相棒season16の14話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法を紹介!

ドラマ

水谷豊さんが主演を務めてテレビ朝日で放送されているドラマ「相棒season16」の14話の無料動画配信や見逃し配信の無料視聴方法やあらすじ、ネタバレなどを紹介していきたいと思います。

水谷豊さんはこれまでテレ朝などのあらゆるドラマに出てきましたが、この「相棒」は間違いなく水谷豊さんの代表作の一つです!

歴代相棒たちのことや、新シリーズが放送される時には必ず新相棒の予想なども行われ話題になります!

このドラマ「相棒」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「U-NEXT」がおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

U-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「相棒season16」14話のあらすじ・ネタバレ

「いわんや悪人をや(後篇)」

片山雛子(木村佳乃)が、瀬戸内米蔵(津川雅彦)の寺で得度式を行い出家した。いっぽう、公安調査庁の職員が白骨遺体で発見された事件について、第一発見者である常盤(矢野聖人)を調べていた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、彼が3年前にアメリカに滞在していたという情報を掴む。3年前といえば、美彌子(仲間由紀恵)との関係が疑われた元ロシア人スパイ・ヤロポロクがアメリカに亡命した時期とかぶる。亘は、常盤がアメリカにいるヤロポロクの手紙を中継して、美彌子に白骨遺体の身元を知らせたのではないかと推理するが、右京はまったく別の可能性を考えていた。そんな中、常盤が遺体を発見したのは、実はあるアメリカ人から発掘を頼まれたからだと証言する。
亡命した“美彌子が愛した男”の行方を追う特命係。
瀬戸内、雛子、そして証言を翻した常盤の思惑とは…
右京と亘が、カオスと化した因縁の事件に終止符を打つ!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「相棒」のこれまで

優秀なキャリアだが変人で、警視庁の「特命係」に所属している杉下右京(演:水谷豊)。その彼が自身の下についた相棒と共に活躍していく刑事ドラマ。いわゆるバディもの(英語版)であるが、失態により捜査一課から左遷させられた亀山薫(演:寺脇康文)、元は右京を監視するスパイとして警察庁から送り込まれた神戸尊(演:及川光博)、右京の要望で所轄から引き抜かれた甲斐享(演:成宮寛貴)、法務省からキャリア官僚として警視庁へと出向してきた冠城亘(演:反町隆史)と相棒は変わっている。(ドラマで放送されていないが、右京とバディを組んだ人物は11人である)

基本的に1話完結型のストーリー構成で、右京とその相棒が、右京の友人の鑑識の米沢守や、特命係の良き理解者である角田六郎等の協力者と協力しながら、難事件の捜査を展開し、謎を解き明かしていくミステリードラマを軸とする。併せて相棒や彼らを取り巻く刑事達との人間模様、警察組織との摩擦、社会的な問題、それらに複雑に絡み合う官僚・政治家の陰謀などが展開されている。

全シリーズでの最高視聴率は2011年2月23日放送のseason9 第16話「監察対象 杉下右京」で、23.7%を記録した(ビデオリサーチ関東地区調べ)。また、season9では平均視聴率が20%を超える(20.4%)という快挙を遂げている。

テレビ朝日が2012年4月から2015年3月まで、月曜 – 金曜の夕方の時間帯で行っていた再放送「相棒セレクション」枠は高い視聴率を獲得し、同年4月クールでテレ朝開局以来初の視聴率4冠を獲得する要因になったと報じられたが、その後視聴率が低下し、枠自体が廃止された。2015年3月30日からは『ゴゴワイド』の第2部(不定期で第1部でも)にて科捜研の女などのほかの人気ドラマとランダムに再放送を行っている。

ドラマ「相棒」の制作背景

土曜ワイド劇場枠で、水谷豊が主演していた『探偵事務所』シリーズの原作が残り一本になった時点で、同作のプロデューサー松本基弘により、水谷主演の新シリーズというコンセプトで企画が立ち上がった。その時点で松本に明確なアイディアは全く浮かんでいなかったが、たまたま目にした明石家さんま主演のテレビドラマ(『恋のバカンス』(1997年、日本テレビ)だったかと回想している)の面白さに感銘を受け、そのドラマの脚本を務めた輿水泰弘にコンタクトを取り、輿水も了承したが、輿水のスケジュールが1年先まで埋まっており、水谷も納得した上で撮影開始まで1年半待つことになった。

そしてまもなく土曜ワイド劇場枠で同じく松本がプロデュースしていたシリーズの主演を務めていた寺脇康文と松本が打ち合わせした際に寺脇が水谷に憧れている話をし、水谷との共演を希望したことから、まもなく水谷と寺脇のコンビものという企画に決定する。

当初は輿水が「名探偵もの」、松本が「警視庁の刑事もの」と基本設定の方向性が分かれ、素人探偵では事件に取り組むプロセスが必要となるため、ダイレクトに事件に関われるように設定を刑事にし、所轄と異なり扱う事件が多岐に渡るという点から所属を警視庁へと決定した。

なお、番組タイトルは当初「黄金刑事(ゴールデンコップス)」という候補があった。しかし、なかなかスタッフ全員が納得のいくタイトルがないがために仮タイトルという扱いになり、その後スタッフが中華料理屋で食事中に偶然出てきた『相棒』と言うフレーズがタイトルに決まった。

ドラマ「相棒」の人物設定

特命係・杉下右京

特命係の設定は企画に今日性が欲しいという要望から、名探偵的な要素と警察ものを合わせて名前だけはかっこいい窓際部署でシリアスな裏設定があると、輿水が考えついて生まれたものである。そこに追いやられた右京もまた輿水により、切れ者すぎて嫌われているという人物像が設定された。

輿水は右京のキャラクターについて水谷が常に敬語の慇懃無礼なキャラを嫌味なく演じてくれたら面白そうだったからと語っている。また右京の造形にはシャーロック・ホームズやエルキュール・ポアロのような名探偵ものの線で構成し、ネチネチ犯人を追い詰めたり、回りくどい言い方をする部分は『刑事コロンボ』からインスパイアされた。

右京の名前の由来は『パパと呼ばないで』の石立鉄男演じる安武右京が由来となっており、作中での「右京さん」と言う呼び方の響きがとても良かったことから名前として採用され、名字に関してはパソコンであれこれ打ってしっくりきたものがあてられた。ちなみに水谷と石立は『赤い激流』で共演している。

劇中のエピソードでは刑事部の所属となることに刑事部が反発したため、しかたなく本庁内でも(作中設定として)ランクが低い生活安全部に押し付けたということになっている(生活安全部は本来、被害予防が主な業務)。

右京の相棒

亀山薫は寺脇の明るい人柄が反映されたキャラ造形となっている。また須藤プロデューサーが薫の名付け親であり、ちょっと中性的でいいと拝借された。

薫の後任の相棒となる神戸尊は、薫と同じ性格の人物が入るのを避けるため対照的なキャラクター付けがなされた。そして薫同様に警視庁から左遷させられるのでは二番煎じになるため、輿水が警視庁の推薦組の存在から権力欲もある人物が特命係にくるのは面白そうとし、単に左遷させられるだけではつまらないとスパイの設定を付与し、及川のイメージを付与しながら尊の人物像を作り上げた。また名前についてはパッと見て何て読むのかわからない難しい名前にしたかったという。

また、右京の相棒となる人物は四人共、全員「か」で始まり、「る」で終わる名前となっている。これは最初から意図したものではなく、及川演じる神戸尊が登場するS7のタイミングでスタッフがこの事に気付き、尊の後任として成宮寛貴演じる甲斐享と、反町隆史演じる冠城亘の名もこの法則を踏襲していく事となった。尚、亀山薫から甲斐享までは、名字全てが実在の地名となっている法則があったが、冠城亘が登場した後は、この法則は崩れた形となった。

小野田公顕

小野田は連続ドラマ化にあたり、右京と対等に話せる人物が必要であるという水谷の提案により考案され、小野田のキャラが生み出される事となり、岸部一徳が起用された。また小野田の登場はseason1の縦軸となる「特命係誕生の経緯」を明かすために配されたという意図もある。シーズンを通して人気の高いキャラクターであったが、相棒劇場版IIにて生活安全部長の三宅貞夫警視長に刺され死亡。

その後、小野田のポジションを引き継いだのが甲斐峯秋(石坂浩二)である。

ドラマ「相棒」の変遷

設定上は亀山薫の前にも6人の特命係員がおり、また薫が辞職してから神戸尊が着任するまで右京と組んで仕事をする人物がいたが、彼らは代数には含まれていない。

初代相棒として亀山薫を演じる寺脇康文がpre season 第1話からseason7 第9話までの長きにわたり務めたが、設定上は組織に不要な人間を右京の下に就けて自ら辞めさせる様に仕向ける部署であった筈の特命係に8年にも渡って居続けているというリアリティの欠如や、亀山薫という人間のリアルを考えた時に「ずっとこのままでいい」とは思わないだろうという思いと、ドラマ上とは言え、薫と言う人間の人生を曖昧にしたくないと言う思いから、season7を以て薫を「卒業」させるという展開を迎えることになった。

なお、こうした考えはseason4の時点で構想され、本作の撮影で約7か月間拘束されている寺脇の今後の俳優生活の将来を思った上での措置でもあったという。

2代目相棒の神戸尊役として、一度はゲストとしての起用を考えられ、映画『日本沈没』で無精ひげを生やした潜水艦乗りを自然に演じている様子から、ニュートラルに芝居に臨めること、なおかつどういうふうになるか読めないキャラであることが決め手となり、及川光博がseason7 最終話より演じることとなり、season10 最終話で卒業した。

3代目相棒の甲斐享役としてseason11より成宮寛貴が起用された。元々は2年の約束だったものを水谷や制作陣の申し出により1年延長してもらい、season13 最終話をもって卒業した。

4代目相棒の冠城亘役としてseason14からは、反町隆史が起用されることになり、亘は警視庁へ出向してきた法務省キャリア官僚という設定であり、歴代の中で異例の経歴を持つ相棒となった。

和泉聖治の参加以降制作が開始され、2000年6月から2001年11月まで土曜ワイド劇場枠で『相棒・警視庁ふたりだけの特命係』として単発の2時間ドラマで3回放送。3作全てが好評だったことから連続ドラマ化が決定。

連続ドラマの第1弾となるseason1が2002年10月から水曜21時刑事ドラマ枠で1クールで放送。翌2003年10月以降からは同枠で2クールで放送。さらにこのseason2から「相棒」とタイトルが簡略化。以降10月開始・3月終了のサイクルでシーズンを重ねている。また、season4(2006年)以降は元日(1月1日)夜9時から2時間超の長編特番「相棒〜元日スペシャル」が放送されており、これ以降曜日に関係なく毎年元日にスペシャルとして放送されている。

2008年には初映画化されるなどし、ドラマ自体とともに複数の賞を受けた(#受賞)が、2008年12月17日放送のseason7 第9話「レベル4〜後篇・薫最後の事件」を最後に寺脇康文が降板(降板はseason7の放送開始前にテレビ朝日が公表する異例の形態が取られた。)し、亀山薫が特命係を去った直後は右京単独行動もしくは、ゲストキャストやメインキャストと一時的な相棒を組んだりする形を取っていた。

そして、翌2009年3月18日放送のseason7 最終話「特命」から2012年3月21日放送のseason10 最終話「罪と罰」まで及川光博演じる神戸尊が2代目相棒を務め、2012年10月10日放送のseason11 第1話「聖域」から2015年3月18日放送のseason13 最終話「ダークナイト」まで成宮寛貴演じる甲斐享が3代目相棒を務め、2015年10月14日放送のseason14 第1話「フランケンシュタインの告白」から反町隆史演じる冠城亘が4代目相棒を務めている。

また、相棒役以外の主要登場人物の何名かも入れ替わり立ち替わりしている。

また、相棒の産みの親である和泉聖治監督はseason14 最終回「ラストケース」をもって卒業。season15以降は、season2から相棒の制作にかかわっている橋本一監督が主体となって制作が進められている。

ドラマ「相棒」特命係とは

杉下右京が係長を務める部署。警視庁の上層部が不要と判断した人間を右京の下に置いて自主退職させる追い出し部屋となっている。亀山薫が配属されるまでに6人がこの部署に在籍し、いずれも1年と経たずに辞めているが、その6人同様、左遷されてきた亀山薫がPS1からS7-9まで、右京の監視、監察などのスパイを目的として配属された神戸尊がS7-最終話からS10-最終話まで、旅先での出会いを経て右京の指名で配属された甲斐享がS11-1からS13-最終話まで、3人が長期に渡って在籍していた。

S3-6では陣川公平が一時配属されて3人体制となったり、S7-10では失踪事件を捜査するために、人事交流という形で法務省の女性職員が配属されて右京の一時的な相棒となったこともある。S14からは、法務省キャリア官僚で、警視庁に出向してきた冠城亘が右京の同居人として過ごしていたが、紆余曲折の末、S15より亘が警視庁配属となり、総務部広報課を経て自ら志願し、正式に特命係の一員となった。S16-最終話からS17-10まで、不祥事を起こした青木年男が特命係へ在籍し、再び3人体制となっていた。

前身は外務省高官宅篭城事件の解決のために小野田公顕が非公式に立ち上げた組織「緊急対策特命係」。作戦参謀右京とSATから選抜した隊員5人で構成されていた。小野田の横槍が入ったせいで、右京視点では作戦は失敗した挙句に死者も出たため、右京は激昂し「緊急対策特命係」の表札を破壊した。

その後、正式に「特命係」として発足。便宜上、角田六郎が課長を務めている部署の所属(S4までは「生活安全部薬物対策課」、S5以降は「組織犯罪対策部組織犯罪対策第5課」)になっているが、角田は直属の上司に当たらないというポジションになっており、S16-2からは警察庁長官官房付の甲斐峯秋が指揮統括役を任せられ名目上の上司となっている。

「特命」は右京によると「特別に命令があれば何でもする」という意味であり、通常は証拠品の返却などの雑務や時に組対5課の手伝いを行っている。それらが特にない場合は基本的に何もしない形となる。しかし捜査権限を持っていないにもかかわらず非公式の捜査も行い、犯人を逮捕直前まで追い込むことがしばしばあるが、手柄は全て捜査一課や組対5課など公式な捜査をしている部署のものになっている。窓際部署であることに加え右京が利害関係を問わずに警察組織の黒い部分を洗い出そうとしていることもあり、上層部には煙たがられる存在である。また、「特命」という響きから「特別な捜査を命じられる」「特命最前線」など勘違いされる場合も有る。

大河内の言葉によれば上層部の中には「特命係の活躍を認めるぐらいなら迷宮入りした方がマシ」と考える者もいる(S7-1)一方で「ジョーカー」と呼ばれるなど、その能力を買われることもある(S8-最終話、S16-6)。

実際の部署の存在する部屋が頻繁に移動している。PSの時点では、2室に分かれた入口から見て右側に窓のある部屋だったが、その後、地階とも思われる場所に移動したこともある。現在は警視庁本部庁舎3階の組織犯罪対策部組織犯罪対策5課の奥に居を構えている。

特命係の人間は、出勤時に名札を名前が黒字で書かれた面を表にし、退勤時に名前が赤字で書かれた面へ裏返すことが規則となっている。
領収書の宛名は「警視庁刑事部臨時付特命係組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課内都合」。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

水曜ドラマ「相棒」の過去の相棒・主要キャスト

水谷豊 役:杉下右京

警視庁特命係・警部。名推理で事件の謎を解き明かす特命係の係長。

キャリアとして警察庁に入庁後、警視庁に出向となり、経済事件などを扱う捜査二課で辣腕を振るう。

しかし、切れモノ過ぎるゆえに上層部からにらまれ、特命係という閑職に追いやられてしまう。

以降、配属された部下が次々に辞めていくため、“特命係は人材の墓場”などと揶揄されていた。

それでも好奇心から度々事件に首を突っ込み、事件解決に挑む。

反町隆史 役:冠城亘

警視庁特命係・巡査。元々は警視庁に出向してきた法務省のキャリア官僚だったが、捜査にのめり込み過ぎた結果、法務省を事実上クビになり、異例の措置を経て希望した警視庁の一員となる。

一度は広報課に配属されるが、日下部から美彌子の周辺を探るよう指示されたことから、彼女と距離を置こうと考え、美彌子に異動願いを打診。

かねてから希望していた特命係への異動が実現した。

仲間由紀恵 役:社美彌子

警視庁総務部広報課 課長・警視正。

警察庁のキャリア官僚として内閣情報調査室に出向していたが、現在は警視庁への出向というかたちで広報課長に就任。

アメリカに亡命したロシア人スパイと深い関係にあったが、彼の死を機に思いを断ち切り、シングルマザーとして忘れ形見である一人娘を育てている。

特命係の能力は認めているが、馴れ合うことはなく、一定の距離を保って接している。

浅利陽介 役:青木年男

警視庁サイバーセキュリティ対策本部 特別捜査官・巡査部長。

役所に勤める公務員だったが、コンピューターの専門知識と衣笠副総監のコネにより、特別捜査官として警視庁に転職。

極度の“警察嫌い”の上、公務員時代に殺人事件の目撃者になった際、右京と亘にハメられたことを根に持ち、復讐の機会をうかがっている。

自身が起こした不祥事により、一時期は特命係に異動させられていたが、衣笠副総監の計らいで現職に出戻った。

川原和久 役:伊丹憲一

警視庁刑事部捜査第一課 刑事・巡査部長。

殺人などの凶悪事件を扱う捜査一課の刑事。

事あるごとに捜査に首を突っ込んでくる「特命係」を疎ましく思っており、嫌悪感をあらわにする。

その一方、警察官としては実直な正義感を持ち、上司からの理不尽な命令には反旗を翻す熱血漢でもある。

しかし、仕事人間ゆえにプライベートは空疎。独身。

山中崇史 役:芹沢慶二

警視庁刑事部捜査第一課 刑事・巡査部長。

伊丹とコンビを組む捜査一課の刑事。普段は先輩である伊丹を立てているが、調子のいい性格から余計な事を口にし、伊丹の機嫌を損ねることも少なくない。

また、「特命係」を毛嫌いしている伊丹と違い、その能力を認めており、場合によっては捜査情報を提供するなど、協力することもいとわない。

森口瑤子 役:小出茉梨

小料理屋『こてまり』の女将。

政財界の要人など、そうそうたる顔触れの著名人からひいきにされていた元芸者。

芸名の小手鞠(こてまり)が、店名の由来になっている。

峯秋の紹介で店を知った右京は、亘とともに常連に。

客足はさっぱりだが、本人いわく、店は趣味でやっているのだという。

山西惇 役:角田六郎

警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課 課長・警視。

暴力団の取り締まりや麻薬捜査などを行う組対五課の課長。

特命係が組対五課の奥の一室に位置しているため、「ヒマかっ?」というお決まりのフレーズを口にしながらフラリと現れては、コーヒーを飲みながら右京たちと雑談を交わす。

その会話の中で発した何気ない一言が、事件解決の重要なヒントになることも。数少ない「特命係」の理解者。

杉本哲太 役:衣笠藤治

警視庁副総監・警視監。警視庁のNo.2で、サイバーセキュリティ対策本部の発足に携わった人物。

青木の父と竹馬の友で、青木の採用にも力を貸したという噂がある。

かつて警察庁No.2だった峯秋とは、警察組織内の力関係を巡ってけん制し合う間柄。

また以前、自身の娘が殺人事件の目撃者になった一件に特命係が首を突っ込んだ経緯から、その存在を疎ましく感じていて、廃止の機会を虎視眈々と狙っている。

柄本明 役:鑓鞍兵衛

衆議院議員で国家公安委員会では委員長を務める。

ひょうひょうとした人物で、本心がどこにあるのか分からないところがある。

公安委員の一人がかかわった学校法人理事長殺害事件では、捜査を静観。

そんな中、警察組織の中で独自の動きを見せる特命係に興味を持つ。

寺脇康文 役:亀山薫

右京の初代相棒。長年、右京と共に様々な事件を解決していたが、親友が殺害された事件をきっかけに、ある思いを抱いて警視庁を退職。

ボランティア活動を行うため、腐敗が蔓延する東南アジアのサルウィンに旅立つ。

及川光博 役:神戸尊

警察庁長官官房付・警視。右京の二代目相棒。

右京の監視という名目で警察庁から特命係に飛ばされてくるが、配属の真の理由を知り、自らの意思で特命係に残留。

その後、警察庁に異動になってからも、事あるごとに右京に力を貸している。

成宮寛貴 役:甲斐享

右京の三代目相棒。交番勤務を経て念願の刑事になった直後、右京のスカウトを受けて特命係に配属される。

その後、警察の追及を逃れた犯罪者に制裁を下す“ダークナイト事件”を起こし、懲戒免職となる。

岸部一徳 役:小野田公顕

元警察庁 官房室長・警視監。特命係の創設にかかわった警察庁の元幹部。

右京と浅からぬ因縁を持ち、特命係の後ろ盾となるいっぽう、自らのために利用することもいとわないしたたかな人物。

“警視庁籠城事件”の直後、刺殺され殉職。

大谷亮介 役:三浦信輔

元刑事部捜査第一課 刑事。伊丹や芹沢と行動を共にする捜査一課の刑事だったが、容疑者に足を刺され、一生杖が手放せない体に。

その一件をきっかけに依願退職し、現在は全国を巡る旅人のような生活をおくっている模様。

鈴木杏樹 役:月本幸子

小料理屋「花の里」・元女将。

右京の推挙を受けて小料理屋「花の里」の女将となり、長年に渡って店を切り盛りしてきた。

しかし、事件を通じて知り合った子供たちの思いに触れ、一念発起。

悩みや迷いを抱えた子供たちを支える仕事に就くため、女将を辞する。

右京も幸子の決意を汲み、優しい言葉で送り出した。

六角精児 役:米沢守

警視庁警察学校教官・巡査部長。

鑑識として優秀な腕を持ち、上層部に睨まれながらも特命係に協力していた。

しかし、突然の辞令で不本意ながら警察学校の教官に。

現職を無難に勤め上げて現場に戻るため、特命係とは距離を置こうとしている。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「相棒」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でもアニメでも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「相棒」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました