彼女はキレイだった7話8話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

小芝風花さんとSexy Zoneの中島健人さんが主演のカンテレ・フジテレビの火曜ドラマ「彼女はキレイだった」7話、8話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

またも韓国ドラマのリメイク作品なのですが、日本版ではどのような結末を迎えるのか、オリジナル要素がどのように入ってくるのか楽しみなところです!

そんなドラマ「彼女はキレイだった」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「U-NEXT」がおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

U-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「彼女はキレイだった」7話のあらすじ・ネタバレ

愛(小芝風花)への思いが加速する宗介(中島健人)!宗介を思いながらも、梨沙(佐久間由衣)の本心が気になる愛。

それぞれの思いが交差し、恋の四角関係はどうなる!?

昔も今も、宗介(中島健人)が好き——。

自分の気持ちに気づいた愛(小芝風花)は、すべてを打ち明けようと宗介の元へ急ぐが、そこには梨沙(佐久間由衣)の姿が。

物陰から2人の様子を見ていた愛は、梨沙がいまだに愛のフリを続け、ひそかに宗介と会っていたことを知りショックを受けるが、それでも梨沙を問いただすことはできない。

一方の宗介は、愛を思う気持ちが日に日に強くなり、その思いを伝えようとする。

しかし愛は、思わず宗介を避けてしまう。そんな2人の様子を見た樋口(赤楚衛二)は、もはや自分の恋が実ることはないのだと、ある決意をするが…。

数日後、宗介は編集長とともに、レストランチェーンの役員と会食を楽しんでいた。

その席で、手渡された広報誌に目を通していた宗介は、あるページに見覚えのある顔を見つけ、顔色を変える。

編集部では、部員たちが体調を崩した樋口のことを心配していた。

愛がホテルで火災に巻き込まれた日、樋口もまた、雨が降りしきるなか愛を心配して駆けつけ、ずぶぬれになり風邪を引いていたのだ。そのことを初めて知った愛は…。

ドラマ「彼女はキレイだった」7話のネタバレ・感想

取材先で火事の騒ぎに巻き込まれ、迎えに来た宗介(中島健人)の優しさに触れた愛(小芝風花)。

宗介が昔と変わりないことに気が付くと同時に、自分が宗介のことを好きなのだと自覚する。

ところがその矢先、親友の梨沙(佐久間由衣)がまだ愛のふりをして宗介と会っていたことを知ってしまう。

第7話は、愛が大変身を遂げた前回以上に大きな山場を迎える重要なエピソードである。

梨沙と宗介のことでショックを受ける愛。宗介は愛への想いを募らせ何度も想いを伝えようとするのだが、梨沙との関係もあって自分の中で収集がつかない愛は、ついつい宗介を避けてしまう。

一方で、2人の様子に自分の想いがもう届かないと理解した樋口(赤楚衛二)。愛を迎えに行った際に雨に打たれたことで風邪をひき、体調を崩してしまう。

そんな中、あるレストランチェーンの役員と会食に臨んだ宗介は、そこで手渡された広報誌の中に梨沙の姿を見つけてしまう。

言い出せない秘密や嘘を積み重ねていった愛と梨沙、自分の気持ちをストレートにぶつけられずにいた宗介と樋口。あまりにも複雑に、もつれにもつれていた彼らの四角関係の糸が、思いも寄らないかたちで正常化した今回のエピソード。

ある意味では物語のひとつのゴールに辿り着いたと言ってもいいだろう。16年間募らせてきた想いがようやく繋がった宗介と愛。

けれどもそれは同時に、もつれた糸の一本か二本がいまにも途切れてしまいそうなほどダメージを受けていることを予感させるのだ。

そういった意味では、その糸の紛れもない一本である樋口が今回もとことん場をさらうほど光り輝く。愛が宗介と梨沙が会っていたことを知り、悩みを打ち明けられた樋口は、こっそり梨沙にそのことを伝える。

そこで「自分を見失ってた私も悪い」と嘆く梨沙に対し、「見失うのが恋愛だから」といつもの調子で励ましの言葉をかける。

そこからはラストで宗介からの電話を受けて立ち去ろうとする愛に「行くな」と言う言葉に至るまで、ほぼすべてが名台詞になってしまうほど、豊かすぎる感情が溢れ出っぱなしだ。

とりわけ、樋口が自分のせいで体調を崩してしまったと知った愛が、樋口を気にかける橋の上のシーン。

「何かの間違いでジャクソンこっちに振り向いてくれないかな」と何気なく呟くその言葉はSexy Zoneの名曲「名脇役」の歌詞と重なり、まさに樋口の置かれているシチュエーションも曲の世界観にぴったりと符合する(しかも偶然にも、愛が提案して進行中の絵本の企画のメモ書きにあった言葉は「脇役だって主役になれる!」だ)。

そう考えると、もっと前のシーンで「ジャクソンの最高の友達を目指す」というのも、同じ曲の中にある「君の友達ランキングだったら僕はNo.1をとっているんだろうか」というフレーズにも通じるわけで。

ここはひとつ、樋口のテーマソングとして採用されないものだろうか。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「彼女はキレイだった」8話のあらすじ・ネタバレ

ついにつながる愛(小芝風花)と宗介(中島健人)の思い!梨沙(佐久間由衣)との友情はどうなる!?廃刊の危機を知った編集部員は、宗介に抗議して仕事をボイコット!

今思いを寄せている愛(小芝風花)こそが、16年間、再会を夢見てきた初恋の相手“佐藤愛”その人だと知った宗介(中島健人)。

愛もまた、宗介が自分の正体に気づいたことを知り、樋口(赤楚衛二)の告白を振り切って宗介の元へ急ぐ。

お互いの気持ちが通じ合った2人は晴れて再会を果たすが、喜んだのもつかの間、愛は梨沙(佐久間由衣)のことが気になっていた。

帰宅後、ごみ箱に捨てられていた手紙から、梨沙が宗介に本気で恋をしていたことを知った愛は、宗介の恋人になることをちゅうちょする。

翌日、愛の童話特集が掲載された最新号が発売される。

売上は好調だったが、それでもライバル誌に追いつくことはできず、宗介は岸田(木村祐一)から廃刊までのカウントダウンを宣告される。

ところが、その会話を偶然、里中(髙橋優斗)が聞いてしまい、廃刊の話は編集部員の知るところに。

事実を隠していた宗介に腹を立てた唯子(片瀬那奈)たちは、廃刊をかけた次号の制作を拒否。

孤立した宗介が1人で作ることになってしまう。

宗介はその状況を甘んじて受け入れるが、孤軍奮闘する上司を前に、樋口は部員たちの思いを代弁するかのような厳しい忠告をする。

愛も、宗介と唯子たちの懸け橋になるべく動き出し…。

ドラマ「彼女はキレイだった」8話のネタバレ・感想

ようやくもつれていた糸がほどけ、互いの想いが通じ合った宗介(中島健人)と愛(小芝風花)。

しかし愛は、宗介に想いを寄せていた梨沙(佐久間由衣)のことが気になってしまい、素直に喜ぶことができず、ひいては宗介のことを避けてしまうのである。

第8話は、宗介と愛のラブストーリーにおけるひとつのゴール地点を迎え、その向こう側にある友情の物語が展開するエピソードとなった。

家のゴミ箱に捨てられていた手紙から、梨沙の宗介への想いが本気であったことを知る愛。

そんななか、「ザ・モスト」が廃刊になるという話が編集部全体に知れ渡ってしまう。

岡島(片瀬那奈)らはずっと廃刊のことを隠していた宗介に激怒し、次号の制作をボイコット。

完全に孤立してしまった宗介は、たったひとりで次号の準備を進めていくことに。

それを見かねて様々な企画を提案する愛。さらに仕事を休んでいた樋口(赤楚衛二)は、宗介以外誰もいない編集部を見て事態を察し、宗介に厳しい忠告をするのである。

ここから終盤に向けての物語は、(これまで通りオリジナル版を完全に踏襲するとなれば)一気に「ザ・モスト」の廃刊をめぐる問題へとシフトする。

つまりは宗介と愛の“初恋探し”のドラバタを描くラブコメから、急激に“お仕事モード”が高まっていくことになるわけだ。

ちなみに、愛と想いが通じ合った途端にまるで人が変わったようにデレデレモードに突入する宗介。

鏡の前で照れくさそうに挨拶の練習をしたり、家までお迎えに行ったりと、しっかりとこのキャラ変ぶりまでもしっかりオリジナルを踏襲している。

何はともあれ、そうした物語上の大きな転換の狭間に立たされた今回のエピソードでは、お仕事モードへ向かうための地盤固めが重ねられていく。

これまでのエピソードでゆっくりと固められてきた宗介と愛の16年分の想いの結実し、そのせいで急にぎこちなく崩れてしまった愛と梨沙の関係の修復が最優先事項だ。

しかしながら、2人が追いかけっこの果てにたどり着く公園のシーンからわかるように、愛と梨沙の関係に奇をてらったアクセントなど必要もない。

外で人目も気にせず、大声で泣きながら本音をぶつけ合う。ドラマ的な一悶着を入れずともあっさりと修復される2人の関係には絶対的な強さがあり、それがこの物語の軸となっていることをまざまざと証明していくのである。

そうなれば次なる地盤固めが必要なのは宗介と樋口の関係だ。恋のライバルとして完敗を喫した樋口は、傷心休暇から戻ってくるや真正面から宗介にぶつかっていく。

「あなたにがっかりしたくないだけです。1人の男として」。

仕事仲間として、相手を鼓舞する。お互いを認め合っているからこそ成立するこのやりとりからは、ライバルと親友が紙一重にあるというちょっぴり古典的な発想にたどり着かずにはいられない。

4人を繋げている糸が、もつれることなく真っ直ぐと、それでいて丈夫にピンと張られる。

そこに宗介が頭を下げたことでもう一度一致団結した編集部も加わり、物語は次のステージへと向かうというわけだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「彼女はキレイだった」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「彼女はキレイだった」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました