ほん怖2021特別編・傑作選の無料動画見逃し配信と無料視聴方法!再放送日時は?

ドラマ

フジテレビの土曜プレミアム枠で放送されているオムニバスホラードラマ「ほんとにあった怖い話(ほん怖)2021特別編」や傑作選の無料動画や見逃し配信、動画配信の無料視聴方法などについて紹介したいと思います。

この「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」は長年続く夏の風物詩でしたが、昨今では秋に放送されるようになり、稲垣吾郎さんがMCのまま続いています!

「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」は年に一回の放送なので、再放送を望む声も非常に多い人気番組です!

この「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」の動画配信・見逃し配信は現在予定されておりませんが、フジテレビで放送される事から、動画配信が行われるとしたら、動画配信サービス「FODプレミアム」になるのではないかと思います。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

スポンサーリンク

FODプレミアムで見れる動画

それではここからは、FODプレミアムで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

FODプレミアムで見れるドラマは下記になります。

・姉ちゃんの恋人
・ルパンの娘
・30禁
・さくらの親子丼
・僕はまだ君を愛さないことができる
・世にも奇妙な物語
・ライアーゲーム
・メイちゃんの執事
・スイッチガール
・アンフェア
・東京ラブストーリー
・ラストシンデレラ
・SUITS/スーツ
・コンフィデンスマンJP
・DIVER-特殊潜入班-
・医龍
・ひとつ屋根の下
・のだめカンタービレ
・PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~
・教場
・HERO
・CHANGE
・プライド
・シャーロック
・絶対零度
・ラジエーションハウス
・パーフェクトワールド
・アンサング・シンデレラ
・竜の道
・映像研には手を出すな
・振り返れば奴がいる
・ガリレオ
・踊る大捜査線
・リッチマンプアウーマン
・マルモのおきて
・救命病棟24時
・大奥
・ショムニ
・天体観測

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・池袋ウエストゲートパーク
・おそ松さん
・ちびまる子ちゃん
・呪術廻戦
・ハイキュー
・ぼのぼの
・炎炎ノ消防隊
・遊戯王
・ドラゴンボール
・約束のネバーランド
・アオハライド
・Re:ゼロ
・サザエさん
・かいけつゾロリ
・ひぐらしのなく頃に
・愛してるぜベイベ
・あやつり左近
・ゲゲゲの鬼太郎
・ワンピース
・さよなら絶望先生
・転生したらスライムだった件
・天気の子
・ゴールデンカムイ
・3月のライオン
・蟲師
・魔法少女まどかマギカ
・コードギアス
・ソードアートオンライン

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・FODプレミアムなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはFODプレミアムならではです!

※現在「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ほんとにあった怖い話(ほん怖)2021特別編」橋本環奈、乃木坂46与田祐希、山崎育三郎出演

オムニバス形式の実録心霊ドラマ「ほんとにあった怖い話 2021特別編」(ほん怖)が10月23日午後9時から放送される。ドラマパートでは、橋本環奈さん主演の「凶音の誘(いざな)い」、アイドルグループ「乃木坂46」の与田祐希さん主演の「或る学校の七不思議」、山崎育三郎さん主演の「事故物件A」、お笑いトリオ「3時のヒロイン」のゆめっちさん主演の「だるまさんが転んだ?」が放送される。

「凶音の誘い」は、声優を目指しながらコールセンターでアルバイトをする峰岸玲奈(橋本さん)が主人公。玲奈はある日、給湯室で奇妙な物音を耳にし、人影のようなものが通り過ぎたことに気付く。その後、上司に地下の倉庫へ商品サンプルを取りに行くよう頼まれ、バイト仲間の伊藤麻美(恒松祐里さん)と倉庫へ向かうと、麻美はなぜか緊張した様子に。そして、再び奇妙な音が聞こえ、不審に思った玲奈が麻美に「他の人も来ているのか?」と聞くと、麻美の表情が一変して……。

「或る学校の七不思議」は、女子高生の小野寺沙希(与田さん)が主人公。ある日の放課後、沙希は同級生の飯田七海(長見玲亜さん)、中村優奈(箭内夢菜さん)と文化祭の準備をしていた。すると、優奈が学校の七不思議の一つ「コックリさん」をやろうと言い出す。3人は始めるが、同級生の森山諒(宮世琉弥さん)に止められる。森山は「本当に悪い霊を集めることがあるから、遊び半分でもこういうことはしない方がいいよ」と言う。コックリさんをきっかけに、沙希の周りでは次々と奇妙な現象が起こり……。

「事故物件A」は、サラリーマン・野々村陽介(山崎さん)が主人公。陽介は急な転勤を命じられ、安価で空いていたマンションに引っ越す。妹の良美(堀田真由さん)と一緒に部屋の片付けをしていると、良美はこの部屋が事故物件であることを表す「心理的瑕疵(かし)あり」と書かれた物件案内を見つける。その後、陽介は部屋の中で次々と奇妙な出来事に見舞われるようになり、霊能力を持つという雑貨屋の女店主(山村紅葉さん)に浄霊してもらう。しかし、女店主は「その場しのぎに過ぎない。今すぐにでも引っ越さないと、最悪命を落とすことになる」と言い、陽介は引っ越しの準備をするのだが……。

「だるまさんが転んだ?」には、ゆめっちさんが本人役で出演。地方収録であるホテルに数日泊まることになったゆめっちは部屋で不穏な空気を感じ、その後、キャリーケースが開かなくなったり、つけた覚えのないテレビが大音量で流れたりと、次々と奇妙な出来事に見舞われる。夜になり、眠りにつこうと電気を消すと、突然ひどい耳鳴りに襲われ、玄関の方に黒い人影のようなものが見える。電気をつけて確認すると誰もいないのだが、翌晩も電気を消すと人影が見えた。そして最後の夜、ついに人影のようなものが、ゆめっちの目の前に現れ……。

3時のヒロイン・ゆめっち本人の“心霊実体験”をドラマ化!

フジテレビ系にて、明日10月23日(土)21時から放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』。一般の人の身に実際に起こった心霊体験をもとに、心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく人々の姿を描くリアルホラーエンターテインメントだ。

橋本環奈主演の『凶音の誘い(きょうおんのいざない)』、与田祐希主演の『或る学校の七不思議』、山崎育三郎主演の『事故物件A』に続き、4つめのドラマパート『だるまさんが転んだ?』を3時のヒロイン・ゆめっちが『ほん怖』シリーズ初出演でドラマ初主演を務める。また、3時のヒロイン・福田麻貴とかなでも共演することが決定し、彼女たちは、ドラマ内でそれぞれ本人役を演じる。さらに、3時のヒロインは、スタジオゲストとしても稲垣吾郎率いる“ほん怖クラブ”とともに出演。そのほかスタジオには、乃木坂46の生田絵梨花、秋元真夏、梅澤美波、『或る学校の七不思議』で主演を務めた与田祐希もゲストとして登場!不可思議な心霊現象をひも解いていく。

ドラマ『だるまさんが転んだ?』は、子どもの頃から霊感があるというゆめっちの最新最恐の実体験を描いた物語だ。地方収録でとあるホテルに数日泊まることになった3時のヒロインの3人。ゆめっちは、自分の宿泊する部屋に入り電気をつけると、なんともいえない不穏な空気を感じる。すぐに霊感のある知人に部屋の写真を送って見せることに。「そこまで悪い感じはしないけど、一応気を付けてね」と知人に言われ、電話を切るゆめっち。そして、荷物を片付けようとキャリーケースに手をかけると、なぜかケースが開かない。普段から鍵をかける習慣はなく、この日もかけたはずはないのだが…。シャワーを浴びていると、つけた覚えのないテレビが大音量で流れたり、福田とかなでと3人でネタ合わせをしていると後ろから誰かに腕を引っ張られている感覚がしたり、と次々と奇妙なことが起きる。その夜、眠りにつこうと電気を消すと、突然ひどい耳鳴りに襲われるゆめっち。視線を感じ、玄関の方を見てみると、黒い人影のようなものが…。しかし、急いで電気をつけて、再び玄関の方を見てみると、誰もいない。そして、その翌晩も電気を消すと黒い人影は見え…。ホテルに泊まる最後の夜、ついにその人影のようなものが、ゆめっちの目の前に現れる!最大最恐の心霊現象がゆめっちを襲う―!?

ゆめっちは、「本当に子どもの頃から見ていた大好きな番組で、ずっといつか出てみたいと思っていた番組の一つなので、すごくうれしかったです」と本作への秘めた思いを伝えた。そして、「涼しくなってきた秋の夜中に見るにはピッタリの番組です。私がここ最近体験した“一番怖い心霊現象”を描いた物語でもあるので、ぜひ楽しみにしていただきたいです」と視聴者へメッセージを寄せた。福田は「怖い作品を久しぶりに真っ正面から逃げずに見ました。スタジオにいる稲垣さんが、いつも通りカッコよくて、そんな稲垣さんがいたから見られたところもあると思います(笑)。ちょうど良いゾクゾク感を楽しんでいただきたいです」とコメント。かなでは、「豪華なキャストさんがたくさん出演されているので、そんな方たちが表現する、怖がっている演技にも注目して、楽しんで見てもらいたいです!」と見どころを語った。

VTRを見た稲垣は、「各ドラマ、本当に怖かった。『ほん怖』の収録の日って、終わった後、実際に何か起きそうな感じがする。でも、長年『ほん怖』に出演しているけど、僕自身には本当に何も起きなくて、幽霊とか来てくれない…。“ほん怖クラブ”のリーダーとしては、実際に心霊体験をしてみたいとは思っているのに…」と心境を語った。また、スタジオでは与田祐希演じる『或る学校の七不思議』のタイトルに掛け、ゲストの身にほんとに起きた七不思議エピソードも紹介!3時のヒロインに加え、乃木坂46メンバーが体験した心霊話とは…?特に梅澤の心霊体験には、一同騒然!スタジオ中が恐怖に凍り付く―!

豪華キャストで贈る『ほんとにあった怖い話 2021特別編』。ご自宅でリアルタイムに『ほん怖』をチェックして、テレビの前でゾッとしていただきたい!ぜひ、お楽しみに!

3時のヒロイン(ゆめっち、福田麻貴、かなで)のコメント

◆出演が決まった感想
ゆめっち「飛び上がりたくなるぐらい、めちゃくちゃうれしかったです。本当に子どもの頃から見ていた大好きな番組で、ずっといつか出てみたいと思っていた番組の一つなので、すごくうれしかったです。そんな番組を通して、自分の体験談を皆さんに知ってもらえるのもうれしいです。それにドラマ部分だけでなく、スタジオの方にもお邪魔しましたが、実際のスタジオの雰囲気がテレビで見ているよりも不気味で…怖かったですが楽しかったです!」

福田「怖いのが大の苦手で10年ぐらい怖いものを見ていませんでした。なので、オファーがあったとき、仕事のスケジュールの中で『ほん怖』の言葉だけ浮き上がって見えるぐらい、撮影の日まで心配でした。ただ、怖い気持ちもありましたが、子どもの頃に見ていた番組ではあったので、怖さよりも番組に出られるうれしさの気持ちの方が勝ちました。ホテルで撮影をしているときは、ずっと怖さと戦いながら撮影していましたが…(笑)」

かなで「怖いものがすごく苦手で、『ほん怖』も一人では見られないのですが、家族とはよく一緒に見ていました。なので、ずっと見ていた番組に出させてもらえるなんて思ってもいなかったので、うれしい気持ちでいっぱいです。ただ、台本が怖すぎて…自分のセリフの部分だけ読んで、台本全体はゆめっちがいるとき(撮影直前)に読んだので、後で“こういう話だったのか!”って知りましたね(笑)」

◆脚本を読んだ印象
ゆめっち「自分が思っていた以上により怖さが増していて、普通に“私の話じゃなくても面白いな”と思いました。初めての主演で“自分”を演じてみて、自然な演技をする難しさを知りました。もともとオーバーにセリフを言ってしまう所もあるので、少し抑え気味にセリフを言ったり、目線だけで怖さを伝えたり、と難しかったです。今まで意識することがなかった分、怖さを表現する難しさをすごく実感しました」

◆番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージ
ゆめっち「涼しくなってきた秋の夜中に見るにはピッタリの番組です。怖さだけじゃなく、今まで見たことのない“お化け”も出てきます。あとは、私の電気をつけたり消したりするシーンは、かなりの長時間かけて撮影したので、そこにも注目して見て欲しいです!そして、私がここ最近体験した“一番怖い心霊現象”を描いた物語でもあるので、ぜひ楽しみにしていただきたいです」

福田「怖い作品を久しぶりに真っ正面から逃げずに見ました。意外に見られて面白かったです。スタジオにいる稲垣さんが、いつも通りカッコよくて、そんな稲垣さんがいたから見られたところもあると思います(笑)。それに、嫌な驚かせ方とかでもないので程よくて…ちょうど良いゾクゾク感を楽しんでいただきたいです」

かなで「物語としての怖さはもちろんですが、豪華なキャストさんがたくさん出演されているので、そんな方たちが表現する、怖がっている演技にも注目して、楽しんで見てもらいたいです!ゆめっちの演技には、ちょっと笑いましたが…(笑)」

山崎育三郎を襲う最凶最悪の“事故物件”!

フジテレビ系にて、10月23日(土)21時から放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』。一般の人の身に実際に起こった心霊体験をもとに、心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく人々の姿を描くリアルホラーエンターテインメントだ。

本作のドラマパートの内の一つ『事故物件A』で、山崎育三郎がシリーズ初出演で主演を務めることが決定した。山崎は、2015年に放送されたドラマ『下町ロケット』(TBS系)で民放連続ドラマ初出演を果たし、その後も連続テレビ小説『エール』(NHK総合/2020年前期)や『イチケイのカラス』(フジテレビ系/2021年4月期)など、数々の話題作に出演し、圧倒的な演技力で視聴者を魅了してきた実力派俳優だ。

そんな山崎が演じるのは、“事故物件”に住んでしまうサラリーマン・野々村陽介(ののむら・ようすけ)。急な転勤を命じられ、あまり深く考えず、安価で空いていたマンションに引っ越した陽介。妹の良美(堀田真由)と一緒に部屋の片付けをしていたとき、良美は机の上に置いてあった“物件案内”をふと目にしてしまう。すると、そこには“心理的瑕疵(しんりてきかし)あり”と書かれた文字が…。出社初日、慣れない仕事で疲れて帰ってきた陽介は、家に帰るとなぜか冷蔵庫の扉が開いていて、満タンだった麦茶のボトルが半分に減っていることに気付く。その後も、何度棚に戻しても落ちる時計、そこには壁から押し出されたかのような、この世ならざる人の顔のようなものが見え…。さらには、苦しくて眠れない夜に目を覚ますと、着物姿の女がおなかの上にたたずんでいたりと、次々に部屋の中で奇妙なことが起きる。心配した良美は陽介におはらいや浄霊を勧めるが、「今は仕事に慣れることが大事」と言い張って、あまり真に受けていない様子の陽介。しかしその夜、ついに女の霊が現れ…。恐怖におののく陽介は、霊能力を持つという雑貨屋の女店主(山村紅葉)の力を借りて、浄霊をしてもらうが、「その場しのぎに過ぎない。今すぐにでも引っ越さないと、最悪命を落とすことになる」と言われる。すぐさま引っ越しの準備をする陽介だが…。最凶最悪の“事故物件”で起きた悪夢の13日間が、陽介を最大の恐怖へと追い込む―!

『ほん怖』初出演が決まった山崎は、「数々の役者の皆さんが出演し、歴史ある『ほん怖』シリーズに参加できることをうれしく思いました。ホラー作品に携わる機会が少なかったので、未知なる世界にとてもワクワクしました」と心境を明かした。しかし、ホラーが苦手だという山崎は、「久しぶりにホラー作品を読んで怖くなり、途中何度も台本を閉じてしまいました。“事故物件”で次々と巻き起こる怪奇現象に震えて、現在1人暮らしじゃなくて本当に良かったと思いました」と本音も語った。そして最後に、「監督の森脇さんは、以前ドラマでご一緒させて頂いて、森脇監督からは“初めて見る育三郎さんの姿だ”と言っていただきました。きっと皆さんも、いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思いますので、そこも楽しみにしていただきたいです」と視聴者へメッセージを寄せた。

高い演技力で数々の名作に出演してきた山崎が、苦手なホラー作品の中でどのような芝居を見せてくれるのか。そして、新たな一面を魅せたという山崎の姿は見逃せない!今年もご自宅でリアルタイムに『ほん怖』をチェックして、テレビの前でゾッとしていただきたい!ぜひ、お楽しみに!

山崎育三郎のコメント

◆出演が決まった感想
「数々の役者の皆さんが出演し、歴史ある『ほん怖』シリーズに参加できることをうれしく思いました。ホラー作品に携わる機会が少なかったので、未知なる世界にとてもワクワクしました。」

◆脚本を読んだ印象
「子どものころはホラー作品を見たり、怪談話をするのも大好きでしたが、歳を重ねてからはなぜか見るのも苦手になり、どこか遠ざけていました。なので、久しぶりにホラー作品を読んで怖くなり、途中何度も台本を閉じてしまいました。“事故物件”で次々と巻き起こる怪奇現象に震えて、現在1人暮らしじゃなくて本当に良かったと思いました。皆さんも物件を選ぶときに“心理的瑕疵(しんりてきかし)あり”の文字には気をつけてくださいね。」

◆番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージ
「監督の森脇さんは、以前ドラマでご一緒させて頂いて、森脇監督からは“初めて見る育三郎さんの姿だ”と言っていただきました。きっと皆さんも、いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思いますので、そこも楽しみにしていただきたいです。そして、この作品はすごくリアルで“自分の家とか本当に大丈夫なのかな?”って思ってしまうようなストーリーになっているので、ぜひ楽しんでご覧頂けたらなと思います。」

乃木坂46・与田祐希が『ほん怖』初出演!

フジテレビ系にて、10月23日(土)21時から放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』。一般の人の身に実際に起こった心霊体験をもとに、心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく人々の姿を描くリアルホラーエンターテインメントだ。

本作のドラマパートの一つ『七不思議』(仮)で、与田祐希(乃木坂46)がシリーズ初出演で主演を務めることが決定した。乃木坂46の“次世代のエース”として人気を集めている与田は、2020年に公開された映画『ぐらんぶる』で映画初挑戦にしてヒロイン役として出演。さらに10月期の日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)でもレギュラー出演するなど、アイドルのみならず女優としても活躍の幅を広げる。

そんな与田が演じるのは、女子高校生・小野寺沙希(おのでら・さき)。ある日の放課後、沙希は同級生の飯田七海(いいだ・ななみ/長見玲亜)と中村優奈(なかむら・ゆうな/箭内夢菜)と一緒に文化祭の準備のため、教室で作業をしていた。すると、優奈が唐突にカバンから紙を取り出し、「(自分たちの)学校の七不思議の一つ“コックリさん”をやろう!」と言い出す。疑心暗鬼になりながらも紙の上に10円玉を置き、人差し指を乗せて“コックリさん”を始める3人。すると、10円玉はゆっくりと動き始め…驚く沙希たち。その様子を見ていた同級生の森山諒(もりやま・りょう/宮世琉弥)が、“コックリさん”の紙を3人から奪い取り、止めに入る。「本当に悪い霊を集めることがあるから、遊び半分でもこういうことはしない方がいいよ」と不思議なことを言い残し去っていく森山。実は、沙希の通う学校には、他にも七不思議のウワサがあり…。“コックリさん”をきっかけに沙希の周りでは、次々と奇妙な現象と恐怖が降りかかる―!

『ほん怖』初出演が決まった与田は、「乃木坂46に入るずっと前からよく見ていた番組だったので、最初は自分が出演できると聞いたときは不思議な感じでした。私は怖い話が好きで、特に『ほん怖』は家族と一緒に見るほど好きな番組なので、すごく楽しみにしていました」と率直な感想を明かした。さらに「撮影で“コックリさん”をやるシーンがあったのですが、人生で初めて“コックリさん”をやってみて、“本当に動くんじゃないか…”という怖い気持ちにもなり、ドキドキしながら撮影をしていました。今回撮影を通して、“七不思議”を体験できたことは、うれしかったです」と語った。そして最後に、「学校の“七不思議”って誰もが聞いたことはあるけど、実際に体験する人はあまりいないと思います。視聴者の皆さんには、ぜひ学生時代に戻ったような気持ちで『ほん怖』を見てゾッとして頂けたらうれしいです」と視聴者へメッセージを寄せた。

女優として高い演技力で今注目を集めている与田が、本格ホラー作品に初挑戦!どのような芝居を見せてくれるのかに期待が高まる。今年もご自宅でリアルタイムに『ほん怖』をチェックして、テレビの前でゾッとしていただきたい!ぜひ、お見逃し無く!

乃木坂46・与田祐希のコメント

◆出演が決まった感想
「乃木坂46に入るずっと前からよく見ていた番組だったので、最初は自分が出演できると聞いたときは不思議な感じでした。私は怖い話が好きで、特に『ほん怖』は家族と一緒に見るほど好きな番組なので、すごく楽しみにしていました」

◆脚本を読んだ印象
「私は学生時代、学校の“七不思議”を聞くことはありましたが、何か体験することは無くて…。よく学校で肝試しとかもしていたのですが、そういった場でも何か起きることは無かったので、脚本を読んで、“これが本当にあった話なんて怖い!”と思いました。撮影で“コックリさん”をやるシーンがあったのですが、人生で初めて“コックリさん”をやってみて、“本当に動くんじゃないか…”という怖い気持ちにもなり、ドキドキしながら撮影をしていました。今回撮影を通して、“七不思議”を体験できたことは、うれしかったです」

◆番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージ
「学校の“七不思議”って誰もが聞いたことはあるけど、実際に体験する人はあまりいないと思います。すごく身近な感じがするからこそ、逆にちょっと怖い部分やゾッとする所もあると思うので、視聴者の皆さんには、ぜひ学生時代に戻ったような気持ちで『ほん怖』を見てゾッとして頂けたらうれしいです」

橋本環奈出演!

フジテレビでは、10月23日(土)に土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』を21時から放送する。実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント『ほんとにあった怖い話』(通称:ほん怖)は、1999年に放送をスタートし、心霊体験をもとに心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく人々の姿を描く。そんな『ほん怖』は、2004年から稲垣吾郎が、『ほん怖』クラブリーダーとして出演している。また、小学生中心で構成された『ほん怖』クラブのメンバーも健在。稲垣と『ほん怖』クラブのメンバーが、いまだかつてない恐怖体験をお届けする!今回の『ほん怖』にもぜひご期待いただきたい。

本作のドラマパートの一つ『凶音の誘い(きょうおんのいざない)』で、女優・橋本環奈がシリーズ初出演で主演を務めることが決定した。映画『銀魂』や映画『かぐや様は告らせたい』など、これまで数々の大ヒット作品に出演してきた橋本。10月15日(金)公開の映画『劇場版 ルパンの娘』では、ドラマ版に続き名探偵一家の娘役として出演する。先日解禁された映画『劇場版 ルパンの娘』の新場面写真では、セクシーな表情を魅せた橋本にネットでは話題に。数々の作品を通じてコミカルな演技からシリアスな演技まで、どんな個性的な役柄も器用に演じ分け、見る者全てに印象を残してきた実力派女優の橋本が『ほん怖』でみせる演技は必見だ。

そんな橋本が演じるのは、声優を目指しながら、コールセンターでアルバイトをしている峰岸玲奈(みねぎし・れいな)。ある日、一息つこうと給湯室で休んでいると、「キュルキュル…」という奇妙な物音と人影のようなものが通り過ぎたことに気付く。不思議に思いながらも仕事を続けていると、上司の鷺沼浩一(さぎぬま・こういち/山中崇)から地下の倉庫に商品サンプルを取りに行くように命じられる。バイト仲間の伊藤麻美(いとう・あさみ/恒松祐里)とともに倉庫へ向かう2人。麻美は倉庫に着くと、その中を足早に移動し、どういう訳か緊張した様子でサンプルを取り出していく。すると、再び「キュルキュル…」と奇妙な音が聞こえてくる玲奈。不審に思い麻美に「他の人も来ているのか?」と聞くと、麻美の表情が一変して…。不穏な気配と不気味な音が、2人の身に迫る―。

『ほん怖』初出演が決まった橋本は、「たくさんの方が今まで出演されていて、歴史のある番組に出られることになり、“すごく楽しみだな”と思いました」とコメント。そして、ホラー好きと言う橋本は、「実際にこのコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました。初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います」と確かな手応えを示した。

この他の豪華キャストについては、後日発表予定。今年もご自宅でリアルタイムに『ほん怖』をチェックして、テレビの前でゾッとしていただきたい!ぜひ、お見逃し無く!

橋本環奈のコメント

◆出演が決まった感想
「並みいる出演者の方々が名前を連ねる歴史ある番組に出演させて頂く事となり、“すごく楽しみだな”と思いました。小学生の頃、本当に起きた話だけに、“こんな実体験はしたくないな”と怖がりながら見ていました。」

◆脚本を読んだ印象
「私は、ホラーが好きなので、“すごく面白いな”と思いながら台本を読ませていただきました。“コールセンター”と書いてあったので、電話口の向こうから叫び声が聞こえたりなど、電話のやりとりでの怖さかなと最初は思っていましたが、実際はそばに何かいて感じる怖さでした。ただ、それがまた演じていて良かったです。それに加え、実際にお化けメークを見ましたが、本当にリアルで怖かったです。」

◆番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージ
「実際にこのコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました。初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います。ぜひ、ハラハラ・ドキドキ、家のカーテンを閉めて、電気を消して見てほしいです!」

※現在「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でもアニメでも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

※現在「ほんとにあった怖い話(ほん怖)」はFODプレミアムなどの動画配信サービスでは配信されておりません。
\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました