仮面ライダーリバイス2話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

長年歴史が続いているテレビ朝日で放送されている特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」の2話の無料動画配信や見逃し配信、全話の無料視聴方法やあらすじ、ネタバレなどを紹介していきたいと思います。

昭和から平成へ、そして令和になった仮面ライダーはこれからどのように更なる進展を遂げていくのか、歴代ライダーファンからいつも注目を集めています!

この「仮面ライダーリバイス」の動画配信・見逃し配信はテレビ朝日で放送される事から、動画配信サービス「TELASAテラサ」で配信されております。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

スポンサーリンク

TELASAテラサで見れる動画

それではここからは、TELASAテラサ見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

TELASAテラサで見れるドラマは下記になります。

・先生を消す方程式
・相棒
・科捜研の女
・七人の秘書
・24 JAPAN
・竹内涼真の撮休
・そのご縁、お届けします
・チア☆ダン
・俺たちはあぶなくない
・蛇のひと
・G線上のあなたと私
・時効警察シリーズ
・映像研には手を出すな
・ドクターX
・ドクターY
・おっさんずラブ
・刑事七人
・集団左遷
・西部警察
・妖怪シェアハウス
・未解決の女
・おじさんはカワイイものがお好き
・警視庁・捜査一課長
・おしゃ家ソムリエおしゃ子
・ギルティ~この恋は罪ですか~
・BG
・家政夫のミタゾノ
・特捜9
・ケイジとケンジ
・法医学教室の事件ファイル
・宮本武蔵
・コウノドリ
・民王
・緊急取調室
・DOCTORS最強の名医
・臨場

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・はたらく細胞
・ポケットモンスター
・めぞん一刻
・呪術廻戦
・炎炎ノ消防隊
・ハイキュー
・ブラッククローバー
・銀魂
・ダイの大冒険

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・TELASAテラサなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画などを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはTELASAテラサならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「仮面ライダーリバイス」のあらすじ・ネタバレ

1971年、人間の体内にいる悪魔と契約し、分離させることができる謎のスタンプバイスタンプが中南米の古代遺跡で発掘されてから50年の月日が流れ、現代では悪魔崇拝組織デッドマンズが、同じく遺跡で発掘されたギフの棺に納められていたギフを、人間を生贄にすることで復活させようと政府特務機関フェニックスからバイスタンプを強奪する。

フェニックスはデッドマンズの野望を阻止すべくリバイスシステムの開発に着手していた。

両親が営む銭湯のしあわせ湯の跡継ぎである五十嵐一輝は、脳内で響く自分の中にいる悪魔の囁きに悩まされながら日々を過ごしていたが、あるときその悪魔が自分にだけ見えるようになる。後日、フェニックスに所属する一輝の弟五十嵐大二の分隊長任命式にて、ともに出席した一輝たちはデッドマンズの襲撃を受ける。

一輝は家族を守るために悪魔から持ちかけられた契約に応じるが、実体化した悪魔が暴走を始めたため、フェニックスの研究者ジョージ・狩崎の助言で、悪魔をコントロールするためにリバイスドライバーを装着して仮面ライダーに変身し、悪魔とともに敵を一掃。

狩崎は一輝のライダーを仮面ライダーリバイ、悪魔および悪魔が変身したライダーをバイス / 仮面ライダーバイスと命名する。

一輝は相棒となったバイスに手を焼きつつライダーとしての戦いに身を投じることになり、当初はあくまで銭湯と家族を守ることを第一としていたが、大二との衝突や和解を経て正式にフェニックスと契約する。

ドラマ「仮面ライダーリバイス」2話のあらすじ・ネタバレ

「悪魔はあくまで悪いやつ!?」

若林(田邊和也)から呼び出された大二(日向亘)は、一輝(前田拳太郎)をフェニックスと契約させろと指示される。現時点でリバイスシステムを使いこなせるのは一輝しかいない、と研究者の狩崎(濱尾ノリタカ)もノリノリだ。

 さっそく一輝に契約を持ちかける大二だが、銭湯の仕事を優先する一輝にその気は全くない。必死で説得するバイス(声・木村昴)の声すら無視、きっぱりと断ってしまう。

 キャディーの井端(篠山輝信)がプロゴルファーの荒木(林野健志)に解雇された。納得がいかず苛立つ井端に、オルテカ(関隼汰)が言葉巧みに近づいた。井端はオルテカから受け取ったスタンプで悪魔と契約。カマキリデッドマンを解放し、荒木らを襲い始めた。

 大二とともに駆けつけた一輝は仮面ライダーリバイに変身。バイスも仮面ライダーバイスに変身し、カマキリデッドマンに立ち向かう。途中、またもバイスは大二を食べようとするが、イーグルバイスタンプでバイスの動きを封じてイーグルゲノムにチェンジ。華麗な空中戦でカマキリデッドマンを粉砕する。

 再び人間を襲おうとしたバイスにさすがの一輝もガチギレ。何かとちょっかいを出すバイスを無視していたが、バイスはライダーに変身して暴れたいがために荒木に悪魔を解放することをそそのかしていた。これには一輝の怒りが爆発!一輝はリバイに変身、ライダーバイスに襲いかかる!

 一方、荒木は仕返しとばかり、井端の目の前で悪魔と契約。メガロドンデッドマンを解放してしまう。大二から知らせを聞いた一輝は、現場に急行しようとするが「俺にはこれを使う資格はない」とドライバーとバイスタンプを大二に返してしまう。

 暴れるメガロドンデッドマンとギフジュニアに素手で襲いかかる一輝。当然かなうはずもなく傷だらけになっていく。バイスはそんな一輝に「一緒に戦おうぜ」と呼びかけるが、バイスを解放したがために家族や人々が傷つくのなら変身はしないと頑なに変身を拒否する。

 バイスが言うことを聞かなければ、バイスを道連れに死ぬまで戦う、と強い決意を口にする一輝。さすがのバイスも降参、「一輝の言うことを守ります」とひざまずく。
「よし、契約完了だ!」
 一輝はついに変身。仮面ライダーリバイ&バイスのコンビが復活した!その瞬間、形勢逆転!ギフジュニアを次々と倒し、メガロドンデッドマンを追い詰めると、リバイはバイスとのリミックスを発動。リバイスレックスとなりメガロドンデッドマンを撃破する。

 騒ぎを起こした荒木と井端はフェニックスの更生施設で治療を受けることになるが、ともに気持ちを改めコンビとして再出発することを誓う。そんな二人に一輝との信頼を回復したバイスの大はしゃぎ。「ハグでもしちゃう?」と迫り、ツンデレ一輝に突き放されてしまうが、それでも“あくま”でご機嫌だった。

出演

荒木(林野健志)
プロゴルファー。最近はSNSでプレー態度が悪いと非難され、メンタルが不安定な状態に。キャディーの井端にも辛くあたる。バイスの言葉に乗せられ、悪魔と契約。メガロドン・デッドマンを生み出す。

井端(篠山輝信)
プロゴルファー荒木の専属キャディー。不調の荒木を立て直そうとアドバイスをするが、聞き入れてもらうどころか邪魔者扱いされ怒りを募らせると、オルテカに言葉巧みに騙され悪魔と契約してしまう。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「仮面ライダーリバイス」のキャスト※ネタバレ含む

五十嵐 一輝(いがらし いっき) 演:前田拳太郎

仮面ライダーリバイ

本作品の主人公。両親が営む銭湯しあわせ湯の跡継ぎで、五十嵐家の長男。22歳。強い正義感を持ち、世話好きで熱い性格。

自身の体内に棲息する悪魔が見える特殊体質を持ち、デッドマンズの襲撃を機に、デッドマンズから家族としあわせ湯を守るためにバイスと契約し仮面ライダーリバイの変身者となる。

サッカーを得意としており、憧れの人物は三浦知良。過去にプロサッカー選手を目指していたものの、しあわせ湯の跡を継ぐため、その夢を諦めた過去がある。

バイス 声:木村昴

仮面ライダーバイス

本作品のもう1人の主人公。一輝の体内に棲息する悪魔。常にテンションが高く陽気なお調子者で、一人称は「俺っち」。

一輝と契約し仮面ライダーになった際に、狩崎からバイスと命名される。一輝が胸にレックスバイスタンプを捺したことで契約を交わし、体外に放出されることで実体化が可能となったが、変身前の状態では基本的に一輝以外の人間にはバイスの姿や声は認識できず、実体化前は半透明の状態で一輝の鼻の穴や耳の穴から出現する。

悪戯好きで人間が好物。また、子どものように聞き分けがなく集中力が続かず、気がすぐに散ってしまい、自らの好奇心や本能の赴くままに行動する迷惑千万な性格。

また、人間の文化に興味を持ち、しあわせ湯の風呂を気に入っている。自身の体を得て一輝から解放されることを願っている。

契約を交わした後も幸実や大二を襲おうとしたり、プロゴルファーの荒木に悪魔の解放を促したことで一輝の怒りを買い、宿主と悪魔が一蓮托生の関係であることを利用した一輝の体を張った説得を受けて降参し、「人を襲わず、人を守るために戦い、一輝の言うことを守る」という契約を交わす。

撮影用スーツは、アップ用・アクション用がそれぞれ制作されており、短編映画では異なるスーツが使用されていたが、テレビシリーズでは熱中症対策を兼ねて薄い生地に一新された。

頭の毛髪を表現した白いパーツは、派生形態ではゲノメットを被ることでその最強生物の牙にも見えるようにデザインされた。クラッシャーはディテールではなく、青いマスクに描かれている。

リバイとの差別化から非人道的なシルエットを生むためにアンコをタイツ生地内に設けている。

バイスの声を演じる木村は、台本に台詞のない場面でもスーツアクターがアクティブに動くことから、自分もアドリブの台詞を多く入れており、また、仮面ライダーシリーズで関智一が演じたキャラクターを意識し、そこにガキ大将のイメージやランプの魔人であるジーニーのイメージを取り入れて演じている。

バイスのスーツアクターを務める永徳は、リバイとの差別化を図るために歩き方や構えを変えている。

悪魔をエンタメとして昇華させるために、怖い側面もあるが子供がワクワクするような見た目を意識してデザインされた。

五十嵐 大二(いがらし だいじ) 演:日向亘

五十嵐家の次男で、一輝の弟。フェニックスの中央方面隊分隊長。プライドは高いが、シャイな性格。

プロサッカー選手を目指していた一輝の真意や夢を察している。一輝よりも知能や運動能力が高いが、彼の才能にコンプレックスを感じ、彼への対抗心からフェニックスに入隊する。

リバイスドライバーの有資格者に指名されたが、自身のフェニックス分隊長任命式の最中に現れたデッドマンズの襲撃の際、門田が無断でドライバーを使おうとしてレックス・デッドマンを解放してしまったのを目の当たりにした恐怖に苛まれてドライバーとレックスバイスタンプを手放したことで、結果的に兄の一輝がドライバーの新たな有資格者となる。

五十嵐 さくら(いがらし さくら) 演:井本彩花

五十嵐家の長女かつ末っ子で、一輝と大二の妹。クールなキャラを装っているが、優しい性格の高校生。空手を習っているなど心技体すべてに優れており、潜在能力は一輝や大二よりも高い。

空手は、一輝役の前田が14,5年空手を習っていたことから、さくら役の井本に教えているという。

五十嵐 幸実(いがらし ゆきみ) 演:映美くらら

しあわせ湯の女将である一輝たち3兄妹の母。

大二のフェニックス分隊長任命式におけるデッドマンズの襲撃時にマンモス・デッドマンの攻撃によって負傷し病院に搬送される。

一輝が仮面ライダーに変身する場面を目撃しており、彼がしあわせ湯の経営を優先するためにフェニックスとの専属契約を断ろうとしているのを知ると、「銭湯は家族で守れるけど、世界は一輝にしか守れない」と諭す。

五十嵐 元太(いがらし げんた) 演:戸次重幸

一輝たち3兄妹の父。一攫千金を狙うために動画投稿サイトを開く残念な性格だが、誰よりも家族を思う気持ちは負けない。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「仮面ライダーリバイス」について

新型コロナウイルスの影響を受けて、企画当初はロードムービーのようなアフターコロナの時代を見据えたコンセプトを想定していたが、一向に収束する気配もなく、子供たちは特別な行事だけでなく日常も制限されて普通の幸せを奪われているため、子供たちだけでなくとにかく観てくれる人に楽しんでもらえるよう心がけている。

感染症流行の影響で家族と過ごす時間が増えた人にとっても、逆に簡単には会えなくなった人にとっても、以前とは異なる家族の景色を見る中で、その大切さに気づいてほしいという思いから家族をテーマとしている。

また、他の動物よりも高い知性を持つ人間が社会生活を送る上で、凶暴性や悪性をコントロールする際や、子どもが善悪を自分で判断した際に自分の意思で生きていけるようにサポートする際に大事になる「自分との対話」というマインドを仮面ライダーという作品にするために、我慢を強いられる時代だからこそ、自分の内側に潜む悪魔のささやきが聞こえやすくなり、屈しやすくなるため、それを制御するための力を身につけてほしいという比喩表現として、また、単純な勧善懲悪ではなく悪の力で敵を倒すという善悪の曖昧さや表裏一体さを持つ仮面ライダーの原点に立ち返る意味で、「自分自身に潜む悪魔との契約」というコンセプトとなった。

50周年記念作品ではあるものの、すでに『仮面ライダーディケイド』や『仮面ライダージオウ』があるため、その差別化として、本作品では大勢のレジェンドライダーが出てくるようなものはイメージしづらいため、直接的に関わるのではなく、レジェンドの力を借りずに大勢のヒーローがいる中で、仮面ライダーがなぜ市民権を得ているのか、仮面ライダーとはどういうヒーローなのか、ということを改めて提示できるものにするということから始まったといい、50周年をフックにしてレジェンドライダーをデザインなどのモチーフにするのに留めており、初期の構想ではレジェンド要素を全面に出すつもりはなかったといい、当初はレジェンドライダーの要素は抜くことで動いていたが、諸事情によって方針が変わり、過去の仮面ライダーやスーパー戦隊のアニバーサリー作品とは異なる設定、切り口、見せ方として、仮面ライダーが大好きな狩崎という設定が生まれたという。

劇中でのレジェンドライダーの描き方についても、明言はしないものの、主人公たちと同じ世界に過去の仮面ライダーが存在する世界観となっている。

1人で2人、バディもの、怪人との契約などの要素は、過去の作品のマッシュアップしたもののように見えるが、リサーチ先行ではなく、過去作品とは被らない道筋を、自分のやりたいことを突き詰めて盛り込むことを優先してから探っていくかたちで、過去の同様のコンセプトの作品とは異なるオリジナリティを探す、というフローとなっている。

「家族」がテーマの一つとなっているのは、パワーの源泉や枷にもなる表裏一体であることと、ほのぼのとしたホームドラマをやるのではなく、本作品が主人公を取り巻くコミュニティの、主に取り巻く部分が家族であるというニュアンスからであるといい、戦う宿命にある仮面ライダーという文法の中で、本作品らしい家族の描き方をしていくという。

主人公が家族で銭湯を営んでいる設定は、家族をテーマとして描く上で、全員が共通で大事にしているものとして、脚本の木下やパイロット監督の柴﨑が銭湯好きであることから決まっていった。

前作『仮面ライダーセイバー』は、新型コロナの対策としてゲスト中心ではなくレギュラーメンバーのみで回していくストーリーをメインとしていたが、本作品ではゲストを絡めた物語にしていき、街の人々を助ける世直しライダーということとなった。

当面の間は、『仮面ライダーW』や『仮面ライダーオーズ/OOO』のようにゲストがエピソードごとに出てきて、そのゲストを中心に物語が進む構成が考えられているという。また、前作『セイバー』で使用していたリアルタイム合成は前作のようにファンタジーのような背景を持つ作品には有効であるが、本作品はリアルな日常空間の中で展開するため、中々使い所がイメージできないという。

「仮面ライダーリバイス」について

仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスのコンビ。

変身時には、一輝とバイスのSNS風のやりとりの会話が背後に表示される。

派生形態は、狩崎の趣味で、平成仮面ライダーと最強生物2つのモチーフを掛け合わせたデザインコンセプトとなっている。

1人で2人の仮面ライダーという本作品のコンセプトにより、タイトルは真ん中の単語が共通になるようにするというルールを設け、最初に「悪・犯罪」という意味を持ち、バディ感を出すことができる「副」の意味を持ったバイスが決まり、次に「悪を修正する」という意味を込めてリバイスという単語が浮上し、最後に旧約聖書に登場するリヴァイアサンを彷彿とさせ、ヘブライ語で「結びつける」という意味を持つリバイが決まった。

デザインモチーフは生物の遺伝子と過去の仮面ライダーであり、人間の体内に蓄積された遺伝情報をスタンプで取り出し肥大化させるというイメージで、それを特徴として落とし込むにあたって、オーソドックスで個性的な生物としてTレックスが基本形態のモチーフとなった。

仮面ライダーゼロワンのように色が変わっていくと、同じキャラクターに見えず、本作品ではリバイとバイスの2人の仮面ライダーがいることから、色が変わると、キャラクターはおろか、どっちがどっちかわからなくなるという懸念があったことと、その後に控える強化フォームと明確に差別化するということから、フォームチェンジはカラーリングは変えないこととなった。

各派生形態へのフォームチェンジは、マスク、ベルト、プロテクターのパーツ換装によって表現される。

また、変身においてもプロデューサーの望月は、シンプルな手数で、明るい雰囲気の短い変身音声というリクエストをしたという。派生形態の変身音声もモチーフのレジェンドライダーの決め台詞をアレンジしたものとなっている。

フォームチェンジは怪人の能力に合わせた最適なフォームを選択するという基本スタンスではなく、フォームやアイテムに優劣はなく、各々が同列であるからこそ個性が出るということから、ある程度フォーム数が出揃ってきた段階で、フォームを状況に合わせて次々と変えていくという戦闘スタイルを目指していくという。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「仮面ライダーリバイス」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「仮面ライダーリバイス」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!TELASAテラサ公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました