MIU404の2話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

the xxxxxxの綾野剛さんが主演で、2022年1月2日の午前1時25分から5時50分、午前6時から8時、2022年1月3日の午前0時50分から5時50分に全話一挙再放送が予定されている「MIU404」の2話の無料動画配信や見逃し配信、あらすじやネタバレなどを紹介していきたいと思います。

2021年の正月にも全話一挙再放送された「MIU404」が再度一挙再放送されるのは、やはりそれだけ人気がある話題作だったからですね!

ここまで評価されている作品だからこそ、何度でも観たい・・・と思う気持ちは自然ですよね?

このドラマ「MIU404」を何度も繰り返し見たい場合、動画配信を行っているサービスは「Paraviパラビ」のみとなっております。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

スポンサーリンク

Paraviで見れる動画

それではここからは、Paraviで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

Paraviで見れるドラマは下記になります。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・Paraviなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはParaviならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「MIU404」のあらすじネタバレ

2019年4月、警視庁における働き方改革の一環として刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の第4機動捜査隊が増設される。

同部隊・通称「4機捜」隊長の桔梗ゆづるに招集された志摩一未は、旧知のベテラン刑事陣馬耕平とバディを組むはずが、上層部の意向でキャリア組の新人・九重世人が急遽4機捜の隊員となったため、候補段階で一旦落とされていた伊吹藍と組むことになる。

破天荒で警察官としての常識に欠けるが、機捜の任務を

「誰かが最悪の事態になる前に止められる良い仕事」

だと話す伊吹に心を動かされた志摩は、彼の正式配属を保留しつつ共に任務を続ける。

物語は一話完結を基本として、あおり運転問題や虐待トラウマを持つ殺人容疑者、日本における外国人労働問題などを背景に持つさまざまな事件を描くが、いくつかのエピソードはラストに向けて継続し、終盤3話は連続したストーリーが展開する。

伊吹は、過去に後輩刑事を追い詰め死に追いやったと苦悩する志摩にある救いをもたらし、志摩は恩師の犯した罪にショックを受ける伊吹に手を差し伸べ、二人は相棒としての絆を強固にしていく。

その裏で、第3話で4機捜に追われた少年・成川岳は逃走したまま連絡を絶ち、久住と名乗る裏社会の青年に誘われ「ドーナツEP」という違法ドラッグの売人に身を落とす。

また数年前に桔梗が関わった違法カジノ事件では、羽野麦の証言が摘発につながったが、経営者の男・エトリを捕まえることができなかった。

麦は裏社会に潜むエトリに追われる身となってしまい、責任を感じた桔梗は彼女を自宅で保護していたが、エトリは久住を通して裏社会の人脈やNowTuberの特派員REC、そして成川を操り、麦の居所を探し当て誘拐する。

伊吹と志摩は、麦と土壇場で彼女を助けようとした成川の二人を探し出し、救出する。

だが別部隊に確保されたエトリは久住の操縦するドローン爆弾によって殺害される。

裏ですべてを操っていた久住を捕らえるため、伊吹と志摩はRECを説得しWeb会議サービスで久住に接触するも、彼はRECのPCをクラッキング、都内同時多発爆破事件をでっち上げたフェイクニュースを拡散して社会を混乱に陥れ、緊急通報の遅れによる深刻な被害をもたらす。

伊吹らも久住を逮捕できず、陣馬は逃走する共犯のトラックにはねられ重体に陥り、九重は上層部の命によって4機捜から強制的に異動、桔梗は隊長の座を失う。

このことをきっかけに伊吹と志摩との関係は悪化する。

手段を選ばない久住に対抗し、志摩は刑事を辞める覚悟で単独行動し久住の居場所を探し当てるが、伊吹はその様子に気付き、久住が身を隠すクルーザーへ先回りし彼に接触する。

久住は社会に対する虚無的な思想を語り、ドラッグの充満する船室に伊吹と彼を追ってきた志摩を監禁する。

ドラッグによる悪夢は伊吹と志摩の深層心理を抉りトラウマをつきつけ、ついには志摩が殺害され、怒りのあまり伊吹が久住を射殺する光景を見せる。

だがそのとき、ドラマ上の現実世界では陣馬が意識を回復し、九重がその知らせを送ったことで二人は悪夢から目覚め、船から脱出する。

九重を通して連絡を受けた桔梗は臨時に隊長に復帰、その指揮の下緊急配備が敷かれる。

伊吹と志摩は和解し、逃走計画のため屋形船にいる久住を探し当て、ようやく逮捕に成功する。

久住は自身への理解を拒絶して本名も生い立ちも語らず、完全黙秘のまま収監される。

時は流れ、新型コロナウイルス感染症流行の影響で東京オリンピックが延期となった2020年夏、マスクを着けた伊吹と志摩が引き続き4機捜でバディを続けている姿で物語は幕を閉じる。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「MIU404」2話のあらすじ・ネタバレ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。

容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。

加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく・・・。

ドラマ「MIU404」2話のネタバレ・感想

構成が、実に巧みだ。1勤務24時間の中で、できる限りの初動捜査をするという警視庁“機動捜査隊(通称:機捜)”を舞台にした、1話完結のノンストップドラマでありつつも、この世界での“人生”が続いている。

「大事なことを思い出した。ここんとこ毎晩寝る前に、“あ、そうだ。アレを志摩に言っとかないと”って思ってたんだよ」

と、伊吹(綾野剛)が語りかける。

車の助手席で思い出す、志摩(星野源)に関する“アレ”とは、もちろん前回の事件現場での話。

野生的な勘の鋭さと行動力で犯人を追い詰めた伊吹。

拳銃を取り出してあわや撃つかと思われたが、銃声の代わりに鳴り響いたのは魔法少女のステッキに録音された可愛らしい決め台詞だった。

最初から撃つつもりなどなかったという伊吹だったが、複雑な思いに駆られた志摩は思わずげんこつで殴ってしまった・・・アレのことだ。

「謝ってもらってない」

その伊吹の言葉が、後々第2話の重要なキーワードとなってくる。

だが、もちろん視聴者はまだ知らない。

むしろ、このときは「殴ってごめんなさいは? セイ!」と、じゃれる伊吹と煙たがる志摩の距離感を楽しむやりとりとして輝く。

この2人が過ごしている時間の流れを示しながらも、このあとの事件を予感させる絶妙な会話劇が、さすがの脚本力と惚れ惚れする。

第2話で起きた事件は、ハウスクリーニング会社での殺人事件。

殺されたのはパワハラが過ぎると悪評高い専務で、容疑者として浮かび上がったのは、真面目な性格の会社員・加々見崇(松下洸平)だ。

第一発見者によると、加々見は凶器を持ったまま逃走。

田辺将司(鶴見辰吾)・早苗(池津祥子)夫妻を脅し、山梨県へと車を走らせる。

すると、田辺夫妻と加々見の間には妙な絆が生まれていくのだった。

加々見は父親に、そして田辺夫妻は息子に、それぞれ「謝ってほしかった」「謝りたかった」という過去を持っていたのだ。

だが、その願いは永遠に叶わない。

なぜなら、加々見の父親も田辺夫妻の息子も、すでにこの世の人ではなくなっているからだ。

そこに志摩のかつての相棒というもうひとつの死も見え隠れする。

志摩もまたこの2組の親子と同じ傷を抱えているのではないかと予感させる展開だ。

加々見の「やってない」という言葉を信じて味方になろうとした田辺夫妻に、そして加々見は無実を証明しようとしていると信じている伊吹に、志摩は「人は、信じたいものを信じるんだよ」と喝を入れる。

と、同時に第1話の「俺は他人も自分も信用しない」という言葉が脳裏によぎる。

自分が信じたことがキッカケで深い傷を負った人の言い分にも思えたからだ。

「(やってないという時は)自分がやってしまったことを、認めたくないんです。できることなら、罪を犯す前に戻りたい」

「なかったことにしたい。でも時は戻らない」

「加々見は、自殺するかもしれません」

そう志摩が、加々見の心情を推測するのは、刑事としての経験か、それとも・・・。

普段から実直に仕事に取り組んでいた加々見。

慣れない手つきで包丁を万引きをし、救いを求めるように訴える姿に、田辺夫妻のみならず視聴者もすっかり信じてしまったのではないだろうか。

「信じる」ということは、そうであってほしいという「願い」そのもの。

だが、人が信じるというのは、それだけ危うさをはらんでいるということを忘れてはいけない。

相手を救うことになると信じながら、自分が救われようと願い、真に救う方法を見失ってしまいかねないからだ。

きっと志摩はそれを知っているのだろう。

加々見が逮捕された瞬間、田辺夫婦は実の息子に言えなかった、そして加々見は父親から聞けなかった「ごめんね」の言葉でつながる。

壮大な富士山の前で、加々見がなんとも言い難い表情を浮かべて頭を下げた。

子どものころから見てきた変わらぬ景色を、今も変わらず呪っているのか。

それとも、その田辺夫妻の言葉で景色が変わって見えたのか。

その見方は、私たちの「願い」次第だ。

そして事件解決後、志摩もまた伊吹に「殴って悪かった、ごめん」と告げる。

そのトーンは、いつものようにじゃれ合う口喧嘩。

だが、まるでもう会えない相手の代わりに、目の前の人に伝えたかった言葉を投げかけた田辺夫妻のようにも聞こえてくる。

そして、さらに「お前は、長生きしろよ」という意味深な言葉も続く。

刑事のバディものといえば、事件を解決して単純明快な爽快感が売り。

しかし、そこで終わらないのが『MIU404』チームの力量だ。

2組の親子のストーリーが、2組のバディの過去と未来にリンクしていく。

そして次回第3話では、なんと『アンナチュラル』の世界線ともリンクするというから、驚きだ。

両作を担当する新井順子プロデューサーは、「『MIU404』と『アンナチュラル』の世界はつながっていて、どこかでミコトも生きていると思っている」と語った。

私たちが生きている限り人生が続くように、キャラクターたちの人生もどこかで続いている。

ドラマのための事件ではなく、その世界で起きた事件をドラマとして観ているという感覚。

だからこそ、じっくりと作品を味わうことができるのだ。

大ヒットドラマ『アンナチュラル』の成功が、『MIU404』の制作環境を自由にしているとも聞いた。

ならば、このドラマがどこまで深く味わい深いものになるのか、伊吹&志摩コンビよろしく制作陣にも大いに暴れてほしい。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「MIU404」のキャスト

伊吹藍 演:綾野剛

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。

これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。

初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

志摩一未 演:星野源

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。

機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。

観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

九重世人 演:岡田健史

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。

今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。

4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

陣馬耕平 演:橋本じゅん

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。

ベテラン機捜隊員。腕っぷしは誰よりも強いが近ごろは年齢を感じることもしばしば。

桔梗の隊長任官時に1機捜に呼ばれ、4機捜の設立とともに異動、班長に。

志摩とも同僚だったことがある。ノミニケーション、筋ハラで若者から嫌われがち。特技は顔面配備。

桔梗ゆづる 演:麻生久美子

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。

警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。

陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。

機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。

口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

糸巻貴志 演:金井勇太

警視庁刑事部・第1機動捜査隊・隊員。

桔梗が1機捜内に設立したスパイダー班の班長。

SNSのリアルタイム監視ほかWEB分析、防犯カメラの映像解析などを担う。

帰宅が面倒で芝浦署の仮眠室に住んでいるという噂がある。

我孫子豆治 演:生瀬勝久

警視庁刑事部・刑事部長。

組織対策犯罪部の部長時代に桔梗とやりあった過去があり犬猿の仲だが、お互い牽制しながら利用し合っている節がある。

組織を守ることが多くの正義を為す道という信条を持つ。陰で桔梗に「マメジ」と呼ばれている。

特派員REC 演:渡邊圭祐

動画投稿サイト「NOW TUBE」で「ナイトクローラーチャンネル」を配信しているナウチューバー。

本名不明。自身を「特派員REC」と名乗り、ネットでみつけたネタやニュースの解説動画を日々アップし、億万ナウチューバーを目指している。

羽野麦 演:黒川智花

2年前の裏カジノ事件の情報提供者。

警察が裏カジノオーナー・エトリを取り逃がしたことにより、命を狙われ、桔梗の家にかくまわれている。

桔梗もゆたかもハムちゃんと呼んでいる。

成川岳 演:鈴鹿央士

バシリカ高校3年生。

先輩のせいで所属していた陸上部が廃部になったことを根に持っている。

いたずら通報で警察の業務妨害をたびたび行い、共犯の同級生は捕まるが、一人逃亡中。

久住 演:菅田将暉

成川に近づく。

その思惑は不明。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「MIU404」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「MIU404」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました