呪術廻戦アニメ9話10話11話12話の無料視聴方法は?無料動画と見逃し配信!

アニメ

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画のアニメ化作品「呪術廻戦」の9話、10話、11話、12話の無料動画配信や見逃し配信、全話のあらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

「呪術廻戦」は人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた物語で、幽遊白書などの影響も感じられる作品です!

このアニメ「呪術廻戦」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「U-NEXT」がおすすめです!

※U-NEXTなら原作漫画も読むことができます。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

U-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

※U-NEXTなら原作漫画も読むことができます。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

アニメ「呪術廻戦」9話、10話、11話、12話のあらすじ・ネタバレ

アニメ「呪術廻戦」9話のあらすじ・ネタバレ

「幼魚と逆罰」

高校をサボり映画館に来た吉野順平は、自分をいじめていた同級生が顔を変形させられ、死んでいるところを目撃する。

“犯人”を追い、声をかける吉野。

その後、事件現場の映画館に乗り込んだ虎杖と脱サラ一級呪術師の七海建人は、2体の呪霊に遭遇する。

アニメ「呪術廻戦」10話のあらすじ・ネタバレ

「無為転変」

吉野の調査を任された虎杖は、補助監督の伊地知に作戦を聞く。

低級の呪いに吉野を襲わせ、反応を確かめるというが作戦は失敗し、虎杖は吉野に直球で声をかける。

結果的に嫌悪する担任教師を追い払ってくれた虎杖を見て、吉野は話を聞く気になる。

一方、真人のアジトを突き止めた七海は地下水路で真人と相まみえるのだった。

U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「呪術廻戦」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

アニメ「呪術廻戦」11話のあらすじ・ネタバレ

「固陋蠢愚」

真人に追い詰められた七海は呪力の制限を解除、十劃呪法『瓦落瓦落』で地下水路の壁を破壊し、がれきの雨を降らせる。

一方、吉野と接触した虎杖は、映画の話で意気投合する。

吉野の母とも会い、家に招かれるとさらに打ち解けるのだったが・・・。

アニメ「呪術廻戦」12話のあらすじ・ネタバレ

「いつかの君へ」

真人に心酔していた吉野は、上手く利用され虎杖と戦うように仕向けられていた。

復讐に走り暴走する吉野に対し、虎杖は拳を重ねながらも動機を聞き出し説得しようと図るが、吉野の口から残酷な事実を知ることになる。

そんな二人のそばに真人が忍び寄り・・・。

※U-NEXTなら原作漫画も読むことができます。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

『鬼滅の刃』の鬼、『呪術廻戦』の両面宿儺・・・古代日本の“異形“のルーツに迫る

アニメ2期が発表された『鬼滅の刃』と、同作に迫る人気ぶりを見せる『呪術廻戦』。

昨今、漫画やアニメで「鬼」や「両面宿儺」といった、“この世ならざるもの“が注目を集める。

これらは歴史を遡ると、古代の『日本書紀』や『古事記』にも登場している。

さらに記紀には、ほかにも正体不明の“異形“のものたちも・・・。

彼ら異形のものは、どのように歴史にその姿をとどめているのか。

漫画、アニメ、映画にわたる『鬼滅の刃』の大ヒットで、昨今にわかに注目を集めるようになったのが、“鬼“である。

あらためて、鬼とは何か。

鬼といえば、現代の日本人なら、頭に角を生やし、口の左右から牙をはみださせた、怪力をふるう悪の親玉のような化け物の姿を思い浮かべるのがふつうだろう。

しかし、鬼に対するこのようなイメージが日本に定着したのは中世になってからである。

日本の鬼は、じつはそれ以前にも長い歴史をもっている。

『日本書紀』をひもとくと、神代巻に「桃を用ちて鬼を避ふ」(イザナギが黄泉国の雷公に追われる箇所)、「葦原中国の邪鬼を撥ひ平けしめむと欲ふ」(天孫降臨の段)などとあり、また、景行天皇の巻には、ヤマトタケルに東征を命じる天皇の言葉に「山に邪神有り、郊に姦鬼有り」という表現がみえる。

要するに、いにしえの日本人は禍をもたらす正体不明の怪物や邪霊・邪神のことを「鬼」という字を用いて表現し、オニあるいはカミ、モノと訓じていた(ちなみに、漢字としての「鬼」は本来は「死者の魂」を意味した)。

そしてそこには、王権に抵抗する民や彼らが奉じる神に対する侮蔑もこめられていたのである。

『鬼滅の刃』にあらわれる鬼は、必ずしも角を生やし牙をもつといったオーソドックスな姿をとらず、蛇身、多手、複眼など、名状しがたい種々の“異形″の姿でしばしば描かれるが、その姿は、正体不明の邪的存在という意味で、日本本来の鬼のイメージに近いともいえる。

もっとも、『日本書紀』は鬼の具体的な姿形について記述をすることはほとんどなく、『古事記』にいたっては「鬼」という文字すら登場しない。

しかし両書には、鬼にパラフレーズしうる怪しげな異形の存在がしばしば登場する。

その代表的な例は、天皇への服従を拒む野蛮な土着民(あるいはその指導者)の典型として描かれる、土蜘蛛(土雲)だ。

『古事記』では、神武天皇が東征した際、忍坂 (奈良県桜井市忍阪) で倒される民として登場し、彼らは大室(穴倉)に住み、尾が生えていたという。

『日本書紀』では、神武に抵抗した土蜘蛛の容貌が「からだが短く、手足が長く、侏儒に似ていた」と形容されている。

また、景行天皇巻の天皇西征の記事にも土蜘蛛が登場するが、彼らは九州豊後国(大分県中部・南部)の岩屋に住み、やはり皇命に従わなかったので、討伐されている。

土蜘蛛という称について、「長い手足が蜘蛛に似ていたから」と単純に考える説があるが、逆に、不服従の先住民をグロテスクな虫の姿にたとえた土蜘蛛という蔑称から、「穴居する手足が長い人たち」という解釈が生じたとする見方もある。

土蜘蛛は『古事記』『日本書紀』につづけて各地で編纂が開始された『風土記』にも登場していて、『常陸国風土記』には「かつて国巣と呼ばれる人々がいて、土蜘蛛・八掬脛、あるいは山の佐伯、野の佐伯とも呼ばれたが、いつも穴に棲み、人が来れば穴に隠れ、去れば野に出て遊んだが、獰猛だったので、今は滅ぼされた」と記されている(茨城郡条)。

国巣(「国に住む人=土着民」の意か)、八掬脛(「長い脛」の意)、佐伯(「皇命を遮る存在」の意か)は、土蜘蛛の異称ということになろう。

このように、土蜘蛛は王権・朝廷側から蔑視されていたが、その一方で、『風土記』には彼らを好意的に記す箇所もある。

「大山田女・狭山田女という二人の土蜘蛛が豪族に祭祀の仕方を教えた」(『肥前国風土記』佐嘉郡条)、「二人の土蜘蛛が瓊瓊杵尊に稲作を教えた」(『日向国風土記』逸文)というのがその例で、土蜘蛛が文化英雄的な性格も有していたことを示唆している。

土蜘蛛は、敗者となったがゆえに征服者側によって異形の怪物にさせられたが、ローカルな歴史からみれば、未開の沃野を切り拓いた英雄であった。

『日本書紀』には、ローマ神話のヤヌスのように二つの顔をもった謎の怪人も登場する。

現在放送中のアニメ『呪術廻戦』にも登場する「両面宿儺」だ。

仁徳天皇65年条によると、飛騨国に宿儺という人がいた。

胴体は一つだが顔が二つあり、互いに反対を向いていた。

頭の頂は一つになり、うなじがなかった。

それぞれに手足があり、膝はあるが、ひかがみ(膝裏のくぼみ)や踵がなかった。

力は強く敏捷で、左右に剣を佩き、四本の手で弓矢を使った。

そうして皇命に従わず、人民を略奪して楽しんでいた。

そこで、朝廷から派遣された武将・武振熊によって誅殺された。

この記事の主人公である「飛騨国の宿儺」は、顔が二つあったというので、両面宿儺と通称される。

『日本書紀』の記述はわずかにこれだけだが、彼は、ひとことでいえば、飛騨を蹂躙したために天皇の将によって討伐された悪党ということになろう。

ところが、飛騨やその隣の美濃各地には数多くの両面宿儺伝承が伝えられていて、そこでの宿儺は、『日本書紀』とは対照的に、悪神や怪物を退治して領民を救うヒーローになっている。

たとえば、岐阜県高山市にある古刹千光寺は両面宿儺を開山とし、江戸時代初期に編纂された寺伝『袈裟山千光寺記』には、つぎのような宿儺伝承が記されている。

「仁徳天皇の御世、飛騨の岩窟から両面宿儺という異形の人が出現した。

救世観音の化身であるという。

人々はこれを見て恐れおののき、逃げ散ったが、宿儺が『私は仏法守護、王法の契約により出現した』と告げたので人々は仕え、千光寺が草創された。

だが、飛騨に鬼神が出たとの報せが都の天皇のもとに届いたので、天皇は将を遣わして鬼神を退治させようとした。

しかし、宿儺は『私は過去世で、釈迦から仁徳天皇に天皇即位の大事を伝授しなさいと告げられた』と天皇軍に手紙を書き送った。

さらに飛騨の位山(高山市一之宮町)に将を招き、天皇即位の大事を伝授し、笏木を作って進上した」

この伝承は仏教色が濃く、造作された部分が多いと思われるが、朝廷側では鬼神と同一視された両面宿儺が、天皇に逆らうのではなく、天皇に秘伝を授ける賢者として描かれている点が興味深い。

両面宿儺もまた土蜘蛛と同じように、政治的な意図によって異形の怪物にさせられた、抹殺された英雄なのだろうか。

あるいは、敗者に対する地元民の憐憫がローカルな英雄譚を育んだのだろうか。

ここまでに紹介した記紀の記述は、いずれも神話や伝説の域を出ず、そのまま史実として受け止めることは難しい。

仮に核となる事実はあったとしても、とくにその異形性をめぐる表象は、人間の想像・妄想の産物によるところが大であろう。

ところが、必ずしもそうとは言い切れない「鬼」も『日本書紀』には登場している。

最後に紹介するのは、史実性の高い『日本書紀』の飛鳥時代の記事からである。

斉明天皇7年(661)正月、女帝の斉明天皇は中大兄皇子(のちの天智天皇)とともに難波を発って九州へ向かった。

前年、日本の友好国だった朝鮮半島の百済が唐・新羅の連合軍に攻められて滅亡していたが、百済再興をめざす遺民たちの要請を受け、九州を本営にして救援軍の指揮をとろうとしたのである。

そして5月、筑紫の朝倉橘広庭宮 (福岡県朝倉市)に入るのだが、まもなく宮殿が壊れてしまう。

宮殿の造営にあたって近くにあった神社の木を伐り払っていたのだが、そのために神の怒りを受けたのだとされた。

おまけに宮殿内には「鬼火」があらわれ(「宮中に鬼火を見る」)、それによって多くの者が病にかかり、そして死んでいった。

さらに7月には、斉明天皇が崩御してしまう。

『日本書紀』は死因をとくに記していないが、御神木を伐ったことの祟りか、それとも鬼火に苦しめられた末のことだったのか。

翌月、葬儀が執り行われるのだが、このとき不意に上空に出現したのが、“鬼“であった。

中大兄皇子は柩を那大津(福岡市博多港)の磐瀬宮に移すのだが、夕方になると、朝倉山の上に大笠をかぶった鬼があらわれてその様子をうかがっていた(「是の夕に、朝倉山の上に、鬼有りて大笠を著て、喪の儀を臨み視る」)─と『日本書紀』は明記しているのだ。

おそらく、その場にいた多くの人間がこの不思議な様を目撃したのだろう。

じつは、『日本書紀』によると、斉明天皇が即位してまもない時期にも怪しいものが姿をみせていた。

斉明天皇元年(655)5月、飛鳥の天空に竜に乗って空を飛ぶ者の姿があらわれた。

容貌は唐人に似ていて、油を塗った青い笠をかぶっており、葛城山から生駒山の方へと翔けぬけて行った。

昼ごろには住吉の岡の上にあらわれ、西に馳せ去ったという。

『日本書紀』はこの怪物については「鬼」という表現を用いないが、現代であれば、「UFOか!」と騒がれそうな事件であろう。

天皇の葬儀を見守った鬼の正体とはいったい何だったのか。

斉明元年に上空に出現した青い笠をかぶった怪物と何らかの関係があるのか。

『日本書紀』はただ情報を叙述するのみで、なんら説明をしない。

史実性をそなえたこの鬼にかぎっては、王権や征服・被征服、異民族といった術語を用いて説明を尽くすことが難しく、ただ謎ばかりが残る。

正体不明・説明不能の異形者をめぐる斉明天皇紀のさりげない記録の背後には、日本人が“鬼“に対して抱いてきた恐怖や好奇の源泉が潜んでいるのではないか。

※U-NEXTなら原作漫画も読むことができます。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「呪術廻戦」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でもアニメでも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このアニメ「呪術廻戦」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

※U-NEXTなら原作漫画も読むことができます。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました