ヴァイオレット・エヴァーガーデンExtra Episodeの無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

アニメ

京都アニメーションが制作した大人気アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」Extra Episodeの無料動画配信や見逃し配信、無料視聴方法やあらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は劇場版映画も制作されており、泣けるアニメとして大人気の作品です!

このアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「Netflix (ネットフリックス)」がおすすめです!

Netflix (ネットフリックス)公式ページはこちら

 

Netflix (ネットフリックス)で見れる動画

それではここからは、Netflix (ネットフリックス)で見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Netflix (ネットフリックス)で見れるドラマは下記になります。

・イカゲーム
・鬼滅の刃
・ゴシップガール
・愛の不時着
・全裸監督
・マイネーム:偽りと復讐
・ドクターX
・ハイキュー
・プリズンブレイク
・ワンピース
・呪術廻戦
・東京リベンジャーズ
・わかっていても
・闇金ウシジマくん
・進撃の巨人
・水曜どうでしょう
・半分、青い。
・バキ
・銀魂
・キングダム
・アンという名の少女
・きのう何食べた?
・七人の秘書
・日本沈没-希望のひと-
・フルハウス
・相席食堂
・勇者ヨシヒコ
・人志松本のすべらない話
・大豆田とわ子と三人の元夫
・探偵!ナイトスクープ
・M-1グランプリ
・フレンズ
・ストレンジャー・シングス 未知の世界

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Netflix (ネットフリックス)なら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはNetflix (ネットフリックス)ならではです!

Netflix (ネットフリックス)公式ページはこちら

 

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のあらすじ・ネタバレ

身寄りのなかった少女・ヴァイオレット(石川由依)は、戦時中戦う道具として育てられてきた為、人の心を理解出来なかった。激しい戦争で両腕を失い、終戦を迎えた彼女の前に、元陸軍中佐のホッジンズ(子安武人)が現れる。彼女が心から慕っていた上官・ギルベルト少佐(浪川大輔)に代わって迎えに来たホッジンズに連れられ、ヴァイオレットは美しい港町・ライデンを訪れる。彼女はホッジンズが経営するC.H郵便社で働くことになるが、休息も取らず与えられた仕事を行う彼女に、一緒に働くベネディクト(内山昂輝)は戸惑うばかり。

ある日ヴァイオレットは郵便社で、依頼人の気持ちを言葉に代えて手紙に綴る職業「自動手記人形」に出会う。そこで「愛してる」という言葉を手紙に託す依頼人を見かけたヴァイオレット。戦場で上官がヴァイオレットに残した「愛してる」の言葉の意味を「自動手記人形」になればその意味がわかるかも知れない…。そう思った彼女は、「自動手記人形」の職業に就きたいことをホッジンズに告げる。それは、感情を持たずに生きてきたヴァイオレットが初めて示した意思だった。手紙の代筆という職に就いたヴァイオレットは、様々な代筆の経験を経て、次第に人の心を理解していく…。

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」Extra Episodeのあらすじ・ネタバレ

「きっと”愛”を知る日が来るのだろう」

BD/DVD第4巻に収録されたOVA。第4話と第5話の間に位置する数か月間に起きた物語を描いた特別番外編となる。歌姫・イルマの恋文執筆を依頼されたヴァイオレットは、様々な文学を読んで恋文の腕を上げていくがイルマからは没にされてしまう。それが単なる恋文ではなく現代を舞台とした新作オペラの歌詞であること、依頼がローダンセの推薦で任されたものだと知ったヴァイオレットは郵便社の仲間たちと協力し、戦災で届かなかった多くの手紙の言葉に触れて、歌詞を書き上げた。

Netflix (ネットフリックス)公式ページはこちら

 

金曜ロード「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」放送経緯とアニメ放送への想い

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版」の「金曜ロードショー」での放送。

他局で放送され、アニメファンの間では有名ながらも「金曜ロードショー」で流れるには意外でもあった本作の放送決定には、発表当初から多くの注目が集まっています。

ご存知ジブリ作品や「ルパン三世」、「名探偵コナン」などでもお馴染みの「金曜ロードショー」のアニメ放送で、今何かが変わろうとしているのでしょうか。

「金曜ロードショー」プロデューサーの岩佐直樹さんと北條伸樹さんに、異例ともいえる放送実現の経緯や、本作をはじめとする近年のアニメ放送にかける想いを、前後編にわたり伺っていきます。

ーまずは今回、「金曜ロードショー(以下「金曜ロード」)」で「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を放送することになったきっかけをお聞かせいただけますでしょうか。
岩佐:「金曜ロード」はゴールデンタイムの番組なので、アニメに限らず家族全員で楽しめる作品ということを大前提に放送作品を選択しています。

そこに加えて、近年アニメがますます盛り上がる中、誰もが知っている作品だけじゃなく、アニメファンには有名だけどまだ広くは知られていない、けど幅広く楽しんで頂けるような作品も放送していきたいと思ったのがきっかけのひとつです。

ー昨年7月に放送された「聲の形」への反響も後押しとなったそうですね。
岩佐:「聲の形」も同じ想いから、ある意味挑戦ではありましたが放送させていただいた作品でした。

人気の漫画原作や高校生の青春物語という間口の広さがあり、その上で京都アニメーション(京アニ)さんの手掛けるあの映像美ですので、まだ知らない層にもきっと楽しんでいただける作品だと思ったんです。

実際に反響も大きかったですし、その流れもありまして、今回同じ京アニさんの作品である「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の放送にも繋がりました。

ー同じ京アニ作品の中でも、今回「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が選ばれた理由は何だったのでしょうか。
岩佐:“まだ広くは知られていない”といっても、アニメファンに限らず、みてもらえれば老若男女問わずに感情移入ができて楽しめる、「金曜ロード」のいつものお客さんに届く作品なのかな、と思ったところがあります。

北條:それと「金曜ロード」で時々やっているリクエスト企画の中でも「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」がみたいという声が少なからずありまして、そうしたところからもニーズを感じていた作品だったんです。

ー今回は、劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」に加え、テレビシリーズの特別編集版が放送されることも話題になっています。放送実現の経緯はどのようなものでしたか。
岩佐:「金曜ロード」ということで、最初は劇場公開された外伝を窓口のABCアニメーションさんから提案がありましたが、本作をみるからには、テレビシリーズをしっかりみてもらった方が視聴者にとっても映画にとってもいいんじゃないかと思い、京アニさんに監修を頂く形で、特別編集版の放送実現に至りました。

北條:実は自分は、外伝と、昨年公開された「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を先にみていて、テレビシリーズは後からみたという人間でした。

なので外伝も独立した作品として楽しめることはもちろん知っていたのですが、それでもやっぱりテレビシリーズをみてからの方が何倍も楽しめると、作品を100%の状態でみてもらうためにも、事前に特別編集版を放送したいと思ったんです。

ーテレビシリーズ→外伝→劇場版と発表されてきたシリーズの、今回は外伝までの放送となります。今後、今挙がりました劇場版も放送したいという考えはあるのでしょうか。
北條:もちろんあります。まだあくまで我々の、今後の希望という段階ではありますが、気持ちとしては「金曜ロード」の中でも、シリーズ完結までみてほしいという想いです。

ーこれまでも様々なアニメを放送されてきた「金曜ロード」ですが、番組におけるアニメの位置付けは、どういったものなのでしょうか。
岩佐:これまでの、ジブリ作品や「ルパン三世」、「名探偵コナン」シリーズなどの放送をみても分かります通り、アニメは元々「金曜ロード」の柱のひとつです。

加えて、自分は3年程前に「金曜ロード」の担当になる前、テレビアニメと映画事業部で、10年ほどアニメ製作の現場にいた経緯がありまして、個人的にもアニメで更に新しいことができたらな、という想いがありました。

そうして実際に「金曜ロード」にきてみると、北條をはじめ、アニメを盛り上げていこう、広げていこうというポテンシャルがあるのも感じましたね。

ーそのポテンシャルもあってか、今回の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」をはじめ、アニメファンの間では最近のアニメ作品の放送ラインナップに新鮮さを感じるという声もあります。実際に、何か大きな方針の変化などがあったのでしょうか。
岩佐:いい作品があれば放送するというのは常にありますので、そういう意味では、むしろアニメ作品自体がここ最近充実しているのもあると思います。

とはいえ、「金曜ロード」の長い歴史でいいますと何かが大きく変わったという意識はなくて、そもそも「風の谷のナウシカ」を最初に放送した80年代とかも、今と同じ状況だったと思うんです。(※初放送は「金曜ロード」枠ではなく特別枠として放送)

当時から既に評価の高い作品ではありましたが、今と比べたらまだ一般的には宮崎駿監督のお名前も浸透していた訳ではありませんし、そうした中で、恐らく当時の担当たちが『これはもっと広くみてもらうべき作品だ』と思ったからこそ放送したんだと思います。

ー確かに、今となってはアニメファン問わず誰もが知っていますが、初放送は“そうなる前”に行われた作品でした。
岩佐:それでいうと、細田守監督の「時をかける少女」も、日テレで最初に放送したのは、「サマーウォーズ」の公開時に「金曜ロード」ではない枠でしたが、まだ「サマーウォーズ」がヒットする前の、一般的には細田守監督はまだまだ知られていないという中での放送でした。

「エヴァンゲリオン」シリーズも、「新劇場版:破」の公開時に前作「:序」を放送したのが最初ですが、主題歌や遊技機等で一般的な知名度もあったものの、作品としては今よりもコアな盛り上がりであったときの放送だったと思います。

そうしてそれぞれの時代で担当者が、単に有名かどうか、国民的・世界的かどうかではなく、作品として広くみてもらうべきものを放送してきた歴史があったと思うんです。

そして今、新たに広くみてもらいたい作品が生まれていて、それを「金曜ロード」からお届けしたいとなってきているんだと思います。

ー変化というよりも、むしろずっと番組の軸にある想いに基づいたラインナップだったのですね。そうして変わらないものがある一方で、配信の普及など、長年続く「金曜ロード」をとりまく環境は変化してきています。その中で、「金曜ロード」がアニメを広く放送する価値は、どのようなところにあると思いますか。
岩佐:配信が定着してきた中で、「金曜ロード」のように地上波でゴールデンタイムに放送させていただく意義って、レコメンド機能ともまた違う、普段だったらなかなか触れるチャンスのないような作品との出会いを提供できることかなと、これはアニメに限らずですが思っています。

その意味でも、今回の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は特別編集版から流させていただくので、本作を知らなかった人や普段アニメをあまりみない人にとっても、この放送が作品との出会いの場になったらいいなと思いますね。

ー現在公開されている『3分でわかる「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」』は、そうした本作を初めて知る方々への導入になっていますね。
北條:そうですね。また今回それを作って良かったのが、ファンの方が作品をオススメする際に『こういうのがあるよ』と、この動画を使ってくれて、そうやって活用していただけているのもすごくありがたいなと思います。

ー近年アニメのヒットにおいても、そうしたファンによるオススメ、いわゆる“布教”はかなり重要になってきています。今回の著名人による推薦コメント も、そうした点を意識された取り組みだったのでしょうか。
岩佐:今回、こちらがそれを狙ってお願いしたというよりは、そもそも自発的に作品を広めたいと思っていた皆さんが、「金曜ロード」での放送をきっかけにコメントを預けてくださったように感じました。

コメントをいただいた東野幸治さんも、ハライチの岩井勇気さん起点の、いわば布教を経ていろいろなところで熱く語るくらいハマられた方ですし。

あと、手前味噌と言われるかもしれませんが、日テレのアナウンス部の中でも、実はそうした布教の輪が出来ていることを知りまして、中島芽生を起点に、元々アニメファンの伊藤遼が『ほんとにいいからみて』と薦めた結果、普段アニメをみない水卜麻美がみて感動したというエピソードがあったんです。

今回コメントをもらった人達も、そうして誰かから薦められたり、その後『メイクさんに紹介しました』とか、みんなそうしたエピソードをもっていたので、むしろ推薦コメントを通して、こうして広がっていく作品なんだなというのを改めて感じましたね。

今回の「金曜ロード」での放送をきっかけに、それがさらに大きな輪になっていけばいいなと思います。

ーそうした取り組みや今回の放送に対する視聴者からの反応は、「金曜ロード」側としてはどのようにみていますか。
岩佐:元々「金曜ロード」でのアニメ放送は特にSNSとの親和性が高いと思っていたのですが、今回の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」への反応も既にすごく大きいです。

Twitterを中心に、放送が決まるとファンの人達が自ら『これ素晴らしいからみんなにみてほしい』と、どんどん情報を広げてくれているのを感じています。

そうした形で、ファンの後押しを受けながら作品を多くの人にみてもらえるのはすごく良い形だと思いますし、ありがたいです。

Netflix (ネットフリックス)公式ページはこちら

 

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の用語

自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)

人間の肉声を文字として書き起こせる機械人形。活版印刷並びにタイプライター、そして機械人形の権威であるオーランド博士が視力を失った小説家でもある妻・モリーのために作ったものであり、安価に貸し出す機関も普及した。

上記から転じ、人形のように代筆業を行う人間のことも「自動手記人形」と称されている。特に終戦後の女性たちにとって社会で活躍する機会を得ると人気があり、自動手記人形育成学校も開校している。

アニメでは「オート・メモリーズ・ドール」という正式名での呼称はされておらず、省略した呼称「ドール」、または「自動手記人形」と呼称されている。

C.H郵便社(クラウディア・ホッジンズゆうびんしゃ / シーエイチゆうびんしゃ)

大陸南部のライデンシャフトリヒ国の首都・ライデンに社屋を構える私営郵便社。クラウディアが社長を務める。終戦後に軍を退役したクラウディアが発起人となり設立。創設メンバーにヴァイオレット、ベネディクト、カトレアが含まれる。一般的な郵便業務に加え、文字が書けない人や大事な手紙を送りたい人のために自動手記人形による代筆業務も受け持ち、社屋まで足を運べない人のための出張代筆も受け持つ。

大戦(原作版)

大陸戦争と通称される。本編開始の4年前に勃発し、大陸全土におよんだ。北側の不当貿易により南側が北上侵攻を開始し、それと同時にかねてより宗教問題で対立関係にあった西側と東側の宗教戦争が勃発する。元より北側と親交が深かった東側が北側に呼応し、それに対抗するように西側が南側と同盟を組んだ。
四者の戦いはインテンス最終決戦により南西側の勝利となり、北東は戦後賠償を求められた。

大戦(アニメ版)

北方戦役や西部戦争などの総称でもある。ライデンシャフトリヒ北東部の豊富な地下資源を巡り、北の大国・ガルダリク帝国が越境したことを発端に、やがてさまざまな思惑を抱いた周辺諸国も同盟軍として参戦する。南北二派に分かれて4年間も続いた結果、ライデンシャフトリヒをはじめとする南部側の勝利に終わったが、大陸の各地と人々の心に深い傷痕を遺し、和平を認めない一部の諸国の遺恨も残している。

北方戦役

4年前にガルダリク帝国が越境したことによって勃発した戦争で、大戦の発端。戦火の中、ディートフリートがヴァイオレットを拾い、少年兵として教育した。

西部戦争

大戦末期に勃発した戦争。それまで戦火の影響下になかったライデンシャフトリヒ西部の街・ヘルネが、戦線を突破されたことにより、多大な被害を受けた。当時、商用でヘルネを訪れていたルクリアの両親も死亡している。

Netflix (ネットフリックス)公式ページはこちら

 

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」視聴で感動、家族や友人へ“愛”伝える動き続々

京都アニメーション制作のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の特別編集版が29日、日本テレビの『金曜ロードショー』(後9:00~)で放送され、ツイッターでは世界トレンド1位にランクインするほど大きな盛り上がりを見せた。“愛”をテーマにした作品にちなみ、「久しぶりに家族にLINEしてみた」「コロナで実家に帰れなかったから、親に会いたくなった」「恥ずかしいけど、好きとか愛してるって伝えるのって大事だと感じた」など感動の声が続々とあがっている。

同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。

「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開されたオリジナル新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞。放送された特別編集版は、物語の序章にあたる第1話から第3話までと、名作と言われる第7話、第9話、神回と絶賛された第10話を中心に、作品の魅力を濃縮した内容になる。

放送前から期待する声があがっており、いざ、放送が始まると「もう、手紙が飛ぶシーンで泣きそう…」「ハンカチがもうクシャクシャ…タオル、ずぶ濡れになりそう」「映像がきれいすぎる!」「もう、切ないよ…」「映像・音楽・物語…すべてが国宝級」などと感動の声が続々。

また、ヴァイオレットの名セリフ「知りたいのです …『あいしてる』を…知りたいのです…」や作品内容もあって「言葉や手紙で想いを伝えるって大事なんだな」「会えてない家族へ感謝の気持ち伝えたくなった…。手紙書こうかな」「“愛”を伝えるって大事だね!」「さっきメールで「いつもありがとう!」と送っちゃった。「突然どうしたの?」と返事きたけどw」などと、友人や家族、恋人に愛情を伝える、伝えたい動きが出ている。

Netflix (ネットフリックス)公式ページはこちら

 

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でもアニメでも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

Netflix (ネットフリックス)公式ページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました