その女ジルバの4話5話6話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

フジテレビで放送されるオトナの土ドラ枠のドラマ「その女、ジルバ」の4話、5話、6話の無料動画配信や見逃し配信、全話のあらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

このドラマ「その女、ジルバ」は漫画原作なのですが、原作漫画の評判がすこぶる良く、ドラマ版もかなり評判が良いです!

人生を感じれるドラマ「その女、ジルバ」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「FODプレミアム」のみになります。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

FODプレミアムで見れる動画

それではここからは、FODプレミアムで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

FODプレミアムで見れるドラマは下記になります。

・姉ちゃんの恋人
・ルパンの娘
・30禁
・さくらの親子丼
・僕はまだ君を愛さないことができる
・世にも奇妙な物語
・ライアーゲーム
・メイちゃんの執事
・スイッチガール
・アンフェア
・東京ラブストーリー
・ラストシンデレラ
・SUITS/スーツ
・コンフィデンスマンJP
・DIVER-特殊潜入班-
・医龍
・ひとつ屋根の下
・のだめカンタービレ
・PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~
・教場
・HERO
・CHANGE
・プライド
・シャーロック
・絶対零度
・ラジエーションハウス
・パーフェクトワールド
・アンサング・シンデレラ
・竜の道
・映像研には手を出すな
・振り返れば奴がいる
・ガリレオ
・踊る大捜査線
・リッチマンプアウーマン
・マルモのおきて
・救命病棟24時
・大奥
・ショムニ
・天体観測

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・池袋ウエストゲートパーク
・おそ松さん
・ちびまる子ちゃん
・呪術廻戦
・ハイキュー
・ぼのぼの
・炎炎ノ消防隊
・遊戯王
・ドラゴンボール
・約束のネバーランド
・アオハライド
・Re:ゼロ
・サザエさん
・かいけつゾロリ
・ひぐらしのなく頃に
・愛してるぜベイベ
・あやつり左近
・ゲゲゲの鬼太郎
・ワンピース
・さよなら絶望先生
・転生したらスライムだった件
・天気の子
・ゴールデンカムイ
・3月のライオン
・蟲師
・魔法少女まどかマギカ
・コードギアス
・ソードアートオンライン

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・FODプレミアムなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはFODプレミアムならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「その女、ジルバ」4話から6話までのあらすじネタバレ

時は2019年。

大手百貨店の倉庫で働く彼女は恋人なし、貯金なし、老後の安心なしの人生崖っぷち。

いわゆる負け組OL、笛吹 新(うすい・あらた)40歳は、リストラで希望の職場も追われ、夢も、仕事も、結婚も、全部諦めかけていた・・・。

しかし一軒の店との出会いが、新の人生を大きく変えることとなる。

伝説のママ・ジルバの店 BAR OLD JACK & ROSE。

「採用条件、40歳以上」

終戦直後から、夜の世界で生きてきたホステスたちの超高齢BAR。

平均年齢は70歳以上。

そこに訪れるお客が求めるものは、癒し、母性、叱責、そして美味しい料理・・・。

昭和、平成、令和。修羅場ニッポンを生き抜いてきた女たちが、最高の料理と最高のおもてなしで、常連客たちを迎える。

「これまでの人生を変えたい!」と、思い切ってその店で働くことを決意した新。

やがて、価値観の違いに衝撃を受ける!

“最年少”ホステス・アララとして、「そこの若いの!」「このギャル、誰の孫だい?」

「ピチピチしてるからっていい気になるんじゃないよ!」

等々いじられ、壊され、挫折しながら、ラテン系熟女たちの活気とエネルギーにあふれた空間で、大きく成長、忘れていた大切なものを取り戻していく!

意識が変われば、自分が変わる。自分が変われば、周りが変わる。

人生の折り返しともいえる40歳を機に、新の人生は彩を得ることになる!

そんな中、このBARを作った伝説のママ・ジルバの壮絶な過去も明らかに!

ブラジル移民で戦後家族を失い、絶望の中、必死に立ち上がったジルバ。

その思いがBAR OLD JACK&ROSEには残されていたのだ!

「早いうちにオンナ捨ててちゃダメでしょ! 捨てていいのはミサオとカコよ!」

「この世には、私達は遊びに来たの。笑って、踊って、転んだらまた笑って・・・それであっという間に80年よ♪」

「幸せなのは良い人でも悪い人でもない。心が身軽な人よ」

どんな苦境でも前を向いて生きていくための珠玉の言葉の数々!

昼と夜、二足のワラジで働く新(あらた)のシングルライフに、どんな変化が訪れるのか!?

“高齢BARへ、いらっしゃ~い! あなたの人生、輝かせてあげるから!!”

ドラマ「その女、ジルバ」4話のあらすじ・ネタバレ

秘密にしていた「OLD JACK&ROSE」でのバイトが職場にバレてしまった新(池脇千鶴)だったが、その後、店に誘ったことがきっかけとなりスミレ(江口のりこ)、みか(真飛聖)と同い年の友情が芽生える。

しかし職場のリストラ計画は人知れず進行していて・・・。

店では毎年ジルバママの命日に行われるパーティの準備が進んでいた。

そんな中、新の携帯に弟・光(金井浩人)から連絡が。

地元・会津の町おこしイベントで東京に来ていると聞き、新はあわてる。

実家には、倉庫に出向になったこともバーでバイトしていることも一切知らせていなかったのだ。

とりあえず会って食事する約束をしたものの、その前に新は光と思わぬ形であっさり再会してしまい・・・。

『ジルバをしのぶ会 VOL9』の宴が盛大に始まった。

新もこの日は客の1人として会を楽しむことに。

常連客の他に、テレビでよく見かける直木賞作家・大田原真知(中尾ミエ)も姿を見せる。

なんと彼女、かつて“チーママ”の源氏名で店でホステスとして働いていたというのだ。

その夜、新は初代ママ・ジルバの長く苦難に満ちた壮絶な人生について知ることになる・・・。

ドラマ「その女、ジルバ」5話のあらすじ・ネタバレ

退職願を出したとスミレ(江口のりこ)に突然告げられ、仰天する新(池脇千鶴)。

みか(真飛聖)は前園(山崎樹範)の仕業に違いないと食ってかかる。

しかしスミレは「もう決めたことだから」と多くを語らずその場を収める。

その夜「OLD JACK&ROSE」では、一同がスミレの話を聞いていた。

会社は、スミレにパワハラ疑惑があることを問題視しているのだという。

そんなことあるはずが・・・と言いたいところだが、少し前まではスミレから小言やイヤミを言われていた身としては、コメントしづらい新とみかだった・・・。

その時、店に新を訪ねて1人の客がやってくる。

なんと前園であった。

新に本音をこぼす前園。

彼なりにスミレの退職に関しては思うところがあるらしい。

普段はひょうひょうとしている前園も、中間管理職という立場に苦しんでいた。

40になり、それぞれの前に訪れる厳しい現実。

シジュー三人娘の胸に去来するものとは?

そして事態は思わぬ方向へと向かい・・・。

ドラマ「その女、ジルバ」6話のあらすじ・ネタバレ

年末の繁忙期になり、新(池脇千鶴)が働く倉庫は大忙し。

みか(真飛聖)が辞めて、シジュー3人娘の1人が欠けてしまった感傷に浸る間もなく、新とスミレ(江口のりこ)は慌ただしい毎日を送っていた。

遅めの昼休みを取りながら、今は島根の実家でのんびり暮らすみかに思いをはせる2人。

その手には、みかが送ってくれた出雲大社のお守りがあった。

出雲大社といえば、そう、縁結びの神様・・・。

一方、BAR「OLD JACK&ROSE」では、毎年恒例のクリスマスパーティーの準備が進んでいた。

くじらママ(草笛光子)や、ナマコ(久本雅美)、ひなぎく(草村礼子)らがツリーを飾っている中で、エリー(中田喜子)は大切な常連客へのプレゼントの準備に悪戦苦闘。

不器用なエリーを先輩ホステスたちが手助けしている、そんな姿も年末の風物詩だ。

客の中では、石動(水澤紳吾)がなぜかソワソワ。

どうやら意中の相手に告白の準備・・・?

「え。私に?マジ。ウソだ・・・」

新からクリスマスパーティー招待のチラシをもらい、独り身に慣れ切ったスミレは思わず感動。

ウキウキのスミレの様子を我がことのようにうれしく思いながら、少し前まで落ち込んでいた自分が驚くほど軽やかに生きていることを実感する新だった。

そして迎えたクリスマスパーティ当日。

テーブルにはクリスマス料理やケーキが並び、ホステスたちや幸吉(品川徹)がクリスマス仕様のコスプレで客を迎える。

そこにはちょっとオシャレしたスミレや、石動ら常連客の姿も。

そして突然店を訪れた、ナゾの男・・・。

「OLD JACK&ROSE」のクリスマスは奇跡が起きる・・・聖夜は恋が始まる予感!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

池脇千鶴、アパレル店員時代の姿に女優として絶賛の声

第5話の回想シーンでアパレル店員時代の新(池脇)の姿が描かれると、ネット上には「かわいすぎる」「バリキャリ風!」といった反響が寄せられた。

退職願を出したとスミレに突然告げられ、仰天する新。

みか(真飛聖)は課長・前園(山崎樹範)の仕業に違いないと食ってかかるが、スミレは“もう決めたことだから”と多くを語らずその場を収める。

その夜、バー「OLD JACK&ROSE」では、一同がスミレの話を聞いていた。

会社は、スミレにパワハラ疑惑があることを問題視しているのだという。

スミレの話を聞いた先輩ホステスのエリーこと衿子(中田喜子)は「しかし頭にくるわねぇ~その上司・・・」と話すと「きっと人の心がわからないロクでもない男よ」と言い放つ。

かつて前園と交際していたアララこと新は「スミマセン・・・」とつぶやくと、同席していたみかが「その課長こそ昔、アララが付き合っていた男・・・」と一同にバラす。

先輩ホステスたちが驚きの声が挙げる中、物語は新と前園が出会った時の回想シーンへ。

画面にはデパートの業務用エレベーターに乗るアパレル店員時代の新が映し出される。

アパレル店員時代の新は、パンプスにタイトなシルエットのパンツといういでたち。

髪はショートカットで耳には大ぶりのイヤリングもつけている。

回想シーンの新の姿に、ネット上には

「ショートカットのアララかわいすぎる」

「若い頃のアララかわいいな~!!こりゃ惚れるわ」

などのコメントや

「わーアパレル店員時代のアララかっこいい!」

「昔のアララ、バリキャリ風!」

といった投稿が相次いだ。

さらに新の回想シーンを演じた池脇についても「すげ、若い頃の回想だと若い顔になっとる」「池脇千鶴の役作りスゴない?」などの反響も寄せられていた。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

87歳の草笛光子が体現する「人生100年時代」

「その女、ジルバ」がいよいよ佳境に向かう。

うっすら見えていた複数のテーマがはっきりと浮き彫りになり、より胸にしみるはずだ。

主人公の笛吹新(池脇千鶴)はスーパーの倉庫で働く40歳のシングル。

いいことが何ひとつなく、砂を噛むような生活を送っていた。

けれど、底抜けに陽気な高齢者ホステスたちが働くバー『OLD JACK& ROSE』でバイトを始めると、生きる意味が見えてきて、表情にも明るさが戻る。

物語の最大のキーパーソンは、くじらママこと久慈きら子(草笛光子)。

ホステス全員の母親のような存在だ。

新のことも娘のように扱う。

ホステスの一人であるエリー(中田喜子)を40年前に騙した男(大石吾朗)が現れ、再び彼女に近づくと、毅然と言い放った。

「エリーは私どもの大切な家族。その家族を守るのが私の役目。お引き取りください。そして、もう二度とエリーには近づかないでください」

エリーには頼れる実際の家族がいない。

この物語のテーマの1つは「疑似家族の存在と意義」にほかならない。

家族がいない者、故郷を離れて家族の存在が遠い者、家族との関係が悪化している者たちにとって、心を許し合える仲間は家族同然の存在。

それを得るのは難しいが、この物語では理想的な疑似家族の姿が描かれている。

くじらママは包容力と貫禄の人である。

87歳の草笛はどちらも備えているので、うってつけだった。

一方で美しいから、大学生のJUZO(草地稜之)の憧れの人というのもハマリ役だ。

草笛は年を重ねるごとに輝きを増しているように見える。

美に関して一家言ある萬田久子(62)ですら「草笛さんは私の美の師匠」と公言してはばからないほど。

その美を保つ秘訣の1つはパーソナルトレーニングらしい。

15年前から、舞台に立つための身体作りとして始めた。

道理でプロポーション抜群で、肌の露出が多いドレス姿のシーンも様になっているわけだ。

ウェーブのかかったグレイヘアも決まっている。

これは当然。

なにしろグレイヘアの元祖と言える存在なのだから。

染めるのを止めてから既に18年が過ぎた。

きっかけは2002年の主演舞台『wit ウィット』。

化学療法を受けるガン患者役なので髪を全て剃った。

68歳のときだった。

「舞台が終了し、髪が少し伸びてきたころに『このままでいいかな』と白い髪でテレビに出たら好評だったので、チャンスとばかりに染めるのをやめました」(『ゆうゆう』2020年4月号より)

くじらママは華麗なダンスも披露する。

これは草笛がレビューとミュージカルを看板とした松竹歌劇団(SKD)出身であることを考えると、腑に落ちる。

入団は1950年、17歳のときだった。

もっとも、子どものころは人前に出るのが苦手だったそうだ。

「それがなぜ女優を続けてきたのか、自分でも不思議だなと思います。思いがけず松竹歌劇団に受かって、劇場でたくさんのお客さんの前に立ったとき、私は案外サービス精神が旺盛だから、無理をしてでもやるしかないと覚悟したんですね、きっと」(『ハルメク』2020年9月号より)

SKDではトップスターに登り詰めた。

たが、1954年に退団。その後は名作『青い山脈』(1957年)などの映画に立て続けに出演する。

一方で1958年に始まった音楽バラエティー番組『花椿ショウ・光子の窓』(日本テレビ)の司会を務めたことから、子どもからお年寄りにまで人気を得る。

歌あり、コントあり、トークありで、現在のバラエティー番組の要素の大半が詰まっていた。

当時、女優が司会を務めるのは異例だった。

女優は決められたセリフを読むものだと思われていたからだ。

ところが、草笛のトークは機知に富み、鮮やかな司会ぶりを見せたため、才媛としての名声も高まる。

長らく独身生活を送っている。

だが、かつては結婚していた。

お相手は管弦楽曲から映画音楽まで幅広く手掛けた作曲家の故・芥川也寸志さん。

文豪・芥川龍之介の三男である。

1960年に結婚したものの、2年で離婚。

当時、2人とも別離の理由は明言しなかった。

その後は仕事一筋。

『犬神家の一族』(1976年)など日本映画史に残る数々の作品に出演。

一方でNHK連続テレビ小説には『どんど晴れ』(2007年)など5本、大河ドラマには『真田丸』(2016年)など10本に出た。

間違いなく日本を代表する実力派バイプレーヤーだ。

『ジルバ』の後も次の予定がある。

出演映画『老後の資金がありません!』が公開される。

役柄は主人公の嫁(天海祐希)を泣かせる浪費家の姑。

また名演を見せてくれるはずだ。

「死んだ後に『面白い女優さんだったわね』と言われるくらい、好きなことをのびのびやりたい。その境地にきています。80代って自由で面白いわよ」(『ハルメク』2020年9月号)

本当なら昨年、五輪の聖火ランナーを務めるはずだった。

生地の横浜を走ることになっていた。

好きなことをのびのび、なのである。

草笛は「人生100年時代」を実行している。

考えてみると、くじらママやホステスたちの生き方とピタリと重なり合う。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「その女、ジルバ」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「その女、ジルバ」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました