コントが始まる1話2話3話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

菅田将暉さん主演のドラマ「コントが始まる」の1話、2話、3話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマはこれまでのドラマとはちょっと変わっていて、冒頭にコントが行われ、それが本編で回収されていくというドラマなのですが、人気の若者俳優が勢ぞろいすることから、人気です!

それでは先ず、このドラマ「コントが始まる」はHuluで限定配信されるドラマでございます。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

Huluで見れる動画

それではここからは、Huluで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Huluで見れるドラマは下記になります。

・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・ギルティ
・逃げるは恥だが役に立つ
・バベル九朔
・ハケンの品格
・35歳の少女
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・カルテット
・Nのために
・MOZU
・きのう何食べた?
・凪のお暇
・あなたの番です
・シロでもクロでもない世界でパンダは笑う
・親バカ青春白書

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・呪術廻戦
・犬夜叉
・TIGER&BUNNY
・おそ松さん
・ひぐらしのなく頃に
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・Re:ゼロ
・ホイッスル!
・バケモノの子
・ピアノの森
・君に届け
・境界のRINNE
・蟲師
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・金田一少年の事件簿
・ぼくらの
・ゆるキャン△
・涼宮ハルヒの憂鬱
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Huluなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはHuluならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「コントが始まる」1話のあらすじ・ネタバレ

【コント『水のトラブル』】

コント『水のトラブル』。明転したステージに現れたのは、春斗(菅田将暉)、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)のお笑いコントトリオ『マクベス』。

売れない芸人による取り留めのないコントの「前フリ」部分が始まる・・・。

そして映像は、そのコントを自宅で見ている里穂子(有村架純)へと繋がっていき・・・。

鳴かず飛ばずの日々を過ごすお笑いトリオ『マクベス』でツッコミを担当する春斗は、結成10年を前に、ある決断を迫られていた。

一方、1年半前に訳あって大手企業を辞めた里穂子は、姉の世話を口実に上京して来た妹・つむぎ(古川琴音)と同居しながらファミレスでウェイトレスをしていた。

偶然里穂子の働くファミレスに来店したマクベスの3人は、やがて常連客として定期的にファミレスでネタ作りをするようになり・・・。

彼らがネタ作りに励む姿を見るうちになぜか興味を惹かれ、いつの間にか隠れファンとなっていた里穂子。

日々は流れ、気づけば里穂子にとって、マクベスの存在は生きがいのようになっていた・・・。

しかしある日、初めてマクベスのライブを訪れた里穂子を待っていたのはトリオ解散という重大発表!

呆然と帰路についた里穂子は、突然春斗から声をかけられて・・・。

失敗が許されない世の中で、『大失敗』の人生を歩む人々。

20代後半、様々な決断を迫られる「最後の青春」にもがく、涙と笑いの青春群像劇。

この出会いが、俯く日々に希望の香りを漂わす全ての始まりであった。

「コントが始まる」1話のネタバレ・感想

菅田将暉主演、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音らが共演する「コントが始まる」が4月17日放送。

有村さん演じるヒロインの“オタクぶり”に共感の声が上がるとともに、キャスト陣の演技と演出にも多くの賞賛が寄せられている。

「俺の話は長い」で第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹によるオリジナル脚本となる本作は、20代後半の若者たちが、その失敗をしたからこそ出会う人や出来事によって、まるで思い描きもしなかった未知の幸せと巡り合う、若者の生き様を描いた群像物語。

キャストは同級生の潤平と高校の文化祭でコントを披露したことがきっかけで、お笑いの道に進んだが、親との「10年やっても売れなかったらキッパリ辞める」と約束した日が迫るお笑いトリオ「マクベス」でネタ作りを担当する高岩春斗に菅田さん。

一流企業を退職、その後バイトを始めたファミレスに来店した「マクベス」の三人に興味を抱き、知らぬ間に彼らを応援することが人生の支えになっている中浜里穂子に有村さん。

高校時代に春斗に誘われコント芸人の道を歩み始める「マクベス」のメンバー、美濃輪潤平に仲野さん。

「ぷよぷよ」日本一となりプロゲーマーの道を歩むが若手の台頭から引退、「マクベス」へと加入する朝吹瞬太に神木さん。

姉と共同生活しながら近所にあるスナック「アイビス」で働く中浜つむぎに古川さん。

そのほか、明日海りお、松田ゆう姫、鈴木浩介らも出演。

1話ではマクベスを推すことが自分の支えになっている里穂子が、初めて彼らの生ライブに行くもそこでトリオ解散を知らされる。

呆然と帰路についた里穂子だが、突然春斗から声をかけられる。

どうして解散するのかと尋ねる里穂子に、春斗は「約束だからね。10年前の」と、マクベス誕生から現在までの自分たちの10年を語り始める。

里穂子がマクベスを密かに推していた一方で、春斗も1年半前、会社を辞め泥酔していた里穂子と出会っていた・・・というのが1話のストーリー。

春斗に「最後の単独ライブも必ず行きます」と告げ、マクベスと出会い存在を知ったことで、マクベスが自分の人生の支えになったと涙ながらに伝える・・・そんな里穂子の姿に

「泣くと思わなかった・・・オタクの心に突き刺さった」

「中浜さんの言動がオタク」

「推しへの想いを直接吐露するオタクの姿」

など共感と感動の声がタイムラインに届けられる。

またメインキャスト陣の演技に

「どうやったらあんなに上手に演技できるんだろう」

「ドラマなのに映画観てるみたいな感じ。演技派揃い」

などの声が上がるとともに

「みんな演技うまいし内容面白いし映画みたいな画面の空気感」

「引き込まれた。映画見てるみたいだった」

「すげえ、いい温度感。BGM少なめで、映画みたい。語り多くて、漫画みたい。すごいいい意味で、ドラマじゃないみたい」

と、その展開や演出に“映画のようだ”という感想も続々投稿されている。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「コントが始まる」2話のあらすじ・ネタバレ

【コント『屋上』】

潤平「春斗には一つだけ秘密にしていることがある・・・」

瞬太「プロゲーマーだった頃はよくインタビューで『27歳までに死ぬ』と答えていた・・・」

コント『屋上』。舞台が明転すると、自宅の屋上テラスで和む中年夫婦と隣のビルで思い詰めた表情をする若者が現れる。

その3人による取り留めのないコントの「前フリ」が流れ・・・。

コントトリオ「マクベス」解散を決めた春斗(菅田将暉)は、事務所のマネージャー楠木から呼び出され、解散を考え直すように詰め寄られる。

一方マクベスの一人である潤平(仲野太賀)は10年間交際を続ける恋人の奈津美(芳根京子)に、ついに解散することを決意したと告げる。

そんな中、潤平は春斗と芸人を志した日々を振り返り、春斗に一つだけ『秘密』にしていることがあると思い返す・・・。

その頃もう一人のマクベスである瞬太(神木隆之介)はなぜか春斗や潤平と共に通った母校の屋上に佇んでいた。

そこは春斗との思い出の場所でもあった。

何も知らない春斗だったが、里穂子(有村架純)から気になることがあると話を切り出されると、里穂子が働くファミレスで瞬太が「遺書」を書いていたのだという。

それは「屋上」というコントの小道具として書いていただけだと説明する春斗だったが、何やらいつもと状況は違うようで・・・。

「解散」を宣言することで動き出したトリオ芸人。

彼らと巡り会うことで動き出した姉妹。

暗闇の中を歩いているかのように見える5人の若者たち。

・・・だが1時間後、彼らを見ていただいた人はなぜか彼らを「美しい」と感じてしまう。

そんなまさかの結末を迎える第2話。是非ご覧ください。

「コントが始まる」2話のネタバレ・感想

売れてないお笑いトリオは不幸なのか。不幸なのだとすれば、人生は残酷だ。

自殺を考えていた瞬太(神木隆之介)が屋上で春斗(菅田将暉)に出会ってさえいなければ、潤平(仲野太賀)が奈津美(芳根京子)を振り向かせたいがために「コントがしたい」と言い出しさえしなければ、春斗に声をかける前に潤平が誘っていた2人のうちのどちらかが応じてさえいれば。

文化祭の後、ぷよぷよで優勝した瞬太が「ポンペイ」に春斗と潤平のふたりを連れていかなければ、そしてそこで、春斗が潤平をお笑いの世界に誘ってさえいなければ。

どうなっていただろう。

「マクベス」が生まれていなければ、3人は10年間の売れない苦悩を味わうこともなく、別の仕事や人生に生きがいを見つけていただろうか。

『コントが始まる』(日本テレビ系)第2話の物語の起点となるのは、春斗の怒りだ。

潤平が春斗を文化祭のコントに誘う前に、実は別の生徒ふたりに声をかけていたこと、そのことを今まで秘密にし続けていたことに対する怒り。

それはまた、「今」置かれている状況に対する“必然性のなさ”への憤りなのかもしれない。

たとえ売れなくても、お互いの志が一致していれば不幸ではないはずだ。

しかし、潤平が春斗以外に声をかけていたとすれば話は変わってくる。

もしかしたら自分だけが盛り上がっていたのではないか。

所詮3番目の自分がしゃしゃり出てさえいなければ。

そんな春斗の優しさや反省すらも垣間見える、怒り。

菅田と仲野がぶつかり合う場面の演技の厚みにはどうしたって興奮せざるを得ないが、その背景に個々の想いが滲んでくるからこそ、より重層的なドラマになっているのだろう。

本作の素晴らしさは、この“重層的である”という点に尽きる。

月並みなドラマであれば、キャラクターのうちの誰かひとりにフォーカスするだけで、1話50分ほどの時間はすぐに流れ過ぎてしまう。

第2話でいうと、潤平に焦点を当てて、彼の告白と人生の選択の物語にだけ終始するはずだ。

しかし、本作ではそこに瞬太の「27歳自死願望」の話が絡んでくるし、春斗が積み重ねてきた後悔とやるせなさも露わになる。

おまけに里穂子(有村架純)のオタク気質までどんどん浮き彫りになって、コメディ演出にも余念がない。

世界はそれほどに多層であるから、1話50分を経ても、各々の想いがすべて共有されるわけではないだろう。

瞬太が本当に自殺を考えていなかったのか、潤平が3人目に春斗を誘ったことを後悔していないか、本当の気持ちは最後までわからない。

しかし、彼らには「コント」がある。

マクベスにとっての「コント」とは、きっと「人生の交わりの地点」である。

コント『屋上』のなかで青年は自殺を踏みとどまるし、「アキレス腱を伸ばす」という運動の後にある「告白」――「あなたを選んでよかった」は奈津美から潤平にかけられる言葉でもあった――を繰り返す。

それはまぎれもない事実で、彼らの人生は可笑しくて美しい。

この豪華俳優共演に中村倫也まで加わるという驚きがあった第2話。

その中村が演じる事務所のマネージャー楠木が、ふと「マクベスとは4人6脚でやってきたつもりなんだ」といった言葉を口にする場面がある。

いや、4人だったら5脚でしょ、という春斗の低体温ツッコミが可笑しい会話シーン。

しかし、一人だけ仲間はずれな「6脚」は言い得て妙だなと思った。

この楠木もそうだし、瞬太のアルバイト先にいる大将も、潤平の恋人である奈津美も、「マクベスに欠かせない、彼らを見守る4人目の影のメンバー」がこのドラマには何人か登場するからだ。

一緒にコントをしているわけではないから決して4人5脚ではないけど、4人6脚と言える存在感はある。

マクベスの3人には、人を惹きつける何かがあるのだろう。

その意味でまた里穂子も、マクベスの魅力に取り憑かれ影のメンバーになったひとりである。

影のメンバーは、マクベスのコントにも、そして彼らの人生にさえも影響を与えていくに違いない。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「コントが始まる」3話のあらすじ・ネタバレ

【奇跡の水】

つむぎ「ウチのお姉ちゃんはヤバい。それもかなり・・・」

春斗「危うさで言ったらウチの兄貴の方が断然上だ」

コント『奇跡の水』。

明転した舞台に現れたのは兄弟を演じる春斗(菅田将暉)と潤平(仲野太賀)、そして謎の男を演じる瞬太(神木隆之介)。

誰が見ても怪しさ全開の水を崇拝する兄とそれを説得する弟をテーマにした、マクベスのとりとめのないコントの『前フリ』が始まる・・・。

1年半前、廃人寸前になっている姉・里穂子(有村架純)を自宅で見つけて以来、転がり込んで生活を共にしているつぐみ(古川琴音)。

彼女の最近の心配は、誰も知らない売れないお笑いトリオ『マクベス』になぜどっぷりとハマった里穂子が、彼らの解散発表以来ため息ばかりついていること。

一方、春斗が気にかけているのは、完璧人間だった兄・俊春(毎熊克哉)のこと。

非の打ち所のない順風満帆の人生を歩んできた兄だが、突然人生に挫折。

今では実家の部屋に引きこもっている。

自分が好きな道に進めたのは、しっかり者の兄がいてくれたから。

春斗は自分も兄を追い込んでしまった一端を担っていると感じていた・・・。

問題を抱える二つの兄弟関係。

交わるはずのない2組の関係性にはある一つの「秘められた共通性」が存在していた。

孤独に陥りやすい現代にだからこそ届けられる想いが詰まった第3話。

危うい兄弟のお話は、またしても想像をしていなかった笑顔あふれるクライマックスへとつながっていく!

「コントが始まる」3話のネタバレ・感想

マクベスのコントは、ネタを書く春斗(菅田将暉)の人生が色濃く投影されている。そうであるから、日々にどれだけ苦しいことがあろうと、それはコントとして笑いに還元されるだろう。いや、マクベスのコントはもはや、“笑い”にすら執着していないように見える。インスパイア元がわからなくなるくらいキャラクターはぶっ飛んでいるし、展開は過酷だ。まるで「そんなはずじゃない現実」を「怒り」と「祈り」と一緒に混ぜ合わせて丸く焼いたかのように、具だけむき出しのいびつな状態のまま調理されている。

相変わらず笑いにくいマクベスのコント「奇跡の水」に、中浜里穂子(有村架純)は「なぜ惹かれるのか」。5月1日に放送された『コントが始まる』(日本テレビ系)第3話のミソは、いや、タコは、その部分だった。妹のつむぎ(古川琴音)は、1年半前に一流企業を辞めた姉が徐々に元気を取り戻しつつあることに安心しながらも、マクベスにハマる理由がまったくわからないようだ。飼っている金魚3匹にマクベス3人の名前を付けている姉を見てゾッとしたり。それはたしかにすごく怖い。

真面目であるがゆえに損をしてしまう人がいるのだとすれば、こんなに哀しいことはあるだろうか。妹のつむぎから見て、里穂子は「当たり前のように幸せな未来を掴むんだろうな」と思わせる順風満帆ぶりだった。しかしつむぎが知らない間に、里穂子は付き合っていた人に捨てられ、会社ではうまく責任を背負わされ摩耗してしまっていたのだ。「わたしが頑張るからダメなのか。頑張り方が間違ってるのか」と当時を回顧する里穂子。ずっと自分の頑張り方を信じてきたがゆえに、結果的にそれが否定されたことも、頑張れなくなった今もすべて悔しかった。

瀕死状態にまで陥った姉の傷心に驚きながら、風呂に入らせ、ご飯を与え、太陽光を浴びせ、と寄り添い続けてきたつむぎ。

つむぎ「お姉ちゃん、なんで『奇跡の水』のコント好きなの?」
里穂子「あーあれ? どんどん手が付けられなくなっていく兄を、諦めない弟の必死な姿が妙に愛おしいんだよね」

里穂子は「奇跡の水」のコントに、自身の苦悩と、そばにいてくれている妹の存在を重ねて見ていたのだろう。そして、「奇跡の水」は例に漏れず実体験をもとにしているから、中浜姉妹の人生の苦悩は春斗と兄(毎熊克哉)の物語にも接続する。里穂子が過去の話をしているとき、春斗は無言の苦い表情のなか、同じく真面目ゆえに苦しんだ兄の姿を思い浮かべていたはずだ。

「含みのある表情」が巧い役者ばかりだ。里穂子の話を聞いているときの菅田将暉の虚しげな顔、「……必死な姿が妙に愛おしいんだよね」と言いながらつむぎを見る有村架純の幸せそうな表情、その言葉を聴いたあとの古川琴音の嬉しさがはみ出るにやけ顔。セリフを発していない時間の、言葉にならない感情の交差が物語を豊かにしている。兄弟の物語が「電話越しに聞こえる電車の走る音(その音を聴いて笑う春斗)」で締めくくられるというさりげなさも、実力派の役者がいてこそできる演出だろう。

第3話で何度も挿入された、瞬太(神木隆之介)→つむぎの視線も気になるところだ。つむぎの背景についてはほとんど語られていないし、今後彼らの関係にも動きがあるかもしれない。瞬太はいつも、誰かを「見ている」。その先にいるのはつむぎと、終盤で焼き鳥屋にやってきた潤平(仲野太賀)だ。潤平は実家の酒屋を義兄が継ぐことになると聞いて焦っていたが、交際を続けている奈津美(芳根京子)の存在もあるなか、やはり「マクベスを続けること」に葛藤を抱いているのだろうか。瞬太が見つめるその先と親との確執が描かれる第4話も心待ちにしたい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「コントが始まる」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「コントが始まる」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました