ドクターXシーズン6の3話の無料動画・見逃し配信とネタバレ!無料視聴方法は?

ドラマ

米倉涼子さんが主演を務めてテレビ朝日で放送されているドラマ「ドクターXシーズン6」の3話の無料動画配信や見逃し配信、全話の無料視聴方法やあらすじ、ネタバレなどを紹介していきたいと思います。

テレビ朝日の人気ドラマの中でもとくに視聴率が高い「ドクターX」は、やはり何度でも繰り返し見たいですよね?スピンオフドラマの「ドクターY」も注目度が高いです!

この「ドクターX」の動画配信・見逃し配信は動画配信サービス「U-NEXT」がおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

スポンサーリンク

U-NEXTで見れる動画

それではここからは、U-NEXTで見れる動画の一部をご紹介したいと思います。

U-NEXTで見れるドラマは下記になります。

・一億円のさようなら
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん

他にもたくさんのドラマが配信されております!

更にアニメは下記の通りになります。

・鬼滅の刃
・ハイキュー
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

この他にもアニメや映画、海外ドラマや韓流ドラマ、バラエティ番組などもたくさん見れます!

しかも・・・U-NEXTなら・・・

・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ

などでも高画質・高音質でドラマやアニメ、映画、音楽ライブなどを楽しむことが出来ます!

更に・・・

・無料期間だけの利用、期間中の解約もOK!
・CM広告なしフル動画で快適に視聴可能!
・ダウンロードしてオフライン視聴可能!

これだけ楽しめるのはU-NEXTならではです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

ドラマ「ドクターXシーズン6」のあらすじ・ネタバレ

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの天才外科医・大門未知子。「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの、米倉涼子演じる“異色・孤高・反骨の天才外科医”がこの秋、テレビ朝日開局60周年記念番組として、待望の復活を果たします!

主人公・大門未知子が病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描いた医療ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』。2012年に第1シリーズが放送されるや、平均視聴率19.1%をマーク、2013年の第2シリーズから2017年の第5シリーズまではすべて平均視聴率20%以上を叩き出しました。

圧倒的な高視聴率だけでなく、橋田賞や向田邦子賞をはじめとする錚々たる各賞も総なめにした『ドクターX ~外科医・大門未知子~』。米倉も「最近は『米倉涼子だ』と言われるよりも、『大門未知子だ』と言われることのほうが多くなった」と話し、自身にとっても代名詞と言える同作は、まさに国民的人気シリーズとしての地位を確立しました。

そんな失敗しない大ヒットシリーズがこの10月、2年ぶりに復活決定!

2017年に放送された第5シリーズのラストでは、未知子が後腹膜肉腫で余命3カ月と診断され、日本中に衝撃が…! しかしそこから奇跡の生還を遂げ、昨年放送のスピンオフドラマ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』では、キューバで元気に過ごしている姿を見せ、視聴者を安心させていました。

そんな未知子がついに日本に帰国! 日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、待望の第6シリーズをスタートさせることになったのです!

未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間を演じる内田有紀(城之内博美・役)や岸部一徳(神原晶・役)をはじめ、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医を演じる遠藤憲一(海老名敬・役)や勝村政信(加地秀樹・役)、鈴木浩介(原守・役)、さらに前作ラストで収賄疑惑をかけられ東京地検特捜部に逮捕された「東帝大学病院」院長・蛭間重勝を演じる西田敏行ら、唯一無二の個性と実力を誇る常連メンバーも再結集。今年、“女優宣言”から20年という節目の年を迎える米倉が、おなじみのメンバーとともに、集大成とも言える『ドクターX』第6シリーズに挑みます!

第4、5シリーズで未知子が派遣されていた国内最高峰の「東帝大学病院」。最新シリーズでもこの「東帝大学病院」を舞台に物語が展開していきます。

2019年、令和の時代を迎え、大混乱に陥っていた医療界――権威世代と次世代のバランス、コンピューターやAIとの共存など多くの問題が時代の波となって押し寄せる中、「東帝大学病院」はかつてないほどの大赤字に見舞われていました。

そんな倒産寸前の“白い巨塔”にやってきたのは、「ハゲタカ」の異名を持つ投資家のニコラス丹下。世界でも指折りの企業再生のプロである丹下が打ち出す再生プランとともに、「東帝大学病院」は経営再建の道を歩み始めることになります。

しかしそれは一方で“医療の合理化”を迫られるということでもあり、病院はリストラやコストカットという現実にも直面。命のやりとりをする医療現場は、ビジネス最優先となり、ますます政治と権力争いの場へと変貌を遂げていくのです。

そんな中、丹下に呼ばれて「東帝大学病院」にやってきた大門未知子。新たな権力争いが激化する“白い巨塔”で、またも孤高の戦いに挑むことになります。

ドラマ「ドクターXシーズン6」3話のあらすじ・ネタバレ

失言を繰り返す現職の厚生労働大臣・梅沢三郎(角野卓造)が「東帝大学病院」に「マスコミが騒がしいので入院させてほしい」とやってくる。

しかし病院長代理のニコラス丹下(市村正親)はそれを拒絶。梅沢の秘書・竹田邦子(西原亜希)は、東京地検に逮捕され拘置所にいる蛭間重勝(西田敏行)のもとを訪れ、不起訴に持ち込む代わりに、梅沢を病院で匿えるよう取り計らってほしいと打診する。

見事不起訴になり、「東帝大学病院」の病院長に復帰した蛭間は、さっそく梅沢を特患として入院させることに成功。どこも悪くないはずの梅沢だったが、たまたま彼の口腔内を見た大門未知子(米倉涼子)は、舌縁部に腫瘍を発見する。

舌がんステージⅡと診断された梅沢。未知子は手術を含め、48時間での治療を提案する。しかし、丹下は梅沢を少しでも長く入院させるため、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)が提案する化学療法を選択。反抗した未知子は担当から外されてしまう!

「一度手術を頼んだのに、悪かった」と、神原名医紹介所にお詫びにやってきた梅沢だったが、未知子はそのとき、梅沢のある奇妙な点に気づく。ずっと疑念を抱き続けていた未知子は、ある出来事をきっかけに、その疑念を確信に変え…!?

一方、梅沢の入院を長引かせようとするニコラス丹下には、ある思惑があった…!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

これまでの「ドクターX」大門未知子のネタバレ

手術後にコップ一杯のガムシロップを飲むのが習慣。

日本・キューバ国内での獣医師免許も持つ、ダブルライセンスの医師である。獣医としての腕もかなりのもので、安楽死しか選択肢が無いとされていた競走馬の骨折を完治させた。そのため英語、スペイン語が堪能。

帝都医大の麻酔の名手・城之内博美とは共感する部分もあるが「組織の人間と一匹狼は違う」反目され、同じ手術場に立たなかった際には麻酔科医としての役目もこなした。

大学病院内のヒエラルキーを無視する率直な言動に第3分院の院長の久保が激怒したことで解雇処分となるが、新しく第三病院 院長になった毒島により再雇用される。

労働条件は勤務時間8:00 – 17:00・年俸約1,200万円・時間外労働は時給3万円。さらに医師免許の必要ない業務は「致しません」という条件の破格のもの。

医師としての能力は極めて高く、患者の周辺状況などから事前に容体の変化などを想定する洞察力も併せ持つ。「私、失敗しないので」と医療ミスは絶対に起こさないとたびたび宣言している。暗黙の了解とされる教授の下働きや付き合いを「致しません」の一言ですべて拒否し、他者とは決してつるまぬ一匹狼ぶりと歯に衣着せぬ発言で、大学病院内での組織の一員としては嫌われやすい方針を貫いている。医師免許を持っていなくとも出来る作業は、雑用はおろか握手まで断る。

手術外では傲慢でいい加減な面が目立つが医師としての責任感は人一倍強く、「失敗しない」と度々言うのは「患者は一度失敗されたらその時点で終わり」という信念から、自らの退路を断つための行為である。

未知子の父・大門寛も天才的な外科医で、大学を退職してからは僻地で診療所を開業していたが、そこはすでに潰れ、寛もすでに亡くなっている。診療所閉鎖は毒島とのトラブルが遠因にあると晶が未知子に話していた。

履歴書に趣味、特技共に手術と書くほど「三度の飯よりオペが好き」な外科医。終業後はクラブで踊ったり、神原らと麻雀に興じている。

麻雀は下手であるが、5回程勝ち取った事がある。他に銭湯通い・卓球・公営ギャンブルなどの趣味があるが、基本的に手術以外のスキルは皆無であり、ギャンブルの才能もない。オペ以外の事に興味が無いためかなりの世間知らずでもあり、芸能人や政治家等の著名人は全く知らず、5期では赤ちゃんパブを知らずしばらく神原と城之内から赤ちゃん言葉でからかわれた。

晶を師匠と呼び、初めての術式での手術の際は指導を仰ぐこともある。父・大門寛が経営する大門診療所が潰れた際に東帝大の医局を辞め、キューバの医大に編入して晶に弟子入りした。一度同じ手術場に立ったこともある。第3期最終話で晶が重度の病に冒された際には大門が執刀した。晶の手術の直後には晶が銭湯のロッカーに隠し持っていた手術代を使って宇宙旅行へ行っている。

「病人が嫌い」で「手術して患者を早く治したい」という考えから医師になったと加地に話している通り、治療の際にはどんな患者であっても、その回復を常に第一に考える。

第3期では、加地が過去に担当した患者を一切覚えておらず、「何千人の患者を見てきていちいち覚えていられない」と発言した事に腹を立て、「私は全員覚えてる、そういう医者は大嫌い」と発言しているが、第1期にて自身が執刀医を勤めた鳥井の事は覚えていなかった。

また、共に働いた医師の事は簡単に忘れてしまい、蛭間、原、森本、鳥井は完全に忘れられていた。

作品中では「外科医」「専門医のライセンスと叩き上げのスキル」としか言われておらず、専門は不明。しかし足の骨肉腫から、肝臓・腎臓・小腸・肺の生体間移植・脳腫瘍の切除・末期がんの切除などをこなしており、万能であることが伺える。

その神がかり的な実力を何度か院内政治の道具として利用されそうになるが、そのような場合、オペは可能であっても「出世の手伝い、致しません」と言って拒む。特に純粋な治療目的以外のオペを毛嫌いし、患者を選挙の道具にした馬淵に対しては「手術舐めんな!」と怒鳴った。

初期はカンファレンスへの出席や「御意」などの返事も嫌がっていたが、最近はカンファレンスへも出席し、状況によっては「御意」と返事することも増えた。また、バイト扱いされると「フリーランス」と言い直していたが自らの立場を「バイト」と発言することもある。また、加地らから名字の大門にかけて「デーモン」と呼ばれる事に対しても不快感を抱き、加地からしつこく「デーモン」と呼ばれた際には、声を荒らげて「大門未知子です」と言い直していたが、第1期の後期あたりには、「デーモン」と呼ばれても嫌悪を示すこともなくなっていた。

第2期までは、基本的に自分より年齢が上の人物に対しては、敬語、丁寧語で接していたが、第3期からは部下、上司、年齢関係なく誰に対しても常にタメ口になる。

主人公のモデルとなった人物は、柔道家の松本薫。最初、どんなヒロインにするか迷っていた脚本家の中園が、ちょうどその頃開催中だったロンドンオリンピックで、柔道では日本人唯一の金メダリストとなった松本がテレビ番組とのインタビューで、「私、ミスはしないので」ときっぱり答えていたのを見て、”スーパー外科医”のイメージが立ち上がってきたという。

第4期

ニューヨークで出会った掃除婦のオバチャンが東帝大病院の副院長、久保東子だった事が判明。

第9話で、命より病院の名声が大事と言った蛭間に対して「バカじゃないの?」と言って院長室から追い出された。急変した映美から連絡を受けて慶林大病院で出張オペを行う。

第10話では僧帽弁狭窄症のセレブ妊婦十希子に心臓のオペをしつこく勧め謹慎処分が下される。しかし、胎児よりも十希子の体が優先、という久保副院長に雇い直される。しかし、胎児の胸部に腫瘍を発見し肺の発達が妨げられている事が発覚し、「母体胎児同時手術」を提案する。

第11話で相棒の、城之内が膵臓がんである事が判明。自分に執刀させて欲しいと願うが「大門さんでもこのオペは無理」と断られた。それでも諦めずVIP患者の手術後、城之内のために、IREナイフを盗み、極秘オペを行う。がんは全ては取りきれず、インオペになったががんを縮小させることに成功。

すぐにオペしようとしたが、蛭間に「VIP患者が優先」と断られる。しかし、副院長が「外国人のオペはして日本人のオペが出来ない病院はおかしい!」と一喝。無事にオペを成功させた。

第5期

第9話で完全に自分の排除に動いた内神田の策略で東帝大への出入りが禁止となり、また雇用契約を打ち切られたことである患者の執刀が出来なくなるが、それでも晶が内神田に懇願したことで何とか手術だけは出来るようになり、無事に成功させる。手術後は患者の経過を確認し、別れた後は城之内と共に服を買いに行くが、買う服を選んでいる途中に突然倒れてしまう。

最終話において検査の結果、ステージIIIの「後腹膜肉腫」を患っていることが判明し、最初は自身が病気であることから内神田の手術を加地から頼まれても断り続けたが、それでも目の前の患者を救いたい一心から痛み止めを打って執刀に望むことを提案し、結局は内神田の執刀を引き受ける。また、ボストンで手術を受けるように晶から懇願されても拒否し、一度は道中で痛みに苦しんだが、何とか耐えて遅れながらも内神田の執刀を務め、痛み止めが切れて痛みに苦しみながらもかつて晶から教わったある言葉を口にしながら何とか手術を成功させた。

手術後は遂に倒れてしまうが、意識を失う間際に執刀医として西山を指名し、自身の手術の際には前もって考案してノートに残していた「ハイブリッド型人工血管を用いた術式」を晶を通じて西山たちに知らせ、最終的にはそれを聞いた西山や加地、原や森本の執刀を受けて無事に完治する。神原名医紹介所閉鎖後は晶と共に日本を離れてキューバに移住し、フリーランスの医者としてキューバの病院で働き始める。

第6期

第1話が始まる時点で、既に晶と共に日本に帰国していたが、山中湖付近の山道を歩いている途中で晶と逸れてしまい、所持金がほとんど無い状況に陥っていたため山道を彷徨い歩く中で一軒家を発見し、そこに住んでいたニコラス・丹下に食事を分けてもらい、数日後ニコラスに誘われる形で城之内と共に東帝大学病院で働き始める。

当初はニコラスに対して「ニコタン」と渾名で呼んだり、大抵は「致しません」と拒否している握手を求められて素直に応じるなど好意的に接していたが、病院の食堂のスタッフである岩田一子が体調を崩して倒れてAIに「肺塞栓症」と診断された際にニコラスが詳細な検査を行わずに手術を強行させたり、「AIの指示に従うのであれば、手術をしてもよい」と告げるなど一方的かつ強引な態度を表したのをきっかけに反抗的な姿勢を示すようになり、一子の手術を終えた翌日に廊下で会ったニコラスから「昨日のことは水に流して、「友人」として力を尽くして欲しい」と握手を求められても「致しません。無駄なので」と拒否した。

第9話では、患者である九藤がかつて自分が発症したステージIIIの後腹膜肉腫である事を知ると不安に思い、それでも自分も同じ病気だったと九藤に明かして執刀に臨み、自分で考案したハイブリッド型人工血管を用いた術式で九藤の手術を成功させた。また、丹下が修正大血管転位症である事も把握しており、自分の執刀を受けるよう説得するため何度も面会に訪れていたことが明らかとなった。

最終回では、クビになることを覚悟の上で丹下を説得し、彼から同意を得た後は海老名を始めとする東帝大の医師や看護師たちの協力もあって無事に丹下のオペを成功させた。術後は蛭間から解雇通告をされたことで東帝大を去り、とある離島にて一子の同僚である野村幸子を診察した際に診療料として大量の金塊と石油採掘権利書を貰う。

第7期

ニュージーランドで副首相のオペの第一助手を務めた一木蛍によって、一橋由華が主催する「次世代のSDGsパーティー」に招かれる。主治医の一木の勧めで、胆石症のオペを依頼されたが、そこで一橋が急性胆のう炎で倒れ、東帝大に搬送した。蜂須賀の許可のもと緊急オペを行った。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

これまでの「ドクターX」神原晶のネタバレ

東帝大医局員→ 神原名医紹介所 所長・マネージャー。

巷でドクターXと噂されている医師の一人だった。元々は東帝大医局員だった。大門の父親や毒島・久保・内神田など医学界の重鎮やドンなどそうそうたる面々が同期で、出世や金が絡む場面を多々見てきた経歴を持つ。

第1期から第5期まで白百合美容室があった雑居ビルに事務所を構えていたがとある不具合な都合が重なり銭湯跡地に事務所を構えている。愛猫の名は「ベンケーシー」。久保病院長が脳梗塞を発症する兆候を見抜いていた。関東近辺の国立病院、大学病院、総合病院の裏情報や組織体制を細く知る情報通である。アランウォーカーのファンである。オペラ歌手アルベルト・サバロッティの大ファンで彼が甲状腺ガンで声が出なくなった際は大泣きし、治療費を肩代わりしていた。

度々来院し、未知子の手術料金や患者からの謝礼を徴収していく。その際、請求書と共に高級メロンを渡すのが恒例になっている。第1期は十万円単位、第2期は百万円単位、第3期は千万円単位、スペシャルでは億単位、第4期・第5期・第6期では千万円単位で値が上がっている。

請求額を手に入れるとだいたいスキップをしながら帰る。蛭間から「メロンおじさん」と呼ばれている。

毒島(元帝都大学付属第三病院院長)久保(元東帝大学病院院長)内神田(元日本医師倶楽部会長)大門寛(大門未知子の実の父親)とは、東帝大学時代の同期。未知子が背負った、未知子の父の診療所の閉鎖での膨大な借金を肩代わりした。未知子が紹介所に所属しているのは、その借金を返すためでもある。

「クロス医療センター」の病院長、黒須貫太郎とはキューバで共に修行した仲であり、お互いに「アキちゃん」「クロちゃん」と呼び合う仲だが、黒須の手術を代理で請け負った際、その患者はマフィアの類で、手術を成功させた直後に黒須がリークした情報を聞きつけた現地警察に逮捕され、晶は医師免許を剥奪された。

更に、晶が受け取る手筈だった手術代も黒須に全額持ち逃げされた為、晶は内心で黒須を「人間のクズ」と嫌悪している。

第3期

第10話で十勝衆議院議員の再手術が成功したために天堂に請求書を渡し終えた後は肺がんによる急な胸の差し込みで倒れてしまう。第3期最終話で肺がんが既に肺動脈にまで浸潤するほどに重篤化していた上に脳転移と狭心症にも蝕まれていたために重症であることが判明し、「未知子に失敗はさせられない」として彼女の手術を拒むが、結局は意識不明のうちに手術を受けて見事に完治した。

第4期

未知子と城之内を東帝大病院に派遣。一木社長の手術の報酬を久保副院長に請求するがメロンのみ奪われる。久保からはクビを言い渡されるが、蛭間にごり押しして再び雇わせる。また、南の正体を知っているかのようなそぶりをたまに見せた。

第5期

元同僚の内神田と再会し、大門未知子を利用しないように頼み込む。また、第9話では内神田の策略により東帝大への雇用を打ち切られ、更には今までの高額請求に関する事から神原名医紹介所が訴訟されることになり、現状を受け入れた上で「未知子と共にまた世界中を渡れば良い」と決意を固めるが、それでもある患者の執刀を未知子にさせる為にこれが最後として内神田に東帝大で手術させてほしいと懇願する。

最終回では未知子がステージIIIの後腹膜肉腫であることを知り、彼女に少しでも生きてもらいたいという一心からボストンで手術を受けるように懇願するが、結局は拒否され、それでも未知子が前もって考案していた後腹膜肉腫の術式をまとめたノートを見つけ、それを持ったまま東帝大に赴き、未知子の執刀において悩む西山たちにその術式を教えた。

その後、神原名医紹介所を閉鎖させ、城之内とも別れを告げて未知子と共に日本を離れ、かつて修行していたキューバに移住して再び未知子と共に名医紹介所を始める。蛭間と内神田の収賄の件を警察に通報したのは神原だという噂がある。

第6期

第1話で未知子と共に帰国し、銭湯跡地に神原名医紹介所を開く。また、一度は別れを告げた城之内を再び雇う。新しく病院長になったニコラス・丹下に請求書を渡すも、未知子がAIの意向を無視したことで逆に請求され、結局一銭も貰えぬまま引き下がるが、未知子がある患者からお礼として貰ったお弁当箱の中身が現金であることを知り、喜びを露わにすると同時に全額をネコババした。

6話では蛭間に請求書を渡した後に丹下と遭遇し、患者である六角橋の病状をリークしたのかと問い、更には「人の命をビジネスに利用することは許されません」と伝え、丹下に対して怒りをあらわにした。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

 

「ドクターX」を楽しもう!

ドラマでもバラエティ番組でも、良い番組というのは何度観ても面白いですよね。

このドラマ「ドクターX」もそのような作品なのではないかと思います。

これからもたくさん作られるであろうエンターテイメント作品を心赴くままに楽しんでいきましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

/無料期間中の解約の場合、月額はかかりません\

コメント

タイトルとURLをコピーしました