・法医学教室の事件ファイル
・宮本武蔵
・コウノドリ
・民王
・緊急取調室
・DOCTORS最強の名医
・臨場

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・はたらく細胞
・ポケットモンスター
・めぞん一刻
・呪術廻戦
・炎炎ノ消防隊
・ハイキュー
・ブラッククローバー
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・TELASAテラサなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはTELASAテラサならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「夢中さ、きみに」4話のあらすじ・ネタバレ

『恐怖の修学旅行』

修学旅行で東京に来た二階堂明(高橋文哉)だったが、相変わらず人を寄せつけないモード全開。

目高優一(坂東龍汰)がディズニーランドに誘っても、ホテルに籠ると宣言。

そしてひっそりホテルのロビーで、1人ソフトクリームを堪能していると、荒川(河合優実)・篤子(伊藤万理華)・美保(川島鈴遥)がやって来て、話しかけられてしまう。

二階堂はバレないように“二階堂モード”を解除し、咄嗟にある嘘をつくが・・・。

『夜のオフ会』

修学旅行先のホテルを抜け出した荒川(河合優実)は、SNSで知り合った「おいも3兄弟」こと松屋めぐみ(福本莉子)と、はまっている小説『鉄と鉄』の朗読会に一緒に行く約束をしていた。

すると、林美良(大西流星)も偶然現れ・・・。

SNSで繋がった、3人の不思議な夜のオフ会が始まる・・・。

ドラマ「夢中さ、きみに」5話最終回のあらすじ・ネタバレ

『走れ山田!』

お昼休みになるといつも先輩のマサヒロさん(西垣匠)にパシられ弁当を買いに走る山田章太郎(望月歩)は、母親から貰う昼食代もマサヒロの胃袋に消えていた。

ふと顔をあげると、非常階段でいつも山田を見下ろすように立っている林美良(大西流星)。

「世界は、変わらない」と代わり映えのない日常に悲観し、毎日廊下を走る山田だったが、ある日トイレで財布の落とし物を見つけて・・・。

『夢中さ、きみに。』

修学旅行最終日、班行動を拒む二階堂明(高橋文哉)を目高優一(坂東龍汰)はなんとか連れ出す。

そんな2人の様子を、荒川(河合優実)がじっと見つめていた。

ホテルに戻ろうとした二階堂に、突如、荒川が話しかけて・・・!?

察した目高が二階堂を誘導し逃げるが、鋭い荒川に二階堂の“イケてる真の姿”がついにバレる!?

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「夢中さ、きみに」なにわ男子・大西流星起用の秘密

関西ジャニーズJr.内のユニット・なにわ男子の大西流星が、現在放送中のドラマ特区『夢中さ、きみに。』(MBS 毎週木曜24:59~ほか)にて、主人公・林美良役で初の単独主演を務めている。

ミステリアスで可愛らしさもある林役が大西にぴったりだと話題だが、このたび松本桂子プロデューサーに大西の起用理由や俳優としての魅力を聞いた。

和山やま氏による話題作を原作とするこのドラマは、ユニーク過ぎる男子高校生・林美良と二階堂明を中心に展開する、男子高校生たちの少し不思議な日常を描く青春群像劇。

無駄な行為を楽しんでいるミステリアスな魅力の男子高校生・林役を大西が演じ、“逆・高校デビュー”を果たした二階堂明役を高橋文哉が演じている。

林役の大西は、第2話で原作にも登場するパンダの着ぐるみ姿を披露し、SNS上で「可愛すぎる」と話題に。

「林くんハマり役だ!!!!」

「林くんの役は流星にしかできないんじゃないかって言うくらい、ぴったりはまってるなぁって思う」

「大西流星くんの可愛さは林ぴったり」といった声も上がっている。

松本氏は「原作を読んだときに、ミステリアスな魅力、吸い込まれそうな瞳、すぐに大西さんの顔が浮かびました」と明かし、

「今、中高生に最も注目されているグループと言える『なにわ男子』の中の大西さんは、アイドルとしての絶対的な存在感やオーラを放っていますが、グループを離れた彼個人からは、自然な可愛さや無垢さを感じ、もっと彼の素顔を知りたいという気持ちが掻き立てられます。そんな大西さんなら、つかみどころないけれど自然と人を引き付けてしまう存在の林に、命を吹き込んで頂けそうだと思い、オファーをしたところ快諾いただきました」

と起用理由を説明し、

「大西さんが演じる等身大の林にご期待いただければと思います」

と太鼓判を押す。

大西は本読みから撮影3日目くらいまでは、林役をつかむのに苦労していたものの、次第に役がハマってきたように見えたという。

その理由を現場で大西に尋ねると、

「塚原(あゆ子)監督に言われた『自然にそこにいること』を大切にしている。なるべく、力を入れず、作り込まないように、素でいるようにしている」

と明かしたそうで、「本当にそこにいるような、生っぽい質感の演技になっており、新たな大西さんの魅力が出ていると思います」と松本氏は語る。

そして、林役をしっかりつかんだ大西の演技を現場で見て改めて魅力を感じていると言い、

「モニター越しに林役を演じている大西さんを見ると、『悠然とその場にいる姿』『見透かされているような瞳』がとても印象的です。その上、大西さんが演じることで、その瞳の奥に感じる『優しさ』が滲み出て、人間的な魅力が増している気がします」

と称賛。

話題となったパンダの着ぐるみ姿の撮影は、原作の世界観を大切にしたという。

「原作の世界観が独特で、その雰囲気を壊さないように、現場では監督陣、スタッフ、キャストと共に、原作を片手に臨んでいました。脚本づくりでも、原作にない世界観を付け足すのはやめようと決め、脚本家の喜安(浩平)さんとは、エピソードの前後を想像して、オリジナルを入れ込みました」

また、林と二階堂の友人たち、出てくる小物など、細かく丁寧に描かれている和山氏の描写を見落とさないように意識していると明かした松本氏。

第1話については「林くんと松屋さんの下りは、再現度が高いと思っています。ツイッターや、お芋を食べるところ、『鉄と鉄』の本、松屋さんの髪形など」、第2話については「運動会の借り物競走で、網に絡まっている林は、髪形まできちんと再現できるよう工夫しました」と、細部まで忠実に再現した。

さらに、第3話は「美術室でも、ガラスに映る美しい林は、カメラマンや照明さんと話し合い、明かりがいい時間で撮影できるようスケジューリングしました」、第4話は「女子部屋で怪談をしている奥の枕におばけが小さく書いてあるのですが、そこはやろうと思っております!視聴者の方が見つけれるか・・・?ここも見どころです!」、第5話は「カフェオレも原作通りのデザインになってます。マサヒロの制服の下に着ているハイネックの色味なども、リアルに馴染むよう衣裳さんと話しました」と各話のこだわりを説明。

制作陣が力を入れた細部にも注目して見てほしい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「夢中さ、きみに」高橋文哉の演技力を絶賛

『仮面ライダーゼロワン』の主人公・飛電或人役で一躍注目を集め、『先生を消す方程式。』では二面性のある狂気に満ちた生徒役を熱演した俳優の高橋文哉。

最終回を迎えるドラマ特区『夢中さ、きみに。』(MBS 毎週木曜24:59~ほか)でも、不気味なオーラをまとって人を寄せ付けないようにしている男子高校生・二階堂明という難しい役どころを見事に演じている。

演技力が求められるチャレンジングな役が続いているが、高橋の起用理由や俳優としての魅力について松本桂子プロデューサーに聞いた。

和山やま氏による話題作を原作とするこのドラマは、ユニーク過ぎる男子高校生・林美良と二階堂明を中心に展開する、男子高校生たちの少し不思議な日常を描く青春群像劇。

無駄な行為を楽しんでいるミステリアスな魅力の男子高校生・林役をなにわ男子の大西流星が演じ、“逆・高校デビュー”を果たした二階堂明役を高橋文哉が演じている。

高橋演じる二階堂は、モテすぎた中学校時代に起きた事件をきっかけに、平穏な日常を求めて“逆・高校デビュー”。

学園中から気味悪がられているという役どころで、『先生を消す方程式。』に続き、“普通”ではない演技が求められる役を任された。

松本氏は「二階堂は、イケメンでありながらそのオーラを完全に封印して、陰キャラに徹するという難しい役どころ。そんな二階堂を演じられるのは、この世代では高橋さんしかいないと思いました」と起用理由を説明。

「ヒーロー役からサイコパスなヒールまで、幅広く演じられる高橋さんに二階堂を演じていただけたら、原作で表現されている逆高校デビューギャップを再現し、二階堂をより魅力的なキャラクターにしていただけると思い、オファーさせていただきました」と、演技力を高く評価している。

現場で高橋の演技を見て、改めて魅力を感じたという松本氏。

「自分の世界を守るために敢えて嫌われるための、眼鏡をかけている二階堂と、眼鏡をはずしたときのギャップがすごい。陽と陰の演技を、眼鏡をかけるか、かけないかのスイッチで、ガラッと印象を変えることができるのが、とても魅力的だと思いました」と語った。

また、インタビューで高橋が役作りについて語っていた時のことが印象に残っていると言い、

「高橋さんは、キャラクターの本質となるものとを一つに心に留めて、現場にはその気持ちだけを持ち、あとは空っぽで立ち向かうとおっしゃっていました。その中で、『作品の中で役を生きる』ということへのアプローチを、ディテールから紡いでいる印象があります。特に二階堂に関しては、『姿勢』をポイントとして、スイッチのオンオフをされていました」

と明かした。

長い前髪にメガネ、制服のブレザーをインという奇妙な格好で、気味悪がられている二階堂。

このビジュアルに関して、松本氏は

「高橋さんご本人がとてもかっこいいので、原作のような、顔に縦線が描かれるホラー感を再現することが難しく、監督との話し合いを重ねました。原作で表現されている入学式の回想で、二階堂は制服をズボンにインしていたのがインパクトあったので、普段から二階堂はそうしようという話になりました」

と説明した。

さらに、「映像的にも林編は日常的な黄色味のある色、二階堂編には青色のホラー感のある色味。二本立てを、カメラテストを重ね、色味の違う世界観で表現しました」と、色味にもこだわって表現したことを明かした。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「夢中さ、きみに」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「夢中さ、きみに」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました