ハンソロのノーカット無料視聴・無料動画見逃し配信は?ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

映画

日本テレビの「金曜ロードSHOW!/金曜ロードショー」枠で放送された番組「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」のノーカット無料動画や見逃し配信、動画配信の視聴方法やネタバレなどについて紹介したいと思います。

この映画「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」は近年の「スター・ウォーズ」映画の中でも評判が良い作品です。

本編の評価はイマイチですが、スピンオフ作品はファンの心を満足させてくれるものが多いようです!

そんな「スターウォーズ」シリーズのスピンオフ作品「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の見逃し配信は現在予定されておりませんが、動画配信は動画配信サービス「dTV」で配信されています。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!dTV公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

dTVで見れる動画

それではここからは、dTVで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

dTVで見れるドラマは下記になります。

・恋はつづくよどこまでも
・医龍
・逃亡者
・白夜行
・テセウスの船
・緊急取調室
・夫のカノジョ
・ヒモメン
・闇金ウシジマくん
・コーヒー&バニラ
・新しい王様
・民王
・向かいのバズる家族
・にじいろカルテ
・GTO
・ダメな私に恋してください
・ねぇ先生、知らないの?
・高校教師
・相棒
・神様のカルテ
・ゲキカラドウ

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・呪術廻戦
・犬夜叉
・それいけ!アンパンマン
・転生したらスライムだった件
・七つの大罪
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・ブラッククローバー
・ドラえもん
・炎炎ノ消防隊
・Re:ゼロ
・クレヨンしんちゃん
・ダイの大冒険
・おそ松さん
・あたしンち
・BLEACH
・ハイキュー
・進撃の巨人
・ポケットモンスター
・ドクターストーン
・美味しんぼ
・頭文字D
・フェアリーテイル
・こち亀
・炎炎ノ消防隊

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・dTVなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはdTVならではです!

※現在「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」はdTVでレンタル配信中です
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!dTV公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

映画「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」のあらすじ・ネタバレ

銀河一のパイロットを目指すハン・ソロ!

知られざる過去が今、明らかに!

孤児として育ったハン(オールデン・エアエンライク)は、恋人のキーラ(エミリア・クラーク)と共に、生まれ育った惑星コレリアの脱出を目論んでいた。

高価な燃料“コアクシウム”を盗み出した2人は、それを賄賂に使って宇宙船に乗り込もうとするが、あと一歩のところでキーラは捕らえられてしまう。

彼女を救うため、ハンは帝国軍への士官を決意。

「ソロ」という名字を与えられ、パイロットを目指して訓練を受けることになる。

3年後。戦地に派遣されたハンは、ベケット(ウディ・ハレルソン)率いる強盗団に遭遇。

一度はベケットに騙されてウーキー族の戦士・チューバッカ(ヨーナス・スオタモ)の餌食にされそうになったハンだったが、チューバッカと協力して収容所を脱走。

ベケットと共に、帝国軍から“コアクシウム”を強奪する作戦に挑む。

しかし作戦は失敗し、ベケットの仲間のヴァル(タンディ・ニュートン)らは死亡。

ベケットは、ボスのドライデン(ポール・ベタニー)に作戦失敗について謝罪に行くことになる。

そこでハンを待ち受けていたのは、生き別れになったキーラ。

彼女は、ドライデンの信頼を得て彼の副官の地位に登りつめていた。

監視役のキーラと一緒に、新たな任務に挑むことになるベケットとハン。

彼らはまず、銀河一速い宇宙船「ミレニアム・ファルコン」を所有するランド(ドナルド・グローヴァー)のもとに向かうのだが・・・。

※現在「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」はdTVでレンタル配信中です
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!dTV公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

映画「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」のネタバレ・感想

劇場公開版としてシリーズ外伝二作目で、前の外伝『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(’16)』と同じく、シリーズお約束のオープニングであるテキストスクロールは無く、紙芝居的なテキスト表示で始まる。

テンポ良く展開する前半に較べ、詰込み感が半端無い後半はややだれ気味で、バランスに欠く。

登場人物がむやみに多く、各キャラクターの扱いが煩雑で、ついてはご都合主義的に写る。

シリーズを知らなくても愉しめそうだが、知っていればこその不満も出そうな出来。

続きを観たいかと云えば微妙。

・原題はファーストネーム無しの”Solo: A Star Wars Story”。

フォースの言及が全く無く、ジェダイも登場しないし、“スカイウォーカー”一族や血を引く者が誰も登場しない初のシリーズ実写作品となった。

“ハン・ソロ”と云えば、『旧三部作 エピソードⅣ(’77)・Ⅴ(’80)・Ⅵ(’83)』ではお馴染みの犯罪組織“ハット・カルテル”の首領“ジャバ・ザ・ハット”だが、本編内で全く言及されない。

これは続篇以降に含みを持たせたかったのではなかろうか。

・シリーズのファンへ向け、”I know”やトレーラーでは” I’ve got a good feeling about this”等、セルフパロディ化したシリーズお約束に反目した科白があり、“C-3PO”お馴染みの確率を持ち出すP.ウォーラー=ブリッジが声を当てた“L3-37”の科白も登場する。

ミレニアム・ファルコンのゲット、J.スオタモの“チューバッカ”との出逢い、更には距離か時間か長らく議論されていたケッセル・ランにおける「12パーセク」の問題を解消する展開も用意されいる。

何よりラスト間近に顔を出すR.パークの“モール”卿が最大のファンサービスであり、正式なシリーズ作である事を意識させる。

・全篇、往年の西部劇を意識した作りである。

三つ巴による列車強盗の前半は云うに及ばず、後半は更にその傾向が顕著で、流れ者が地元を治める顔役の女を味方に附け、敵対していたネイティブの協力も得て、一騎打ちの後、周辺の引き止めを振り切り、去り行くと云うウエスタン物の王道中の王道をトレスする。

・本編は”Project:Red Cup”の名で、製作が進められた──これは米国のパーティー等でよく用いられる赤いカップのメーカー名”solo”からきている。

本作の一般公開日は’18年5月25日で、’77年の初作『スター・ウォーズ(エピソードⅣ)』の同月同日に揃えられた。

・当初、J.トランクが監督を務める予定だったが、解雇された。

その後、P.ロードとC.ミラーが監督に起用され、’17年1月30日にファーストカットを、2月20日には本格化され、5月からはカナリア諸島に場所を移し撮影は進められたが、ラッシュを観たルーカス・フィルム社長K.ケネディと複数の関係者は、その出来に首を傾げたらしく、現場でも脚本を無視しアドリブを活かした演出法にも不信感を抱いた挙句、終盤に差し掛かった6月20日、二人は監督を解雇された(降板した二人の監督の名は、他の二人と共に“(共同)製作総指揮”としてクレジットされている)。

監督側も細部に迄、口を挟んでくる上層部に苛立ちを募らせていたらしく、喧嘩別れに近い決別となった模様だ。

後任としてJ.ジョンストンも候補に挙げられたが、優等生と云われるR.ハワードが後を引き継ぎ、殆ど準備をする間も無く、6月26日に現場に合流し、85%以上を再撮(尻拭い)し、漸く完成(R.ハワードは再撮分も含め、全篇の70%以上を新たに撮影したと云う)に漕ぎ着けた。

この兼ね合いで一部のキャストやスタッフは入換ざるをえなくなってしまった。

・監督交代のゴダゴダの余波として、“ドライデン・ヴォス”は当初M.K.ウィリアムズが半獣半人の姿で演じていたが、ゴダゴダが続く中、『The Red Sea Diving Resort(’19予定)』の”Kabede Bimro”役の撮影でアフリカへ行ってしまい、急遽、P.ベタニーが代役となった。

結果、リデザインする余裕も無く、ポストプロダクションン等、スケジュールの都合から、キャラクターに大幅なCGIを施す余裕も無くなってしまった。

このキャラクターが他の登場人物に較べ、中途半端で没個性な上、少し浮いた様に映ってしまう一因はここにあると云える。

・ラスト近くの“ダース・モール”は当初のシナリオには無く、物語を締める目玉として、何か物足りなさを感じていたR.ハワードが登場を推した。

演者を19年振りとなるオリジナルのR.パークとしたのもR.ハワードである。

亦、監督は妻のシェリル・ハワードをチョイ役かカメオでも出演させたく、実際に撮影も行ったが、最終的には彼女の出演シーンをカットした。

・主役の“ハン・ソロ”にはA,エルゴート、M.テラー、D,フランコ、S.イーストウッド、T.エガートン、J.レイナー等、様々な候補が挙がっていた。

そんな中、“ベケット”を演じたW.ハレルソンは、C.ベールを推薦した。

・劇中、E.クラークの“キーラ”が体得している武道“テラス・カシ(Teräs Käsi)”を披露するシーンがある。

格闘技“テラス・カシ”は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ(’17)』においても“エリート・プレトリアンガード”達も訓練を受けていると云う設定があり、S.ペリーのスピンオフ小説『スター・ウォーズ シャドウズ・オブ・ジ・エンパイア<帝国の影>(’96)』に登場する犯罪組織“ブラック・サン”の首領“シゾール”も習得しているとされている。

’98年にはプレイステーション用対戦格闘ゲーム『スター・ウォーズ マスターズ・オブ・テラス・カシ』としてタイトルにも冠された。

・本作オリジナルで登場する如何にも今風の意識が高い系女性ロボット“L3-37”のネーミングは、英米語圏のネットで用いられるアルファベットの表記法で、リートスピーク”leetspeak”やハッカー語とも呼ばれる”leet”に由来する。

これは”elite”が”eleet”に変化し、頭の”e”を省いた”leet”を、その見た目から“l337”と綴った我国で云う顔文字の様な俗語表記である。

・オープニング時、シリーズ中初めて動画の中で(動画を背景に)タイトルコールがなされた。

亦、”Lucasfilm”直下に”Keeper of the Holocron”のクレジットが見られる。

ホロクロンとはシリーズ中他作にも登場するホログラムを保存する情報記録装置の事で、そこにはシリーズのカノン(正史)や銀河系の地図等が保管されているとされている。

・最後のスタッフロール中、”In Loving Memory of ALLISON SHEARMUR”とA.シェアマーへの献辞がある。

本作の(共同)製作である彼女は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(’16)』でも(共同)製作を務めたが、本作公開後の’18年1月19日に肺がんの為、54歳で亡くなった。

・公開前、汚れた白地に役名がコンデンス系のフォントで抜かれた中に単色を強調した1シーンを表記した四種のポスターは、フランスでソニーの為にHachim Bahous氏がデザインしたCDジャケットに酷似しているとの指摘があった。

亦、E.ケリーマンの“エンフィス・ネスト”が被るマスクはデザインに一年以上が費やされたと云うが、我国のアニメ『機動警察パトレイバー』シリーズ(’88~’90・’92・’93・’01・’16)に登場する“イングラム AV-98”や同じくアニメ『超時空要塞マクロス』シリーズ(’82~’83・’94~’95・’97・’12)の“VF-1 バルキリー”によく似ているとの見聞も多い。

P.ベタニーの“ドライデン・ヴォス”の乗るスター・ヨット“ファースト・ライト”は、雰囲気や大まかなフォルムから『メッセージ(’16)』に登場する“ヘプタポッド”の乗る艦を想起した。

・先述の監督やスタッフ、キャスト交代のゴダゴダに伴い、製作費は2億5,000万ドル越えと大幅に膨らんだ挙句、批評家や一部のファンからは悪評を喰らい、全米公開時には興行収入が日に日に落ち始め、シリーズ初の赤字に陥る惧れすらあると云う。

一部では全世界興行収入は最大でもおよそ4億ドル以内に留まるだろうと予想されており、宣伝費やその他諸々の諸経費を加味すると、その赤字額は5,000万ドルとも8,000万ドルとも噂されている。

※現在「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」はdTVでレンタル配信中です
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!dTV公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

映画「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」について

「ハン・ソロ」は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するキャラクター。

相棒のチューバッカと共に密輸業を営む無法者だったが、ルーク・スカイウォーカーやレイア・オーガナとの出会いをきっかけに銀河帝国との戦いに加わる。

ジョージ・ルーカスは、ソロのキャラクターについて「グループの一員であること、公益のために尽くすことの重要性を理解している一匹狼」と述べている。

ハリソン・フォードがソロ役を演じ、スピンオフ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ではオールデン・エアエンライクが演じている。

アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)が企画した「AFIアメリカ映画100年シリーズ」では、『アメリカ映画のヒーローベスト50』で14位、彼のセリフ「May the Force be with you」(「フォースと共にあらんことを」)が『アメリカ映画の名セリフベスト100』で8位にランク入りしている。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

惑星コレリアで犯罪組織の下働きをしていたが、トラブルから逃れるため帝国アカデミーの門を叩く。

その際に姓が必要となり家族がいないことから「ソロ」の名を受付係に付けられた。

アカデミーでパイロットの訓練を受けたが帝国の方針に異議を唱えたことから追放され、歩兵として戦場に送られる。

脱走の常習犯として入れられた牢獄でチューバッカと出会い協力して脱出、強盗団に加わる。

請け負った仕事で速い船が必要となりミレニアム・ファルコン号を所持するランド・カルリジアンを仲間に引き入れる。

その仕事の最中に負傷したランドに代わってミレニアム・ファルコンを操縦し、銀河中にその名をとどろかせることとなる「ケッセル・ランを12パーセク」の記録を達成。

仕事を終わらせた後カードゲーム「サバック」でランドとの勝負に勝ち、ファルコンを手に入れた。

オリジナル・トリロジー

悪名高い密輸団の一員に加わり、ジャバ・ザ・ハットなどの犯罪王を相手にケッセル産スパイスの密輸を生業としていた。

しかし、スパイスの積み荷を輸送中に帝国軍の検閲に遭遇し、積み荷を宇宙空間に捨て難を逃れるが、依頼主ジャバに対して多額の借金を作ってしまう。

途方に暮れていた矢先、モス・アイズリーの酒場で出会ったルーク・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービを惑星オルデランに運ぶ仕事を莫大な報酬金で請け負ったことから、反乱同盟軍の側に引き込まれることとなる。

最初は反乱同盟軍への参加に乗り気ではなかったが、「エピソード4・5・6」の戦いを通じて「ならず者」から「反乱軍の中心的な人物」へと変わり、賞金稼ぎボバ・フェットに追われ、ジャバに身を拘束されるなど危機に遭遇しながらも、物語においても重要な役割を演じた。

レイア・オーガナとは、反発を抱きながらも惹かれ合う仲となる。

救出されさらに自らを捕らえたジャバを退けた後は最終的に反乱同盟軍の将軍に任命され、部隊を率いて衛星エンドアの「月の森」にあるシールド発生施設を攻撃し破壊するという功績を挙げた。

シークエル・トリロジー

その後はレイアと結ばれ息子ベンを儲けるが、ベンは祖父ダース・ベイダーへと傾倒し始め、二人の手に負えなくなったためルークの元へと預けられる。

しかし、ベンはダークサイドに転向、ルークの弟子たちを殺害して姿を消す。

これにショックを受けたソロはチューバッカと共にレイアたちの前から去る。

エンドアの戦いから30年後(『フォースの覚醒』)、密輸業を再開していたソロはレイとフィンとBB-8と出会う。

これにより、ソロは再び戦いに身を投じることとなる。

レイア率いるレジスタンス(新共和国)との合流の後、帝国軍の残党であるファースト・オーダーのスターキラー基地へと乗り込むが、そこで「カイロ・レン」となったベンと再会。

説得を試みるが、隙を突いたベンに、ライトセーバーで体を貫かれ殺害される。

その後、ベンのライトサイドへの償還に際し、彼の記憶の中のソロが助けとなった。

レジェンズ

『新たなる希望』以前の経歴について書かれた小説では、ソロは惑星コレリアで生まれ、コレリアの路上で孤児として育つが、海賊ギャリス・シュレイクに拾われ、窃盗など数々の犯罪を仕込まれる。

主人の船であるトレーダーズ・ラック号で奴隷同然の扱いを受けながら育つも、母親代わりであったウーキー族の女性のおかげもあり、辛うじて完全に荒みきることはなかった。

学校へ通うことは許されなかったが、時折忍び込んでは必死に勉強をしていた。

また、主人の命令で出場させられたスゥープレースでは、抜群の反射神経と天性の才を見せ、サーキットを大いに沸かせた。

19歳で船を脱走。

パイロットとしての技量を頼りに、惑星イリーシアに赴き海賊を討伐するなどの活躍を見せるが、ハットの所有物であった奴隷女性と恋に落ち、危うく彼の逆鱗に触れるところを逃亡した。

その後、コルサント経由で惑星カリダの帝国アカデミーに入学。

各種教育課程を、好成績で修了。

特に持ち前の操縦技術が高く評価され、後に彼の愛用となる軍服コレリアン・ブラッドストライプの着用を許される。

帝国軍の高級将校となる道が開けていたが、奴隷だったウーキー族のチューバッカと出会い、彼の逃亡を助けたことから軍事法廷で有罪判決を受けたため、軍籍を剥奪され除隊処分となる。

「命の借り」を返すために付き従い、以後苦楽を共にすることとなる相棒兼副操縦士のチューバッカと共に密輸業者となる。

エンドアの戦いから4年後、ハン・ソロは職を辞して結婚し、レイアとの間にジェイナ、ジェイセン、アナキンの3人の子供をもうける。

その後も様々な戦いで英雄的な活躍をし、ソロを題材にしたドラマが多く作られるほど有名になるが、大半が事実に基づかない創作されたストーリーであり、本人はそうした虚像で見られることを嫌っている。

コンセプトと創造

『スター・ウォーズ』の草案では、ハン・ソロは緑色の肌で鼻がなく、巨大なエラを持つエイリアン種族であり、同時にジェダイ=ベンドゥ(ジェダイ・オーダー)のメンバーでスカイウォーカー将軍とも面識があるという設定だった。

後にソロは口髭を生やした華麗な海賊に変更され、ルーカスは物語を3人の人間(ルーク、レイア、ソロ)を中心に進展させることに決め、草案のエイリアンの代わりにソロの助手としてチューバッカをデザインした。

最終決定稿で、ソロは「タフなジェームズ・ディーン的スタイルの宇宙パイロット」に変更されている。

ソロは皮肉屋で機知に富んだ密輸業者であると同時に現実的な人間でもあり、自身を実利主義者だと思っている。

しかし、彼はルークたちとの冒険を通して他者への思いやりの心を持つようになっていく。

ルーカスは自身の監督作『アメリカン・グラフィティ』のキャストを『スター・ウォーズ』に起用することを避け、ソロ役にはアル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、ジャック・ニコルソン、シルヴェスター・スタローン、カート・ラッセル、ビル・マーレイ、スティーヴ・マーティン、ロバート・イングランド、ニック・ノルティ、バート・レイノルズなどが候補に挙がっていた。

しかし、『アメリカン・グラフィティ』の出演者であるハリソン・フォードが、レイア役のオーディションの相手役を務めた際の演技が認められ、ソロ役に起用された。

ルーカスは、フォードのことを「面白いキャラだけど、嫌な奴にもなれる奴だ」と評価していた。

『シスの復讐』の初期案では、キャッシークでグリーヴァス将軍の行方を探すヨーダを助ける10代の少年として登場する予定となっていたが、ルーカスはキャスティングを始める前にソロの登場シーンをカットすることに決めている。

また、フォードは映画の中で「ソロは死ぬべきだ」と考えており、『ジェダイの帰還』ではソロを殺すように求めたがルーカスに拒否されている。

『フォースの覚醒』で、ソロは息子カイロ・レンに殺されるが、監督のJ・J・エイブラムスは彼が殺されることで、レンがダース・ベイダーの後継者として成長する機会を与えたという点で映画に貢献していると述べている。

※現在「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」はdTVでレンタル配信中です
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!dTV公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」を楽しもう!

映画でもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

この映画「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

※現在「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」はdTVでレンタル配信中です
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!dTV公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました